「SEOはタイトルが重要です。」という言葉はSEOを対策したことがある人なら一度は聞いたことがあるかもしれません。
実際にタイトルは200以上あると言われているSEOの要素で大きい影響がある要素と言われています。

また、タイトルはページの内容を書く重要な箇所で、Googleなどの検索結果のタイトルにも基本的に採用されます。
ディスクリプションも含めて、検索結果でサイト(ページ)の魅力を知らせてクリックをしてもらうためにアピールできる文章になります。
クリック率(CTR)が高まるように作ることが大切です。

キーワードの選定方法

SEOキーワードの選び方:《初心者向け》SEOで対策するキーワードを選定する方法の記事で書いています。
まだ対策するキーワード方は記事をぜひ読みながら、まずはぜひ対策するキーワードを決めましょう!

今回は「ペライチ 使い方」を例に解説します。

【キーワード】
メインキーワード:
ペライチ 使い方

サブキーワード:
ペライチ  編集
ペライチ  料金
ペライチ 口コミ

キーワード調査のツールを使用して、メインキーワード1個、サブキーワード3個を出しました。
1ページで対策するキーワードの数は特に決まっていませんが、あまり多すぎないようにしましょう。

多くのキーワードでSEOの対策したい場合は、ページを分けて(2ページ、3ページと増やして)対策することをお勧めします。
ページの意図をGoogleなど検索エンジンにしっかりと伝えるためには、キーワードごとにページを分けた方が対策がしやすいからです。

ページ名(title)と見出しの作り方

基本的な方針は「タイトル(ページ名)」にメインキーワードを、ページ内の「見出し」を入れて作ります。

ページ名(title):
ペライチの便利な使い方を教えます。

見出しブロック:
ペライチのおすすめ編集方法とは?
ペライチの使い方別!おすすめな料金プラン
ペライチの口コミを見てみよう

今回は、上記の例のように作りました。
ページの内容によっては「ペライチの使い方」のような簡素な見出しにしても問題ないです。

ページの説明文(description)の上手な作り方

Descriptionは、検索結果に出る説明文にも使用されるページ内容をしっかりとユーザーに伝えることができます。

作り方のコツは「ページの説明文=サイト全体の要約文」ですので、
先ほど作った「タイトル(ページ名)」と「見出し」の内容を要約するとわかりやすいDescriptionを作ることが作ることができます。
また、「タイトル(ページ名)」と「見出し」共にキーワードも含ませているキーワード対策として良い内容が作れます。

ページ名(title):
ペライチの便利な使い方を教えます。

見出しブロック:
ペライチのおすすめ編集方法とは?
ペライチの使い方別!おすすめな料金プラン
ペライチの口コミを見てみよう

先ほど作ったこの内容を要約するようにつなぎ合わせて作りましょう。例えば、以下のような作れます。

ページの説明文(description):
ペライチの便利な使い方についての解説。編集方法はもちろんのこと、あなたに合ったおすすめの料金プランがきっと見つかる!気になる口コミも確認できるのでペライチの使い方を知りたい人はぜひご覧ください。

ページ名と見出しに入れた内容とページの説明文を見比べてください。
このように要約をするだけで実はかんたんにSEOを意識したDescriptionが書くことができます。

ぜひ参考にして、チャレンジをしてみてください。

 

ペライチでホームページを作ってみませんか?

ペライチには、他にも様々なカテゴリのテンプレートがございます。
基本的な機能は無料から使え、有料の機能も30日間お試しで使えますので、まずは作ってみるのもいいですね!
ペライチの使い方などで、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください♪

初心者にも簡単に操作できるペライチを今すぐ利用してみる!

ホームページがかんたんに作れるペライチ

おどろきの簡単さ、早さ、安心を提供!
だれでもあっという間に ホームページが作れます。

おすすめの記事