オンライン決済サービスとは?


オンライン決済とは、Web(インターネット)上で決済、支払ができる方法のことです。

オンライン決済の中で一番人気のある決済方法は「クレジットカード払い」です。
それ以外にもデビットカード、銀行口座、携帯電話キャリア決済、PayPalやAtoneなどの決済専用サービスなど、様々な決済方法があります。

銀行口座への振込や郵便振替のような銀行や郵便局など、旧来からある方法よりも現在はWeb・オンライン上で直接支払いまで対応できるサービスが利用者から人気となっています。
人気のある方法に対応することが、まさにオンラインショップの(Webで商品を売る為)成功には不可欠です!

オンライン決済の種類

オンライン決済の導入する時に「たくさんある決済方法・サービスからどの決済方法に対応すべきか」ということを悩むかと思います。
それぞれの決済方法の特徴をまとめましたので、順番に解説します。ご自身が販売する商品やサービスと相性が良い決済方法を導入することをお勧めします。

①クレジットカード決済

クレジットカード決済は、オンライン決済の中で、圧倒的に人気の高い決済方法でおすすめです。

クレジットカードは、国内で2 億 8,394 万枚(平成31年、一般社団法人日本クレジット協会調べ)も流通しており、とても人気のある決済方法です。
また、利便性が高いうえにクレジットカード決済を利用するユーザーは利用金額に応じてポイントやマイルなども付与されてお得です。
ユーザーがクレジットカードを発行するにはクレジットカード会社の所定の審査が必要です。

クレジットカード決済

クレジットカード決済の仕組みは、上記の図のようにユーザーがWeb上でクレジットカード番号、有効期限、カード名義、セキュリティコードなどのクレジットカード番号を入力するだけで決済が完了できます。商品の到着時に代金引換で支払いや現金を店舗や銀行から送付する必要など手間にな作業もなく、その場で決済して購入することができます。

このようにクレジットカードの加盟店(店舗)はお客様に負担を掛けることなく、購入してもらうことができるので購入時の離脱を防ぐための有効的な手段になります。また、代金回収はクレジットカード会社から建て替えの形で月に一度の締日でまとめて振りまれるので、実際の入金確認もスムーズなうえに請求漏れになることも防げ、利便性も高まります。

デビットカード決済

デビットカードとは、クレジットカード決済と同様にユーザーがWebでデビットカードの情報を入力するだけで決済が完了できる仕組みです。
国際ブランドもVISA、MASTERCARD、JCBのようなクレジットカードと同じブランドになっています。

クレジットカードとの違いは、クレジットカードはカード利用者に与えられた与信(限度額)を元に購入できるの対して、デビットカードは銀行口座の残高以上に決済ができないことがデビットカードの特徴です。

銀行(オンラインバンキング)決済


銀行決済とは、楽天銀行やジャパンネット銀行などオンラインバンクを利用して決済する方法です。
オンライン上で銀行のネットバンキング専用ページにログインをして支払い、確認番号を取得してECサイトに入力するなどして決済をする方法です。

金融機関によっては、近所のコンビニATMから決済して確認番号を得る方法もあります。
都市銀行や地方銀行など多くの銀行が加盟しているPay-easy(ペイジー)と呼ばれる銀行口座からオンラインで支払ができる決済方法もあります。

PayPal決済


PayPal(ペイパル)決済とは、アメリカのPayPal社が提供するサービスです。
事前にPayPalにアカウント登録しておけば、PayPal対応のサービスからIDとパスワードを入力して簡単に決済できるサービスです。

PayPalもクレジットカードを持っていなくても銀行口座振替でサービスが利用できる為、クレジットカードを持っていないユーザーやWebサイト上にクレジットカード番号を入力したくないユーザーからも人気のあるサービスです。人気のクレジットカード決済と合わせて導入することで利便性を高めることができます。

Atone決済


Atone(アトネ)決済とは、日本のネットプロテクション社が提供するサービスです。事前にAtoneのアカウントを登録しておけば、Atoneに対応サービスで使用することができます。後払いでコンビニや銀行の口座振替、請求書払いなどで支払うことができます。

クレジットカード払いなどに比べて、対応しているサービスはまだ少ないものの、請求書払いでも支払いできることが請求書払いをしたいビジネス利用で人気があります。

キャリア決済

キャリア決済とは、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の携帯電話会社(キャリア)が提供している決済方法で、利用ユーザーは携帯電話の月々の利用料と合算され支払いをします。
キャリア決済も契約している携帯電話キャリアの専用ページにログインをして、決済確認ボタンを押すだけで購入できる利便性が高い決済方法です。

クレジットカードを持っていない人やクレジットカードの審査が通りづらい若年層のユーザーでも対応している携帯電話会社で契約していれば使用することができるため、人気のクレジットカード決済と合わせて導入することで利便性を高めることができます。

オンライン決済を導入するメリット


事業者がオンライン決済を導入することで様々なメリットを得ることができます。

利用ユーザーの利便性向上

オンライン決済に対応すると商品を購入するユーザーが購入時にクレジットカード番号の入力や決済サービスのアカウントで承認するのみで購入が可能になります。
実際に銀行や郵便局などへ支払いに行く手間もないので、面倒な印象を与えず手続き中の離脱が抑制できます。購入率の向上(カゴ落ち率の低下)に繋がります。

一番の人気のクレジットカード決済に対応するだけでも利便性は高まりますが、クレジットカード以外の方法も組み合わせることで、クレジットカードを所有していないユーザーの利用が見込め、販売機会の拡大に繋げることができます。また、サービスによっては領収書もオンラインで発行できるので、個人の利用だけでなく、法人や個人事業主の利用も促進することも可能です。

売上管理の負担軽減

与信審査・請求書発行等の業務は決済会社が代行してまとめて一括で代金がお店所定の銀行口座などに振り込まれます。
1件ずつ入金の確認が不要なので、お店の業務負担が軽減されます。

さらには、複数の決済方法をまとめて管理する「決済代行会社」を利用すれば、決済方法を問わず一括で管理できます。
オンライン決済は、オンライン決済の事業者が代金を回収してお店に振り込むので、代金の回収漏れや未払いも防げます。
また、購入者の情報や履歴も残るので、分析や業務の効率化などにも便利です。

業種別で見るオンライン決済

オンライン決済は既に多くの業種で導入されています。

EC・通販サイト


EC・通販サイトでは、決済手段を増やすことで利用ユーザーが便利に使えるようにすることが売上向上や顧客満足度を上げる為にはとても重要です。決

済方法で一番人気のクレジットカードはもちろんのこと、クレジットカードを持っていないユーザーでも使えるようにオンラインバンキングやPayPal、コンビニ決済などに対応する必要があります。
また、後払いや請求書払いを要望されるユーザーの為にAtoneなどの決済方法も検討するとさらに良いでしょう。

チケット販売サイト


大手チケット販売サービスを利用することを考えがちなチケット販売もご自身のホームページでもオンライン決済を導入でのチケットを販売することが可能です。
大手チケットサービスを利用できるほどの規模でないイベント、展示会、ライブなどのチケットもオンラインで販売可能になります。

また、最近やはりのオンラインでの配信などのチケット販売に使用することができるでしょう。
ライブ・イベントのチケットは若年層が購入する機会も多いのでクレジットカード以外の決済方法の導入、例えば、キャリア決済、PayPal決済、コンビニ決済なども検討することをお勧めします。

旅行・宿泊サービス

旅行や宿泊もオンライン決済を導入することで自社のホームページ上で予約から料金の決済まで一元化して行うことができるようになります。
業界的に予約だけはホームページで、決済は現地で宿泊の際に徴収することも多い業界なのでキャンセル率も高い悩みがあります。が、オンライン決済で事前徴収をすれば、そのキャンセル率の低下にも繋げることもできます。

大手宿泊サービスでも導入しているクレジットカード決済、デビットカード決済など人気のある決済方法に対応するだけでも効果が上がります。

デジタルコンテンツの事業者


オンラインゲームや動画コンテンツ、電子書籍など、近年デジタルコンテンツによる販売方法が人気となっています。
オンライン上で取引が完結するので、オンライン決済を導入することは必要不可欠な方法となっています。

人気の高い決済方法はもちろんクレジットカード決済が一番になりますが、デジタルコンテンツの利用者には若年層も多くいることからクレジットカード以外のPayPalやAtone、コンビニ決済なども幅広く導入すると良いでしょう。
デジタルコンテンツは海外からの利用者も多いことが特徴ですので、セキュリティの強化や多言語対応など海外の利用者にとっても利便性の高いページにするとさらに良いです。

ターゲットが望む決済方法をまとめて導入しよう

ここまで見てきたようにオンライン決済を導入することで利用ユーザーの利便性の上がり、離脱率の減少や売上の向上に繋がることがわかって頂けたかと思います。
さらには、業種やサービス内容でメインターゲットになっている年齢層や性別が異なり、好まれる決済方法は先に見た業種別のオンライン決済でも理解できるかと思います。
多くの決済方法を導入して対応するにはとても多くの手間(工数)や費用が掛かるのでなかなか開始できない事業者(お店)の担当者も多くいると思います。

そこでかんたんに役に立つやり方が「決済代行サービス」を利用することです。
決済代行サービスはクレジットカードを始め、複数のオンライン決済方法に対応しています。

決済代行サービスと契約して導入すれば少額の手数料は掛かりますが、その分、多くの手間や導入費用、メンテナンス費用の削減に繋がり、費用対効果も高いです。
また、オンライン決済で心配になりがちなセキュリティの問題の多くも「決済代行サービス」で対応できますので安心感が違います。
それぞれ決済方法に合わせて契約などをすることも良いですが、まずは「決済代行サービス」を利用することでオンライン決済に対応することから始めてみませんか?

決済代行サービスをご検討中の方へ


決済代行サービスにも様々なサービスがあり、迷ってしまうかと思います。
そんな決済代行サービス初心者のあなたでも簡単に導入できるのがペライチの「ペライチ決済」サービスです。

月額1,100円(税込)と安価でサービスを導入することが可能です。
また、クレジットカードの決済手数料も売上の3.5%と業界最低水準の決済手数料も魅力です。

ペライチ決済はクレジットカード、デビットカード、コンビニ決済、PayPal、Atoneと多くのサービスに対応しています。
また、かんたんに作れるホームページサービス「ペライチ」と一緒に使えるサービスなので、ページの作成もかんたんに高性能なページを作ることができます。

ペライチ+ペライチ決済を活用することで、本当に大きな成果を上げることができるようになるかもしれません。
今回ご紹介した要素や注意点などを参考に、ぜひユーザの心に届く決済ページを作ってみてください!

ペライチ決済

https://kessai.peraichi.com

ホームページがかんたんに作れるペライチ

おどろきの簡単さ、早さ、安心を提供!
だれでもあっという間に ホームページが作れます。

おすすめの記事