ペライチでECページを制作するために「ペライチ決済」を導入したいと思っているが、どんな決済方法に対応しているか知りたい。
また、「どのように選んでよいのかわからない。」という質問をサポートへ頂くことがあります。

今回は、そんな「ペライチ決済」を始めたい方へ対応している決済サービスをご紹介します。
この記事を読めばどの決済サービスを利用すれば良いかがわかるようになると思います。

クレジットカード

VISAとMastercardで全体の80%を超えるシェア率があり、この2つの国際ブランドを対応することで対応することが可能になります。

VISA

対応通貨: 日本円を始め、多通貨決済が可能

強み:

  • 国際ブランド別シェア率No.1のブランドVISAにペライチ決済ももちろん対応しています。
  • 全世界5,000万店舗以上で使用でき、年会費が無料のカードも多く、利便性も高いため、所有者も多くいます。

Mastercard

対応通貨: 日本円を始め、多通貨決済が可能

強み:
国際ブランド別シェア率がVISAに続き、第2位のブランドです。Mastercardも「ペライチ決済」にもちろん対応しています。
VISA同様に年会費が無料のクレジットカードも多く存在し、利便性も高いため、所有者も多くいます。

コンビニ決済

  • クレジットカードをお持ちでない方でも安心して支払えるコンビニ払いに「ペライチ決済」も対応しています。
  • ファミリーマートのFamiポートとローソンのロッピーの2つを使ってお支払いできます。

ファミリーマート

対応通貨: 日本円

強み:

  • 2020年8月現在、北海道から沖縄まで全国に16634店舗あるコンビニ業界2位!
  • クレジットカードを持っていない学生さんや主婦の方でも気軽に近所のファミマからお支払いできる高い利便性が特徴です。

ローソン

対応通貨: 日本円

強み:

  • 2020年8月現在、北海道から沖縄まで全国に14500店舗あるコンビニ業界3位!
  • クレジットカードを持っていない学生さんや主婦の方でも気軽にお支払いできる高い利便性が特徴です。
  • ロッピーはローソン以外にもミニストップやセイコーマートにも設置されているのでそちらも利用が可能です。

その他の決済サービス

クレジットカード、コンビニ決済以外にも便利な決済方法に対応しています。

Paypal

対応通貨: 日本円を始め、多通貨決済が可能

強み:
スマホやパソコンからオンライン決済をする決済サービス。
日本にはまだユーザーは多くないが、全世界で2.5億を超えるユーザーが利用しています。
アカウントにクレジットカードや銀行口座を紐付けて使えるので、クレジットカード番号をWeb上に打ち込みたくない方や銀行口座から直接引き落とししたい方におすすめです。

atone

対応通貨: 日本円を始め、多通貨決済が可能

強み:

  • 他のサービスとの違いは後払い専門サービスであること
  • 銀行口座振り替えで支払うので、クレジットカードの所有も問われません。
  • クレジットカードのようにポイントも貯まるのでお買い得なサービス

今後も現在対応しているサービス以外の多くの決済手段とも連携を進めていく予定です。
「ペライチ決済」は業界最低水準の決済販売手数料売上の3.5%で利用できます。
他の決済サービスでは、あまり対応していない「役務の提供」にも対応しており、非常に利便性が高いサービスです。
ぜひ、ペライチ決済も導入して、オンラインで商品やサービスを販売してみてはいかがでしょうか?

ホームページがかんたんに作れるペライチ

おどろきの簡単さ、早さ、安心を提供!
だれでもあっという間に ホームページが作れます。

おすすめの記事