セラピスト紹介


ごあいさつ

気持ちから身体まで「あきらめない」治療を日々追及してます。

マイオセラピーとの出会い

私は、高校時代に負った足首捻挫を機に病院をたらいまわしになった経験があります。
捻挫後の痛みや足首の不安定感が消えなかったのです。
「治したい」一心であらゆる可能性を模索し、整骨院や紹介されたお医者さんに診てもらったりしても「治る」という感覚になれず、「現代の医学、医療はこんなものなのか?」と思い愕然としている中、あきれめたくない気持ちでいっぱいでした。そんな自分に希望の光を与えてくれたのが「マイオセラピー」という治療でした。
これを受けて、自分の足首はみるみる回復していきました。まるで「中学時代のころの身体の軽さに戻ったよう」でした。本当に驚きでした。

人の成り立ちから考える背中のケアの大切さ

学生時代から受けたマイオセラピーをずっと受けていく中でいくつかの発見がありました。
・背中の際のコリがほぐれることで内臓や皮膚にも血液が通り、便秘や、冷えが解消されやす
くなり、お肌の潤いもよみがえってくること。
・自律神経のストレスも解消され、頭痛や、めまいなども解消されやすくなること
・毎日やる必要はなく、4W~6Wに一回の治療でOK。効果の持続力が他と違う。
ということでした。
私は、施術を通して人の自然治癒力の可能性をより多くの皆様に伝え、身体の悩みをお持ちの方々を救いたいと本気で考えています。

あべ治療院 阿部裕次の施術は

お一人お一人に合わせた最適な刺激を入れて、その人の自然治癒力を最大限引き出せるように、少し痛気持ち良いくらいの施術をさせていただきます。
身体のコリ、内臓の不調、お肌のトラブルなどに対し、筋肉、内臓、自律神経の多方面から健康への道しるべを示しながらアドバイスさせていただき、みなさんがいつまでも若々しく、明るく元気に生活していけるよう精一杯お手伝いさせていただければと思います。
また、背中を緩めた最後に、過去経験してきた8万人の症例に基づいた、もみほぐしやストレッチを絡め、様々なところから血流を良くしていく渾身の施術をご提供します。

何をやってもよくならない方は深部の血液が滞っている事が原因かもしれません・・・。
身体の知識を学びながら一緒に生命力あふれた身体を目指しましょう!

代表 阿部 裕次

■プロフィール

阿部 裕次(あべ ゆうじ)

柔道整復師
日本マイオセラピー協会認定セラピスト 
別名:身体再生請負人
あべ治療院 マイオセラピーセンター中野 代表

宮城県仙台市出身。大学卒業後、都内医療系会社に入社。京橋の自費治療院、市川市のデイサービスで経験を積み、柔道整復師の資格取得後に、中野区の整骨院の院長、港区の自費治療院の院長を歴任。その他、外部の医療グループへのコンサル講師、社内の新人教育研修の講師、中野区の老人施設への健康講座などでも活動し、13年経験を積む。
2018年に独立し、東京中野にあべ治療院を開院。
現在も全国でも稀少なマイオセラピーという痛みの根本治療に力を入れ、腰痛、肩こり、頭痛などなかなかよくならない症状にお困りの方のお手伝いの他、渋谷区のミニバスケットボールチームのサポートや、ボイストレーナーの著作本の執筆協力などでも活動中。

■経歴

<主な経歴>

H12 バスケットボールでの足首捻挫の後遺症が改善せずに悩み、病院をたらいまわしになり困り果てる。現代医療に愕然とする。

H13 高校時代のトレーナーの紹介でマイオセラピーを受け、捻挫のくせ、後遺症が驚くほど改善し、感動を得る。(以来、マイオバイブの治療を受け続ける。9ミリ→11ミリ→14、15ミリへの振幅変換時の変化も学ぶ)

H16年 バスケ部の練習中に左中指の剥離骨折。病院では「完治まで3か月以上はかかる」と言われていたのをマイオセラピーを受け3週間で完治。すごく「痛かった」がこの時の自身の受けた経験が現在も活きている。

H18年3月 専門学校に通いながら、東京都中央区京橋の自費治療院勤務。マイオセラピーの理論をベースにした徒手療法(旧マイオセラピー)を学ぶ。

H19年4月マイオセラピーの基礎セミナーに参加、講義、実技を学ぶ。

H19年5月横浜市港北区のショッピングモール内の自費施術院のオープンメンバーとして勤務。ファミリー層などの施術を担当し経験を積む

H20年3月千葉県市川市のデイサービスに平日勤務。脳梗塞の片麻痺、パーキンソン病の患者さんのリハビリを学ぶ

H20年11月 江東区ママさんバレーボール大会にトレーナーとしてボランティアで参加。突き指や膝のケガの処置などを経験。触れるポイントが1ミリずれるだけで、効果や変化が何倍も違うことを痛感。

H21年1月 マイオセラピーの応用セミナーに参加し、理論などを本格的に学び始める。自身の患者としての経験や、実際の現場での患者さんの変化や現象をベースに、解剖生理学、分子生物学、痛み学、神経根症状、食事関連の勉強に明け暮れる

H21年3月 東京都中野区弥生町ふたば鍼灸整骨院勤務

H21年7月「神経生理学」著者R.F.シュミット先生の講演会に参加。痛みの歴史、概念を学ぶ

H22年7月 東京都中野区弥生町ふたば鍼灸整骨院で院長勤務。1日平均30人以上を診ながら、急性の痛み(寝違え、ぎっくり腰、捻挫)の施術、自費施術の経験を積む。同時に子育て世代のママさんで約3000人、産前、産後の妊婦さん約1000人の肩こりや腰痛の施術を担当し経験を積む。

H22年9月 日本マイオセラピー協会の認定セラピストの免許取得(都内で5人)。急性から慢性症状まで幅広い施術を経験。中野区で初めてのマイオセラピーの導入に携わる

H23年9月 中野区老人施設で「腰痛講座」講師

H23年11月 都内医療グループで「部門優秀賞」受賞

H24年 中野区介護施設で「膝の痛み講座」講師

H24年~H25年 都内医療グループ整骨部門「痛み学勉強会」講師 他院のスタッフ育成にも携わる。

H24年 都内医療グループへの外部コンサル講師(足首捻挫の処置と治療に関して)

H24年 都内医療グループ新人研修講師

H25年 都内医療グループ新人研修の治療理論(基礎編、応用編)講師

H25年 名古屋の医療グループへの外部コンサル講師(大腿部、下腿部の症状に対する治療と考え方)

H26年 渋谷区の老人施設で「腰痛講座」講師

H27年6月 東京都中野区のふたば鍼灸整骨院を離れる。ここでお世話になった方々への感謝の気持ちは今でも変わらない。

H27年7月 東京都港区汐留の自費治療院で勤務。翌年から店長勤務。経営者、会社員の方の慢性症状からスポーツ選手のケアなど担当。保険治療の短時間施術と違う長時間の施術経験を積む。

H30年5月 東京都中野区中野にマイオセラピーに特化した、あべ治療院開院

H30年9月 ボイストレーナー古屋Chibi恵子さん作の『アカペラー、ボーカリストのための次世代アカペラー参考書』の執筆協力

H30年10月 フレンドリンク主催の「経営者インタビュー」に出演

H31年 「腰痛・肩こりサポートセミナー」開催

R2年 渋谷区のミニバスケットボール教室で「リバウンド講座」開催

 現在は、都内の女性会社員、経営者、主婦層(腰痛、冷え)、アスリートの施術を中心に年中夢中で奮闘中。

休日は息子と遊ぶのが日課
モットー:あきらめない

<あべ治療院の関連情報> 
Facebookページ
https://www.facebook.com/abechiryouin/ 


Facebook(代表 阿部)
https://www.facebook.com/yuji.abe.9699 
 
アメブロ
実際の症例報告などを書いています。
https://ameblo.jp/abechiryoin/

Twitter
https://twitter.com/abechiryouin 

フレンドリンク経営者インタビュー紹介ページ
https://friendlink.jp/1up/movie/1217/  

メディア関連、雑誌掲載について(執筆協力)
ブログに書きました。
https://ameblo.jp/abechiryoin/entry-12413847811.html

★阿部裕次への連絡方法

施術予約またはその他お聞きしたいことなどあれば 
abechiryouin.nakano@gmail.com 

急ぎの場合は携帯電話まで 
080-3588-5177







執筆協力しました

「ひとつ上のステージ」を目指せ!次世代アカペラーの参考書
NHK朝の歌「からだダンダン♬」でも活躍中
ボイストレーナー古屋chibi恵子さんの『次世代アカペラーの参考書』の執筆協力をさせていただきました。

日々の臨床経験から学んだ内容も含まれているので、発声はもちろん喉や呼吸のことなどでお困りの方にも役立つ内容になっております。

ご参考にしていただけると幸いです。

ボイストレーナー古屋chibi恵子さんと
Part3「カラダの専門家に聞いた、声の不調とその原因」について


地域貢献活動

健康セミナー

月一回の健康無料セミナー開催中
自宅でもできるケア方法アドバイス

未来のBリーガーたちのサポート

ミニバスケットボールチームでケガの予防法や、リバウンドに関しての基礎講座など実施。
練習以外でも、自宅できるストレッチなど伝授。
ご予約は、WEB予約またはお電話でお願いしております。
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
施術中などお電話に出られない時がございますが、
留守電にメッセージを残して頂けましたら折り返しお電話させて頂きます。