プログラミングは今一番人気の高いスキルの一つです。就職や転職に有利になりますのでぜひ習得したいという人も多いでしょう。

しかし、プログラミングスクールに通うとオンライン講習でも10万〜20万、オフライン講習(通学)だと50万以上の費用がかかります。

決して安い金額ではないので二の足を踏んでしまう人も多いでしょう。
お金をかけずにプログラミングを学びたいという人は無料のスクールがありますので検討してみましょう。

なぜ無料でプログラミングが学べるのか?

それではなぜ無料でプログラミングが学べるのでしょうか?
スクール側に特にメリットが無いように思えるので、なにか裏があるのではと考えてしまいます。

そこで、なぜ無料でプログラミングが学べるのかを調べましたので参考にしてください。

無料プログラミングスクールの仕組み

なぜ無料でプログラミングが学べるのでしょうか?
それは仕組みがわかれば簡単に理解する事ができます。

普通のプログラミングスクールは「生徒」から学費をもらうことで運営しています。
それに対して無料のプログラミングスクールはエンジニアを募集している「企業側」から費用をもらって運営しているのです。

企業側とすれば人材を採用する一つの手段として活用できるので、企業・スクール双方にメリットがある仕組です。

無料プログラミングスクールのデメリット

それでは無料のプログラミングスクールにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?
メリットばかりではなくデメリットも確認しておきましょう。
無料のプログラミングスクールを利用するデメリットは「転職先の企業が絞られてしまう」という事です。

スクールは生徒に無料でプログラミングを学んで貰う代わりに、生徒の転職先の企業からお金をもらう仕組みになっています。

その為、どの企業でも自由に転職できるというわけではなく、ある程度スクールの以降に従い指定した転職先に入社する必要が出てきます。(自由に企業を選べるスクールもあります)

どの企業に転職できるかはスクールによって異なりますので、希望の企業がある場合は事前に確認しておきましょう。

無料で通えるプログラミングスクール

それでは無料で通えるプログラミングスクールを紹介していきますので参考にしてください。

①GEEK JOB

GEEK JOBは20代のキャリアチェンジ、第二新卒向け就職支援サービスです。
就業中でも通学できるので、今の仕事を続けながら新しいキャリアのきっかけとしても利用できるでしょう。

就業しながらでも学習と就職活動ができるように、就学時間を調整(夜間、土日などに学習可能)できるので安心です。
プログラマーとインフラエンジニアの2つのコースがあるので、自分の目的に合わせて学習コースを選ぶと良いでしょう。

また、通学が難しい場合はオンラインでの学習も可能です。
自分の状況によって通学、オンラインどちらでも選べるのがGEEK JOBの強みと言えるでしょう、

学習内容 ・プログラマー(PHP、Java、Ruby)
・インフラエンジニア(Apache、MySQL、Linux)
教室(オフライン/オンライン) 通学(四谷、九段下) / オンライン
対象者 20代
料金 無料


GEEK JOB公式ページはこちら

②ITCE Academy

ITCE Academy ITエンジニアコースは未経験からITスキルを身につける事ができるプログラミングスクールで、就活サポートを受けながらプログラミングを学ぶことができます。

インフラエンジニアとして就職・転職したいのであればおすすめです。
1ヶ月間で研修講師とキャリアアドバイザーが一丸となって内定確定を目指すので、安心して任せる事ができるでしょう。

東京の代々木にあるプログラミングスクールですが、地方出身者でも利用できるように無料の宿泊施設や、内定後の住まい探しもサポートしています。

プログラミングの学習だけでなく就活サポートも無料で受けられるので費用の心配をする必要はないでしょう。

学習内容 インフラエンジニアとしての知識・技術
・コンピュータ基礎研修
・ネットワーク基礎研修
・ネットワーク基礎研修
・サーバー構築研修
教室(オフライン/オンライン) 通学(代々木)
対象者 年齢18〜30歳の方(31歳以上の場合は相談)
料金 無料


ITCE Academy公式ページはこちら

③プロエンジニア

プロエンジニアは無料の就職支援講座を実施しているプログラミングスクールです。
Java、PHP,HTMLなどWEBプログラマーになる為の技術や知識を身につける事ができます。
希望をすれば有名企業の有給インターンとしてプログラミングを実践的に学ぶ事が可能です。

ECサイトやアプリなどを実際に作り勉強をするので制作実績として見せることができ、主食に有利です。

無料見学、無料体験プログラムも実施しているので気になる人は一度体験してみると良いでしょう。

学習内容 Java、PHP、HTML、CSSなど
教室(オフライン/オンライン) 通学(半蔵門、虎ノ門、池尻)
対象者 20代フリーター、既卒、第二新卒
料金 無料


プロエンジニア公式ページはこちら

④ITプロ育成スクール

ITプロ育成スクールはメディアファイブ株式会社が運営する無料のプログラミングスクールです。
実際にプロのエンジニアと共に開発ルームでプログラミングスキルを磨くので短期間で習得する事ができます。

スクールの受講には体験セミナーへの参加が必須です。
簡単なプログラムを作って動かすことから始めるので、初心者でも安心です。
プログラミングがどんなものか感じる良い機会と言えるでしょう。

プログラミングスクールの多くは東京周辺にあるのですが、ITプロ育成スクールは福岡県にあるので、東京、埼玉、千葉などの関東在住の人は通いづらいのが難点と言えるでしょう。

学習内容 Java、HTML
教室(オフライン/オンライン) 通学(福岡市中央区)
対象者 35歳以下
料金 無料


ITプロ育成スクール公式ページはこちら

⑤無料PHPスクール

無料PHPスクールはその名の通り、入学金、授業料、教材費が一切無料で勉強できるスクールです。
厚生労働大臣の許可を受け、協賛企業からの資金で運営しているので安心です。

ノートパソコンは持参する必要がありますが、勉強するためにかかる費用は交通費のみなので気軽に始めることができます。
授業初日にデポジット(保証金)が必要になりますが、就職決定後に全額返金されます。

未経験者でも最低でも2社から内定を得ているので、就職先についてはあまり心配する必要は無いでしょう。

学習内容 PHP、JavaScript、HTMLなど
教室(オフライン/オンライン) 通学(池袋)
対象者 プログラミング初心者
料金 無料(デポジット有り)


無料PHPスクール公式ページはこちら

⑥0円スクール

0円スクールは現場目線のカリキュラムで最短3ヶ月でエンジニアになる事ができるプログラミングスクールです。

理解しないと先に進めないカリキュラムを採用しているので、人によって進み方はまちまちですが、頑張ればその分早く進めるのですぐに就職・転職したい人におすすめです。

エンジニアはチームでの開発がほとんどです。
プログラミングだけでなく他者とのコミュニケーションを円滑に行えるような人材を育成する事を大切にしているので、0円スクール卒業後は現場に出てもすぐに活躍できるのではないでしょうか。

また、希望者には中途採用と同じ選考方法を経て、0円スクール(運営:株式会社ブレーンナレッジシステムズ)に入社する事も可能です。

学習内容 java、SQLなど
教室(オフライン/オンライン) 通学(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)
対象者 18歳以上35歳以下
料金 無料


0円スクール公式ページはこちら

⑦A-Square

A-SquareはスマホアプリやWEBアプリの開発スキルを身につけたいと考えている人におすすめのプログラミングスクールです。

30歳以下の人は無料、それ以上の年齢の人でも受講料を払うことでスクールに通うことができます。

中途採用には一般的に即戦力が求められますが、A-Squareでは様々なプログラミング言語やライブラリ、フレームワークに対応しているので、即戦力として必要なスクリが身につきます。

学習内容 スマートフォンアプリ開発(Unity、JavaScript)
WEBアプリ開発(Java、PHP、Ruby、Pythonなど)
教室(オフライン/オンライン) 千代田区飯田橋
対象者 18才~29才以下
料金 無料


A-Square公式ページはこちら

⑧プログラマースクール

プログラマースクールは大手企業や公官庁などのシステム開発に携わった経験豊富な講師が授業をしてくれるスクールです。

必ずしも就職が前提の受講ではないため、卒業後は自分の好きな道に進むことが可能です。
地方在住でも無料で宿泊できる為安心です。

勉強した内容を証明できる「資格取得サポート」も充実しているので、やった事が無駄にならないのも嬉しいですね。

正社員になった場合はORACLE MASTERや、Javaプログラマなどの資格取得の為の費用を負担してくれるのさらなるスキルアップが可能です。

学習内容 java
教室(オフライン/オンライン) 通学(東京・秋葉原)
対象者 プログラミング未経験者
料金 無料


プログラマースクール公式ページはこちら

プログラミングスクールとSES

ここまで無料で通えるプログラミングスクールについて紹介していきました。
最後にプログラミングスクールとSESの関係について説明したいと思います。

一見、SESと無料プログラミングスクールでは無関係のように思います。
しかし、無関係では無いのです。

それではまずSESについて確認してみましょう。

SESとは

SESとは「システムエンジニアリングサービス」を省略した呼び方でエンジニアを派遣するサービスの事を言います。
SESは二重派遣になっている場合があったり、なにかあった時に責任の所在があやふだったりと、微妙な雇用形態といえ、SESというとあまり良い印象を持っていない人もいます。

そんな、SESですが無料のプログラミングスクールとどのような関係があるのでしょうか?

プログラミングスクールを装ったSESもある

一部の無料プログラミングスクールでは、プログラミングスクールを装ってSESの研修に生徒を送り込んでいるスクールもあります。
プログラミングスクールだと思って参加していても、実は研修だったなんて事がありますので注意が必要です。

プログラミングスクールはIT業界の人材不足を解消する為の素晴らしい仕組みです。
しかし、一部では生徒を食い物にするようなスクールがあることも事実です。

しっかりとしたプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。
無料体験などに積極的に参加して、どんなスクールなのか、不安な事は事前に解消しておく事が大切です。

まとめ

ここまで無料で通えるプログラミングスクールについて紹介していきました。
IT業界は人手不足が続いており、エンジニアとして戦力になる人材の確保に躍起になっています。
多くの無料スクールは20代から30代前半までの若手を育成する事を目的としていますが、一部のスクールでは年齢制限が設けられておらず誰でも無料で利用できるスクールもあります。
また、スクールによって学べる内容が異なるので自分の目的に合わせて最適なスクール選びをしましょう。

20代であればGEEK JOBがおすすめ

20代であればGEEK JOBがおすすめです。
WEBプログラマーコースと、インフラエンジニアコースがあるので、将来のキャリアに合わせて最適なプログラミング言語を学ぶことができます。

また、通学が難しい場合はオンラインでの学習が可能ですので、時間がない社会人でも気軽にプログラミングを学ぶことができるのがポイントです。
無料体験も実施しているので、不安な人は無料体験に参加して見ると良いでしょう。

GEEK JOB公式ページはこちら

30代以上であれば年齢制限のない無料PHPスクール

20代であれば無料で利用できるプログラミングスクールはたくさんあります。
しかし、30代となると無料で学べるスクールは限られてきます。

もし30代以上であれば年齢制限のない無料PHPスクールがおすすめです。

授業初日にデポジット(10万円)が必要になりますが、就職決定後に全額返金されますので、就職・転職前提であれば実質無料です。

学べる言語は「PHP、JavaScript、HTML」などのWEBプログラマーとしてのスキルになります。

無料PHPスクール公式ページはこちら

おすすめの記事