平田修が創業し二谷友里恵が社長を務めるトライグループとは?

平田修とは?

株式会社トライグループの創業者。
・経歴・
1987年1月に富山大学トライを創業。
1990年4月トライグループ設立。
2005年にトライグループの社長を二谷氏に譲る。

二谷友里恵とは?

株式会社トライグループ代表取締役。
・経歴・
1987年3月、慶應義塾大学文学部国文学専攻卒業。
1988年ファッションブランド「YURIE NITANI」を立ち上げて、デザイナー・実業家としての活動を開始する。
2005年4月、株式会社トライグループ代表取締役に就任。
2010年2月、「トライ式高等学院」学院長に就任。

代表メッセージ

トライグループは1987年の創業以来、マンツーマン教育にこだわり、家庭教師のトライを軸に、個別教室のトライ、トライ式医学部合格、プロスポーツ家庭教師、大人の家庭教師など様々な事業を展開してまいりました。

 

トライオリジナルの質の高い個別教育を通じて、学ぶことの楽しさを知ったお子さまたちは120万人を超え、学びを通じて得た成功体験の数々をその後の人生においての大きな自信へ変えていってくれたはずです。

 

また、トライグループは、新たなマーケットの開拓も続けてきました。2005年に全米No.1の幼児向けフィットネス「My Gym」を導入。日本向けにローカリゼーションすることで、ネイティブ教師による英会話フィットネスという新しい幼児教育を日本に定着させることに成功しました。さらに2010年2月には、不登校のお子さまを支援する通信制高校サポート校「トライ式高等学院」をはじめました。ご家族やお子さまの夢や目標を絶対にあきらめないというモットーで、学習指導・キャリア教育を一人ひとりの生徒様にあわせて行ってきました。不登校から東大・京大などの難関大学に進学する実績も出ており、全国で3000名のお子さまが日々夢に向かって一歩一歩前進しています。

 

そして、2015年7月「いつでも、どこでも、だれにでも。これからの時代に教育は、もっと自由になることができる。」そう考えたトライはインターネットを活用し、映像授業を無料で配信すると同時に、質問についても家庭教師がスピーディーに答えるという業界初のITサービス「Try IT」を開始しました。

 

マンツーマン教育の可能性を信じ、教育のためにできることのすべてを提供し続けてきたトライグループは、幼児から大人の方まで、全ての方々の学びたいという思いに応える企業体へと変化し続けています。

 

さらに、公立中学校の放課後授業やひとり親支援事業といった公教育との連携、海外進出企業の社員向け英語教育、そして2014年春に第1校が開校したカンボジアの小学校建設などのボランティア活動と、トライグループが果たすべき社会的役割は、家庭教育にとどまらず、さらなる広がりを見せています。

 

これからもマンツーマン教育という柱をさらに骨太なものにしていきながら、これまで関わってきた、のべ120万人の子どもたちや50万人を超える教師の方々のために、多種多様なビジネスを展開してまいります。

 

日本の教育、そして日本の未来を明るく照らしていくために、心から教育を愛する方はもとより、トライグループという器を最大限活用して新たなビジネスを生み出そうという志をもつ方々を、私たちは歓迎します。様々なことにチャレンジする若者たちとの出会い、教育の未来について語り合えることを、心から楽しみにしています。

全国の平田修(馬主)のプロフィール

1983年 - 競馬学校厩務員課程修了。厩務員となる。
1984年 - 内藤繁春厩舎にて調教助手となり、ダイユウサクなどを担当する。
以後森秀行、橋口弘次郎、石坂正の各厩舎の調教助手を経験する。
2005年 - 3月1日付けで調教師免許を取得。
2006年 - 3月1日付け厩舎開業。4月23日にゼッツーでJRA初勝利。
2007年 - 4月22日、ベッラレイアでフローラステークスを勝利し、JRA重賞初制覇。
2012年 - NHKマイルカップをカレンブラックヒルで優勝し、GI初制覇。
2013年 - 12月8日、中山7Rでサトノスーペリアが1着となり、JRA通算200勝を達成。