ホームページを作成する際に、ランディングページという言葉を耳にする方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際のところ、ランディングページの意味について良く分からないという人も、少なくないでしょう。

今回は、ランディングページの意味や特徴、メリットやデメリット、ランディングページにおすすめの作成ツールなどついて詳しく解説します。

ランディングページとは

ランディングページと言っても、その意味には、広義と、狭義の二つの意味があります。まずは、LP(ランディングページ)の広義と狭義の二つの意味について見ていきましょう。

広義のLP

広義のLP(ランディングページ)とは、ホームページの中でユーザーが最初に訪れたページのことを指すもの。最初に訪れたページ=サイトの着地ページとして表され、集客ページという意味合いで使われることも多くなっています。

つまり、ホームぺージの中で、企業情報にユーザーが最初にアクセスすれば、それは、広義のLPとなります。また、お問い合わせに最初にアクセスがあった場合は、お問い合わせが広義のLPとなるのです。

広義のLPへの集客を増やすには、検索エンジン上部に広告として表示されるリスティング広告への流入やGoogleなどの検索エンジンの上位表示、TwitterなどのSNSによる拡散、紙媒体からの流入、リンク付けによるアクセスなど、さまざまな手法が用いられています。

尚、一般的にLPというと、次に解説する、狭義のLPことを指すほうが多くなっています。

狭義のLP

商品やサービスへの注文、会員への入会、お問い合わせなど、集客に特化したページとなるのが、狭義のLP。狭義のLPは、縦長の1ぺージで構成され、ページからの離脱をできるだけ少なくしています。

ランディングページの特徴

ランディングページには、いくつかの特徴があります。ここからは、狭義のLPである、ランディングページの特徴について解説します。

縦長のページ

ランディングページは、縦長の1ページ構成となっています。商品やサービスへの注文、入会、お問い合わせなどの集客を目的としているため、順序立てて説明するなど、1ページでユーザーがアクションを起こしたくなるように設計されています。ユーザーの疑問や不安を解消し、アクションを起こしてもらうには、どうしても1ページあたりの情報力が多くなり、スクロールして上から下にいくような、縦長の1ページとなるのです。

リンクの設置が極めて少ない

リンクの設置が極めて少ないのが、ランディングページ。ランディングページは、リンクの設置を少なくし、ページからの離脱を減らしています。ページにリンクを貼り、情報を分けて提供することで、ユーザーによる注文や入会などのアクションが減ることが予想されます。それは、リンクのクリック率が30%程度とされていることが主な要因となっており、リンクによって情報を分けてしまうことで、コンバージョン(WEBサイトでの獲得成果)の割合が少なくなってしまうのです。

デザイン性が高い

ランディングページは、デザイン性の高いページが多いです。企業は、ユーザーの購買意欲をかき立てるよう、文章のみのページではなく、画像を多用するなど、デザインにこだわり、広告のようなイメージで作成することも多くなっています。

ランディングページのメリット

では、ランディングページのメリットは、どのようなところにあるのでしょうか? ここからは、メリットについて解説します。

コンバージョンに直結しやすい

ランディングページは、コンバージョンに直結しやすいといえます。インパクトのあるキャッチコピーや画像、大きな文字など、視覚からユーザーに訴えかけることで、ユーザがアクションを起こしたくなるように作られているため、当然ながら、通常ページより、集客に結びつきやすくなるのです。

ページ訪問者の離脱が少ない

ページの訪問者の離脱が少ないというメリットがあるのが、ランディングページ。通常のサイトでは、バナーやリンク付けをし、他ページとの関連性をもたせるのが一般的。そのため、ページ訪問者の離脱率は高くなってしまいます。一方で、ランディングページは、説明してきたように、他ページへのリンクが極めて少ない構造となっています。リンク付けが少ないことは、ページ訪問者の離脱率を減らすことになり、注文や入会、お問い合わせなどにたどり着きやすく、コンバージョンに結びつきやすくなるのです。

必要な情報の集約

ランディングページは、必要な情報が集約されているというメリットも。通常のページでは、情報が複数のページに分散され、サイトを訪れたユーザーがページを閲覧し、知りたい情報を自由に探していくのが一般的。一方で、ランディングページは、必要な情報が1ページに集まっているため、サイト訪問者は、知りたい情報を自身で探すことなく、得られるようになっています。

ランディングページのデメリット

ランディングページには、デメリットもあります。ここからは、デメリットについて、見ていきましょう。

直帰率が高い

ランディングページのデメリットは、直帰率が高いことにあります。直帰率とは、閲覧を開始したページから、ユーザーが他のページに行くことなく、離脱した割合のことを指すもの。ランディングページは、縦に長い1ページ構成のものであり、リンクなどがほとんどないため、直帰率も高くなるのです。ランディングページを作成する際は、できるだけユーザーがページから離脱しないことを考え、画像を随所に入れる、ユーザーに訴えかけるような言葉選びをするなど、飽きないようなページ作りをしていく必要があります。

制作時間やコストがかかる

ランディングページは、制作時間やコストがかかってしまいます。デザイン性の高いページであるため、WEBデザインやホームページ制作の知識がないと、自力で作成するのは、難しいという側面も。ランディングページをホームページ制作会社などに依頼する方法もありますが、ホームページ制作会社の大体の相場が15万円~40万円程度と、コストを要します。

ランディングページにおすすめのホームページ作成ツール3選

ランディングページの作成におすすめしたのが、ホームページ作成ツール。ホームページ作成ツールは、簡単な操作と、比較的安い金額でホームページが作れるのが魅力。ここからは、ランディングページにおすすめのホームページ作成ツールを3つ紹介します。

ペライチ

 

ペライチ

ペライチは、テンプレート選択、画像挿入、テキスト入力などの簡単な操作でホームページが作成できるツール。「ホームページ作成の知識がない」などと言った人も、驚くほど、簡単にホームページを作ることができます。特に、ペライチは、1ページ構造からなるホームページ作成を得意としているため、ランディングページに最適。

また、全国で活動するペライチサポーターという存在も特徴的。ペライチサポーターは、勉強会やワークショップなど開催し、参加者は、ホームページ作成やWEB制作に関する疑問や悩みなどを気軽に質問することができます。

プランは、スタートプラン、ライトプラン、レギュラープラン、ビジネスプランの4つがあり、スタートプランは、無料となっています。以下にプランの詳細をまとめてあります。手始めに無料のスタートプランを利用してホームページを作成し、本格的な運用の際は、有料のプランに移行するのもおすすめです。

ペライチの料金プランと内容

プラン名 内容 料金
スタートプラン とりあえずサイトを作成したい人向けのプラン。公開ページ数の上限は1ページ。 0円
ライトプラン ホームページをカスタマイズしたい人向けのプラン。独自ドメイン、SNS連携、お問い合わせフォームなどのサポート付き。公開ページ数の上限は3ページ。 月額:980円
レギュラープラン ホームページの運用を本格的に始めたい人向けのプラン。ライトプランの機能にプラスして、ペライチフッター広告の非表示対応やHTML、CSSの埋め込みなどのサポートが付く。公開ページ数の上限は、5ページ。 月額:1,980円
ビジネスプラン ビジネス向けにフル活用したい人向けのプラン。レギュラープランの機能にプラスして、メルマガ配信、パスワード保護、決済機能、ファイルダウンロードなどのサポートが付く。公開ページ数の上限は、10ページ。 月額:2,980円

 

こちらの記事では、ペライチの料金プランや操作について詳しく解説しています。ペライチを利用する際の参考に読んでみるとよいです。

ペライチの料金プラン、使い方を実際の画面を見ながらご紹介

STUDIO

STUDIO

テンプレート選択、ドラッグ&ドロップなどの簡単な操作でホームページを作成できるのが、STUDIO。STUDIOは、スタイリッシュで、デザイン性の高いテンプレートが多く、ページ公開までスピーディーなのが魅力。しかし、海外向けに作られているため、ヘルプページなどは、英語の説明が多く、少々使いづらいという点も。ユーザーがSTUDIOを使いこなせるようになるには、少し時間がかかるかもしれません。

プランは、FREE、BASICがあり、近いうちに、PROがプランに加わるようです。

 

Jimdo

 

 

Jimdo

Jimdoは、世界170万人が利用しているホームページ作成ツール。プランが多くあるのが特徴であり、プランは、大きく分けて、「ジンドゥAIビルダー」と「ジンドゥクリエイター」に分けられます。「ジンドゥAIビルダー」は、AIによる簡単な操作でホームページが作成できるものであり、「ジンドゥクリエイター」は、自分でホームページを作成したい人向けのプランとなっています。両方に無料のプランがありますが、初心者には、「ジンドゥAIビルダー」が、操作性や機能性の面でも使いやすくおすすめ。

ジンドゥAIビルダーの料金プランと内容

プラン名 内容 料金
PLAY お試しでサイトを作成したい人向けのプラン。公開ページ数は最大5ページ。 0円
STAY 趣味やビジネスなどにおすすめのプラン。広告非表示、初回契約時のドメインが無料になるなどの特徴がある。公開ページ数は最大10ページ。 月額:990円
GLOW 企業や個人事業など、ホームページの本格運用に最適なプラン。高度なSEO、書くセアクセス解析など、充実した機能が付いている。公開ページ数は、最大50ページ。 月額:1,590円

こちらの記事では、Jimdoについて詳しく解説しています。気になる方は、ぜひ読んでみるとよいでしょう。

Jimdoの独自ドメインについて徹底解説!料金プランや他社との比較も

ランディングページにホームページ作成ツールを活用しよう

今回は、ランディングページの特徴やメリット、デメリット、おすすめのホームページ作成ツールについて解説しました。ランディングページは、比較的安い金額で作成できるホームページ作成ツールの利用がおすすめ。中でも、ペライチは、1ページを作成するのに向いているツールであり、ランディングページの作成に最適です。

まずは、手始めに、ペライチの無料プランを利用してみるのもよいでしょう。

ペライチの料金プランとサポート内容

スタートプラン ライトプラン レギュラープラン ビジネスプラン
料金 0円 月額:980円 月額:1980円 月額:2980円
公開ページ数の上限 1ページ 3ページ 5ぺージ 10ページ
常時SSL対応
スマホ最適化
独自ドメイン ×
SNS連携 ×
フォーム設置 ×
フッター広告非表示 × ×
HTML/CSS/JS埋め込み × ×
アクセス解析 × ×
メルマガ配信 × × ×
決済 × × ×
パスワード保護 × × ×
ファイルダウンロード × × ×
予約機能 × × ×
写真素材の1枚当たりの購入料金 200円 160円 160円 160円

ペライチ

 

 

 

おすすめの記事