ホームページとは?Webサイト・Webページとの違いやその種類

「ホームページ」って、どんな意味かちゃんと理解してますか?

普段なんとなく使ってる言葉だけど、具体的な定義を説明しろと言われると言葉に詰まる人が多いのではないでしょうか。

今回は、混同されがちな「ホームページ」「Webサイト」「Webページ」の違いや、ホームページの種類をご紹介します!

ホームページの意味とは

ホームページは本来「ブラウザを起動したときに最初に出るページ」という意味で用いられていました。

Google ChromeならGoogleのロゴと検索エンジンが表示されるページ、IE(インターネットエクスプローラー)ではYahooやmsnを設定してる人も多いでしょう。

しかし、現在では後述する「Webサイト」や「Webページ」のこともホームページと呼ぶ人が多いです。

すべて「ホームページ」と表現してしまっても通じることが多いでしょうが、念のため各語の正しい意味も理解しておきましょう。

「ホームページ」と混同されている用語

Webページ(ウェブページ)

Webページとは、画面に表示される1枚ごとのページです。

例えばこのホームページ大学だと、記事が羅列されているトップ画面も記事1つ1つもWebページです。

単に「ページ」と省略されることも多いです。

Webサイト(ウェブサイト)

Webサイトとは、Webページの集まりのことを言います。

「ホームページ」という用語を、このWebサイトの意味で使っている方も多いのではないでしょうか。

こちらも単に「サイト」と省略されて呼ばれることが多いです。

ホームページ(Webサイト・Webページ)の種類

これからご紹介するものの中には、WebサイトとWebページどちらもあります。

しかし、すでにお話しした通り現在ではすべて「ホームページ」で通じてしまいますし、ここまで浸透した表現を完全に誤用だと言えるのか怪しいので「ホームページ(Webサイト・Webページ)」という表現を用いて、その代表的な種類をご紹介します!

コーポレートサイト

コーポレートサイトとは、会社を紹介するためのWebサイトです。

会社の業務内容や最新ニュース、採用情報など様々なコンテンツを含むことが多いです。

ブランドサイト

商品やサービスについて、コーポレートサイトでは載せ切れないことも含めより詳細に紹介するためのWebサイトです。

コーポレートサイトと比べビジュアルが重視される傾向が強く、会社やブランドの色が強く出るWebサイトでもあります。

プロモーションサイト    

プロモーションサイトとは、商品やサービスの広告やPRに合わせて作成されるWebサイトです。キャンペーンサイトとも言い、大体のものは期間限定で公開されます。

リクルートサイト

採用のために作られるWebサイトです。

コーポレートサイトの採用メニューへ行くと、リクルートサイトへの導線が設けられていることも多いです。

新卒採用向けのサイトは毎年作られることが多く、ブランドサイトと同じく会社の色が強く表れやすいです。

ECサイト

ネットショップサイトとも言います。

Amazonや楽天市場のように、気に入った商品をネット上で買うためのWebサイトです。

ブログサイト

このホームページ大学もこれに含まれます。

ブログというと個人で運営しているイメージが強いかもしれませんが、最近では企業の社員がブログを運営し、ブランドサイト内にブログサイトへの導線が設けられていることも多いです。

ランディングページ(LP)

ランディングページとは、商品やサービスを販促するための1枚のWebページです。

リスティング広告やバナー広告をクリックするとランディングページへ飛ぶことが多いです。

因みに、ランディングページには「Webサイトの中でユーザーが最初にアクセスしたページ」という意味もあります。

ホームページをもっと知りたい人は

言葉上の意味だけでなく、具体的なホームページやインターネットの仕組みや運用方法など知りたい方におすすめの本をご紹介します。

イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本

Webの全体像から、さまざまなデータ形式、システムの構築と運用までイラストを用いて解説してくれます。

同じシリーズでサーバーやクラウドに関する本も出ており、技術的な知識を補完したい場合にうってつけです。

新米IT担当者のための Webサイト しくみ・構築・運営がしっかりわかる本

インターネットの仕組みはもちろんのこと、実際にWebサイトを作るために必要な準備や設計、制作会社の選び方などを紹介しています。また、アクセス解析やSEOといったようなWebサイトの運用に関する知識も載っているので、Web担当者になったばかりという方におすすめの一冊です。

「ホームページ」を正しく理解しよう!

普段なにげなく使っている「ホームページ」という言葉ですが、その中には様々な意味合いや種類、そしてそれを支える技術があります。

「ホームページ」でも「Webサイト」でもどちらで呼んでも通じますが、正しい意味合いや定義を理解しているか否かは大きな違いです。

ホームページを正しく理解し、実際に制作や運用をしていきましょう!

ペライチでホームページをつくってみる!