ホームページを作るなら制作費用を少しでも抑えたと思いますよね。
「制作会社に見積もりを依頼したら思ったよりも高かった・・・・」なんて経験ありませんか?
そんな時はフリーランスや個人でホームページを制作をしている人に依頼すると費用を安く抑えられる可能性があります。

とはいえ、フリーランスに依頼する上で不安な事もあるでしょう。
フリーランスや制作会社に依頼するメリット・デメリットについて紹介していきますので参考にしてください。

また、これらの方法以外にホームページを格安で作る方法も紹介していきますので最後まで読んで頂けましたらと思います。

ホームページは誰に依頼する?

ホームページの制作は誰に依頼するか(フリーランス、制作会社など)によって制作費用や進め方などが異なります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので紹介していきます。

また、制作会社やフリーランス以外にもホームページを作る方法がありますので、その方法も紹介していきます。

制作会社(法人)

まずはホームページ制作会社に依頼する場合です。
ホームページを作る場合最も有力な方法と言えるでしょう。

制作会社に依頼する場合の相場観は最低30万円以上と考えておきましょう。規模やページ数によっては100万円を超える場合も少なくありません。

費用こそ高額ですが高いクオリティと確実に仕上げてもらえるという安心感があります。

それでは制作会社に依頼するメリットとデメリットを確認していきましょう。

制作会社(法人)に依頼するメリット

まず制作会社に依頼するメリットは個人で活動するフリーランスに比べると規模や実績という点から信頼感が高いという事です。

最初にヒアリングをしてスケジュールに落とし込んで制作を進めていきます。
よほどのことがない限り納期をすぎることはありません。

もちろん、プロが作っているだけあってホームページのクオリティも申し分のないものが仕上がってくるでしょう。

制作会社(法人)に依頼するデメリット

制作費用が高額になりやすい事が制作会社に依頼するデメリットと言えるでしょう。

制作会社では「デザイナー、コーダー、プログラマー」といった様々なクリエイターが働いており分業してホームページの制作にあたります。
複数の人が1つのホームページの制作に関わるため費用が高額になります。

また、スケジュールを遵守する為、ルールや制約が多く柔軟性に欠けるという点もデメリットといるでしょう。

フリーランス(個人事業主)

続いてフリーランス(個人事業主)にホームページを作成を依頼した場合について紹介していきます。
フリーランスは制作会社とは違い一人でホームページの制作にあたります。
制作に関わる人が少なくなるため安くホームページを作ることができます。

制作費用は安い人であれば10万程度でホームページを作ってくれるでしょう。
もちろん、すべてのフリーランスがこのような低価格で引き受けてくれるわけではありませんので注意が必要です。

フリーランス(個人事業主)に依頼するメリット

フリーランスに依頼するメリットと言えば制作費用が安く抑えられる点です。
制作会社とは違い一人でデザインからコーディング、サーバーの設定など一通りをこなす為、少ない費用でホームページを作ることができます。
安い人であれば10万円程度から引き受けてくれる人もいるでしょう。

また個人であるため交渉次第では幅広い要望が通ったり融通を利かせてもらえるのもフリーランスに依頼するメリットと言えるでしょう。

フリーランス(個人事業主)に依頼するデメリット

フリーランスに依頼するデメリットは制作会社とは違い個人ですので、信用力という点で大きく落ちてしまう点です。
一人でやっていると言うことは、小回りがきき融通もききやすく費用も抑えられると言うことですが、ある日突然体調を崩したりトラブルなどで納期がずれ込む事も考えられます。

また、個人のスキルに依存するところが大きく、選んだ人によってクオリティがまちまちになってしまいやすいのも難点と言えるでしょう。

ホームページ作成ツール(自分で作成)

フリーランスや制作会社に依頼する以外の選択肢として自分で作るという方法もあります。
「ホームページなんて作れないよ・・・・」と考えた人もいるでしょう。

安心してください。初心者でもホームページ作成ツールを使えば簡単に作る事ができます。

それではホームページ作成ツールとはどのようなツールなのでしょうか?
メリット・デメリットを紹介していきますので確認してみましょう。

ホームページ作成ツールで作るメリット

ホームページ作成ツールのメリットといえばなんと行っても格安でホームページを作ることができるという点です。

HTMLやCSSなどの知識は一切必要ありません。
簡単操作でテキストと写真を入れればホームページを作ることができます。

無料でも一通りホームページを作ることができますが、月額1000円程度の有料プランがあり、独自ドメイン設定やフォーム機能などを使ってホームページをより洗練する事ができます。

ホームページ作成ツールで作るデメリット

ホームページ作成ツールのデメリットは自分で写真やテキストなどを準備しコンテンツを作る手間がかかるという点です。

また、ある程度テンプレートが決まっておりその中で決められた構成にする必要があるため奇抜なホームページや独自性の強いホームページは作りづらいのもデメリットでしょう。

ホームページは誰に依頼するかで費用が変わる

ホームページを作るには「フリーランス、制作会社、ホームページ作成ツール」といった選択肢があります。

選んだ方法によって制作費が大きく変わりますので自分の予算に合わせて選びましょう。

ホームページの制作費用比較表

方法別にホームページの制作費用を比較表にまとめましたので参考にしてください。
表にすると一目瞭然ですが選んだ方法によって大きく制作費用が異なることが理解できると覆います。

やはりフリーランスにしても制作会社に依頼するにしてもプロに依頼して動いてもらう以上それなりの費用は覚悟しなければなりません。

ホームページの制作方法 制作費用 月額費用
フリーランス 10万以上 5000円〜数万円
制作会社 30万〜100万以上 数万円程度
ホームページ作成ツール 無料 月額1000円程度〜

もし格安でホームページを作りたいのであれば作成ツールを使って自分で作るのがおすすめです。

ホームページ作成ツールなら「ペライチ」

ホームページ作成ツールならペライチがおすすめです。
ペライチは1枚もののホームページ(ランディングページ)を作る事ができるツールでテンプレートを選んでテキストと写真を入れるだけで誰でも簡単にホームページを作ることができます。

自分でホームページを作れば費用を格安に抑えることができますし、変更や修正も自由にできます。

ペライチ公式サイト

まとめ

ホームページの作成には「フリーランスに依頼する方法、制作会社に依頼する方法、ホームページ作成ツールを使って自分で作る方法」があります。

「制作会社 < フリーランス < ホームページ作成ツール」という順番で費用が安くなっています。 クオリティを担保したいのであれば制作会社に依頼するか、実績の豊富なフリーランスに依頼すると良いでしょう。 格安でホームページを作りたいのであればホームページ作成ツールがおすすめです。 自分にあった方法を選択して納得のホームページを完成させましょう。

おすすめの記事