ランディングページのコーディングで注意したい4つのポイント

ランディングページ作成においてコーディングは重要な作業工程の一つです。

デザイナーの考えたイメージを実現していく工程で、出来が悪ければイメージとかけ離れた完成形になってしまいます。
しっかりとデザイナーの要望やこだわりを汲み取って実装するのが腕の見せどころです。

またコーディング次第ではページの表示速度に影響を及ぼす場合もあります。
アニメーションや動きの多いページを作る場合はこの点にも注意して作りましょう。

今回はランディングページのコーディングについて紹介していきますので参考にしてください。

ペライチバナー

ランディングページ作成の流れ

まずはランディングページ作成の流れについて確認していきます。
ランディングページの作成には様々な工程があり、コーディングはその中の一つです。

重要な工程の一つではあるのですが、コーディングもおろそかにすることができない重要な工程ばかりですので一度確認してみましょう。

ランディングページの目的を決める

ランディングページを作る上で最初の工程は「目的」を決める事です。
目的はゴールと置き換えたほうがわかりやすいでしょうか。

ランディングページに訪れたユーザーには最終的に何をしてほしいのでしょうか?
「サービスの申し込み、商品の購入、資料のダウンロード」などのゴール地点を設定します。

コーディングとは直接関係ないと思うかもしれませんが、ここで設定した目標(ゴール)を達成するためにページを作るという事を常々忘れないようにしましょう。

ターゲット(ペルソナ)の作成

目的が決まったら次はターゲットを決めましょう。
最初に決めた目的(ゴール地点)を達成してくれる人はどんな人でしょうか?

例えば「50代男性」と「10代女性」では好みや趣味・趣向が全く違うことが理解できると思います。

このようにターゲットによって好みが違う為、デザインも大きく違うのです。

ターゲット(ペルソナ)は年齢や性別だけでなく、職業・年収・住居の場所など細かなところまで設定します。

できるだけ具体的なところまでペルソナを考えておくと、デザインやマーケティングのアイディアが湧いてきやすくなりますのでおすすめです。

ランディングページのデザイン

目的とターゲットが決まったらデザインに入ります。
ランディングページには「ファーストビュー、アクション動線、ベネフィット、利用者の声、サービスの流れ、FAQ、お問い合わせ」などある程度鉄板の構成があります。

もっと詳しく知りたい、成果の出る構成を教えてほしいと言う場合は下記の記事を参考にしてください。

成果の出るランディングページの作り方!Web集客必勝方法
https://peraichi.com/univ/62

ランディングページのコーディング

デザインの次はコーディングです。
コーディングはランディングページ作成の一番最後の工程で、出来栄えを左右する重要な作業です。

デザインがどれだけ優れいていてもコーディングで失敗してしまうとデザインが崩れたり、表示速度が遅くなったり、ページそのものが台無しになってしまうことがあります。

最後の工程ですから納期も意識しなければいけません。
クオリティと作業スピードのどちらも求められる工程です。しっかりと対応してハイクオリティなページを完成させましょう。

ランディングページのコーディングで注意したい4つのポイント

コーディングをする上で注意したいポイントを紹介していきます。

デザイナーとのすり合わせや表示確認などの最終チェックも工程に含まれています。
しっかりと仕上げて完璧なランディングページを公開したいものですね。

①デザインのすり合わせ

コーディング前にデザイナーとのすり合わせは重要です。
デザイナーのこだわり・注意してほしいポイントを聞き出して反映していきましょう。

また、技術的に可能・不可能な箇所の確認や表現が難しい箇所などもあるかもしれません。
確認してすり合わせて置くことで実装時の負担を軽減する事ができるでしょう。

②アニメーション等の動作

ランディングページでは「強調したい箇所」「注目してほしい場所」などにアニメーションを付けてターゲットの目に留まる用に演出することがあります。

アニメーションを実装するにはCSS、javascript、GIFアニメなど様々な選択肢があります。

どの方法であれば実装できるかを判断するには慣れと経験が必要になりますが、しっかりと完成させ効果の高いランディングページに仕上げましょう。

③表示速度の確認

ランディングページはコーディング次第で表示速度が変わることがあります。

表示速度は非常に重要で、表示が遅ければ遅いほど離脱率は高まります。
「1秒→5秒」に表示速度が遅くなるだけで離脱率は90%以上高くなると言われています。

どれだけ素晴らしいページを作っても5秒も待たせるようなランディングページはほとんど誰も見てくれません。

コーディングをする上でデザインの完成度だけでなく表示速度にもこだわりをもって実装しましょう。

④動作環境の確認

ランディングページの注意ポイントとして最後に紹介するのは動作環境の確認です。
ウェブページは環境やブラウザによって正しく表示できるかどうか異なります。

様々な動作環境でランディングページを確認して正しく表示できているか見てみましょう。
スマホ、PCの違いはもちろん、Windows、macなどOS、ブラウザの違いによっても表示が異なる場合があります。

できれば実機で確認するのがベストですが、実機がない場合はChromeのデベロッパーツールなどを使って擬似的に環境を作り出し表示する事も可能です。

ランディングページを少しでも簡単に作るには

ここまでランディングページ作成の注意点について紹介してきました。

ランディングページを作るには様々な作業工程や注意点があり、とても大変という印象を持った人も居るかもしれません。

もちろん、ランディングページを作るのは簡単な事ではありません。
しかし、デザインやコーディングといった作業についてはある程度省略する方法がありますので紹介していきます。

ランディングページ作成ツール「ペライチ」がおすすめ

作成ツールを使えば簡単にランディングページを作る事ができます。

数十種類あるテンプレートを選んでテキストと写真を入れるだけで簡単にランディングページが作れます。

ランディングページ作成ツールでおすすめなのは「ペライチ」です。
初心者から上級者まで幅広く利用しており、誰でも簡単にランディングページを作れるのが特徴です。

無料でも一通りの機能が利用できますが、月額980円の有料プランを契約すれば「独自ドメイン、お問い合わせフォームなど」の様々な機能を使う事ができます。

ペライチ公式サイト

まとめ

コーディングはランディングページ作成の重要な工程の一つです。デザイナーの要望をしっかりと叶え完成度の高いページを作りましょう。

またランディングページのコーディングをする上で注意するポイントがあります。ページ公開直前の工程になりますので、表示の確認・動作の確認等も必要になります。
完成度の高いコーディングを実施してデザイナー、ユーザー双方を納得させましょう。

ランディングページの作成にはツールを使うという方法もあります。
ツールを使えばデザイン・コーディングの工程を大幅に省略する事ができますので、もし簡単にランディングページを作りたいのであれば試してみると良いでしょう。

ランディングページ作成ツールなら「ペライチ」がおすすめです。

ペライチバナー
おすすめの記事