水道の凍結について

北海道札幌市に住むサラリーマンが水道凍結で経験した体験記です。札幌市など冬場に水道の凍結や水道管が凍るなどのトラブルが多く起きてます。その時にどうするでばいいか私の体験を交えて掲載しておきます。
水道管の凍結
札幌市などを含む北海度。寒冷地でもあります、しばれてくると水道管が凍結してしまって破裂が起こると水が使えなくなったり漏水で建物や家財が濡れて使えなくなる場合がある。また、漏水した水の使用量が水道料金に加算されたりと破裂による弊害は多大となってきます。そこで、水道管が凍結により破裂した場合の対応と修理後にするべき確認事項について紹介します。

水道管が凍結により破裂した場合の対応をする前に、まず、水道管が破裂する原因を知っておいたほうがいいでしょう。そこで水道管が凍結してから破裂するまでの流れがあるので以下のとおり確認してみましょう。

水道管が凍結してから破裂するまでの流れ

1: 水道管の水が温度0℃で凍る。
2: 凍結で水の体積が膨張する。
3: 膨張により水道管に亀裂が入る。
4: 亀裂部分から勢いよく溶けた水が噴き出る。

大体の場合、この流れで水道管が破裂するので原因を知ったら以下の応急処置を確実にしましょう。

•止水栓を閉めて水が出ないようにする!
•水道管を修理してくれる業者を探す!
応急的に次の項目でご説明します。

止水栓を閉めて水が出ないようにする!
水道管が凍結により破裂した場合の一つ目の対処があふれ出ている水をすぐに止めることです。
したがって、「止水栓」を探そう!
止水栓の場所は、通常、屋外にあります。マンションだったらパイプスペースや目につきやすい場所に設置してあります。ほとんどの場合、水道メーターと共に配置されているので見つけたらすぐにバルブを閉じてあふれ出ている水を止めます。
そして、あふれ出ている水を止めたら水道管が破裂のままだと水を使うことができないので次の項目を確認します。

水道管を修理してくれる業者を探す!
次に水道管が凍結により破裂した場合の二つ目が水道管の修理をしてくれる水道業者を探すことです。
けれど、「どういった業者を探せばいいの?」と疑問に思うのでインターネットで調べるか水道局に相談します。

私がオススメする水道業者です。
「マリン水道サービス」
です。札幌市や旭川市など大都市に修理対応してくれました。
TEL : 0120-930-580
URL:https://largo923.com/ ※ アドレスをクリックすると会社のホームページに移動します。

オススメする理由が良心的で私の家の水道管が凍結した時に夜にも関わらず修理に対応してくれて修理料金も考えていたよりか遥かに安くアドバイスもしてくれてキャンペーン期間で特賞が当たり「登別温泉ペア―」が1週間後に送付してきました。2泊3日で部屋食付きで修理代より高いと誰もがわかる大当たりでラッキーでした。(2019年2月某日)

そのお礼もありこの度の投稿になった次第です。
修理対応地域は、ホームページで調べてください。




水道料金の減免制度を受けることができる!

水道管の修理後に一つ目に確認するべきことは、住んでいる地域の水道局にもよりますが「水道料金の減免制度を受けることができるか?」ということです。
札幌市  川崎市  旭川市
水道料金の減免制度とは、水道管の破裂や自然災害などの原因により漏水してしまった水道量分を水道料金から減免する制度のことで大変ありがたい制度です。そして、水道管の破裂による漏水の場合、通常の水道使用量に比べ多く使ってしまった水道使用量の差の最大50%までを水道局が負担してくれる。
新潟市  岐阜市  大田区  川口市
つまり、漏水してしまった水道使用量の半分の水道料金ですむということです。
それ以外にも地震や風水害などの自然災害によって水道管が破裂し漏水した場合にも水道局によっては、全額負担してくれるところもあるみたいです。ただし、この減免制度を受けるためには、以下の条件がそろっている必要があります。

水道料の減免制度を受けるために必要な条件
  • 水道管が破裂することで起こる漏水。(地下や床下や壁の中など発見しづらい場所や通常保守点検が困難な場所。)
  • 水道工事ができる業者が行う漏水箇所の修理。
といった条件がそろっていれば、減免制度を受けることができる。逆に、以下のような条件の場合は、減免制度を受けることができません。

水道料の減免制度を受けられない条件
  • 地面から上の位置に見える場所や注意すれば分かるような場所。
  • 指定給水装置工事事業者ではない事業者による漏水箇所の修理。
といったこれらの条件を確認しながら、減免制度を受けられるかどうかを判断してます。
そして、この減免制度を受けられることを水道局に確認し、以下のことをしなければいけない。
指定給水装置工事事業者が行う工事完了後、「90日以内」に市の水道局へ減免申請をする。
市の水道局に減免申請をしなければ水道料金の減免を受けることができません。
また、申請の際には、水道料金減免申請書(漏水証明書)といった様式に必要事項を記載し証拠書類を一緒に添付することも必要となります。
証拠書類とは、以下のとおり減免を受けるための必要な書類は以下の通りです。(お住いの水道局に確認必須)
水道料金減免申請書に必要な証拠書類
  • 漏水箇所の修理前の写真
  • 漏水箇所の修理後の写真
上の証拠書類をそろえて水道料金減免申請書(漏水証明書)と合わせて水道局に提出して、ようやく水道料金の減免制度を受けることができるようになります。また、自分で申請して手続きすることは可能だが書類の記載や証拠書類などを集めなければいけないのが面倒ですが減免を受けたくないか方は申請しなくても大丈夫です。あとは、この減免制度で「水道料金がどれくらい減額されるのか?」について気になるところだが、通常、「毎月の支払額(使用量)」や「前年と同じ月の支払額(使用量)」などを考慮した上で減額金が決定されるので申請手続きが完了したら水道料金が減免されるのを1~2週間待ってみるのがいいです。また、大規模で水道管の凍結が発生した場合には審査が伸びる場合もありますので遅いと感じたら郵便トラブルも考えられますので送付先の水道局に問い合わせ見てるのもいいでしょう。

私がオススメする水道業者
「マリン水道サービス」
TEL : 0120-930-580

https://largo923.com/
※ アドレス(URL)をクリックすると私がオススメの水道業者のホームページに移動します。
タオルを巻いてお湯を振りかける

加入されてる火災保険で漏水による水濡れは保険金が支払われる場合もある!

二つ目に確認するべきことは、火災保険や家財保険に加入されている場合で「漏水により損害の補償を受けることができるか?」ということです。
火災保険や家財保険の契約の内容を確認して「建物中や外にある給排水設備や他人の戸室で生じた漏水などによる事故など」と契約に記載されているか確認してみてください。私もマリン水道サービスのスタッフさんにお聞きし保険適用となり全額保険金で修理代はほとんど全額支払うことができました。しかし、保険の契約に条件が付加されていなければ保険金が貰えません。
しかし、漏水による建物や家財の損害の補償を受けることができても、以下のものは、損害の補償を受けることができません。
・給水排水設備自体。
水道管の補償適用外になる場合もあります。
給排水設備とは、以下の例のような設備のことです。
  • 水道管
  • 給水管
  • 排水管
  • 貯水タンク
  • 給水タンク
  • ガス給湯器
  • 太陽熱温水器
  • トイレの水洗用設備
  • 浄化槽
  • スプリンクラ設備や装置
火災保険や家財保険の補償を受けられるかについては、各保険会社の契約内容によるので保険加入前にオプションで付加できる場合もありますし証券の記載事項をよく読んで対処しよう。読んでもわからない場合には、保険会社か保険に加入した代理店の担当者に電話をして確認してみるのが間違えありません。