ホームページとは?どんな事ができる?初心者でもホームページを作る方法

企業のウェブ担当者になってホームページを作ったり、ウェブ上で集客する必要性があったりすることはありませんか?

最近ではホームページを持っていない企業を見つけるほうが難しいくらい一般的に普及しています。
とはいえ、中小企業であればまだまだ持っていない会社もいるでしょう。

そこで今回はこれからホームページを運用していこうと考えている企業や個人にホームページとはどんな事ができるのか?どんな物なのかを伝えていけましたらと思います。

ホームページとは

ホームページは企業や個人などが運営しているウェブサイトの事を言います。
インターネットでの集客の第一歩としてホームページを活用している個人や企業は多いと思います。

ホームページの意味

ホームページはウェブサイトの中で最初に見られるページをホームページと呼びます。
しかし、最近では意味が拡張されウェブサイトそのものをホームページと呼ぶことがあります。
むしろホームページといえばウェブサイトの事を指している事の方が多いのではないでしょうか。

同じような意味で使われている用語

インターネットの世界ではホームページやウェブサイト、ウェブページといった言葉が出てきますよね。
横文字ばかりでなかなか頭に入らないかもしれません。
そこでホームページによく似ている意味で使われている用語を紹介しますので頭の中を整理してください。

ウェブサイト

ウェブサイトは複数のウェブページで作られた集合体です。
今では企業をはじめ個人でもこのウェブサイトを持っている人が多くいます。目的に合わせて様々な目的に活用されています。

ウェブサイトではインターネット上の不特定多数の人に自分の伝えたい情報を発信する事ができますので、飲食店の店舗情報やイベントの告知など様々な目的で有効に使うことができます。

ウェブページ

ウェブサイトに対してウェブページはページ1枚1枚の事を言います。
ウェブページは1ページで1つのテーマに絞った情報を配信する事でよりユーザーに伝わりやすくなります。
1枚1枚ではそれほど多くの情報を伝える事ができませんが、それが集まりウェブサイトとなることで多くの情報を伝えることができます。

ホームページの種類

ホームページといっても色々な種類があります。
それぞれに目的が違いコンテンツやデザインなどが異なります。
簡単に違いを説明していきますので参考にしてください。

コーポレートサイト

コーポレートサイトは企業の公式ホームページです。
会社の住所や代表者、提供しているサービスなど企業の幅広い情報が網羅されています。
上場企業であれば投資家や株主に向けた情報を掲載したり、企業の規模や目的によって多少の違いはあります。

コーポレートサイトを作る目的としては企業の認知度アップやマーケティングなどに活用する目的で作られます。

サービスサイト

サービスサイトは企業の提供している製品やサービスに特価したホームページです。
サービスや製品の認知度を上げたりブランディング、マーケティングなどに活用されます。
コーポレートサイトは企業全体に対しサービスサイトはサービスに特化した情報が掲載されています。
よりピンポイントにターゲットを絞って情報を伝える事ができます。

リクルートサイト

リクルートサイトは企業がより良い人材を採用・確保するために作られたホームページです。
人材の確保や重要な課題で、リクルートサイトを作ることで採用に力を入れている企業も多いです。
学生や求職者はインターネットを使って企業の情報を集めている事も多く、リクルートサイトを充実させることでより良い人材の確保に繋がります。

ECサイト

ECサイトは商品の販売サイトを言います。
インターネット上で商品を選んで購入する事ができるサービスで有名なのはamazonや楽天です。

最近では企業だけでなく個人でもECサイトを運営できるようになっており、簡単にECサイトを作ることができるサービスもあります。

ランディングページ

ランディングページは簡単に言うと1枚の長いホームページを言います。
主にマーケティングで活用する事ができます。

特にインターネット広告と相性が良く、1枚のページ内でお客さんに興味を持ってもらい、そのまま商品の購入、サービスの利用までスムーズに進める事が目的です。

そのため1ページの情報が多くなってしまい縦長になってしまいますが、効果の高いページ構成になっています。

ブログサイト

ブログサイトは一般的にはブログと呼ばれています。
インターネット上に日記感覚でログを残すウェブログが始まりで、省略してブログと呼ばれるようになりました。

ブログは主に個人の日記として利用されている事が多いですが、企業がブログを使いマーケティングに活用している事例もあります。
日記形式ですので普通のホームページよりも更新が容易で、幅広いコンテンツを発信できるのが特徴です。

初心者がホームページを作成するには

インターネットにそれほど詳しくない初心者がホームページを持つ為にはどのような方法があるのでしょうか。
様々な方法を紹介していきますので参考にしてください。

自分で作る

ホームページは専門知識が必要になりますがパソコンさえあれば誰でも作ることも可能です。

初心者が自分でホームページを作る場合は勉強が必要になり、時間もかかりますがホームページの作成に興味があれば一度チャレンジしてみても良いでしょう。

制作会社に依頼する

確実にホームページを作りたいのであれば制作会社に依頼するのも一つの手です。
制作会社では30万〜100万くらいでデザインのキレイなホームページを作ってもらえます

最初にイメージや要望をヒアリングして徐々に完成させていきますので納得のクオリティのページが完成するでしょう。

ホームページ作成ツールを使う

費用を抑えてホームページを作りたいのであれば作成ツールの利用を検討してみましょう。

ホームページ作成ツールを使うことでHTMLやCSSなどの専門知識がなくてもホームページを作ることができます。
無料で利用できるツールも多くありますので、文章と写真だけ準備すればお金をかけずに作る事が可能です。

まとめ

ホームページには「コーポレートサイト、サービスサイト、リクルートサイト、ECサイト」など様々な種類があります。
目的に合わせて使い分ける事で必要なユーザーに必要な情報を届けることができます。

ホームページを作るには専門知識を持っていれば自分で作ることも可能です。
もし自信がない人は制作会社に依頼するかホームページ作成ツールを利用すると良いでしょう。
特にホームページ作成ツールは無料で使うことができますので気軽に試すことができます。

ホームページ作成ツールなら「ペライチ」がおすすめ

ホームページ作成ツールならペライチがおすすめです。
ペライチはホームページの種類で言えばランディングページを作るためのツールです。

シンプルな操作で文章と写真を入れるだけであなただけのオリジナルホームページを作る事が可能です。

ペライチでホームページをつくってみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする