ホームページの作成を検討していて「失敗したくない・・・。」「なにかやってはいけないことがあるんじゃ・・・」なんて不安に感じていませんか?

実際に初めてホームページを制作するときは誰でも不安に思うものです。
そこで、今回は「ホームページの作成でやってはいけない事」を集めましたので参考にしてください。

また、やってはいけないことだけでなく、おすすめのホームページ作成方法も紹介していますので、最後まで読んでみてくださいね。

それではホームページを制作するうえでやってはいけない事について紹介していきます。

ペライチバナー

ホームページの設計でやってはいけない事

ホームページの設計でやってはいけない事がありますので紹介していきます。
設計はホームページを制作する上で最初に考えるべき事で、ここを疎かにしてしまうと制作に入ったあと変更や修正が多くなり後々苦労することになりますのでしっかりと考えましょう。

ターゲットを決めていない

まずは誰がターゲットのホームページなのかはっきりさせましょう。
ターゲットを決めずにホームページを制作してしまうと、結局誰にも刺さらないホームページになってしまいます。

例えば40代の男性サラリーマンと20代の女子大生ではまったく趣味や趣向が違う事が予想できるでしょう。
ターゲットが好むデザインや欲しがっている情報をイメージしながら効果の出やすいホームページを作っていきましょう。

目的がはっきりしない状態でホームページ作る

ホームページを漠然と制作し始める人は多いです。
せっかくホームページを作るのですからどんな目的で作るか考えておきましょう。

「認知度アップ、お問い合わせが欲しい、申込みが欲しい」といったようにホームページを作るからには何か目的があるはずです。

目的によって必要なコンテンツが変わってきますので作る前にしっかりと考えておきましょう。

構成を決めずに制作を進める

ホームページの全体の構成を決めておく事は重要です。
どれくらいのページ数になるか、どのようなコンテンツを置くか、どのような機能をもたせるかといった事を決めましょう。
サイトマップを作ってどのページからどのページへ遷移するかといった事まで決めて置くと良いでしょう。

制作が進んでしまってから、このページがない、この機能がない、コンテンツが不十分といったことになると製作期間が伸びてしまいますし修正コストもかさみます。

はじめに構成を決めておくとスムーズに制作を行えますので事前に決めておきましょう。

ホームページの制作でやってはいけない事

設計が済んだら制作です。
ホームページの制作でもやってはいけない事がありますので紹介していきます。

コピーコンテンツは厳禁

当然のことですが他人の作成したコンテンツをまるまるコピーするようなホームページは作ってはいけません。
元のコンテンツ作成者とトラブルになるばかりかGoogleにも評価されません。それどころかSEO的なペナルティを受ける可能性もありますので厳禁です。

自分で考えたオリジナルコンテンツを作ってユーザーに有益な情報を提供しましょう。

写真やイラストの著作権を無視する

コンテンツに続いて写真の使用にも注意が必要です。
写真やイラストなどの素材には著作権があります。他人が作った素材は著作者の許諾が必要になります。

写真やイラストはできるだけ自分で用意するか、フリーの素材集を利用してホームページを作りましょう。
また、写真やイラストの販売サイトもありますので、購入するという手段もあります。

難しいツールを選ぶ

特に自分でホームページを作る人はツール選びは慎重にしましょう。

難しいツールを選んでしまうと途中で挫折する可能性が高まります。
できるだけ簡単なツールを選んで無理なくホームページを作っていきましょう。

もし簡単にホームページを作れるサービスをお探しならペライチがおすすめです。

簡単にホームページを作るなら「ペライチ」がおすすめ

ペライチは1枚のホームページ(ランディングページ)を作る事に特化したホームページ作成ツールです。
シンプルな操作で簡単に誰でもホームページが作れます。全国でセミナーも開催されておりサポート体制に定評がありますので初心者でも安心です。

また、ドメインパワーが強く検索エンジンで上位が取りやすいため集客面でも有利です。
簡単にホームページを作りたいのであればペライチがおすすめです。

ペライチ公式サイト

ホームページの運営でやってはいけない事

ホームページは作ったら終わりではなく継続的な更新やメンテナンスが必要になります。
継続して運営していくには費用や手間がかかりますので、できるだけ無理なく続けられるようにする事が大切です。

ホームページの変更・編集が簡単にできない

制作会社などを頼ってホームページを作成したものの「すぐに変更や編集ができない、編集のたびに制作会社に費用を取られる」といった事があります。

ホームページは定期的な更新が必要です。もちろん、情報が古くなったら新しく更新する事も重要です。
しかし、そのために手間や費用がかかるようでは継続的な運営は難しいでしょう。

特に頻繁に情報を更新・変更する必要があるホームページの運営は「簡単に変更・編集できる」という事が重要になってきます。

月々の月額費用(メンテナンス費)が高すぎる

ホームページを作るとサーバーやドメイン費用に加え、保守費用などの固定費が発生します。
ホームページを作ることばかりに意識が向きすぎて、その後の運用にかかる費用を疎かにしてはいけません。

月家具費用が高いとホームページを継続的に運営していくのは難しくなるでしょう。
どうやってホームページを作るか、どの制作会社に依頼するかによって月額費用は大きく変わりますので事前に計算しておきましょう。

ホームページの運用費用はどれくらいかかる?

ホームページの運用にはサーバー代やドメイン費用、制作会社によってはメンテナンス費用などかかります。
この金額は制作会社によって異なりますが、月額5000円〜3万程度を想定しておくと良いでしょう。
制作費用に比べると金額が小さいですが、毎月費用が発生しますので馬鹿にできません。
しっかりと考えておきましょう。

途中解約できない

ホームページの運営には月額費用が発生するとお伝えしました。
契約内容によっては途中解約ができないといった事も考えられます。
月額だけでなく契約期間、どのような時に解約できるかを事前に確認しておきましょう。

もし、解約できない期間が半年を超えるような長期であれば契約を考え直したほうがよいかもしれません。

ホームページの集客でやってはいけない事

ホームページは集客をしてより多くの人に見てもらう事で真価を発揮します。
集客にもやってはいけない事がいくつかありますので紹介していきます。

ページのタイトルを適当に考える

ホームページのコンテンツを読んでもらうにはタイトルが重要です。
コンテンツを作る上で一番力を入れなければ行けないのはタイトルといっても過言ではありません。

ユーザーは検索エンジンに表示されたページのタイトルを見てあなたの作ったページを読むかどうかを決めます。
タイトルで興味を引けなければページを見てもらう機会を失い集客面で不利になりますのでタイトルはしっかりと考えるべきなのです。

ホームページを作ったあと放置する

ホームページを持ったことがない人にありがちな勘違いですが、ホームページは作っただけでは集客効果がありません。

もちろん、ホームページを作っただけでも最初から集客ができる例もありますが、ごく少数だと認識しておきましょう。

集客効果を得るためにはSEO対策が必要になり、専門的な知識が必要になります。

もし制作会社に依頼するのであればSEOに強い会社に依頼したり、評判の良いSEO対策会社に依頼しましょう。

またSEOのノウハウは調べればいくらでも出てきますので、業者の言いなりになるのではなく自分自身で勉強する事も大切です。

やってはいけないSEO対策・外部リンクを購入する

先程SEO対策の話をしましたが、SEO対策にも「やっていい事とわるい事」があります。

特にこれから紹介する外部リンクを購入する事はやってはいけないSEO対策の代表格といえますので認識しておきましょう。

ホームページを運営しているとSEO会社から電話やメール等で「ホームページの集客効果を高めるために外部リンクを購入しませんか?」といった営業がある事があります。

しかし、外部リンクの購入はGoogleが禁止している行為ですので絶対に辞めましょう。
集客効果があるどころか、最悪の場合ペナルティの対象になり大きな損害を被る事も考えられます。

まとめ

ホームページを作る前に「やってはいけない事」を確認しておきましょう。
特にホームページの制作には制作費用だけでなく月額費用が発生する事も忘れてはいけません。

ホームページの作成には制作会社に依頼する以外にもホームページ作成ツールを利用する方法もあります。
ペライチであれば無料でお試しする事も可能ですし月額費用もかかりません。
お金をかけずに安くホームページを作りたいのであれば「ペライチ」の利用を検討してみましょう。

ペライチバナー
【2019年版】ホームページが簡単に作れるツール7選

ホームページ作成ツールを使えば少ない費用で誰でも簡単にホームページを作ることができます。
おすすめのホームページ作成ツールを紹介していきますので参考にしてください。

おすすめの記事