ランディングページを作る際は、おしゃれなページにしたいと考える方も多いのではないでしょうか? おしゃれなランディングページを作成することで、ページ訪問者の目を惹き、結果として集客に繋がるなど、よい影響を及ぼすことも多いといえます。

今回は、おしゃれなランディングページを作成したいという方に向けて、作成のためのポイントやおすすめの参考サイト、作成ツールなどについて解説します。

おしゃれなランディングページ作成のためのポイント

では、実際に、おしゃれなランディングページを作るには、どのようにしたらよいのでしょうか? 作成には、押さえておきたいいくつかのポイントがあります。ここからは、おしゃれなランディングページを作成するためのポイントを解説します。

ターゲットを明確にする

 

 

おしゃれなランディングページを作成するなら、まずは、ターゲットを明確にしていくことが大切。ランディングページと一言に言っても、性別、年齢、職業など、商品やサービスを届けたいターゲットによって、内容やデザインは、大きく変わるといえます。

例えば、ある企業が、女性向け基礎化粧品を売るためのランディングページを作る際のターゲットを書き出していったとします。

すると、

・20代~30代の女性

・東京近郊に住む人

・OLなどの社会人

・美容に関心が高い

などの項目が挙げられました。

例のように、皆さんが、想像するターゲットをできるだけ具体化し、書き出していくことで、ランディングページの方向性やデザインに、どのようなものが適しているのか、自ずと見えてくることも多いはずです。

構成を決める

おしゃれなランディングページを作るには、構成を決めていくとよいです。いくらデザインにこだわったランディングページを作成しても、構成がしっかりしていないと、コンバージョン(WEBによる獲得成果)を上げにくいといえます。

ランディングページの具体的な構成には、キャッチコピー、アクション導線、商品やサービスの説明、お客様の声、クロージングなどの項目があります。まずは、このようなランディングページの基本構成を理解することが大切。そして、予め構成を決めてから、デザインを決めていくとよいでしょう。

ランディングページの構成については、こちらのページでも詳しく記載しています。気になる方は、併せて読んでみることがおすすめです。

成果の出るランディングページの作り方!Web集客必勝方法

デザインに合う効果的なキャッチコピーを

ランディングページは、キャッチコピーも非常に大切になります。デザインに合うような効果的なキャッチコピーを入れることで、ユーザーの目を惹くことができ、コンバージョンに繋がることも多いもの。おしゃれなランディングページを作る際は、デザインだけでなく、短い言葉で、ユーザーに訴えかけるような、よりよいキャッチコピーを考えていかなければなりません。

LPの参考サイトを見て勉強する

おしゃれなランディングページは、LP(ランディングページ)の参考サイトを見て、勉強していくことがおすすめ。LPの作成者は、実際のランディングページを見ることで、デザインやキャッチコピーに関するインスピレーションが沸いたり、構成がしっかりと理解できるようになることも多いもの。参考サイトを見る際は、売りたい商品やターゲット層が同じものや似ているもの、参考にしたいデザインがあるなど、自身のランディングページと共通点のあるようなサイトを、できるだけ多く見ていくとよいです。

おしゃれなランディングページの参考サイト6選

デザインの参考になるような、LPを集めたサイトが多くあります。ここからは、LPの参考サイトを6つ紹介します。

ランディングページ集めました。

 

ランディングページ集めました。

集客の参考になるようなLPが多数掲載されているのが、「ランディングページ集めました。」。運営歴が10年と長いこちらのサイトは、WEBディレクターの管理人によって厳選された、コンバージョン直結のために参考になるようなサイトが掲載されています。サービスやスクール、ファッション、ゲームなどのカテゴリから、目的に合うものを簡単に探すことができる、おすすめのサイトです。

イケてるランディングページ集めてみました

 

イケてるランディングページ集めてみました

「イケてるランディングページ集めてみました」は、デザイン性の高いおしゃれなランディングページが多く掲載されています。検索方法には、ジャンルでの検索以外にも、かっこいい、にぎやか、オーガニック、アート・芸術系などイメージから検索することが可能。漠然としたイメージしか湧いていない人も、求めるイメージに近いものを簡単に見つけることができ、インスピレーションの参考になります。

WebDesignClip

 

WebDesignClip

「WebDesignClip」は、メインカラー、サブカラーなどの色から、ランディングページを検索できるのが特徴的。他にも、アニメーションやイラスト、テキストエフェクトなどのタグ付けからも選ぶことができ、サイト全体の雰囲気やイメージを確認する際などに最適です。

 

LANDINGPAGE DESIGN BOOKMARK SMARTPHONE

 

LANDINGPAGE DESIGN BOOKMARK SMARTPHONE

こちらは、スマートフォン向けのランディングページのデザインを厳選したサイト。カテゴリは、美容、健康、デジタル、育毛、金融・不動産などに分けられています。スマートフォン向けのランディングページの作成を考えている人は、ぜひ一度、こちらのサイトを見ていくことがおすすめです。

LP advance

LP advance

カテゴリ別だけでなく、キャッチコピーから探せるという特徴を持つのが、「LP advance」。「LP advance」は、カテゴリ別にキャッチコピーが一覧になっており、非常に見やすくなっています。デザインだけでなく、キャッチコピーを決める際にも、ぜひとも役立てていきたいサイトです。

縦長ページのデザイン集めました

縦長ページのデザイン集めました

「縦長ページのデザイン集めました」は、セールスレターのデザインリンク集となっています。セールスレターは、ランディングページのコンバージョンを上げる上で、欠かせないもの。こちらのサイトのリンク集を見ていくことで、具体的な内容や解決策の提示など、ランディングページに必要なセールス手法を知ることができます。

おすすめのLP作成ツール3選

ランディングページの作成には、LP作成ツールを利用するとよいです。ランディングページは、ホームページ制作会社などに依頼する方法もありますが、費用が15万円から40万円程度と、コストを要してしまいます。その点、LP作成ツールは、簡単な操作と比較的安い金額が魅力となっています。

ここからは、ランディングページにおすすめのLP作成ツールを3つ紹介します。

ペライチ

ペライチ

ペライチは、ランディングページの作成に最適なツール。テンプレート選択、テキスト入力、公開ボタンをクリックという3ステップの簡単な操作で、あっという間にホームページを作成することができ、初心者を始めとする多く人から指示を得ています。そして、何と言っても、ペライチの構造は、1ページ構造になっているため、ランディングページを作るのに非常に向いているというのが大きな特徴。

プランには、スタートプラン、ライトプラン、レギュラープラン、ビジネスプランの4つがあり、まずは、手始めにスタートプランを利用してみるのもおすすめ。

他には、「47都道府県サポーター制度」があり、全国に300名以上いる各分野のプロであるペライチサポーターが、ワークショップや勉強会などを開催しています。ペライチサポーターは、WEBマーケティングやホームページ制作などの疑問に答え、相談に乗ってくれるなど、ユーザーの心強い存在となることも多いようです。

ペライチのプラン

プラン名 内容 料金
スタートプラン とりあえずサイトを作成したい人向けのプラン。公開ページ数の上限は1ページ。 0円
ライトプラン ホームページをカスタマイズしたい人向けのプラン。独自ドメイン、SNS連携、お問い合わせフォームなどのサポート付き。公開ページ数の上限は3ページ。 月額:980円
レギュラープラン ホームページの運用を本格的に始めたい人向けのプラン。ライトプランの機能にプラスして、ペライチフッター広告の非表示対応やHTML、CSSの埋め込みなどのサポートが付く。公開ページ数の上限は、5ページ。 月額:1,980円
ビジネスプラン ビジネス向けにフル活用したい人向けのプラン。レギュラープランの機能にプラスして、メルマガ配信、パスワード保護、決済機能、ファイルダウンロードなどのサポートが付く。公開ページ数の上限は、10ページ。 月額:2,980円

こちらの記事では、ペライチのSEOについて詳しく解説しています。気になる方は、こちらもチェックしてみてください。

SEOが気になる!ペライチのSEOのメリットやデメリットについて徹底解説!

Jimdo

 

Jimdo

ドイツ発祥のLP作成サービスがJimdo。Jimdoは、現在日本で、株式会社KDDIコミュニケーションズがサービスを運営しています。そして、世界には、170万人以上のユーザーがおり、ペライチ同様に、使いやすい簡単な操作が魅力。

40種類以上あるテンプレートは、スタイリッシュなデザインも多いですが、海外向けのテンプレートが多いのが少々難点に感じることも。また、Jimdoは、多層構造と呼ばれるような一般的なホームページに向いているため、1ぺージからなるランディングページに最適とは言えません。

Jimdoのプランには、大きく分けて、ジンドゥAIビルダーとジンドゥクリエーターの2種類があります。ジンドゥAIビルダーは、その名の通り、AIによる簡単な操作でホームページを作成できるプラン。そして、ジンドゥクリエーターは、自分でホームページを作成したい人向けのプランとなっています。両者を比べると、機能が充実している分、ジンドゥクリエーターのほうが料金が割高になっています。

初心者は、手始めに、操作が簡単なジンドゥAIビルダーを利用してみるとよいかもしれません。

ジンドゥAIビルダーのプラン

GLOW START PLAY
内容 企業や個人で本格的なホームページ作成するのに最適 ビジネスからイベント、趣味まで幅広い用途に利用できる 試しにホームページを作成したい人向け
月額料金 1,590円 990円 0円
独自ドメイン ×

 

ジンドゥクリエーターのプラン

PLATINUM SEO PLUS BUSINESS PRO FREE
内容 ホームページ、ネットショップなど本格的なサイト運用に最適 万全なSEO対策ができる 個人事業主やフリーランスがホームページを運営するのに最適 仕事や趣味などさまざまな用途に活用できる 試しにホームページを作成したい人向け
月額料金 5,190円 4,110円 2,460円 965円 0円
独自ドメイン ×

STUDIO

STUDIO

STUDIOは、LPを自由にデザインしたい人に向いているLP作成サービス。ユーザーが、デザインすると、瞬時にコード変換してくれるため、簡単にランディングページを作成することができます。そして、その分、他のサービスに比べてテンプレート数が少ないという難点も。また、STUDIOは、リアルタイムで共同編集作業ができるため、チームで作業を進めていくのにも最適。

プランには、FREE、BASIC、PROの3つがあります。無料のFREEプランでも、5ページまで記事の公開が可能ですので、まずは、FREEプランから始めてみるのもよいでしょう。

 

 

ランディングページ作成にはLP作成ツールを活用

ここまで、おしゃれなランディングページ作成のためのポイントやおすすめの参考サイト、LP作成ツールなどについて解説しました。おしゃれなランディングページを作成したいと考えている人は、簡単な操作で、安い金額が魅力のLP作成ツールを活用することがおすすめ。

LP作成ツールは、テンプレートもおしゃれなものが多く、時間もコストもあまりかけずに、クオリティの高いのページの作成を可能にしています。

中でも、ペライチは、ランディングページの作成に最適で、テンプレートの種類やサポートの手厚さなど、充実した機能が魅力です。

皆さんも、ペライチのプランから、目的に合うものを選び、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

ペライチの料金プランとサポート内容

プラン スタートプラン ライトプラン レギュラープラン ビジネスプラン
月額料金 0円 980円 1980円 2980円
公開ページ数 1ページ 3ページ 5ぺージ 10ページ
常時SSL対応
スマホ最適化
独自ドメイン ×
SNS連携 ×
フォーム設置 ×
フッター広告非表示 × ×
HTML/CSS/JS埋め込み × ×
アクセス解析 × ×
メルマガ配信 × × ×
決済 × × ×
パスワード保護 × × ×
ファイルダウンロード × × ×
予約機能 × × ×
写真素材の1枚当たりの購入料金 200円 160円 160円 160円

ペライチ

おすすめの記事