ホームページとランディングページの違いは理解できていますか?

どちらもウェブサイトの一種ではありますが、まったく異なる特徴を持っています。
ホームページとランディングページではそれぞれの特徴を活かした活用方法がありますので、特徴を理解して自分の目的にあったページを作りましょう。

それではホームページ・ランディングページの違いを説明していきます。

ペライチバナー

ホームページとランディングページの違いを比較

ホームページとランディングページでは異なる特徴を持っています。
それぞれの特徴や目的などを紹介していきますので参考にしてください。

比較する事で全く異なる性質をもったウェブサイトである事が理解できると思います。

ホームページの特徴

ホームページは本来「ウェブサイトのTOPページを表す言葉」です。
それが拡大解釈され現在ではウェブサイト全体を表す言葉としてホームページという言葉が使われるようになりました。

ホームページは複数のページで構成されている事が特徴で、ページごとに異なるテーマでコンテンツが作成されています。
そのためホームページではサイト全体での情報量は多くなりがちですが、ユーザーは欲しい情報が掲載されているページを見るだけで簡単に情報を得られるようになっています。

ホームページの目的

ホームページは複数のページで構成されており、ページごとに異なるテーマのコンテンツがあると説明しました。
このような構造である為、様々な情報を取り扱うことに適しており幅広い目的で活用する事ができます。

例えば企業のPRを目的としたコーポレートサイトを作ったとします。
この場合は当然PRが目的となりますが、その後サイト内に新しくサービスや商品の紹介ページを盛り込んでも全く違和感がありません。

このようにホームページはページごとにコンテンツが異なるため幅広い目的で活用する事ができるのです。

ホームページでの集客

ホームページでの集客方法は基本的にはSEO(検索エンジン上位表示)がメインとなるでしょう。
Googleは情報量の多いページを高く評価し検索結果の上位に表示する傾向が強いためページ数が多く情報量の多いホームページは自然と検索の上位に上がってきます。

質の高いページを作るだけで自然と集客できますので、できるだけユーザーの求める室の高いページを作るように心がけましょう。

ただし、Googleに評価されるにはそれなりの運営歴が必要になります。
すぐに集客効果を期待するのではなく地道に情報量の多いホームページを作っていきましょう。

ランディングページの特徴

ランディングページは直訳すると「着地するページ」という意味になります。
もう少しわかりやすく言うとユーザーが最初に訪れるページの事です。

一般的なランディングページは1枚ものの縦長のページで、情報量が多くデザイン的にも高いクオリティのページが多いです。

ユーザーが最初に接触するページですから、できるだけ沢山の情報を提供し自然の読み進められるようなページが好まれるのです。

ランディングページの目的

ランディングページも目的はシンプルです。
商品の購入、サービスの利用、資料のダウンロードなど企業によって成約条件はまちまちですが、これらの成約を達成する事を目的としています。

ホームページのように情報を小出しにしてしまうと、成約に至る前に興味が途切れて離脱してしまいます。
ですから、ランディングページは自然と読み進めていけるような縦長のページにする事で成約率を高めているのです。

ランディングページでの集客

ランディングページは商品やサービスを売るためのページとお伝えしました。
積極的に売上を作るためのページですから即効性の高いインターネット広告を活用される事が多いです。

1枚もののページですから制作に時間も費用もかかりません。
手軽に試せてすばやく成果を出す事にランディングページは向いているのです。

ホームページ作成の参考になるサイト

これまでホームページの特徴や目的などを説明しました。
中にはこれからホームページを作ろうと考えている人もいるでしょう。

そこで、ホームページ作成の参考になるサイトを紹介していきます。

WEBデザインの見本帳

「WEBデザインの見本帳」は沢山のホームページを紹介しているギャラリーサイトです。
色や印象、業種から探すことができますので、参考になるホームページが見つけやすく便利です。

沢山のホームページが紹介されていますので制作に入る前に確認してイメージを固めておきましょう。
WEBデザインの見本帳

ランディングページの参考になるサイト

続いてランディングページの作成に参考になるサイトを紹介していきます。

ランディングページはユーザーの属性や好みに合わせてデザインが変わります。
作成したいと考えているページに近いイメージのランディングページを見つけて参考にしましょう。

ランディングページ集めました

「ランディングページ集めました」はその名の通り沢山のランディングページを集めたギャラリーサイトです。
個人で運営されているサイトではありますが、紹介されているのはクオリティ高いサイトばかりですので参考になるでしょう。

業種別にカテゴリ分けされていますので目的や業種から参考になるページを探しましょう。
ランディングページ集めました

ホームページ・ランディングページを作るには

ホームページ・ランディングページでは制作する際の費用も異なります。
目的だけでなくこの点にも注意が必要です。

どのようなページを作るかによって見積もり費用は大きく異なりますが、
ホームページでは50万〜100万程度、ランディングページでは30万から100万程度の費用が必要になります。
これらの費用を加味してどちらを作るか選びましょう。

もし安くページを作りたいのであればホームページ・ランディングページ作成ツールを使うとずっと安く制作をする事が可能です。

ホームページ・ランディングページ作成ツール「ペライチ」

ホームページ・ランディングページ作成ツール「ペライチ」は初心者でも簡単にページを作る事ができるツールです。

沢山のテンプレートの中から自分のイメージに近いものを選び、写真やテキストを入れるだけで簡単に作成可能です。
また、パーツの追加や削除も自由に行えるのでオリジナルページも作れます。

月額980円から利用でき格安でホームページ・ランディングページを作る事ができますので、費用を抑えてページを作りたい人におすすめです。

ペライチ公式サイト

まとめ

ホームページとランディングページではそれぞれ全く異なる特徴をもっているウェブサイトです。
簡単に説明するとホームページは複数のページから構成されています。
反対にランディングページは1枚だけの縦長のページです。

ページの制作の際にはそれらの特徴を生かして最適なページを作るとよいでしょう。
また、ホームページやランディングページを安く作るには「ペライチ」がおすすめです。
ペライチを試して安くページを作ってみてはいかがでしょうか?

ペライチバナー
おすすめの記事