「運営している保育園のホームページを作りたい」「ホームページを作るときって、何を気にすればいいの?」
こんなお悩みありませんか?

親御さんとすれば可愛い我が子を預けるのですからホームページの情報をしっかりと下調べするのは当然です。
ホームページを活用してしっかりと親御さんに情報を伝えることで信頼に繋がりますので活用しましょう。

今回は「幼稚園や保育園のホームページを作りたいけど、よく分からない!」という方へ向けてホームページ作成のポイントやデザイン事例(そして、弊社サービスのペライチ)を紹介していきます!

幼稚園・保育園のホームページ制作ポイント

幼稚園・保育園のホームページを作るにあたって、主に4つのポイントがあります!

① 親御さんの求める情報を載せる

ホームページを作るにあたって最も重要なことは「ユーザーのニーズを解決すること」です。

つまり、幼稚園や保育園の場合は「親御さんの知りたい情報をしっかりと載せる」ことが大事になります。

おしゃれなだけのホームページや、園長の理念しか載っていないホームページでは親御さんのニーズは満たせないのです。

では、親御さんはどんな情報を知りたいのでしょうか?それは、大きく分けて以下の2つに分類できます。

  • 実用的な情報
  • 安心感や信頼感を与える情報

1つ目の実用的な情報とは

  • 入園費や保育料金
  • 年間行事
  • アクセス
  • 施設
  • 個人情報の取り扱い
  • 問い合わせフォーム

などの、実際に入園するには欠かせない情報です。

一方で、大事な子どもを預ける預ける場所を探しているのですから、やはり安心感や信頼感も重要な要素です。具体的には

  • 園長やスタッフの写真
  • 園児たちの写真
  • 活動ブログ
  • 一日の流れ

などです。

写真や文章によって具体的な人や活動がわかる様にし、実際に自分の子どもが入園した際のイメージを持ってもらうことで安心感や信頼感を与えます。

② 「楽しそう」と思わせるサイト作り

「おしゃれなだけのホームページに意味はない」と言いましたが、やはりデザインは重要です。

特に幼稚園や保育園の場合は最終的に通うことになるのは子どもたちなので、純粋に「楽しそう!」と思えるサイトが魅力的に写るでしょう。

色や写真にこだわるだけでなく、アニメーションや動画もあると尚良いです!

③ パソコンだけでなくスマホ対応も必要

素敵なデザインで様々な情報を掲載しても、それがちゃんと見えなければ意味がありません。

多くの場合パソコンからの閲覧を前提にしてホームページは作られますが、そのサイトをスマートフォンから見るとデザインが崩れてしまうケースがあります。

今の時代、多くの人がスマートフォンからホームページを見ます。そして、それは親御さんも例外ではありません。

パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットからアクセスをしても、適切にサイトが表示されるようにしましょう!

参考にしたい幼稚園 ・保育園のホームページ事例

「具体的にどういうホームページがいいの?」と思いますよね。

そこで、参考にするべき幼稚園・保育園のホームページをいくつか紹介します!

1. マルガリタ幼稚園


https://margarita-kids.jp/

こちらのマルガリタ幼稚園のホームページでは、ページ上部に写真のスライドがあり園児たちの様子を見ることができるようになっています。

さらに、ページ下部にマップを載せることで園内の様子を立体的に見えるようにしており、実際にお子様が通っている際のイメージが付きやすいです。

2. こくぶ幼稚園

http://kurume.ac.jp/

こくぶ幼稚園のホームページではページ上部の写真スライドをはじめ、随所に園児たちの写真を載せています。

載せる写真はお昼の様子など日常的なものから、いちご狩りのようなイベントのものまであり、より園の様子がわかるようになっています。

3. ウェルビュー いずみこども園


http://www.izumi.akita.jp/child

いずみこども園のホームページでは写真に加えて、動くツバメやペンなどのアニメーションがあることで見ていて楽しいホームページに仕上がっています。

ページトップまで風船が誘導してくれるのも可愛いですね!

4.山手こひつじ保育園


http://www.kohitsuji-hoikuen.com/

山手こひつじ保育園は子供たちの写真と水彩画のような優しい印象を与えるデザインが特徴です。
このようにデザインを工夫する事でも安心や信頼感・優しそうといった印象を与える事ができます。

5.たかみ幼稚園

http://takami-kids.com/

たかみ幼稚園では「園の特色、園の一日、年間行事、子育て支援、よくある質問」と親御さんの信頼を獲得する為に幼稚園内の情報を積極的に公開をしています。

このような姿勢はホームページを作る上で参考になりますので、ホームページの制作に取り掛かる前に一度確認しておくと良いでしょう。

6.おへそグループ

http://oheso-group.com/

おへそグループのキャッチコピーは「楽しみ、考え、認める、「個」育て」です。
子供の個性を大切にし育てていくという事を伝えるためTOPページの一番最初に目につく場所に配置してあります。

それに伴いコンテンツも子供の個性を伸ばしてくといった事に重きを置いた内容になっており、親御さんの共感を得られる内容になっています。
デザインだけでなくキャッチコピーにもこだわる事で園の良さを伝えていくことに成功しています。

7.愛宕幼稚園

http://atago-kdg.com/

愛宕幼稚園のホームページでは「遊んで学ぶ、学んで育つ」というキャッチコピーが大きく中央に配置されており、さらに動きを加えることでデザイン性を高めつつ遊び心を表現しています。

また「園の理念」といったページも用意されており、どんな幼稚園なのかを明確に伝えている点も良い点でしょう。

8.小浜こども園

http://obama-kodomoen.jp/

小浜こども園のホームページはデザインも可愛く動きをつけて親しみやすくしています。
色使いやデザイン面でも親御さんが安心できるように、可愛さの中にも誠実さを感じさせるような色調となっています。

9.押原こども園

https://www.oshiharakodomoen.jp/

親しみやすい色調と「押原こども園の想い、施設案内、時間割」といったコンテンツも親御さんから信頼を得るために大切です。
さらに「押原日記」というブログは定期的に更新されており生き生きとした子どもたちの写真が満載で見応え満点です。

10.のぞみ幼稚園

http://www.nozomi-koi.jp/

のぞみ幼稚園では保護者専用サイトやアプリなどがあります。
また、入園案内などのコンテンツもわかりやすい場所にあり保護者を安心させる事に重きを置いたホームページと言えるでしょう。

もちろん、子どもたちの可愛い写真だけでも十分に素晴らしいコンテンツですが、それだけではなく保護者に配慮した内容は非常に参考になります。

保育園のホームページを作るには

ここまで読んで、「どんなページにすれば良いのか分かった!でも、どうやったら作れるの?」と感じる方は多いのではないでしょうか。

ホームページを作るには様々な方法がありますが、最も簡単なのはホームページ作成ツールを用いることです。

その中でも今回は、弊社サービスのペライチを紹介させてください!

ホームページ作成ツール「ペライチ」

「自分だけのホームページを作ってみたい!でもWEBの経験がないのでどうやったら良いかわからない。」

ペライチはそんな方のための、例文を差し替えるだけの簡単、ホームページ作成無料ツールです。

55種類以上あるテンプレートから、自分のニーズに即したものを選んで書き換えるだけで完成!


ペライチ公式ページ

テンプレートを選ぶだけで保育園のページができる

ペライチでは準備してあるテンプレートを選ぶだけで、きれいなデザインのホームページを作ることができます。
もちろん、保育園・幼稚園向けのテンプレートも準備されているので安心してください。

下記に一部ですが、実際のテンプレートのスクリーンショットを貼り付けておきますので確認してみてください。

このテンプレートを使えば、あとは写真と文章を入れるだけできれいな幼稚園・保育園のホームページを作る事ができます。

このように幼稚園・保育園のホームページを作るならペライチが最適です。
専用のテンプレートが用意されていますので、写真と文章を入れるだけであっという間にホームページを作れます。

【2019年版】ホームページが簡単に作れるツール7選

ホームページ作成ツールを使えば少ない費用で誰でも簡単にホームページを作ることができます。
おすすめのホームページ作成ツールを紹介していきますので参考にしてください。

おすすめの記事