このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
水戸発 元ラジオ局アナの直接指導 
スピーチ講座トークレスキュー
スピーチ講座トークレスキュー プライベートレッスン水戸会場 トップ画面
スピーチ講座トークレスキュー
水戸会場 プライベートレッスン ご案内

水戸会場 レッスン対応日【12月-1月】
12/13(金)、12/19(木)、12/20(金)、12/26(木)
1/9(木)、1/17(金)、1/23(木)、1/24(金)、1/27(月)、1/30(木)


予約済の日程は線引き。
他日程も受付中。お気軽にお問い合わせ下さい

情報更新 12月6日更新
・日程を更新しました

元ラジオ局アナのスピーチ講座
水戸プロの話し方を学べます

スピーチ講座トークレスキュー セミナー風景

スピーチ講座トークレスキューのページにようこそ!

「トークレスキュー®」は元ラジオ局アナ高木圭二郎の課題解決型スピーチ講座。茨城県水戸市内で主にリーダー層の皆様向けにスピーチや話し方レッスンを実施しています。

講師はアナウンサー・ディレクター・報道記者の経験者。放送現場の技法とともに、あがり緊張対策もお教えします。講座はワーク重視型。様々なスピーチワークで皆様の話力向上をサポートします。

会場は水戸市南町のコワーキングスペース水戸ワグテイル。茨城県内の皆様は都内に出向かずに水戸で受講できます。

式典挨拶、祝辞、大人数の前での発表、プレゼン、説明会など、人前の話の苦手意識克服やスキルアップにプロの技をぜひご活用ください。

お問い合わせはこちら

人前でのスピーチ
皆様は大丈夫ですか?

  • 結婚式スピーチ主賓として頼まれました。
    何かうまい言い方があるのでしょうか?
  • お世話になっている業者様を集めて式典をします。
    社長の代わり挨拶を頼まれました。
    どのように話し始めれば良いのか、何を話したら良いのか分かりません…
  • 「経営者の条件」というテーマで5分間スピーチがあります。
    経営者の条件とはどのような事か?教えて頂けたら幸いです。
  • 取引先のお客様の25周年スピーチを任されました。
    挨拶文を教えて頂けたらなと思います。
  • 別会社(社員300人ほど)の社内説明会来賓として呼ばれます。
    私以外の来賓で来る方々は大きい会社を経営されている立派な方々ばかり。
    何か話をするハメになる可能性大で・・・非常に困っています・・・
  • 結婚式スピーチ主賓として頼まれました。
    何かうまい言い方があるのでしょうか?

 皆様のお困り事 
 講師の高木は  
 こう答えます  

結婚式のスピーチを主賓として頼まれました。何かうまい言い方があるのでしょうか?
スピーチの「軸」が重要です。
縦軸お祝い横軸エピソードメッセージ、という組み方をすれば
話が散漫にならず、4‐5分程度でスピーチができれいに収まります。

主賓として頼もしいスピーチを組み立てるには事前準備も重要。
話す内容のみならず、言葉以外の雰囲気や表情など伝わる要素も意識すべきです。

おすすめは本番を想定して時間を図るリハーサル
話す内容を書き、メモ(あんちょこ)を見ながら、新郎新婦とご両家を祝う笑顔で話しましょう。
本番同様のリハーサル回数3回以上をおすすめしています。

お世話になっている業者様を集めて式典をします。社長の代わりに挨拶を頼まれました。
どのように話し始めれば良いのか、何を話したら良いのか分かりません…
社長代理のスピーチは重圧がかかるものです。
ですがそのスピーチの目的は社長の代わりに業者様との関係強化を図ること。
社長のメッセージも紙に書き、現場で活用しましょう。

大事なのはゆっくり・はっきり・しっかり話すこと。

アイコンタクトも重視して、取引先のお一人お一人を大切に、という意識でメッセージを伝えれば、社長の言葉の意味もより深く相手の心に届くはずです。

「経営者の条件」というテーマで5分間スピーチがあります。
経営者の条件とはどのような事か?教えて頂けたら幸いです
講師の高木はラジオドキュメント脚本・演出受賞歴があります。
僭越ながらそのプロデュース経験をもとにビジネスリーダーに求められる要素を申し上げると
「力の最大化」「相手を動かす」「絵を伝える」の3つをご提示したく思います。

「力の最大化」は組織内の適材適所を図り個人と組織の相乗効果を図ること。
「相手を動かす」は対外交渉で即座に承諾を得られる交渉材料を揃えること。

「絵を伝える」はビジョン(未来像)を分かりやすく伝え目標設定すること。

これらは企業研修でもご紹介している内容です。
スピーチの場では聞き手の皆様の気づきとなるよう実例を交えさりげなく話すことも大切。
5分間スピーチならば、話せる文字数の目安は2000字事前の字数チェックも必要と思われます。
取引先のお客様の25周年のスピーチを任されました。
挨拶文を教えて頂けたらなと思います。
挨拶文は現在・過去・未来時間軸で構成されることをおすすめします。

現在:四半世紀を超えた取引先様の現状の説明
過去:数々のご苦労を乗り越えた過去のエピソード
未来:この先の発展を願う未来への応援メッセージ

と構成すれば、式典挨拶の難易度は一気に下がると思われます。

そして式典会場での「目慣らし」も重要です。
華やかなステージに強い光と大人数の視線はつきもの。
光、音、視線は、気付かぬうちに皆様に緊張を強いるものです。

強い光を浴びること、大勢の視線を集めることを想定して、
一度ステージ近くで目慣らしをすることもおすすめします。

別会社(社員300人ほど)の社内説明会の来賓として呼ばれます。
私以外の来賓で来る方々は大きい会社を経営されている立派な方々ばかり。
何か話をするハメになる可能性大で非常に困っています・・・
大人数の場で話すコツは「1対1」
300人の場ならば、1対1の会話を300回行うつもりで、丁寧に会場を見渡して語りかけましょう。

話す内容は相手目線。聞き手のニーズ、相手が知りたい事を重視します。
大人数の場のスピーチはあがり緊張が生じやすいものですが、あがり・緊張ゴーサイン
重圧下でもしっかりメッセージを伝えることを意識して話せば、聞き手の皆様の心に通じるはずです。

これらは講師の高木が2万人規模の球場実況で習得した手法です。
大人数の場のスピーチは信頼獲得の絶好のチャンス。この手法をぜひご活用ください。

ご参考になりましたか?
レッスンではこのような

ビジネスリーダー向けの
ご説明も行っています
「経営者の条件」というテーマで5分間スピーチがあります。
経営者の条件とはどのような事か?教えて頂けたら幸いです
講師の高木はラジオドキュメント脚本・演出受賞歴があります。
僭越ながらそのプロデュース経験をもとにビジネスリーダーに求められる要素を申し上げると
「力の最大化」「相手を動かす」「絵を伝える」の3つをご提示したく思います。

「力の最大化」は組織内の適材適所を図り個人と組織の相乗効果を図ること。
「相手を動かす」は対外交渉で即座に承諾を得られる交渉材料を揃えること。

「絵を伝える」はビジョン(未来像)を分かりやすく伝え目標設定すること。

これらは企業研修でもご紹介している内容です。
スピーチの場では聞き手の皆様の気づきとなるよう実例を交えさりげなく話すことも大切。
5分間スピーチならば、話せる文字数の目安は2000字事前の字数チェックも必要と思われます。
講師紹介

高木圭二郎 顔写真

高木 圭二郎
(たかぎ けいじろう)

スピーチ講座トークレスキュー代表・研修講師・フリーアナウンサー
(元 茨城放送アナウンサー兼 ディレクター・報道記者)

法政大学社会学部1995年卒。テレビ業界を経て茨城のラジオ局で18年半活動。
高校野球実況10年以上担当。災害報道・記者会見の現場も多数経験。
ラジオドキュメントの脚本・演出で文化庁芸術祭賞・日本民間放送連盟賞受賞。日本放送文化大賞ノミネート。

2016年の独立後、研修講師、フリーアナ活動、スピーチ講座トークレスキュー運営を兼務。
水戸市男女平等参画推進委員(~2018)。東京都出身。茨城県水戸市・千葉県柏市で活動中。

研修専門分野:マスコミ対応・スピーチスキル・ビジネスコミュニケーション・プレゼン・危機管理広報など

講師メッセージ

高木圭二郎 セミナー風景写真
放送現場の技法で皆様の
スピーチの課題を解決します

スピーチ講座トークレスキューの高木圭二郎と申します。

私は茨城のラジオ局でアナウンサー兼ディレクター・報道記者として18年半活動しました。

高校野球実況ではサヨナラホームランの瞬間を伝え、選挙特番の総合キャスターも経験しました。


ですが私は放送現場の重圧や緊張感の対処で長年苦慮しました。
「人前の話が苦手」とのお声を見聞きするたび、私は自分の過去の体験談を聞いている気になります。

人前の話を苦手と感じる方は真面目で一生懸命な傾向があり高い理想像を描く方が多いようです。


私はそんな皆様に放送現場の経験を伝え、人前で話す際の安心材料を持っていただきたくスピーチ講座「トークレスキュー」を立ち上げました。

プライベートレッスンでは私が放送現場で実践した対処法を複数のスピーチワークを通じて丁寧にお教えします。

皆様の課題解決の一助になれるよう、情報をシェアしたく考えています。どうぞお気軽にご相談ください。
講座紹介
スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 セミナー風景
体験型ワーク重視の講座です
レッスンではシート記載スピーチワークを実施。話す内容を書き、声を出す実践型のワークで皆様のスピーチスキルを高める内容です。

話し方を知識として知るだけでは高い効果は見込めません。
スピーチ力を高めるには、書く・話す・フィードバックを受ける、という一連の流れが効果的です。

レッスンではボディワークボイストレーニングも実施。
さまざまな体験型ワークで皆様の話す力を総合的に強化します。

スピーチ講座トークレスキュー テキスト類 写真
放送現場の技法をオリジナル教材化
講師の高木は高校野球実況、選挙報道など重圧がかかる生放送も多数経験しました。

レッスンではオリジナル教材を活用。放送現場で有効だった手法を教材化したものでプロのアナウンサーの技法の要素をコンパクトにまとめています。

テキストは重要キーワードを書き込むスタイル。皆様のスピーチの重要ポイントをしっかり習得していただく内容です。

高木圭二郎 講義風景
人前の話が苦手な方にも配慮
講義では脳科学メンタルマネジメントの最新情報も紹介。あがり・緊張対策を丁寧に説明します。

人前のスピーチや発表は、あがりや緊張が生じやすいもの。
実は講師自身も放送時に幾度となく極度の緊張を経験してきました。

トークレスキューではセンシティブ(敏感)な方にも十分配慮して講座を進行します。プロのアナウンサーのあがり緊張対策を説明しながら、多角的な視点で皆様のメンタルの要素も強化します。
高木圭二郎 シンポジウム司会写真 マスコット
地域性重視。茨城目線で進行します
講師は茨城県内約20年居住。東京出身ながら、茨城県内各地を取材したことから、都内と茨城の事情を両方熟知しています。
水戸会場のレッスン時は茨城の話題を多数提供。高校野球情報から人気スポットの話も織り交ぜ、地域密着の姿勢でお話しています。
地域事情を重視したスピーチ指導も講座の特徴の一つです。

(写真:水戸市・シンポジウム司会時写真。
 いばらきゆめ国体マスコット「いばラッキー」と撮影)
高木圭二郎 日本放送文化大賞ノミネート時 記念盾
受賞歴もある脚本・演出力で
スピーチコンサルを実施
講師の高木はラジオドキュメントの脚本・演出受賞歴があります。
レッスン時はプロのディレクター・報道記者の視点でのスピーチコンサルが可能です。

リーダー層の皆様のスピーチでは発言内容も重視されます。講師は思想的中立の報道視点でのアドバイスも可能です。


写真:第12回日本放送文化大賞ノミネート時
ノミネート作「721(ナナフタヒト)語りつぐ特攻兵器桜花」
スピーチ講座トークレスキュー テキスト類 写真
放送現場の技法をオリジナル教材化
講師の高木は高校野球実況、選挙報道など重圧がかかる生放送も多数経験しました。

レッスンではオリジナル教材を活用。放送現場で有効だった手法を教材化したものでプロのアナウンサーの技法の要素をコンパクトにまとめています。

テキストは重要キーワードを書き込むスタイル。皆様のスピーチの重要ポイントをしっかり習得していただく内容です。

レッスン紹介
受講回数は調整可能
1回だけでも大丈夫

10回継続プランも
おすすめです

レッスンテーマ / 主なワーク 
1
アナウンス基礎・緊張対策
/ 自己紹介ワーク
2
話の組み立て方 基礎
/ ショートスピーチ
3
話の組み立て方 応用
/ ショートスピーチ
4
非言語情報 立居振る舞い
/ ボディワーク 視線・姿勢
5
ビジネスコミュニケーション
質問・会話 / スピーチワーク
6
プレゼンテーション 基礎
/ ミニプレゼン
7
パーティースピーチ 
/ 乾杯発声・表彰状ワーク
8
ハプニング対策 
/ トラブルシミュレーション
9
メッセージトーク 
/ 筆記・ロングスピーチ
10
状況想定シミュレーション
/ ロングスピーチ他
2
話の組み立て方 基礎
/ ショートスピーチ
レッスン イメージイラスト マイク
レッスン前半 Day1-Day3
レッスン序盤ではスピーチの困り事解決に直結するあがり緊張対策、話の組み立て方など基礎項目を重視。

マイクを持ちながらのスピーチ練習も通じ、人前で話す際のスキルアップの土台作りを行います。
レッスン イメージイラスト プレゼン
レッスン中盤 Day4-Day6
レッスン中盤では、言葉以外の要素=表情や仕草など非言語情報の指導のほか、ビジネス現場ですぐに応用できる質問術・会話術、さらにプレゼンテーションの講義を展開。

ビジネスの現場を想定した指導内容で相乗効果を図ります。
レッスン イメージ画像 スピーチ時
レッスン後半 Day7-Day10
レッスン後半では、ロングスピーチなどを交えて実践的な応用力を養います。

パーティスピーチの回ではビジネスリーダーならではの乾杯祝辞や表彰状(感謝状)読み上げなど独自のプログラムを用意。


見落とされがちなスピーチ指導も行うことであらゆる場面で使えるスピーチ力の向上を図ります。
レッスン イメージイラスト プレゼン
レッスン中盤 Day4-Day6
レッスン中盤では、言葉以外の要素=表情や仕草など非言語情報の指導のほか、ビジネス現場ですぐに応用できる質問術・会話術、さらにプレゼンテーションの講義を展開。

ビジネスの現場を想定した指導内容で相乗効果を図ります。
レッスン内容のご相談もお気軽にどうぞ

講座動画

トークレスキューTV

トークレスキューTV

スピーチ講座トークレスキューのセミナー動画をYoutubeで公開中。

会場の雰囲気、講師の様子をぜひ動画でご確認ください。


トークレスキューTV

おすすめコラム
ブログ内で好評だった記事を紹介します

ブログ記事 イメージ画像 マイク

【スピーチコラム】 スピーチで無茶ぶりされたら相手目線

「ちょっと前でひとことお願いします」と急に依頼される無茶ぶり。
解決策はすごくシンプル。ずばり「相手目線」です。
それも反射的に相手目線に切り替えるのです。

「緊張している、どうしよう…」は自分目線。
「相手が知りたい事」、「相手が言われてうれしいこと」を
考えて相手目線の言葉を探せばよいのです

続きはこちら

ブログ記事 イメージ画像 女性 メンタル

【スピーチコラム】あがり緊張はGOサインという考え方

人前の話のあがり緊張問題での私の答えはいつもこれ。
「いきなり本番にしないでくださいね」
「あがったらゴーサインですよ。」
「あがりながら続けてくださいね。」
これは一見、根性論。しかし理にかなった手法と自負しています。
「あがりながら続ける」。これは脳の馴化(じゅんか)と関与しています。

全文はこちら

ブログ記事 イメージ画像 女性 口元に手

【スピーチコラム】「自己開示」の必要性

このスピーチ講座で多いお困り事があがり対策や緊張対策関連。
今回はコミュニケーションの側面から一つ対処法をお伝えしましょう。
それは「自己開示」です。それも「さりげない自己開示」です。


全文はこちら

講座名について

講師 高木 ライフセービング写真

「トークレスキュー」という講座名の話

講師の私・高木は実はライフセービングの有資格者です。日本ライフセービング協会のベーシック・サーフ・ライフセーバー(通称:ベーシック)として認定を受けています。
ライフセーバーの一連の動きは水難救助を想定したもの。その時の掛け声が、
「溺者(できしゃ)発見、…レスキュー!」という掛け声です。

ライフセービングで重要とされる要素が事故の「未然防止」。この講座もライフセービングの視点にならい、皆様のスピーチや人前でのトークのお困りごとの未然防止のお手伝いをしたいたい、と考えています。
「トークレスキュー」という言葉は日本語の語感を優先したカタカナ英語の講座名。英語圏の方にとって違和感がある名称かもしれませんが、講師のライフセービング活動歴を踏まえた名称と知っていただければ幸いです。

記事全文はこちら

会場案内(水戸)
コワーキングスペース水戸wagtail 2階写真

スピーチ講座トークレスキュー
水戸会場

コワーキングスペース水戸Wagtail(ワグテイル)
イノベーション・コミュニティスペース

茨城県水戸市南町3-3-35 栗原ビル1階http://www.wagtailmito.jp/floormap

アクセス情報はこちら

メディア掲載実績

新聞掲載実績

茨城新聞 掲載記事

【東京新聞 広告企画記事】 2019年3月7日付朝刊
「春の大学公開講座2019」

東京新聞の広告記事「春の大学公開講座2019」で
文京学院大学生涯学習センターの講座情報が掲載。
「アナウンサーが教える伝わる話し方」の講座情報と
話すスピードのミニクイズが紹介されました。

※紙面の著作権は各新聞社に帰属します

茨城新聞 掲載記事

【茨城新聞】2017年11月07日付
「スピーチ講座」で指導するフリーアナウンサー 高木圭二郎さん

2017年11月の茨城新聞でこのスピーチ講座トークレスキューの活動が紹介されました。
茨城新聞は明治24年創刊の歴史と伝統のある地域密着型の地元紙。
取材記者の皆様と講師の高木は茨城県庁や茨城県警の記者クラブでともに取材活動を重ねました。


※記事の著作権は茨城新聞社またはその情報提供者に帰属します。
茨城新聞クロスアイ

日本工業経済新聞茨城版 掲載記事

日本工業経済新聞 茨城版 2018年11月22日付
職人も経営力が大切 講習会で意識向上
文中紹介:研修型講演「伝わる話し方」講師・高木圭二郎

水戸・秋山工務店様(秋朋会様)主催の勉強会「学×人(まなびと)」(11/17実施)登壇時の内容が日本工業経済新聞(茨城版)で紹介されました。

講師の高木は当日の第1部「伝わる話し方」で登壇。建築業界で働く皆様や職人の皆様向けに話法や話の構成法の45分間セミナーを実施しました。

秋山工務店・秋山布人さんの呼び掛けで始まったこの勉強会がさらに盛会となり、学びの灯が水戸に広がることを切に願っています。

水戸・秋山工務店
http://www.mito-akiyama.jp/

日本工業経済新聞 茨城版
https://www.nikoukei.co.jp/mito/

記事の著作権は各新聞社に帰属します

受講者様の声

セミナー・レッスンのご感想を紹介します

自分は緊張しがちで緊張しなくなりたい!という思いでこのセミナーに参加しました。でもこのセミナーを受け、「緊張しても良いんだ。緊張とうまく付き合っていこう!」と思うようになりました。
水戸会場 男性

高木先生のお話は、わかりやすく、簡潔で、頭にはいりやすかったです。

人前で話すという実践をおりまぜながらのセミナーなので、一方通行の講義ではなく、ライブ感覚で楽しかったです。

また参加したくなるセミナーでした。

水戸会場 女性
知っている事の復習・確認、知らないことの発見…入り交ざった有効な時間でした。少人数で具体的質問もできて良かったです。話のトーン、実演、ユーモア等、楽しくまた習いたいと思えました。
新宿会場 男性

重圧に負けない話し方で 「ゆっくり」「はっきり」「しっかり」 話すことが重要という事が分かり実践してみたいと思いました。

高木先生は講義中の途中でも質問したりして 臨機応変に答えてくださいます。 経験から語ってくださるので、例えもわかり やすいです。

水戸会場 女性

重圧に負けない話し方で 「ゆっくり」「はっきり」「しっかり」 話すことが重要という事が分かり実践してみたいと思いました。

高木先生は講義中の途中でも質問したりして 臨機応変に答えてくださいます。 経験から語ってくださるので、例えもわかり やすいです。

水戸会場 女性
レッスン日程


水戸会場レッスン対応日 
2019年12月-2020年1月

12/13(金)18:00ー
12/19(木)18:00ー
12/20(金)18:00ー
12/26(木)18:00ー 御予約済
1/9(木)18:00ー
1/17(金)18:00ー
1/23(木)18:00ー
1/24(金)18:00ー
1/27(月)18:00ー
1/30(木)18:00ー

(2019年12月6日更新)


・上記以外も対応可能日時があります。

・会場事情・講師スケジュール等で、
 別日程・別会場の提示の場合があります。

・詳細はお問合せフォームでお尋ね下さい

・上記以外も対応可能日時があります。

・会場事情・講師スケジュール等で、
 別日程・別会場の提示の場合があります。

・詳細はお問合せフォームでお尋ね下さい
受講料金

水戸会場 プライベートレッスン
90分+α 2名様受講可

体験レッスン:60分15,000円(税込16,500円)
(初回適用・相互確認タイムあり)


1回分料金:35,000円(税込価格38,500円)



3回前納時:100,000円(税込価格110,000円)
(3回前納時=5,500円お得になります)

・1レッスン2名様まで同時受講が可能です。
・完全予約制・90分+αの時間制です。
・水戸会場は10-15分の特別延長を行うことが多く、
「90分+α」と表記しています。




1回分料金:35,000円(税込価格38,500円)

お得な受講形式は…

2名様同時受講

プライベートレッスンは2名様受講が可能です
お仲間、ご家族、お友達との受講も歓迎します。

2名様同時受講時×3回分前納の場合、お1人様1回分は
18,333
(※)換算になります。


※プライベート3回分前納時料金
110,000円÷3回÷2名様の計算。

※2名様受講時:
スピーチワーク時間を調整します

イメージ画像 案内 女性

受講料金のご説明

POINT

1

講師は局アナ+ディレクター+記者経験者

他講座より実はお得です

話し方やスピーチの講座は多数ありますが料金体系は幅が広いのが現状です。

1万円以下のセミナーから1回7-8万円の講座まで内容も料金も多種多様です。

そのような現状で私・高木は「話し方」という言葉に違和感を感じます。
話し方だけでなく複合的な「伝わる要素」やビジネスリーダー向けの「コメント内容」も視野に入れねばならないからです。

話し方の安易なノウハウだけでビジネスリーダーの皆様の課題解決には至らない気がするのです。


アナウンサー歴が浅い方のレッスンは十分な効果を生むでしょうか?
大人数で行うレッスンは十分なスピーチ時間があるでしょうか?
茨城エリアの皆様が都内に出向く交通費も含めると実は多額ではないでしょうか?

それぞれの講座にメリットとデメリットがあります。このトークレスキューも例外ではありません。

なので皆様にはぜひ多角的な視点でベストプランをお選びいただきたいのです。

私の強みを申し上げると、アナウンサー視点だけでなく多角的な視点からのご助言が出来る点です。

ラジオ局アナ経験者でディレクター・報道記者実績を重ね、ラジオドキュメントの受賞歴がありスピーチコンサルに対応する講師はおそらく日本中でも皆無なはず。

水戸会場のプライベートレッスンは1回35,000円(税別)ですが、2名様の同時受講が可能なうえ、スピーチコンサルを丁寧に行っています。

安かろう、悪かろうのレッスンではありません。一見高額なレッスンですが、トータルでの効果を見越してリピートされるお客様も増えている講座です。

受講された皆様の「一生もののスピーチスキル」に導くための料金体系とお考えいただければ幸いです。
イメージ画像 女性 計算
POINT

水戸会場は広いスペースをほぼ貸切。
立ち位置も確認したスピーチ練習ができます

水戸会場は水戸市南町のコワーキングスペース水戸wagtail(ワグテイル)。
広々とした空間とデザイン性の高いインテリアが人気の創業支援施設です。

レッスン会場の2階コミュニティ・イノベーションスペースでは多数のセミナーが開かれています。

トークレスキューのプライベートレッスンは主にこの会場で実施します。
皆様もセミナー登壇者になった雰囲気でスピーチ練習を進めることが可能です。

ぜひ体験レッスンで会場の雰囲気もご確認いただき、ご納得の上でご参加いただければ幸いです。


コワーキングスペース水戸wagtail 画像
POINT

放送現場のスピーチワーク。質と量が違います。皆様の可能性を引き出す内容です。

スピーチ講座トークレスキューのレッスンでは必ず複数回のスピーチワークを行います。

多い時は3-5分スピーチを5回以上、という時もあります。


話し方講座やスピーチ教室の中には数十人の大人数でで実施し、一番大事な声を出す機会が発声練習と1ー2回の発言チャンスという所もあるのが現状です。

ですがそれでスピーチスキルが向上するでしょうか?

講師の高木はスピーチ力の向上には反復練習が不可欠と考えます。

講師自身も放送現場でニュースやスポーツ実況を何度も何度も練習する中で上達しました。

スピーチ力向上のため、書く、話す、フィードバック(確認)という流れはとても重要なのです。

この講座では皆様のスピーチワークを第一に考えます。

講義(レクチャー)も一方通行にならぬよう常に双方向性を意識します。


その上で皆様のコンディションや段階に合わせたプランでレッスンを進行したいと考えます。

「のどの調子、いかがですか?声は枯れてきていませんか」等のフィジカルチェック
(身体的なチェック)も随時行います。

皆様の可能性を引き出すことがこの講座のミッションです。

講師 高木 レッスン画像 ホワイトボード

■ 受講料金に関して

プロアナウンサーによる専門指導のため茨城県内では高額レッスンの部類です。

・ビジネス英会話、フィットネス、ゴルフ等のマンツーマン指導料のイメージで
 お考えいただければ幸いです。

水戸会場地域貢献の意味を込め、都内開催時よりも割引価格で実施しています。

受講の流れ

STEP

1

お申し込み

「お問合せ・申し込みフォーム」からお申し込みください。
相談内容、ご希望内容など可能な範囲でお教えください。

STEP

メール連絡・電話連絡

お問い合わせ後、メール・電話で折り返し連絡をします。
レッスン説明+初回体験レッスンのご案内や日程調整を行います。

STEP

ご予約・ご入金

メールでご予約・ご入金方法をお伝えします。
プライベートレッスンは完全予約制・事前入金制。ジャパンネット銀行へのお振込みでご予約確定です。

講師 高木 レッスン画像 ホワイトボード

STEP

初回体験レッスン

約60分間の体験レッスンです。名称は「体験」ですが実は「通常レッスンの凝縮版」。
ヒアリングをすすめ、対処法のご提示をしながら講座を進行します。
講師 高木 レッスン画像 腕のばし

STEP

5

プライベートレッスン

2回目以降は本格レッスンがスタート。10回メニューを軸にレッスンプランを構成。
受講回数、レッスン内容はアレンジ可能です。1-2回の受講でも10回以上の継続でも大丈夫。
スピーチ力向上、発表対策、あがり緊張対策など、重点項目を意識しながらレッスンを進めます。

STEP

1

お申し込み

「お問合せ・申し込みフォーム」からお申し込みください。
相談内容、ご希望内容など可能な範囲でお教えください。

よくある質問

Q
レッスン受講料の入金方法を知りたい
A
ご入金はジャパンネット銀行の講座へのお振込みとなります。
振込手数料が生じますこと、ご了承ください。

Q
申し込み後のキャンセルは可能?
A
会場確保・講師スケジュール調整が生じるため
ご予約・ご入金後のキャンセルは原則不可となります。
ご欠席の際もご返金がありませんこと、あらかじめご了承ください。

Q
会場に無料駐車場はある?
A
水戸会場のコワーキングスペース水戸ワグテイル周辺には
コインパーキングはありますが、無料駐車場はございません。
お車の際は駐車料金が生じますことご了承ください。
Q
3名以上の同時受講は可能?
A
人数により調整となります。受講人数の増加は個々のスピーチワークの時間が減ることからご要望に応じて対応させていただきます。また追加料金が生じることもご了承ください。

Q
日程が合わない。レッスン対応日は書かれているだけ?
A
ご希望の日程をご相談ください。WEB非掲載で調整可能な日程もあります。講師の高木は研修講師・フリーアナウンサーとしての活動もしているため、レッスン実施日が限られますが、WEB非掲載の日程でのレッスン実施も行っています。会場事情、講師スケジュールでご希望に添えないこともありますこと、あらかじめご理解ください。

Q
何回ぐらい受ければ上達しますか?
A
多くの方から「何回ぐらい受ければ上達しますか?」聞かれます。この問いに対しては
「1-2回受講の方もいれば、10回程継続される方もいます。」とお伝えしています。
コンテスト時のプレゼンや披露宴スピーチ対応等で、本番前のみ受講されるケースもあれば、人前で堂々と話す総合的な力をつけたい、と継続受講される方もいらっしゃいます。
3回程度の受講で成果を出される方も多いことから、この講座では3回前納時の割引制度もを用意しています。

Q
レッスン受講料の入金方法を知りたい
A
ご入金はジャパンネット銀行の講座へのお振込みとなります。
振込手数料が生じますこと、ご了承ください。

関連講座(外部)

伝わる話し方 画像

文京学院大学生涯学習センター 
アナウンサーが教える「伝わる話し方」

文京学院大学生涯学習センター(東京都文京区)で講師の高木が講座を担当しています。

アナウンサーが教える伝わる話し方
10月8・29日、11月12・26日、12月10日 19:00~20:30

詳しくはこちら

関連リンク

企業研修メディアレクチャーズ

法人向け研修は「メディアレクチャーズ」名義で実施。人気講座は模擬記者会見を行うマスコミ対応・危機管理研修。情報共有力、企画提案、広報PRなどの研修プログラムも展開中。自治体の実施実績も急増中の研修事業です。

企業研修メディアレクチャーズのページへ

事業概要

事務局名 ブロードキャストワークショップ事務局
代表者 高木 圭二郎
水戸オフィス 〒310-0021
茨城県水戸市南町3-3-35コワーキングスペース水戸ワグテイル内
地域拠点 水戸市・取手市・龍ヶ崎市・柏市・都内
事業内容 ・スピーチ講座トークレスキュー
・研修事業メディアレクチャーズ
・アナウンス業務 式典司会等
登録商標 「トークレスキュー」は登録商標です。
登録番号 第5912092号
水戸オフィス 〒310-0021
茨城県水戸市南町3-3-35コワーキングスペース水戸ワグテイル内

お申し込み・お問い合わせはこちら

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信