ホームページを作成する際、SSLを導入したほうがよいのか、気になるという人も多いのではないでしょうか? 通信の暗号化の意味を持つSSL化は、情報漏洩や改ざんを防ぐなど、WEBサイトを第三者から守る役割をしており、サイトを作成する人は、その内容についてしっかりと理解しておきたいところ。

今回は、SSLの意味や仕組み、常時SSL化のメリットやデメリット、SSL対応しているおすすめのホームぺージ作成ツールなどについて解説します。

SSLとは

まずは、SSLの意味や暗号化における仕組み、共有SSLと独自SSLの違いなど、SSLについて詳しく見ていきましょう。

SSLの意味

SSLとは、サーバーとブラウザの間で行われる通信データを暗号化することを言います。インターネット上にあるWEBサイトの情報は、第三者から傍受や改ざんされる恐れがあるものです。SSLを導入することで、WEBデータの保管庫の役割をするサーバーとInternet ExplorerやGoolge Chromeなどのソフトであるブラウザ間でやりとりされるデータを暗号化することができるようになります。WEBサイトがSSL化していた場合、仮に、第三者が、データにある氏名、住所などの個人情報やクレジットカード情報、ログインID、パスワードなどを改ざんしようとしても、暗号化されているため、解読することができず、個人情報漏洩などといった事態を防ぐことができます。

尚、SSL化されると、URLは、http からhttpsに変わります。

SSL化されていないWEBデータ http://~
SSL化されているWEBデータ https://~

 

SSLの仕組み

データは、SSL証明書を取得することで、暗号化される仕組みとなっています。以下は、仕組みを分かりやすく図で表したもの。SSL証明書が送信されると、データは、鍵をかけることができ、傍受、改ざんなどから、データを守る役割を果たしています。

 

 

また、現在のブラウザでは、SSL化されているページなのか、否かということが、分かりやすく表示されています。

Internet ExplorerやGoogle Chromeでは、SSL化されているWEBサイトは、下のように鍵マークがついて表示されます。サイトへの訪問者は、ぺージが簡単にSSL化されているかどうかを確認することができるため、サイトの信頼性を図ることができるのです。

 

共有SSLと独自SSLの違い

SSLには、共有SSLと独自SSLという形式があります。二つの違いは、サイトの一部のページにSSLを導入するか、サイト全体にSSLを導入するかということ。共有SSLは、お問い合わせや注文ページなど一部のページにSSLを導入するもので、一昔前まで主流であった形式。サーバー会社のSSL領域を借りることで、一部のページのみにSSLを導入し、訪問者の個人情報などを守っています。そして、サイト全体を暗号化する独自SSLは、現在主流の形式であり、WEBサイトの独自ドメイン専用のSSL証明書を取得するもの。コスト面で見ると、独自SSLよりも共有SSLのほうが安く抑えられるものの、サイトへの信頼性や情報漏洩などといった観点からみると、やはり独自SSLを取得したほうがよいといえます。

尚、独自SSLは、サイトの全てのページを常時守っているということもあり、常時SSLと呼ばれることも多くなっています。

常時SSL化のメリット

では、常時SSL化のメリットとは、どのようなところにあるのでしょうか? ここからは、メリットについて解説します。

 

セキュリティの向上

常時SSL化のメリットは、何といっても、WEBサイトのセキュリティの向上にあります。解説してきたように、SSL化されていないWEBサイトは、第三者によって傍受、改ざんされる恐れがあり、セキュリティは、最善の状態にあるとはいえないでしょう。一方で、常時SSL化されているWEBサイトは、暗号化によって、第三者からの盗難や改ざんを防ぐことができます。常時SSL化より、WEBサイトのセキュリティは、格段に向上し、ユーザーの信頼も獲得できるようになるのです。

サイトの表示速度の向上

常時SSL化によって、WEBサイトの表示速度は、向上するといわれています。常時SSL化されたWEBサイトは、次世代プロトコルの「HTTP/S」を利用することができ、「HTTP/S」は、表示速度が速くなることが多いといわれています。尚、「HTTP/S」は、画像ファイルが多くあるサイトやファイルが集約されているサイトなどのほうが、その恩恵を受けやすく、一方で、コンテンツの少ないシンプルなサイトなどは、その恩恵を受けにくいなどといった特徴もあるようです。そのため、サイトの内容によっても、受けられる恩恵は、変わるといえます。

SEOに効果的

常時SSL化は、SEOにも効果的。Googleは、検索順位の決定要素の一つに、HTTPSがされているか、否かということを入れています。そのため、常時SSL化することは、SEOの面でも、有利に働くといえるのです。

アクセス解析の精度が高くなる

アクセス解析の精度が高くなると言われているのが、常時SSL。アクセス解析を行うGoolgleアナリティクスでは、WEBサイトの参照元を確認できる機能があり、常時SSL化されているサイトは、参照元について詳細に確認することができます。具体的には、HTTPのURLでは、HTTPSのWEBサイトから流入した情報を確認することができず、一方で、HTTPSのURLでは、HTTPとHTTPSの両方からの流入に関する情報を受け取ることができるようになっているのです。

 

常時SSL化のデメリット

ここまで、メリットについて解説しましたが、常時SSL化のデメリットについても、知っておきたいところ。ここからは、デメリットを見ていきましょう。

コストがかかる

常時SSL化をする場合は、SSL証明書を取得しなければなりません。SSL証明書は、場合によって、取得の際にコストがかってしまうということも。無料と有料のサービスがありますが、コストをかけたくない場合は、無料のサービスを利用するとよいでしょう。

無料サービスの有名なものには、「Let's Encrypt」があります。Let's Encryptは、アメリカに本拠地を置くサービスですが、有料の証明書と同様に、安全面も確保され、問題なく使用できるものです。有料のサービスの代表的なものには、「GMOグローバルサイン」や「ジオトラスト」などがあります。SSL証明書のサービスによっては、印鑑証明の提出や審査が必要になる場合もありますので、まずは、利用するサービスの、取得にかかる期間や必要書類など内容をしっかりと確認していきましょう。

一部端末からはアクセスできない場合も

HTTPSのページは、フィーチャーホンと呼ばれるような、ガラケーなどの一部端末からは、アクセスができないという場合もあります。これは、ガラケーなどの端末が、SSL通信の「SHA-2」と呼ばれるような次世代のサーバー証明書の方式に対応していないことから起こる現象であり、ケースによっては、サイトが見れない端末もあるということを、知っておくとよいです。

SSL化にも対応!おすすめのホームぺージ作成ツール

ここまでSSLについて解説しましたが、サイトを作成する場合は、SSL化にも対応しているホームページ作成ツールの利用がおすすめ。ホームページ作成ツールは、比較的コストをかけずに、簡単な操作でWEBサイトを作成できるツール。そして、SSL化も、簡単に行うことができるというメリットもあります。

サイトの作成は、ホームぺージ制作会社に依頼する方法もありますが、15万円~40万円程度と多くのコストを要してしまうのが難点。一方で、ホームページ作成ツールは、無料プランもあり、費用をかけずに、クオリティの高いサイトの作成を可能としています。

ここからは、SSL化に対応しているおすすめのホームぺージ作成サービスを紹介します。

ペライチ

 

簡単操作のペライチを無料でお試し!

ペライチは、SSL化にも対応している、おすすめのホームぺージ作成ツール。操作は、驚くほど簡単で、テンプレート選択、テキスト入力などの3ステップで、ホームぺージを作ることを可能にしています。ペライチの料金プランには、以下の4つのプランがあり、まずは、手始めに、無料のスタートプランを利用し、ホームぺージを作ってみることがおすすめ。

そして、ペライチには、47都道府県サポーター制度があります。全国に300名以上いるペライチサポーターは、ホームぺージ制作やWEBマーケティングなど様々な分野のプロが集まっており、勉強会やワークショップを開催し、参加者の疑問や悩みに答え、相談に乗ってくれます。

ペライチの料金プランと内容

プラン名 内容 料金
スタートプラン とりあえずサイトを作成したい人向けのプラン。公開ページ数の上限は1ページ。 0円
ライトプラン ホームページをカスタマイズしたい人向けのプラン。独自ドメイン、SNS連携、お問い合わせフォームなどのサポート付き。公開ページ数の上限は3ページ。 月額:980円
レギュラープラン ホームページの運用を本格的に始めたい人向けのプラン。ライトプランの機能にプラスして、ペライチフッター広告の非表示対応やHTML、CSSの埋め込みなどのサポートが付く。公開ページ数の上限は、5ページ。 月額:1,980円
ビジネスプラン ビジネス向けにフル活用したい人向けのプラン。レギュラープランの機能にプラスして、メルマガ配信、パスワード保護、決済機能、ファイルダウンロードなどのサポートが付く。公開ページ数の上限は、10ページ。 月額:2,980円

尚、ペライチの常時SSL対応については、以下のペライチの公式サイトで詳しく記載してありますので、併せてチェックしてみるとよいでしょう。そして、ペライチは、独自ドメインでホームページを公開することで、常時SSL化に対応しています。SSL証明書は、Let's Encryptにて取得できるようになっており、利用者が、自身でSSL証明書を取得する必要がなく、簡単に常時SSL化をすることができるのです。

独自ドメインの常時SSL対応について

 

Jimdo

 

Jimdo

世界170万人のユーザーが利用しているJimdoは、ペライチ同様に簡単な操作でホームページを作成することができるツール。Jimdoは、選べるプランが豊富にあり、スタイリッシュなデザインの揃うテンプレートが魅力といえますが、Jimdoの本拠地がドイツということもあり、デザインがやや海外向けのものもが多いということも。

プランは、大きく分けて、「ジンドゥAIビルダー」と「ジンドゥクリエーター」の2種類があり、それぞれに無料プランもあります。ジンドゥAIビルダーは、AIによる簡単操作でホームぺージが作成できるプランであり、ジンドゥクリエーターは、コーディングを行えるなど、自分でホームページを作成したい人向けのプラン。初心者には、操作が簡単なジンドゥAIビルダーがおすすめです。

ジンドゥAIビルダーの料金プランと内容

プラン名 内容 料金
PLAY お試しでサイトを作成したい人向けのプラン。公開ページ数は最大5ページ。 0円
STAY 趣味やビジネスなどにおすすめのプラン。広告非表示、初回契約時のドメインが無料になるなどの特徴がある。公開ページ数は最大10ページ。 月額:990円
GLOW 企業や個人事業など、ホームページの本格運用に最適なプラン。高度なSEO、書くセアクセス解析など、充実した機能が付いている。公開ページ数は、最大50ページ。 月額:1,590円

 

また、Jimdoは、SSL化にも対応しており、SSL証明書の取得なども、Jimdo側で手続きが行われるため、ペライチと同じく、利用者は、簡単にSSL化をすることが可能です。以下のJimdoの公式サイトでは、SSLについて詳しく解説しています。

SSLについて

簡単にSSL化できるホームぺージ作成ツールを利用する

SSLの意味や仕組み、常時SSL化のメリットやデメリット、SSL対応しているおすすめのホームぺージ作成ツールなどについて解説しました。サイトのSSL化を考えるなら、自身でSSL証明書の取得をすることなく、簡単に常時SSL化のできるホームぺージ作成ツールがおすすめ。中でも、ペライチは、3ステップの簡単操作で、サイトが作成でき、多くの人から指示を得ている、人気の高いホームぺージ作成ツールとなっています。

皆さんも、まずは、無料のプランでペライチの使いやすさを試してみてはいかがでしょうか?

ペライチの料金プランとサポート内容

スタートプラン ライトプラン レギュラープラン ビジネスプラン
料金 0円 月額:980円 月額:1980円 月額:2980円
公開ページ数の上限 1ページ 3ページ 5ぺージ 10ページ
常時SSL対応
スマホ最適化
独自ドメイン ×
SNS連携 ×
フォーム設置 ×
フッター広告非表示 × ×
HTML/CSS/JS埋め込み × ×
アクセス解析 × ×
メルマガ配信 × × ×
決済 × × ×
パスワード保護 × × ×
ファイルダウンロード × × ×
予約機能 × × ×
写真素材の1枚当たりの購入料金 200円 160円 160円 160円

無料プランが人気!ペライチを今すぐクリック

 

ホームページがかんたんに作れるペライチ

おどろきの簡単さ、早さ、安心を提供!
だれでもあっという間に ホームページが作れます。

おすすめの記事