ホームページ作成の費用は、およそ20万円からと言われています。ただし、作成費用の相場は依頼先や目的、作成方法によって異なり、5万円程度で済む場合も100万円を超える場合もあります。こちらでは、ホームページ作成の平均費用や費用の内訳、価格帯ごとのメリット・デメリットをご紹介します。

ホームページ作成の費用相場

ホームページ作成の費用相場は、作成目的やデザイン、依頼先などによって費用が変動します。ここでは、ホームページの費用が変動する要因についてご紹介します。ホームページ制作にかかる費用について把握し、自分にあった依頼先を見つけましょう。

ホームページ制作費用の変動要因

ホームページ制作費用は、主に以下の3つで決まります。

  1. ホームページを作成する目的
  2. デザインや機能
  3. 依頼先

では、それぞれの要因について詳しくご紹介します。

ホームページを作成する目的

まず、ホームページを作成する目的によって費用は変動します。ホームページの目的は、「名刺代わり」と「売り上げ向上」の大きく2つが考えられます。名刺代わりのホームページを作る場合、ページ数はそれほど必要ないため、費用は比較的安く抑えられます。

一方、売り上げ向上のためにホームページを作る場合、商品紹介ページや決済機能を設置するため、費用もその分多く発生します。ホームページを作成する際は、ホームページの目的を明らかにし、ある程度の相場を把握しておきましょう。

デザインや機能

2点目は、デザインや機能による費用変動です。「もっと見やすいデザインにしたい」「EC機能を追加したい」など、デザインや機能を追加したり変更したりすると、その分作業工程が増えるため費用が多くかかります。上述のように、売り上げ目的のホームページを作成する場合は、決済機能やクーポン作成など必要な機能が増えるため、費用が高くなる傾向にあります。

依頼先

最後に、依頼先によっても費用は変動します。ホームページの制作方法はさまざまあり、その制作方法によって費用が変動します。たとえば格安ホームページ制作会社では、テンプレートに沿ってホームページを作成するため、制作費用はおよそ5万円と安く抑えらます。ただし、テンプレートを使用しているためデザインが似通ってしまったり、費用が安い分サポート体制が手薄だったりするなどの特徴もあります。ホームページ作成を依頼する場合、費用の安さだけでなく作成方法ごとの特徴も把握しましょう。

価格帯で何が違うのか

ホームページ制作は、目的やデザイン・機能、依頼先によって費用が変動します。では、安く作成したホームページには何かデメリットがあるのでしょうか? また、費用が高いホームページには何かメリットがあるのでしょうか?

低価格帯の特徴

ホームページ制作費用で「低価格帯」といえば、およそ5万円〜30万円と言われています。低価格帯で作成したホームページは、以下のような特徴があります。

  • ページ数が少ない
  • デザイン・機能が限られる
  • サポート体制が手薄

まず、低価格帯では作成できるページ数が少なく、およそ5〜10ページ程度です。さらに、デザインや機能も少なく、機能を増やしたい場合、追加料金が発生する可能性があります。料金を抑えるためにサポート窓口がない場合もあり、作成後の管理維持を自分で行う必要があります。

中価格帯の特徴

ホームページ制作費用で「中価格帯」といえば、およそ30〜100万円と言われています。中価格帯で作成したホームページは、以下のような特徴があります。

  • 豊富なデザイン・機能が利用できる
  • 修正や変更を依頼できる

中価格帯では、利用できるデザインや機能が豊富であり、オリジナルのホームページを作成できます。さらに、ホームページの修正や変更も依頼できるため、ホームページの管理の手間も省けます。

高価格帯の特徴

ホームページ作成費用で「高価格帯」といえば、100万円〜と言われています。高価格帯で作成したホームページは、以下のような特徴があります。

  • 対面でのサポート
  • コンサルティング指導が受けられる

中価格帯では、電話やメールなどのサポートが中心ですが、高価格帯では対面で打ち合わせするため、自分の要望を伝えやすいのが特徴です。さらに、サポート体制では、修正や変更だけでなく集客のためのコンサルティング指導が受けられるため、認知度や売り上げ向上に繋がりやすくなります。

なぜ会社ごとに費用が異なるのか

ホームページを作成する際、ホームページ制作会社によって見積もり価格が異なります。見積もり価格が会社ごとに変動する理由として、大きく以下の2点が挙げられます。

  1. 納期や製作者の状況
  2. 制作会社の規模・事業形態

では、それぞれの理由について詳しく解説します。

ホームページの見積もりはどこがいい?費用の内訳・安くする方法についてご紹介

納期や製作者の状況

1つ目の要因は、納期や製作者の状況です。ホームページ作成の依頼から納期まで期間が短い場合、ホームページ制作会社側は優先的に作業を行わなければいけないため、人手を割く必要があります。そのため、納期が短期間の案件の場合は比較的料金が高く、特別料金がかかる場合があります。

制作会社の規模・事業形態

理由の2点目は、制作会社の規模・事業形態です。規模の大きい会社は、人件費や社員の管理コストが多くかかったり、競合調査やマーケティングなどの作業工程を多く踏むため、その分制作料金に上乗せされます。ホームページ制作会社の規模が大きいほど、その分人件費も多くかかり、比較的高い料金になります。

一方、個人やフリーランスでホームページ制作を請け負っている場合、人件費もそれほどかからないため安い料金で依頼できます。ただし、フリーランスの場合は、個人のスキルに依存するため、満足のいかないホームページが完成する可能性もあります。

ホームページ制作費用の内訳

ここからは、ホームページ作成にかかる具体的な費用について開設します。ホームページ制作の主な費用は、以下の通りです。

費用 内容
ディレクション費 ディレクションとは、ホームページ制作を管理進行することです。Webディレクターがクライアントの要望を聞き、その要望をもとにWebデザイナーやコーダーに指示を出します。ディレクション費用は、打ち合わせや確認作業の費用が該当します。
コーディング費 コーディングとは、ディレクターがクライアントから聞き出した案をもとに、コーダーと呼ばれる人がホームページのソースコードを作成することです。スマホ対応など、様々な機能を追加する場合は料金も追加されます。
デザイン費 デザイン費は、ホームページの全体のレイアウトだけでなく、画像やボタンのデザインまで含まれます。テンプレートを使って作成する場合は、デザインが決まっているためデザイン費は安く抑えられますが、1からデザインを考える場合はデザイン費が高くなります
コンテンツ制作費 コンテツ制作費用とは、ホームページ内の文章や画像の作成にかかる費用です。プロのライターに依頼する場合、1ページあたり1万円以上かかる場合があります。
マーケティング費(コンサルティング費) ホームページの集客のためのSEO対策やコンサルティングにかかる費用です。SEO対策とは、検索結果に上位表示させるための施策であり、ホームページの集客には必要不可欠です。

具体的な費用相場

ホームページ作成の依頼をする前に、ホームページ作成の費用相場を把握しておきましょう。制作会社、フリーランス、代理店ごとの費用の平均をご紹介します。

制作会社に依頼する場合

ホームページ制作会社に依頼する場合、制作会社の規模によって料金が変動します。大手制作会社の場合、プロのデザイナーやコーダーが多く在籍して打ち合わせも多く行われるため、およそ100万円〜の料金がかかることがあります。

一方、中小規模のホームページ制作会社の場合は、20万円ほどから請け負うところもあります。なかには、テンプレートを使ったホームページ作成を行い、その分人件費や制作費を抑え、安い料金で提供している会社もあります。

フリーランスに依頼する場合

フリーランスに依頼する場合、人件費が多くかからないため、ホームページ制作会社よりも安く作成してもらえます。数万円ほどで依頼することも可能です。

ただし、上述のように実績や経験の少ないフリーランスに依頼すると、満足のいかないホームページが出来上がる可能性があります。さらに、フリーランスが多くの案件を抱えていると、打ち合わせや確認作業に時間がかかり、最悪の場合納期に遅れることもあります。

代理店に依頼する場合

広告代理店に依頼する場合、優良なホームページ制作会社に会える可能性が高いのがメリットです。広告代理店では、多くのホームページ制作会社との繋がりがあるため、個人で探すよりも効率的にホームページ制作会社を見つけ出せます。ただし、広告代理店を経由するため、その分料金が割高になります。

ホームページ制作費用確認時の注意点

ここまで、ホームページ制作にかかる費用や相場についてご紹介しました。しかし、他にも注意点があります。依頼先を見つけた後は、以下の2点を確認しましょう。

  1. 追加費用はあるか
  2. 維持費がかかるか

では、それぞれの注意点について詳しく解説します。

追加費用はあるか

1点目は、追加費用があるかどうかです。たとえば、ホームページの文章や画像を修正する際には、追加で費用が発生することがあります。修正費用を把握していなければ、結果的に多くの費用がかかってしまいます。ほとんどのホームページ制作会社では、月に1回など修正の回数は決まっています。ホームページ制作会社に依頼する場合は、追加費用について見落とさないようにしましょう。

維持費がかかるか

2点目は、維持費がかかるかどうかです。ホームページの情報の更新や文章の追加などは、ホームページ制作会社に依頼することができますが、その分維持費を支払う必要があります。また、サーバーやドメインの維持費も発生します。

ホームページは作成して終わりではなく、その後の維持が必要です。維持にかかる費用についても、依頼する際にきちんと確認しましょう。

目的別おすすめ制作方法

ここからは、目的別のおすすめホームページ制作方法をご紹介します。

費用を抑えて簡易的なホームページを作りたい

とにかく費用を抑えたいという人は、ホームページ作成ツールを使って自分で作ることをおすすめします。ホームページ作成ツールは専門知識が不要で、誰でもプロ並みのホームページを作り上げることができます。さらに、ホームページの公開に必要なサーバーとドメインもセットで提供されているため、自分で用意する必要がありません。

こちらでは、無料で作れる2つのホームページ作成ツールをご紹介します。

ペライチ

ペライチの公式サイトの画像
ペライチは、誰でも簡単に素早くホームページを作成できるツールとして知られています。作り方は、

①テンプレートを選ぶ
②文章を入力
③公開ボタンを押す

3ステップのみです。テンプレートは、飲食店やセミナー、抽選キャンペーンなどホームページの目的ごとに用意されています。

完全無料でホームページを作成できますが、月額980円〜を支払えば、SNS連携や独自ドメインの取得もできるようになります。さらに、HTMLやCSSの編集も可能になるため、自分なりのホームページをデザインすることも可能です。

ペライチ

Wix

Wixの公式サイトの画像
Wixは、無料の写真や動画素材が豊富に揃っているホームページ作成ツールです。通常、ホームページに使用する写真や動画は自分で用意する必要があり、ホームページ制作会社に用意してもらう場合は追加料金が発生します。一方、Wixでは500種類を超えるテンプレートに加えて、無料の写真素材や動画素材も揃っているため、自分で用意する必要がありません。作り方はペライチと同様に簡単で、専門知識は不要です。海外のツールですが、日本語対応しているため、操作に支障はありません。

Wix

デザイン重視で名刺代わりのホームページを作りたい

デザイン重視で名刺代わりのホームページを作りたい人は、中価格帯のホームページ制作会社に依頼することをおすすめします。ホームページ作成ツールでもプロ並みのホームページを作ることは可能ですが、テンプレートを使っているため、どうしてもデザインが似通ってしまいます。「デザインにこだわりたい」「オリジナルデザインのホームページを作りたい」という人は、ホームページ制作会社に依頼してみましょう。

PandADESIGNの公式サイトの画像
デザイン重視のホームページ制作会社として、PandADESIGNがおすすめです。PandADESIGNは、ホームページの質にこだわり、電話やメール、訪問などを通じて徹底して要望を引き出します。また、営業活動は行わないためその分コストを抑え、5万円〜という安い料金でホームページ制作を請け負っています。

PandADESIGN

問い合わせ獲得や売上拡大に繋がるホームページを作りたい

問い合わせ獲得や売上拡大に繋がるホームページを作りたい人は、コンサルティングも行われる比較的大規模なホームページ制作会社に依頼することをおすすめします。

あきばれホームページの公式サイトの画像
たとえば、制作実績9,000社を超えるあきばれホームページでは、SEO対策付きのホームページ作成サービスが提供されています。Webマーケティングのプロがクライアントごとに最適なSEO対策を提案し、初めてホームページを作る人でも集客できるホームページが完成できます。あきばれホームページは、自分で更新する必要がありますが、電話で何度でも相談ができるため安心です。料金は、5ページ分の文章作成、SEO設定、トップページのメイン画像作成が込みで49,800円です。

あきばれホームページ

費用以外に重要なポイント

ホームページ制作会社を検討する際は、費用以外にもチェックしておくべきポイントがあります。最低でも、以下の4点はチェックしましょう。

  • コミュニケーション力
  • スピーディーさ
  • スキル
  • 対応範囲

対応範囲とは、ホームページ制作会社がどこまでの作業を請け負うかです。ホームページの制作だけを行うのか、それとも公開後の運営も行ってくれるかなど、対応範囲をきちんと把握しておきましょう。

まずは見積もりで費用確認

ホームページ作成の費用についてご紹介しました。ホームページにかかる費用は、目的やデザイン、ホームページ制作会社の規模によってさまざまです。ホームページ作成ツールを活用すれば、無料で簡単に作成できますが、一方でサポート体制が手薄、自分で管理・更新しなければいけないという特徴もあります。ホームページを作成する際は、「とにかく費用を抑えたい」や「売り上げを獲得できるホームページを作りたい」など、目的を明確にし、その目的に応じて依頼先を決めましょう。また、依頼先を決めた後も、追加で発生する料金はないかなど、注意点も必ず確認するようにしてください。

ホームページがかんたんに作れるペライチ

おどろきの簡単さ、早さ、安心を提供!
だれでもあっという間に ホームページが作れます。

おすすめの記事