個人から大企業に至るまで、ビジネスをする上で必ずと言っていいほど必要な「ホームページ」

ホームページは、オンラインでの宣伝や集客はもちろん、ネットショップや予約サイトといったネット上で成果を出すためのツールとしても、近年ますます重要な存在となってきました。

しかし、デザインやコーディングなどの専門知識が必要だったり、制作・運営に膨大な費用がかかったりと、ホームページを持つこと自体にハードルを感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ホームページ作成に必要なものから、費用や手間に合わせた作り方の選び方、具体的なホームページの作成方法までまとめてご紹介!

「これから自分のホームページを持ちたい!」と考えている方は必見です。

ホームページ作成に必要なものは?

まずは、そもそもホームページを持つために必要なものを整理していきましょう。
ホームページを持つために必要なものは、大きく分けて以下の2つです。

サーバー&ドメイン

ホームページやブログ、LP(ランディングページ)など、Web上で見えるページすべてに共通して必要なのが「サーバー」と「ドメイン」です。

一度は聞いたこともあると思いますが、どうして必要なのかはピンとこないかもしれません。
サーバーとドメインはそれぞれ以下の役割があります。

サーバーとは

作ったホームページを置いておく場所のこと。閲覧者がサーバーにアクセスし、置いてあるホームページを見ることでホームページを見ることができる

ドメインとは

「◯◯.com」「◯◯.jp」といった形で表される、ホームページの住所のこと。サーバー上に置いてあるさまざまなホームページの中から特定のホームページを見つけるために必要な文字列

 

サーバーとドメインは、「土地(サーバー)と住所(ドメイン)のような関係」とよく表現されます。ホームページはサーバーとドメインの両方があって、初めて世界中からアクセスできるようになります。そして、ホームページはそこに建つ「家」によく例えられます。

サーバーとドメインは、基本的には有料のレンタルサーバーを個別に契約する必要があります。
ただし、このあと紹介する方法によっては自分で取得せずにホームページを作成することも可能です。

ホームページ制作のためのツール

ホームページ作成にもう1つ必要なのが「ホームページ作成のためのツール」です。

ホームページ作成ツールと言っても、ホームページの目的や難易度によって様々選択することができます。

例えば…

  • ブログを作りたい場合/ある程度ITの知識がある →CMS(WordPressなど)
  • 自由に作りたい場合/しっかりITの知識がある →HTMLやCSSを扱うプログラミングツール
  • 本格ホームページやLPを作りたい/IT知識はほぼない →ホームページ作成SaaS(ペライチなど)

 

少し前までは、「ホームページ制作は外注または専門ツールが必要」というのが通例でしたが、ホームページの利用が個人からビジネスまで幅広くなったことで、今では専門知識不要でも簡単に使えるホームページ作成ツールが多く登場しています。

このあと紹介するホームページを作成する方法に合わせて、自分にあったツールを選択していきましょう。

ホームページを作成する方法は5つ

ホームページに必要な基礎がわかったところで、作成する方法(手段)を5つに分けてご紹介します。

それぞれの特徴や、メリット・デメリットについてもご紹介するので、どの方法が自分に最適か比べながら検討してみてください。

1制作会社(業者)に依頼する

1つ目はホームページ制作会社に依頼する方法です。

ホームページ作成にかけるリソースがない場合や、クオリティの高いホームページがほしい場合におすすめの手段です。
ただし、1つの依頼だけで、数十万円ほどの費用がかかる場合が多く、修正や運営などの追加費用が発生しやすいなど、コスト面での負担が大きいことがデメリットです。

メリット ・クオリティが高いホームページが手に入る
デメリット ・コストが高い
・業者選定に時間がかかる
こんな場合におすすめ ・プロの作ったホームページがほしい
・作業コストを削減したい

2HTMLやCSSを使って自分で制作する

2つ目が、HTMLやCSSといったいわゆるプログラミング言語を使って自作する方法です。

この方法の最大のメリットはホームページのデザインや構成を自由に実現できること。ただし、デザインやコーディングの知識がない場合は、それらを一から学ぶ必要があり、初心者が始める場合は、かなりハードルが高いことがデメリットです。

メリット ・自由自在にホームページを作成することができる
・修正や変更も自分ですぐにできる
デメリット ・学習コストが高い
こんな場合におすすめ ・元々デザインやコーディングの知識がある
・勉強してでもオリジナルのホームページを作りたい

3CMS(WordPressなど)を使う

3つ目がCMSを使う方法です。

CMSとは「Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)」の略で、テキストや画像を設定するだけでWebサイトとして構築してくれるシステムのことです。
中でも「WordPress」が有名で、企業サイトやブログなどとして世界中で使われています。
デザインテンプレートが用意されているので、比較的簡単にホームページを作ることができますが、サーバーとの連携や、デザイン変更、機能設定を変更する場合には専門知識を必要とする場合が多く、途中で挫折する利用者も少なくありません。

メリット ・比較的簡単に始めることができる
・プラグイン設定などのカスタマイズ性が高く、更新・運用がしやすい
デメリット ・細かい設定や変更には専門知識が必要
・海外サービスのため英語表記が多く、とっつきにくい
・サーバー代、ドメイン代、テンプレート費用などある程度コストがかかる
こんな場合におすすめ ・毎日更新するようなホームページを想定している
・ブログ機能がほしい

4無料ホームページ作成サービスを利用する

4つ目が無料のホームページ作成サービスを利用する方法です。

個人でホームページを持つ人も多くなり、無料で利用できるサービスも多くあります。
「とにかくお金をかけずに作りたい!」という方には魅力的な方法です。
ただし、強制的に広告表示が入ったり、使える機能が限定的だったりと、ホームページとして実現できる幅が狭いことがデメリットです。

メリット ・無料で利用できる
・初心者向けである場合が多く、簡単にホームページを作れる
デメリット ・使える機能が制限されていることがある
・簡易的なものしか作れない場合が多い
こんな場合におすすめ ・簡単なものでいいからホームページがほしい
・お試しでホームページ作りをしてみたい

5有料ホームページ作成サービスを利用する

最後5つ目が有料のホームページ作成サービスを利用する方法です。

ホームページ作成サービスの特徴としては、とにかく「簡単」という場合が多いです。専門知識がなくとも、テキストや画像を設定するだけでホームページを作ることが可能です。
専用のテンプレートが用意されている場合が多いので、デザインに自信がない場合でも、クオリティの担保されたホームページを作ることができます。

有料のため、毎月数百円〜数千円のコストがかかりますが、サービス上での公開となるため、サーバー代やドメイン代をかけずに公開することができます。
また、初めは無料で始められることが多く、後で料金プランやオプション選択など、かけるコストを調整できることも大きな魅力です。

メリット ・無料でお試しができる場合が多い
・専門知識なしで簡単に作ることができる
・一定のクオリティが担保されている
・サーバー代やドメイン代がかからない
デメリット ・コストが0ではない
こんな場合におすすめ ・まずは無料からホームページ作成を試してみたい
・簡単にクオリティの高いホームページを作りたい
・かけるコストを抑えたい、自分で調整したい

ホームページの作り方6ステップ

ホームページに必要なものと、作り方の種類がわかったところで、具体的な作成方法をみていきましょう。
今回は、どの作り方をする場合でも必要なステップを6つに分けてご紹介します。

1作成方法を決める

まずはホームページを作成する方法は5つを参考に、自分に最適な作成方法を決めましょう。

「どれを選べばいいかよくわからない…」という方は下記を参考に選んでみましょう!

  • 低コストで簡単にオリジナルホームページを作りたい方  →⑤有料サービス
  • ブログなど高頻度で更新するサイトを作りたい  →③CMS(WordPressなど)
  • お金はかかってもいいので、手間を削減したい  →①制作会社(業者)に依頼する

 

無料サービスは、コスト0で作れることが大きな魅力ではありますが、他4つの方法と比べると、クオリティや使える機能に大きな差が出てしまいます。
個人利用(データ保存ページや、自己紹介ページなど)にはおすすめですが、ビジネスにホームページが必要という場合は、無料以外の方法を選択するのがいいでしょう。

2コンセプト(目的)を決める

次にホームページのコンセプト(目的)を決めましょう。
コンセプトというと難しく聞こえますが、「なぜホームページを作ろうと思ったのか?」をハッキリさせられればOKです。

よくある例としては、

  • 教室を開いたので集客のためにホームページを作りたい
  • 会社のイメージアップのためにコーポレートサイトを作りたい
  • 整体院を開業したのでWeb予約の取れる店舗ホームページを作りたい
  • ハンドメイド雑貨を売るためのECサイトを作りたい
  • オンラインサロンのための会員サイトを作りたい

といったものがあげられます。

これらを参考に、自分のホームページはなんのために作るのか?を確認しておきましょう。

3コンテンツ(構成)を決める

コンセプトがハッキリしたら、ホームページに組み込む内容=コンテンツを決めていきます。

作るサイトの種類によってコンテンツは異なりますが、代表的なものは以下です。

代表的なコンテンツ
・事業案内
・会社案内
・新着情報
・会社(または店舗)の特徴
・メニューやコースの紹介
・スタッフ紹介
・お客様の声
・よくある質問
・アクセス
・料金
・アクセス
・お問い合わせ
・採用情報

この中から選ぶ他にも、同業界のホームページを2〜3サイト参照して、よく使われているコンテンツを洗い出すという方法もおすすめです。

業界・業種ごとによく使われているコンテンツを知りたい方は下記も参考にしてみてください。

4構成・デザインを考える

③のコンテンツを元に、どんなサイトにするかデザインイメージを考えましょう。

とはいっても、初めてデザインするという場合は、パッとイメージしづらいかもしれません。
そんな時はサイト制作によく使われている「ツリー型構造」を使ってみましょう。
ツリー型構造とは、コンテンツを類似のグループに分けて、その下に子コンテンツを繋げていく整理の仕方です。

▲ツリー型構造の例

 

ツリー型構造の整理の仕方はこちらで詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

また、デザインを考える際は「どんな人に訪問してほしいか?」=ペルソナも考えながらイメージを膨らませましょう。

整体院の場合
・肩こりや腰痛に悩む20代以上の男女がターゲット
・スッキリするような印象や安心できる・癒される印象にしたい
・性別や年代を問わず好印象をもたれるようなクセのないデザインにしたい
→緑やオレンジを使って、爽やかで安心感のあるカラーリングにしようかな
→誰でもパッとみて雰囲気が伝わるように画像を多めに使おう

といった感じで、「誰に訪問してほしいか?」「どう思ってもらいたいか?」を考えるとデザインを考えやすくなります。

5素材(画像やテキスト)を集める・作成する

構成が決まったら、ホームページに必要な画像やテキストを揃えていきましょう。

画像は自分で撮ったものでもOKですし、商用利用可能なフリー画像を使うのもおすすめです。
以下におすすめの画像サイトをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、画像とあわせて必要なテキストも用意しておきましょう。
企業(店舗)の基本情報だけでなく、見出しテキスト(キャッチコピー)や各所の説明文も必要になってきます。

「なかなかうまく文章が書けない…」という方は、下記の記事でライティングの基本や魅力的なキャッチコピーの書き方を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

6実際にホームページを作る・依頼する

①で選んだホームページの作成方法に沿って実際にホームページを作っていきましょう。
制作会社に依頼する場合は、②〜⑤までに用意した内容を外注先に渡して、制作を依頼しましょう。(※必要な素材や依頼条件は会社ごとに異なります)

1番おすすめのホームページ作成方法は?

ここまで、ホームページに必要なもの、作り方、具体的な手順をご紹介してきましたが、最適な方法は見つかったでしょうか?

どれを選ぶかは、予算(コスト)やホームページの目的、どのくらい手を動かすかなどによってさまざまです。

それらを総合して、最もおすすめできるのが「有料のホームページ作成サービスを使って自分で作る方法」です。

無料であることが絶対条件の場合を除き、どの方法であってもコストや手間はかかります。
そして、コストと手間は表裏一体で、どちらかを優先するとどちらかは極端に妥協しなければならないことがほとんどです。

ですが、有料サービスであれば、

  • コストは月に数百円〜数千円と低コスト
  • 手は動かすが、一から自作するよりもずっと楽に早く作ることができる
  • 初心者に優しい設計で、つまずくポイントが少ない
  • デザインテンプレートが用意されているので、デザイン知識も必要なく、クオリティも担保されている

といった特徴があり、コストの面でも作成の面でも優れており、誰でも気軽にホームページを手に入れることができます。

ホームページ作成サービスなら「ペライチ」

そんな有料ホームページ作成サービスの中でも特におすすめなのが「ペライチ」です。

ペライチのおすすめポイント
専門知識は一切不要!直感的操作で誰でも簡単にホームページを作成できる
月額3,940円(税込)〜で、サイト作成・フォーム設置・予約受付・オンライン決済など、豊富な機能が使い放題のオールインワンサービス
400種類以上の豊富なテンプレートで高クオリティなホームページがすぐ作れる

サーバー代やドメイン代が別途かかることもなく、別サービスと併用の多いフォームや予約機能も含まれているので、ペライチ1つでネットでビジネスを行うのに必要な機能が揃うのもうれしいポイントです◎。

さらに、ペライチでは登録から30日間は無料でお試し利用することができます!
コスト0円で始めることができるので、安心してホームページ作成を始められますよ♪

まとめ

今回はホームページ作成に必要なもの、作成方法、具体的な手順についてご紹介しました。
ホームページ作成は昔より身近なものになってきました。その分、「誰でも作れるもの」にもなってきています。
ビジネスに必要!という方はぜひ本記事を参考に自分だけのホームページを手に入れてください!

【30日間ビジネスプランが無料!ペライチに登録する】
https://peraichi.com/

【ペライチの操作で迷ったら全国のサポーターに相談できる!ペラナビはこちら】
https://navi.peraichi.com/

ホームページがかんたんに作れるペライチ

おどろきの簡単さ、早さ、安心を提供!
だれでもあっという間に ホームページが作れます。

おすすめの記事