効果的なネット集客とは?メディアを使った集客方法をご紹介!

ネット集客を検討しているけれど、どの方法が効果的なのかお悩みではありませんか?今回は、集客方法の種類とそれぞれの特徴について紹介し、その中でもWebメディアを利用したネット集客について詳細に解説します。ネット集客について知識を増やし、より効果的な手段を見つける参考にしてくださいね。

ホームページを最も簡単に作る方法とは?メリットとデメリットも解説 | ホームページ大学

ホームページを最も簡単に作る方法とは?メリットとデメリットも解説

ホームページを作りたい!そうは思っても、作り方を知らない、何から始めればいいのか分からない、簡単に作れる方法はないの?という方もいるのではないでしょうか。そこで今回は様々なホームページ作成方法を比較し、おすすめの作り方に … 続きを読む ホームページを最も簡単に作る方法とは?メリットとデメリットも解説

集客にはどんな方法があるの?


集客の方法は色々あり、手法ごとにメリット・デメリットがあります。インターネット上での集客ばかりでなく、マスメディアや紙媒体を使った広告もあるのは皆さんご存知でしょう。それぞれの方法にはメリット・デメリットがありますので、ひと通りの集客方法を知っておくことは大切です。まずは、各集客方法の概要と、メリット・デメリットを説明します。

主な集客の方法

主な集客方法として今回ご紹介する方法は4種類です。

・新聞の折り込み広告や雑誌、ダイレクトメールなどの紙媒体
・インターネット上で宣伝するオウンドメディアやランディングページなどのWebメディア
・テレビやラジオなどのマスメディアや街中の看板などを使った広告
・インターネット上のFacebookやLINE、TwitterなどのSNS(ソーシャルメディア)

だいたい想像がつくものもあるかと思いますが、順番に見ていきましょう。

紙媒体(チラシ、雑誌など)


インターネットが一般的に浸透するまでは、身近な広告と言えば紙媒体でした。新聞の折り込みチラシや雑誌の広告、ダイレクトに宣伝したい地域の郵便受けにチラシを投函する、ダイレクトメールを発送するなどです。狭い地域にピンポイントで宣伝したい不動産の販売広告などは、今でも郵便受けにチラシを投函していることがよくありますね。
新聞の折り込みチラシは、どの家庭でも使う日用品など、新聞が配布される地域全体に関係のある広告向きです。郵便受けに投函するチラシやダイレクトメールは、もっと対象地域や人を絞り込めるので、見せたい人に届けられるというメリットがあります。
雑誌広告は、その雑誌を読むターゲット層がある程度分かるため、そのターゲット層が訴求したい層と一致していれば有効ですが、目立つ広告にするにはかなり費用がかかる手法です。
紙媒体の集客方法全体に言えますが、よほど興味を持ってもらえるような見せ方を工夫しないと、読んでもらう前にゴミ箱に直行する可能性もあり、ノウハウをしっかり勉強してから導入を検討した方がいいでしょう。

Webメディア


インターネットが普及してから、オンラインでの集客方法もどんどん発展してきました。Webメディアを使った集客方法としては、オウンドメディア、ランディングページをご紹介しましょう。
オウンドメディアは、その名の通り、「自分が所有するメディア」です。企業の自社サイトやキャンペーンサイトはオウンドメディアですね。
ランディングページは、ユーザーが広告のリンクや検索結果などから飛んできた時、「最初に訪問するページ」のことを指します。
Webメディアを使用した集客方法については、後ほどもう少し細かく解説していきますのでご覧くださいね。

広告(マスメディア・オンライン)

「広告」と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?広告は、テレビやラジオなどのマスメディアや、駅やビルの屋上などに設置する看板など実世界での広告と、オンライン上での広告に分けられます。
実世界での広告は、非常にコストがかかりますが、それだけに社会的な信用も得られる集客方法です。大手企業がテレビCMで流しているブランドイメージは、多くの人たちの頭に入ってきていますよね。
一方、オンライン上の広告は、アフィリエイト広告や有料検索など種類によってはコストが必要なものもありますが、Webコンテンツの最適化を図り、良質なコンテンツを提供した上でSEO対策を施すことで、コストをあまりかけずに集客することも可能です。
オフラインの広告とオンラインの広告のどちらを利用するかについては、かけたコストに対する集客率をよく考えて検討しましょう。

SNS


ソーシャルメディアの一部であるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を使った集客方法も注目されています。特によく利用されているFacebookやLINE、Twitterなどは上手に使えば集客が期待できるSNSです。YouTubeもよく聞くSNSですね。SNSを積極的に活用してネット集客に利用している企業は今や数多く、何らかのSNSを利用することはもはや当たり前になってきています。

メディアを使った集客方法


やはり、ネット集客を考えるなら、Webの各メディアを利用した集客方法が効率良いでしょう。ニールセンが2015年に発表した「広告信頼度グローバル調査」によると、「オンライン広告は行動喚起につながりやすい」という大きなメリットがあります。(参考サイトはこちら:ニールセン 「広告信頼度グローバル調査」2015年)
各メディアについて、その特徴やメリットをしっかり理解しましょう。

オウンドメディア

オウンドメディアは、先にも少し紹介しましたが「自分が所有するメディア」です。企業の自社サイトやキャンペーンサイトで、自分の好きなように構成することができます。よく比較されるペイドメディアやアーンドメディアとの違いも押さえておきましょう。ペイドメディアとは、バナー広告など支払いが発生するメディアです。コストがかかりますので、費用対効果が重視されるという特徴があります。アーンドメディアは、評判や信用を醸成するメディアで、ソーシャルメディア的な側面を持ちます。オウンドメディアは、これらのメディアを統合する「総合受付窓口」の役目も果たしているのです。

オウンドメディアの特徴とメリット

ネット集客におけるオウンドメディアの特徴は、情報が流れていかずに蓄積され、オウンドメディアそのものが財産になることです。
この特徴が、そのままオウンドメディアのメリットへとつながります。オウンドメディアは、情報が資産として活用しやすく、ユーザーの行動情報も蓄積しやすいため、ユーザーに訴求しやすいサイトにしやすいです。また、ユーザーと直接やり取りすることによって信頼関係ができ、見込み客の獲得につながります。

ランディングページ


ランディングページは、先に説明した「クリックした広告からユーザーが最初に訪問するページ」という意味の他に、もっと狭い意味として、広告から飛んできたページで、なおかつ問い合わせや商品購入などがすべて完結するページのことを意味する場合もあります。
ランディングページは、そのページ内で購入を促すためのあらゆる施策を盛り込みますので、一般的に派手で印象に残りやすいデザインになっている場合が多いですね。

ランディングページの特徴とメリット

ランディングページは、その1ページにすべての情報を掲載するため、縦長になり、スクロールしてみるようなデザインが多い点が特徴です。他のページに飛んで行かれては困りますから、リンクはほとんどありません。
ランディングページのメリットは、ユーザーが離脱しにくいページを自由にデザインして作れる点です。その商品を売るために説明ページを別に作るのではなく、ページ内ですべて完結させておくと、そのまま購入行動を促しやすい点もメリットですね。
ランディングページはユーザーの購買行動を喚起するためのページですから、特に多いスマホからのアクセスを考慮してデザインしましょう。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアは、情報の発信者と受信者が相互につながり、草の根的に広がる形で情報を広げていくことを目的としたWebサービス全般のことを指します。古くは電子掲示板に始まり、ソーシャルネットワーキングや口コミサイトなどもソーシャルメディアの一種です。ソーシャルメディアとSNSは同義ではなく、ソーシャルメディアの一部がSNSだという点は押さえておきましょう。ただし、オウンドメディアのところで紹介したアーンドメディアは、ソーシャルメディア的な使い方という言い方もできますね。

ソーシャルメディアの特徴とメリット

ソーシャルメディア、特にSNSの特徴は、そもそも興味のあるユーザーとのつながりができる点にあります。そのため、SNSを使うメリットとしては、ユーザーと企業との間に信頼関係が作りやすいという点が挙げられるでしょう。ただし、利用するWebサービスの特徴に合わせた使い方を大切にしてください。
オープンなTwitterは、不特定多数への情報拡散向きですが、ユーザー対応窓口として利用することもできます。一方、LINEやFacebookなどクローズドのSNSは、情報の拡散という意味ではTwitterには及びません。しかし、つながりによって、ユーザーとの信頼関係を醸成したり、独自の広告サービスを利用したりすることが可能です。Facebookならターゲットを絞った広告が可能ですし、LINEならLINE@というサービスを使って、友だち登録してくれたユーザーにクーポンなどを発行できます。

いろんなメディアを試してみよう!

ご紹介したメディアでのネット集客方法は、それぞれ特徴が異なります。最初のうちはいろんなメディアを試してみることが大切です。手ごたえを感じる結果が出たメディアに注力しながら、他も充実させていきましょう。情報が蓄積されるオウンドメディアは欲しいところですが、まずはSNSを使ってみて、ストックしたい情報が出てきたらオウンドメディアを立ち上げる、という方法もあります。やり方は自由ですので、あなたの発想を活かしてくださいね。

スモールスタートで始めてみよう

ネット集客の方法として、特にネット上の各メディアについて詳しくご紹介しました。スモールスタートが可能な点も、ネット上のメディアを使った集客方法のメリットです。うまくいかなければ、どんどん他のネット集客方法を試してみましょう。何度か繰り返しているうちに、反応のいいやり方が見つかりますよ。ぜひあなたに合ったネット集客の方法を見つけて、使いこなしてくださいね。

ペライチの無料会員登録はこちら!

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学 メディア編集部です!
みなさんのお役に立てるような情報を提供していきます