ありえる楽考

たまかつ

お互いの「魂からの活動」を応援しあいます。

たまかつとは、立場や役割、人からよく思われることを考えての活動ではなく、魂から発せられる、自分が本当にやりたい活動のことです。

助けわかちあう

自分だけでやろうとしない。
自分で伝えようとするとあれもこれもとなってしまい、相手にとては情報が多すぎてわけがわからなくなってしまうことがあります(私はこうなることが多いです)。それよりは、良いと思った人が、何が良いと思ったのか、伝えてくれた方がわかわりやすかったりします。

「ありえる楽考」の導入で体験いただいている「TTPSゲーム」のメッセージでもあります。早く揃えようと自分の手札しか見ていないと苦しいし、前に進みません。ところが、他の人のカードを揃えてあげようと全体を俯瞰して、声をかけあうと自分のカードは3人の人が揃えてくれることで、楽しくかつ早く揃ってしまいます。

自分だけでやろうとするより、お互いに助けあい分かちあった方が楽しく、早く進むなぁと感じています。会社もプロジェクトもお互いの「たまかつ」を応援しあうように運営したらうまくいくんじゃないかな。

ということで、「たまかつ」を何とか表現して、みんなで応援しあうためにどんな「たまかつ」があるのかを共有するページです。

自分らしく生きるための
“生きがんばりプロジェクト”

1人では成し遂げられないことも前進する仲間たちと一緒なら成し遂げられる。 「大変なのは、私ひとりじゃない!」と希望を持って、みんなで自分らしく生きられる「生きがんばり」で楽しく生きてみませんか?

ボタン

起業ひふみ塾

「起業ひふみ塾」はグループコーチングであり、答えは自分でみつけていくということです。コーチングの習熟は、これから始まる長い起業家人生において、臨機応変に環境の変化に自分が合わせられる柔軟さを身につけることに繋がります。

ボタン

ありえる楽考

他者からの期待に応えることを続けてきて、自分を見失った人が、魂からやりたいということに時間とエネルギーを使うようになったら、イライラすることも少なくなり、世界からいじめや貧困、紛争はなくなると思えています。

ボタン

"自分"自身のやりたいことを"整理"しながら、一歩一歩"成長"を目指すプロジェクトです。
モノを整理収納する際、基本となるのは不要なモノを取り除くこと、すなわち整理です。整理なしに収納は行えません。
それと同様、まずは自分にとって不要なモノを省き、本当に自分がやりたいことは何なのかを明確にしながら、一歩一歩成長を継続してゆきます。
鍼灸と医師の連携について、それぞれの立場からの不明点や問題点を共有します。そして、改善策やこれからの課題について議論していただき、これからの鍼灸と医療の連携の在り方を、みなさんに考えていただきます。
正解はありません。それぞれに、今までの経験があるからこそ、思うこと、わかることがあります。
一人で悩むのではなく、知恵を出し合うことで、新たな方法を見つけ出しませんか?
みなさんの「たまかつ」お待ちしています
「たまかつ」のページを作成したら、URLをお知らせください。
こちらで共有します。
鍼灸と医師の連携について、それぞれの立場からの不明点や問題点を共有します。そして、改善策やこれからの課題について議論していただき、これからの鍼灸と医療の連携の在り方を、みなさんに考えていただきます。
正解はありません。それぞれに、今までの経験があるからこそ、思うこと、わかることがあります。
一人で悩むのではなく、知恵を出し合うことで、新たな方法を見つけ出しませんか?

たまかつができるまで

<プロジェクト・対話を通じて、真の自分自身に孵る>
Pixarのブレイントラストやビジョナリー・カンパニー2の評議会を手本にしています。
全体の「核」となる、目的をもって仮説をたて、自分の限界を広げる目標に集中して取り組み、振り返って学び修正して、お互いの「道」の完成を応援しあう場です。
目的をもって取り組むために、「ありえる」を描き、ZOOMとOneNoteを使って、チームメンバーと週1で仮説の振り返りをします。
対等な関係で、率直な意見を述べ、一旦受容するという場です。
チームを超えて、学びあう場です。
「たまかつ」に向かって取り組む中で、学んだことを事例として言語化し聞きあいます。

月に1回、自分自身に孵るヒントになる本の読書会をしています。情報を仕入れるだけではなく、自分自身の変化に気づく機会にもなります。
自分と他者と心に残ることの違い、過去の自分と今、目に飛び込んで来ることに違いから自分を相対化します。
地域が近い人同士でリアルに学びあう場。TTPSゲームなどオンラインではできない体験を共有しあいます。
月に1回、自分自身に孵るヒントになる本の読書会をしています。情報を仕入れるだけではなく、自分自身の変化に気づく機会にもなります。
自分と他者と心に残ることの違い、過去の自分と今、目に飛び込んで来ることに違いから自分を相対化します。

「たまどく」、事例共有会に参加してみるところから

次回の日程は調整中です

たまどくと違う週で調整中です
===================
日程調整中

===================

ボタン

1月16日(月)21:00〜

===================
日時:1月16日(月)21時〜22時30分
場所:オンラインの会議室ZOOM
課題図書『超一流になるのは才能か努力か?

===================

ボタン