マイオセラピーとは


施術の紹介動画

※状態に合わせて一番深部が揺れる深さで常に施術者が微調整しながら治療します。 
※強く押したりするものではなく、コリを緩めるために振動を与えていきます。

マイオセラピーとは

マイオセラピーとは、手で届かない深部のコリに対し、マイオバイブと呼ばれる特殊な振動器具を使い、背中の筋肉に当てて「痛み」や「コリ」などの症状を取り去り,血流を改善し,身体の柔軟性を回復させる治療法です。
普通ではゆるまないような『深層のコリ(筋硬結)』を取り去り自然治癒力を最大限に引き出します。

目的:背骨と背骨の際のコリ(筋硬結)をゆるめ、全身の筋肉、神経の血流をよくすること

どんな症状に効くのか

期待できる効果:身体の神経が正常に働くようになります。全身ポカポカ!
・長年の肩こり、腰痛、頭痛、膝痛などあらゆる痛みの解消
・腕のしびれやお尻のしびれの解消 胃もたれ、便秘など内臓系の不調の解消
・捻挫くせや、足がつりやすいのが解消
・自律神経失調症
・ぐっすり寝れるようになる。
・花粉症の解消
※効果には個人差があります。

こんな方におすすめです

①マッサージやカイロ、筋トレなど何をやっても体のつらさが解消されない人 
②2か所以上の治療院に行っても解消されず困っている人
③何をやっても眠れなくてお困りの人
④イライラが続きすぎて思考力がなくなってきた人
⑤多少痛くてもいいから根本的に治したいとお考えの人

よくあるご質問

  • Q
    痛いですか?
    A
    個人差があります。コリ方がひどかったり、血流が悪いとはじめは痛いかもしれません。ただポイントに当たると痛みとは別に人によって「重たい」「だるい」「痛気持ちい」といった様々な感覚が生じますが、これは振動刺激が深部に効いている証拠です。様子を見ながら無理のない刺激で行いますのでご安心ください。
  • Q
    施術後に気を付けることはありますか?
    A
    アスリートの方は特に問題ないと思いますが、術後の長時間の運転や、大事なご用事などは避けたほうがいいかと思います。ゆっくりできる時間があるのが望ましいと思います。
    マイオセラピーは全身の血流がよくなるため、いわゆる体の中で大掃除(クリーニング作用)が起こります。
    副交感神経が優位になりやすいので、いつも以上に眠くなったり、だるさがいつもより強くなることがあります。また、施術後の飲酒も、いつもより酔いがまわりやすくなることもありますので注意してください。
    基本的に術後に起きる、眠さやだるさは、体には必要な好転反応であり、マイオセラピーの一つの特徴でもあります。
    何かご不明な点がございましたらケア方法などもお伝えしますので、いつでもご連絡ください。

    その他のご質問について ⇒よくあるご質問
  • Q
    施術後に気を付けることはありますか?
    A
    アスリートの方は特に問題ないと思いますが、術後の長時間の運転や、大事なご用事などは避けたほうがいいかと思います。ゆっくりできる時間があるのが望ましいと思います。
    マイオセラピーは全身の血流がよくなるため、いわゆる体の中で大掃除(クリーニング作用)が起こります。
    副交感神経が優位になりやすいので、いつも以上に眠くなったり、だるさがいつもより強くなることがあります。また、施術後の飲酒も、いつもより酔いがまわりやすくなることもありますので注意してください。
    基本的に術後に起きる、眠さやだるさは、体には必要な好転反応であり、マイオセラピーの一つの特徴でもあります。
    何かご不明な点がございましたらケア方法などもお伝えしますので、いつでもご連絡ください。

    その他のご質問について ⇒よくあるご質問

体の不調には必ず原因があります

なかなかよくならない頑固な肩こり、頭痛、めまい、吐き気、スポーツでのパフォーマンス低下(ケガが回復しない)これらのほとんどが背中の深部のコリがひどく脊柱の動きが少なることで筋肉や内臓系などの自律神経の働きが狂うといわれ免疫力も落ちると言われています。

 手によるマッサージや体操では、この「深層筋」はなかなかゆるまないことが多く、お困りの方が増えています。それでは、いつまで経っても症状が根本的には改善しません。なかなかよくならない症状はまず背中のケアをお勧めします。

なぜ硬くなるのか?

マイオセラピーの対象は、全身の神経の故障です。 生まれた時からの出来事がすべて身体に出ているといわれています。

例えば、、、 「小さいころにケガをした」 「学生時代に部活で捻挫した」 「学校で廊下を走っていて友達とぶつかった」 など過去に身体に衝撃が入った出来事で筋肉に小さな傷ができ、後に筋硬結となり早くて5年後、遅い人だと20年くらいしてから腰の痛み、肩こりの症状として実感すると言われています。

結果的に日常生活での ・「痛み」や「シビレ」などの異常感覚(坐骨神経痛) ・「コリ」や「関節の硬さ」 ・手足の「冷え」、お腹の痛みや張り、「消化不良」や「便秘」 ・自律神経失調症 ・アスリートのパフォーマンス低下 ・ケガの回復が遅く、復帰が遅れる、痛みの再発などを引き起こします。 

身体の神経に異常が出る例

(1) 運動神経が障害されますと,その神経が支配している骨格筋に「筋硬結(コリ)」が起こります.

(2) 感覚神経が障害されますと,その神経が支配している領域の皮膚などの感覚が過敏になったり,「痛み」や「しびれ」などの異常感覚も出現します.また、脱毛や皮膚のむくみ,皮膚の荒れや黒ずみなどの皮膚の異常や骨,歯なども弱くなります。

(3) 自律神経が障害されますと,その障害された神経が支配している血管や内蔵(心臓,食道,気管支,気管,胃腸,膀胱,子宮)の平滑筋と心筋が短縮するので,「手足が冷えたり」,「足腰が重くなったり」,「不整脈が出現したり」,「便秘になったり」,と多種多様な症状が起こります。


施術に必要な時間について

治療法として,マッサージなどの徒手による療法では緩まない「筋硬結」に対して特殊なバイブレータを用います.施術は身体にやさしい低周波数(約20Hz)で,大きい振幅でアプローチします。

実際の施術動画はこちらから

通常,マイオセラピーの治療対象である「筋硬結」は深部に存在することが多く,これらの短縮した「筋硬結」を弛緩させ,伸長させるためにかかる1回の治療時間は最短でも45分程度かかります.例えば,慢性の腰痛症のための腰椎および仙椎の治療時間は左右で60分程度が必要となります.

理想の施術間隔について

効果的な治療を行う目安は1ヶ月(4~6週間)に1回の治療が適切であると考えています.※個人差があります。

その後,お身体の状態や症状により,治療間隔を8週間から12週間へと延ばしていきます.
調子が良くなった方の中には、定期的なケアも含め4~5ヶ月に1回の治療を受けられている方もおられます.

①マイオセラピーの治療目的に、血流をよくすることがあります。治療部位の神経を刺激して、血流を増大させるきっかけを作ります。この血流が増大する現象を「神経性炎症様反応」と呼び、それが一応終わるのに10日ほどかかります。ですから治療後の約10日間は新たな治療や強刺激などを体に施すのは控えたほうがいいということです。
身体の変化や治癒プロセスは皆さんの身体に備わっている、自然治癒力に任せるものと考えています。

②マイオセラピーの特徴や治癒プロセスに、コラーゲンの分泌があります。これは組織の傷を修復するために起こる反応であり、自然に痛みが消えたり、内臓の働きがよくなったり、関節可動域が変わってきたりと自分の身体を治してくれる反応が出ます。
よって①に示すように、施術後、10日以内に、ふたたび効果的な治療を行いますと、コラーゲンの分泌がさらに増すことになり、体はかえって硬くなっていきますので、施術後は、運動をしたり、水分などをしっかりとるほうが、施術の効果は高まると期待できます。

マイオセラピーの対象疾患

マイオセラピーは、これらの症状を根本的に改善していきます。

以下 協会HPより抜粋

マイオセラピーの効果が期待できる症状など:
●整形・整体領域: 痛み(例えば、あごの痛み(顎関節症)、首痛、首コリ、肩痛(四十肩や五十肩)、肩コリ、背部痛、肘痛(テニス肘やゴルフ肘など)、手・指痛(手根管症候群)、腰痛(ギックリ腰、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)、殿部痛、股関節痛、坐骨神経痛、膝痛、可動制限(例えば、腕が上がらない、膝が真っ直ぐ伸びない)、側彎、手首の腱鞘炎、手指のシビレ、関節のこわばり、突き指、バネ指、繰り返す足首の捻挫、骨折癒合後の不調・痛み、打ち身(打撲)、など。

●婦人科領域: 生理痛、生理不順、など。

消化器系領域:胃腸の不調、便秘、慢性下痢、膨満感、胃のむかつき、逆流性食道炎、など。

循環器系領域: 冷え性、むくみ、不整脈、原因不明の高血圧、など。

呼吸器系領域:喘息、息苦しさ、など。

泌尿器系領域:頻尿、尿漏れ、夜尿症、尿閉気味、膀胱炎、など。

視覚器系科領域:眼精疲労、仮性近視、など。

耳鼻咽喉器系領域:耳鳴り、気圧の変化による耳の奥の痛み、慢性鼻炎、慢性中耳炎、喉に何かがつまっている異常感覚、飲食物をむせる、メニエル症状、筋性めまい、など。

皮膚系領域:皮膚の荒れ(肌荒れ)、踵の皮膚がかさかさになって割れる(皮膚の角質化)、脱毛、虫喰われ・やけど・湿疹などが長期間治りにくい、皮膚の黒ずみ、など。

肛門系領域:痔疾、など。

神経系領域:頭痛、顔面痛、自律神経失調症、など。

その他の領域:線維筋痛症、筋筋膜疼痛症、VDT症候群、PMS、など。

 以上の症状などは、神経障害の部位や程度により、単独で現われたり、複数で現われたりします。

一般に、若年者であれば、単独な症状が現われることが多く、30歳代以降では複数の症状が同時に現れます。

マイオセラピーは特殊な振動器具(マイオバイブレーター)を使い、背骨の際に当てて奥にある筋硬結と呼ばれる異常な硬さの筋肉のコリを取り除き,椎間孔の部分で圧迫を受けている神経根の血流不全を解消します。

その他お身体の症状についてのご相談は無料で受け付けております。
どんなことでもご相談ください。

マイオセラピストとは?

マイオセラピー®の診断及び治療技術を修得した治療者は、日本マイオセラピー®協会の会員のうち、認定試験を受け、その試験に合格した者のみが〝認定マイオセラピスト〞であり認定プレートを授与されています
この認定免許取得者は都内では5人のみ。
当院の阿部は認定マイオセラピストとして活動しております。

※詳しくは日本マイオセラピー協会のホームページをご覧ください。

「マイオセラピー」は登録商標です。商標権者の許可なく、商用に用いることは禁じられています。

ご予約は、WEB予約またはお電話でお願いしております。
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
初めて来院される100%の方が「あまり期待せず」にご来院いただきますが90%以上の方に喜んで帰っていただいております。
お気軽にご連絡ください。