「ランディングページではSEO対策が難しい」と言われますが本当にそうでしょうか?
また、なぜランディングページではSEO対策が難しいのでしょうか。

ランディングページはインターネットでの集客には欠かせない存在になっています。
しかし、その多くの場合はリスティング広告などのインターネット広告に集客を頼っています。

そこで今回は「ランディングページで検索エンジンの上位表示は可能なのか。」「本当にSEO対策ができないのか。」といった事について紹介していきますので参考にしてください。

ペライチバナー

ランディングページとはどんなページ

それではランディングページとはどのようなページの事を言うのでしょうか。
すでに理解している人も多いとは思いますがおさらいのつもりで今一度確認してみましょう。

ランディングページの特徴とSEO対策が難しい理由は表裏一体になっています。
特徴を確認すればなぜ検索エンジンの上位表示が難しいのか徐々に見えてくるでしょう。

CV(成約)を目的としたページ

ランディングページはCV(成約)を目的としたページです。
成約の条件は企業によって異なりますが、主には「サービスの申込み、商品の購入、資料のダウンロード」などです。
これらの目的を達成するために最適化されているのがランディングページです。

ランディングページはCVを目的としているからメディアで掲載されている記事や一般的なホームページとは異なる特性を持っています。

1ページ完結型のページ

ランディングページは1枚完結型のページで、縦に長く情報量が多いのが特徴です。
成約が目的になっている為、1ページ内に情報を詰め込みユーザーを説得するように設計されています。

普通のホームページでは情報は複数のページにまたがり小出しになっているでしょう。
しかし、それだとユーザーの興味が途切れてしまい途中で離脱してしまう可能性が高まります。

成約させる事を目的すとするランディングページはそれではダメで、興味を途切れさせず最後まで読んでもらう為の手法として1ページ完結型の構成になっています。

インターネット広告などで集客

ランディングページは成約率を上げるために最適化されたページですのでインターネット広告と相性が良いです。
1ページだけだからすぐに作ることができますし、インターネット広告をを使えばすぐにアクセスを集めることができます。

すばやくページを作ってすぐに目的を達成できるという点で、ランディングページは企業のWEBマーケティングでよく活用されています。

ランディングページで検索上位表示が難しい理由

それでは続いてランディングページが上位表示が難しい理由について紹介していきます。

ランディングページの特性上SEO的に不利である事が多いのですが、その点について一つずつ確認していきましょう。

ページ数が少ない

まず、ランディングページはページ数が少ないためSEO的に不利と言える出よう。
Googleはページ数が多く情報量が多いサイトを品質の高いサイトとして評価します。
その点、ランディングページはサイト全体で見た時数ページしかありません。

現状では検索エンジンで上位表示しているサイトは数百ページもあるメディアばかりです。
ページ数で圧倒的に劣っているランディングページで上位表示が難しいのは言うまでもありません。

テキストの分量

ランディングページは見栄えやインパクトを重視しテキストよりも画像を多く使う傾向にあります。
Googleは画像を解析するよりもテキストを解析する方が得意で、画像ばかりのページよりもテキストの多いページを情報量が多いと評価する傾向があります。

その為、見栄えやインパクトを重視したランディングページはGoogleからの評価を思うように受けられずSEO的に不利になってしまいます。

運営歴が短い

Googleは運営歴が長いサイトを信頼できるサイトと評価する傾向にあります。

ランディングページは長期間運営するというよりも、短期間で結果を出す事を求められる事が多く運営歴が短めの事が多いです。

検索エンジンで上位を取れているメディアは長ければ10年以上、短くても数年程度の運営歴があり、日々更新されているサイトばかりです。
運営歴の短いランディングページでは上位表示するのが難しいのがわかると思います。

ランディングページで検索上位表示する方法

ランディングページでは検索エンジンの上位表示が難しいという事をお伝えしていきました。
とはいえ1ページだけのランディングページでも検索の上位表示に成功している場合があります。

可能だと思われる方法を紹介していきますので参考にしてください。

競合が全く居ないジャンル・キーワードを選ぶ

検索エンジンでの上位表示が難しいランディングページですが、競合が全く居ないジャンルやキーワードを選べば上位表示は可能です。

他の誰もページを作っていなければ必然的にあなたのページが上位表示されます。
もしランディングページで検索上位を取りたいのであれば誰も狙っていないジャンル・キーワードを選ぶことが一つのポイントとなるでしょう。

評価の高いドメインを使う

ランディングページで上位表示をするのであれば、もともと評価の高いドメイン内にページを作るという手もあります。

ランディングページ単体だとせいぜい数ページしかありません。
そのため数百ページありGoogleからしっかりと評価されているドメインには到底太刀打ちできません。

ですから、こちらも評価の高い数百ページもあるサイト内にランディングページを追加するのです。
ドメイン自体がもともと評価されているので、その中にあるランディングページも順位が上がりやすく、検索結果の上位に表示しやすくなります。

ディレクトリ型のランディングページ作成ツールを使う

続いて紹介するのはディレクトリ型のランディングページ作成ツールを使う事です。
この方法は先程の「評価の高いドメインを使う」の延長線にある戦略です。

SEOに詳しい人ならわかると思いますが、ディレクトリ型のWEBサービスは、ドメインの評価を下層ページに引き継ぐ事ができます。

ドメインの評価があなたの作ったランディングページの評価に繋がりますので、検索エンジンに上位表示されやすくなります。

ランディングページ作成ツールとは?

そもそもランディングページ作成ツールとはなんなのでしょうか?
簡単に説明していきますので参考にしてください。

誰でも簡単にランディングページを作れる

ランディングページ作成ツールの特徴はなんといっても、誰でも簡単にページを作れるという点です。

用意してあるテンプレートを選んで、テキストと写真を入れるだけでランディングページを作る事ができます。

HTMLやCSS、WEBサーバーなどの専門的な知識がなくてもランディングページを作れるので用途の幅が広く初心者からプロまで幅広く活用されているツールです。

ランディングページ作成ツールといって様々なツールがあり、その中でディレクトリ型を採用しているツールは多くありません。

ディレクトリ型のランディングページ作成ツールなら「ペライチ」

ディレクトリ型のランディングページ作成ツールなら「ペライチ」がおすすめです。
ペライチはディレクトリ型でSEOに強いだけでなく、使いやすく初心者向けのツールです。

数万ページものランディングページが公開されておりGoogleから高い評価を受けています。
ランディングページで検索エンジンの上位を狙いたい場合はおすすめです。

ペライチ公式サイト

まとめ

ここまでランディングページのSEO対策について紹介していきました。

ランディングページはCV(成約)を取るために最適化されたページです。
インターネット広告と併用する事で真価を発揮する事ができます。

反面、ランディングページでは検索エンジンの上位表示は難しいという事実もあります。
1ページしかないランディングページでは検索エンジンから「情報量が多いサイト」とは評価されないからです。

ランディングページで上位表示をしたいのであれば情報量の多いサイト内の1ページとしてランディングページを作ると良いでしょう。
もし、情報量の多いサイトを持っていないのであればランディングページ作成ツールを使いましょう。
ランディングページ作成ツールなら「ペライチ」がおすすめです。

ペライチバナー
おすすめの記事