Googleは、「良質なサイトを作る」ことで検索順位の改善がなされると公式ブログなどで発信しています。
その良質なコンテンツを作るためのコツもブログ内に書かれていますが、
SEO初心者〜中級者の方が対策する第一歩として少し抽象的な書き方のために難しいと感じることが多いようです。

今回は初心者でも安心して進められるように
ペライチを活用してSEOをする時に意識しておきたい「良いコンテンツ」の考え方について書きます。

良質なコンテンツとは?

皆さんがGoogleやYahoo!で検索する時のことをまずは思い出してください。

この「検索する」という行動は、
最近だと動画、画像、地図など様々な用途で検索を活用することが増えましたが、
どの用途でも基本的に「キーワードを使って」検索することが多いと思います。

そのキーワードを検索した時のことを想像してみてください。
ここでは「ペライチ」でキーワード検索します。(下記画像)

キーワードで検索するとこのように検索結果が出てきます。
この並んでいる検索結果の中のタイトルやディスクリプションの情報を(一瞬で)確認・クリックして、サイトに来訪していることが多いと思います。
検索エンジンもそのような行動をする人に良い(満足する)コンテンツを見てもらえるように
「検索キーワード」に合致したタイトルやディスクリプション、文章が書かれたサイトを検索結果の上位に掲載しています。
これが「良質なコンテンツ」のヒントです。

言い方を変えるとGoogleで検索するユーザーは、
検索結果に書かれているタイトルとディスクリプションから知りたいことや疑問を解消できそうなページをクリックします。
そのことから考えても結果的にその期待に答えられる、つまりは、タイトル文に書かれた内容を詳細に答えている文章が上位にきます。

また、サイトに来訪する人が調べていることの知識レベルは様々です。
例えば、「東京」に関して調べている人でも例えば

  • 実際に今、東京に住んでいる人
  • 東京には10年前に一度だけ行ったことが地方の人
  • 地球の裏側のブラジルから調べている日本語がわかる日系ブラジル人

このように東京に関して知っているレベルが検索する人によって異なることは当然です。

Webページは目的にも依りますが、どの知識レベルの方でも誤解なく伝えられるように記載する必要があります。
どの人でもわかるように書くというのは言うのはかんたんですが、実際に書くととても難しいことです。
しかしながら、例えば、5W1Hを明確に意識するなど書き方の工夫でかなり実現ができると思います。
もちろん、完全に知識レベルの差を埋めることは困難なことなので、他の記事や他媒体の文献などを紹介(リンク)すること解決をすると良いでしょう。

しっかりと丁寧に疑問を解決できる文章(≒良質なコンテンツ)を書くことで他媒体から紹介(リンク)を集めることもできます。
もちろんこれがコンテンツを作ることの本意ではありませんが、SEOで大きな要素を担う被リンクを獲得することにも繋がります。

さらに理解を深めるには?

「どの知識レベルの人でも疑問を解消できること」がしっかりとできている良質なコンテンツは検索結果で上位に来る傾向は高いです。
普段Googleで検索した時を再度思い出してください。
上位に掲載されているページを読んだ時に全く理解できなかったことより、理解できた経験の方が多いと思います。
それはしっかりと良質なコンテンツが書かれているページ・サイトが上位に来ていることの現れでもあります。

時には、もちろん理解できなかったり、自分が調べたい意図に即していないコンテンツも表示されると思います。
その時はさらにキーワード足して再検索をして、理解を深めようとします。
再検索されているワードは「関連検索ワード」に表示されています。

よくSEOの施策を聞かれる「関連検索ワード」をコンテンツに含めると良いというのは、
Googleで再検索をするユーザーの意図を先回りして記載することで、より親切なコンテンツをしようとする目的から来ています。
再検索をせずに理解することができたら、検索ユーザーから見ればより良質なコンテンツが書かれているということができます。

また、親切でわかりやすく、信頼もあるコンテンツのことだと推測もできます。
理解を深めるためにぜひページ内に画像やイラスト、動画なども使い、しっかりと理解を深めるようにしてください。
画像やイラストが少ないだけでSEOとしては不利にはなりませんが、
検索からきたユーザーにしっかりと疑問を解消してもらうには画像などで補足することが理解の大きな助けとなります。
たくさん画像を使い、理解が深められるようなコンテンツになるように心がけてください。

ぜひページを読み進めていくとユーザーの疑問が解消して、同時にページに興味を持ってもらえるように意識して書いてください。
それが結果的にページから「商品が売れる」「問い合わせがたくさん来る」ことに繋がります。

まとめ

【意識するポイント】

  • 本文がタイトル(≒キーワード)の答えにする
  • いつ、どこで、誰が、なぜ、何を、どうやって(5W1H)をベースに見直すと内容を濃くできる
  • 理解を深めやすくするために「重要なことを太字にする」、「写真を入れる」、「省略の言葉をいきなり使わない」
  • 想定しているターゲットが興味をひく例にすると良い
  • 他社製品の比較や難しい言葉の調査など、来訪者の面倒くさいことをコンテンツにして記載する
  • 自分のページだけでしか見ることができないオリジナルコンテンツを作ることを意識してみる

ペライチでホームページを作ってみませんか?

ペライチには、他にも様々なカテゴリのテンプレートがございます。
基本的な機能は無料から使え、有料の機能も30日間お試しで使えますので、まずは作ってみるのもいいですね!
ペライチの使い方などで、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください♪

初心者にも簡単に操作できるペライチを今すぐ利用してみる!

ホームページがかんたんに作れるペライチ

おどろきの簡単さ、早さ、安心を提供!
だれでもあっという間に ホームページが作れます。

おすすめの記事