このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
水戸発 元ラジオ局アナの直接指導
スピーチ講座トークレスキュー
スピーチ講座トークレスキュー プライベートレッスン水戸会場 トップ画面

スピーチ講座トークレスキュー
水戸会場 プライベートレッスン ご案内

水戸会場 レッスン情報

新型コロナウィルスの影響で、
 水戸会場のレッスンは休止中です。

 水戸会場レッスン再開は
4月20日(※)を予定しています。
(※状況により変更が生じます)

情報更新 2020年3月28日更新

元ラジオ局アナのスピーチ講座
水戸でプロの話し方を学べます

スピーチ講座トークレスキュー セミナー風景

スピーチ講座トークレスキューのページにようこそ!

「トークレスキュー®」は元ラジオ局アナウンサー・高木圭二郎のスピーチ講座の名称です。茨城県水戸市でリーダー層の皆様向けにスピーチ・発表・話し方のレッスンを行っています。
講師はアナウンサー・ディレクター・報道記者の経験者。多角的な視点と多彩なプログラムで皆様の力を引き出します。
講座はワーク重視型。あがり緊張対策もお任せください。「トークレスキュー®」は人前の話に強くなる課題解決型スピーチ講座です。


レッスン会場は水戸市内。広いスペースで受講できます

レッスン会場は水戸市南町のコワーキングスペース水戸ワグテイル。
この施設の2階にあるスペースを活用してレッスンを行います。
茨城県内及び周辺在住の皆様は、都内への交通費をかけずに水戸で受講が可能です。

高いリピート受講率 内容充実の講座です

スピーチ講座トークレスキューの特徴の一つがリピート受講=継続受講率の高さです。水戸会場プライベートレッスンは高額レッスンながら、5人に4人の割合(※)で継続受講のご予約を頂いています。

式典挨拶、祝辞、大人数の前での発表、プレゼン、説明会など、人前の話の苦手意識克服や更なるスキルアップにプロの技をぜひご活用ください。
(※継続受講率は2020年2月現在。弊所調べ)

お問合せ・お申し込み

人前のスピーチ・発表・話し方
皆様は大丈夫ですか?

  • 今度会社の朝礼でスピーチを行う事になりました。
    1番苦手な分野でどんなに考えても文章が考えられません。
  • 職場の研修で1分間スピーチをすることになりました。
    昔からスピーチというのが苦手で何を言ったらいいかいつもぶっつけ本番グダグダになってしまいます。
    何をしゃべればいいのか教えていただきたいです。

  • 結婚式のスピーチ主賓として頼まれました。
    何かうまい言い方があるのでしょうか?
  • 別会社(社員300人ほど)の社内説明会の来賓として呼ばれます。私以外の来賓で来る方々は大きい会社を経営されている立派な方々ばかり。何か話をするハメになる可能性大で非常に困っています・・・
  • 取引先のお客様の25周年のスピーチを任されました。
    挨拶文を教えて頂けたらなと思います。

  • 今度会社の朝礼でスピーチを行う事になりました。
    1番苦手な分野でどんなに考えても文章が考えられません。

スピーチ・発表・話し方のお困り事、
こんなヒントはいかがでしょうか?

講師の高木は放送現場経験をもとに、スピーチ・発表・話し方のお困りごとに一つ一つお答えしています。
上記のお困り事、こんなヒントはいかがでしょうか?

Q
今度会社の朝礼でスピーチを行う事になりました。
1番苦手な分野でどんなに考えても文章が考えられません。
A
スピーチや発表など、人前で話すことは、実は音楽と運動の要素があります。音楽に例えるならば、書くことは楽譜作り声を出すことは歌唱や演奏にあたります。
悩んだらまず書き出すことが大切です。あれもこれも話したい、というときは箇条書きや項目の書き出しが有効。

朝礼スピーチの際も、あんちょこのメモを見て話すことをおすすめしています。メモを見て話すのは、いわば楽譜を見ながら演奏することに近いものだからです。
スピーチの上達には音楽や歌の練習のように反復練習が効果的。「書く・話す・気づく」の流れを大切にして、何度も練習することをおすすめします。

Q
職場の研修で1分間スピーチをすることになりました。
昔からスピーチというのが苦手で何を言ったらいいかいつもぶっつけ本番グダグダになってしまいます。
何をしゃべればいいのか教えていただきたいです。
A
放送現場の話す文字数を把握すると解決します。アナウンサーのニュース読みの文字数目安は、1分間300-400字1分間では400字詰め原稿用紙1枚分しか話せません。
話の組み立ても大事です。現在・過去・未来で組み立てる時系列法ばとても有効。エピソード、メッセージ(ポイント)で組み立てるEP法も活用できます。この手法を知っているかどうかで、話のグダグダは十分回避できます。

Q
結婚式のスピーチ主賓として頼まれました。
何かうまい言い方があるのでしょうか?
A
スピーチの「軸」が重要です。縦軸にお祝い横軸に新郎新婦のエピソードやメッセージ、という組み方をすれば4‐5分程度でスピーチができれいに収まります。
時事ネタなどはつい入れがちですが、話が散漫になりやすいので注意が必要です。「お祝い」の縦軸から外れていれば、時事ネタはカットすべきです。
主賓としての雰囲気も大切です。言葉以外の明るい雰囲気や表情など、言葉以外の非言語情報も意識しましょう。ストレッチなどで身体をほぐすボディワークや、一音一音声を出す発声練習をしておくと、言葉以外の雰囲気も自然と高まることが多いですよ。

Q
別会社(社員300人ほど)の社内説明会の来賓として呼ばれます。私以外の来賓で来る方々は大きい会社を経営されている立派な方々ばかり。何か話をするハメになる可能性大で非常に困っています・・・
A
大人数の場で話すコツは「1対1」。300人の場ならば、1対1の会話を300回行うつもりで、丁寧に会場を見渡して語りかけましょう。大事なのはアイコンタクト=聞き手の目を見て話す意識です。
話す内容は相手目線。自分が話したい事より、聞き手のニーズ相手が知りたい事を重視しましょう。別会社の強み、関係性などは相手が喜び、周囲も聞きたい話ですよね。
大人数の場のスピーチは緊張が生じやすい場ですが、信頼獲得の絶好のチャンスでもあります。重圧下でもしっかりメッセージを伝えることを意識して話せば、聞き手の皆様の心に通じるはずです。不安要素もチャンスに変えてくださいね。

Q
取引先のお客様の25周年のスピーチを任されました。
挨拶文を教えて頂けたらなと思います。
A
挨拶文は現在・過去・未来の時間軸で構成されることをおすすめします。
現在:四半世紀を超えた取引先様の現状の説明、
過去:数々のご苦労を乗り越えた過去のエピソード、
未来:この先の発展を願う未来への応援メッセージ
と構成すれば、式典挨拶の難易度は一気に下がると思われます。

式典等の挨拶は、時間感覚を忘れ話が長くなりがちです。話す時間は3-5分程度が一般的。短い時間の中に感謝の思いを込めて、大切な人に語りかけるように、ゆっくり、はっきり、しっかりと話してくださいね。

Q
今度会社の朝礼でスピーチを行う事になりました。
1番苦手な分野でどんなに考えても文章が考えられません。
A
スピーチや発表など、人前で話すことは、実は音楽と運動の要素があります。音楽に例えるならば、書くことは楽譜作り声を出すことは歌唱や演奏にあたります。
悩んだらまず書き出すことが大切です。あれもこれも話したい、というときは箇条書きや項目の書き出しが有効。

朝礼スピーチの際も、あんちょこのメモを見て話すことをおすすめしています。メモを見て話すのは、いわば楽譜を見ながら演奏することに近いものだからです。
スピーチの上達には音楽や歌の練習のように反復練習が効果的。「書く・話す・気づく」の流れを大切にして、何度も練習することをおすすめします。

ご参考になりましたか?

レッスンではこのようなビジネスリーダー向けのご説明も行っています。
講師のアナウンサー・ディレクター・報道経験者の3業種経験から、レッスン時にはビジネス関連のお話しになることも多くあります。
多面的な視点から、皆様の知識とご経験をフルに引き出すためのお手伝いをいたします。

お問合せはこちら

レッスン紹介

スピーチワーク重視 「書く・話す・気づく」レッスンです

スピーチ講座トークレスキューのレッスンは、ワーク重視型。講義を聞くだけでなく「書く・話す・気づく」の流れを重視します。
テーマに沿った講義の後、スピーチシートに話す内容を書き、メモを見て話し、講師のフィードバックを行う進行スタイルです。
複数のスピーチワークで皆様の話す力を総合的に高めるレッスンです。
(写真:水戸会場セミナー時の風景)

テキストは書き込み式 放送現場の技法を紹介

レッスンではオリジナル教材を活用。放送現場で有効だった手法を教材化しています。
テキストはキーワードを書き込む形式。話す際の重要ポイントを、書いて覚えて習得していただく教材です。
プロのアナウンサーの技法をコンパクトにまとめた見やすさ重視のテキストです。

あがり緊張対策 丁寧に説明します

この講座ではセンシティブ(敏感)な方にも十分配慮して講義を進行します。
プロの現場の緊張対策を説明し、メンタルの要素も習得する内容です。
講義では脳科学やメンタルマネジメントの情報も紹介。さまざまな視点からあがり緊張対策を説明します。

地域性重視 茨城の話題も豊富です

講師は茨城県内に約20年居住。東京出身ながら、茨城県内各地を取材し、都内と茨城の事情を把握しています。

水戸会場のレッスンでは茨城の時事ネタも多数紹介。茨城ことばのあたたかさも踏まえ、地域事情を重視した姿勢でレッスンを進行します。

(写真:水戸市・シンポジウム司会時写真。
 いばらきゆめ国体マスコット「いばラッキー」と撮影)

脚本演出で受賞歴 スピーチコンサルもお任せください

講師の高木はラジオドキュメントの脚本・演出で受賞歴があります。アナウンサー視点のアドバイスだけでなく、ディレクター・報道記者の観点からのご提案も可能です。

リーダー層の皆様は話し方の技法だけでなく、話す内容や言葉選びも重視されます。
報道記者経験をもとに、リーダーにふさわしい話題や、話す内容の構成のサポートが可能です。

写真:第12回日本放送文化大賞ノミネート時
ノミネート作「721(ナナフタヒト)語りつぐ特攻兵器桜花」

レッスンプログラム例
受講は1回だけでも大丈夫
継続プランもおすすめです


ベーシックプログラム
(Day1~Day10 一例)

1 アナウンス基礎・緊張対策
  :自己紹介など 

2 ボイストレーニング基礎
  :ショートスピーチ

3 話の組み立て方
  :ショートスピーチ

4 非言語情報 立居振る舞い
  :3分スピーチ

5 ビジネスコミュニケーション
  :質問・会話

6 プレゼンテーション基礎
  :模擬プレゼン

7 パーティースピーチ 乾杯祝辞
  :フリートーク

8 現場対処 ハプニング対策
  :3分スピーチ

9 メッセージトーク
  :ロングスピーチ

10 シミュレーション・状況想定
  :状況想定ロングスピーチ他





ベーシックプログラム
主な流れ

レッスン序盤 Day1-Day3

レッスン序盤ではスピーチの困り事対策を重視。入念なヒアリング後、あがり緊張対策、話の組み立て方など基礎項目をレクチャーします。
マイクを持ちながらのスピーチ練習も重ね、話力向上の土台作りを行います。

レッスン中盤 Day4-Day6

レッスン中盤では、言葉以外の要素=表情や仕草など非言語情報のほか、ビジネスコミュニケーションとなる質問術・会話術、さらにプレゼンテーションの講義などを展開。仕事や実生活に役立つ指導内容で相乗効果を図ります。

レッスン後半 Day7-Day10

ベーシックプログラムのレッスン終盤では、ロングスピーチなどを実施。式典スピーチなどを想定したシミュレーション形式で応用力を養います。
パーティスピーチ時の乾杯の祝辞、表彰状読み上げなどリーダー向けのプログラムも実施。実践的なスピーチレッスンで人前で話す力の総合力を高めてゆきます。

中上級者向けのプログラムも充実
スピーチ・発表・話し方の
課題解決に特化した内容です

アドバンスプログラム
(Day11~Day20 一例)

11 タイムコントロール・時間調整
  :制限時間トーク

12 ワンポイントフリートーク
  :天気予報+α

13 ボイストレーニング 中上級  
  :外郎売など

14 ロジカルトーキング・時事問題 
  :新聞活用

15 メンタルマネジメント 中上級
  :筆記+ワーク

16 プレゼンテーション 実践 
  :模擬プレゼン

17 DJワーク
  :曲紹介ワーク

18 司会進行        
  :台本活用

19 朗読 感情表現
  :ミニ朗読

20 実況 情景描写
  :ミニ実況






エキスパートプログラム
(Day21~ 一例)

21~ ビデオチェック
   :ショートスピーチ+映像確認
21~ スピーチコンサル
   :ショートスピーチ+映像確認






ビデオチェックも可能 局アナ経験者のマンツーマン指導です

ご自身のスピーチ・発表の様子を映像でチェックできます(※別料金制)
映像確認はスポーツや芸能・音楽等の現場でも多用されている効果の高い練習法。ご自身の表情、身体の動き、声の出方などもご確認いただけます。
(※)ビデオチェックは別料金制です。1回8,800円(税込・3回前納時半額)

ホワイトボードでスピーチコンサル

「話す内容がまとまらない」というお困り事も多々いただきます。そんなときに使うのがホワイトボード。受講者様の話題の項目を書き出し、新聞等も活用しながら社会情勢も踏まえたスピーチ・発表内容を作り上げています。
報道記者、ディレクター経験者ならではの編集力で皆様の話題を整理しています。

多彩なプログラムを用意
受講回数は自由
Day1だけでも大丈夫
ご要望に応じアレンジ可能です

講師紹介

高木 圭二郎 
(たかぎ けいじろう)

スピーチ講座トークレスキュー代表・研修講師・フリーアナウンサー
(元 茨城放送アナウンサー兼 ディレクター・報道記者)

法政大学社会学部1995年卒。テレビ業界を経て茨城のラジオ局で18年半活動。
高校野球実況10年以上担当。災害報道・記者会見の現場も多数経験。

ラジオドキュメントの脚本・演出で文化庁芸術祭賞・日本民間放送連盟賞受賞。日本放送文化大賞ノミネート。

2016年の独立後、研修講師、フリーアナ活動、スピーチ講座トークレスキュー運営を兼務。
水戸市男女平等参画推進委員(~2018)。
水戸市・龍ヶ崎市・取手市・都内等で活動中。

研修専門分野:
マスコミ対応・危機管理・ビジネスコミュニケーション・企画力・広報PRなど

講座理念

放送現場の技法で皆様のスピーチの課題を解決します

スピーチ講座トークレスキューの高木圭二郎と申します。
私は茨城のラジオ局でアナウンサー兼ディレクター・報道記者として18年半活動しました。高校野球実況ではサヨナラホームランの瞬間を伝え、選挙特番の総合キャスターも経験しました。

ですが私は放送現場の重圧や緊張感の対処で長年苦慮しました。「人前の話が苦手」とのお声を見聞きするたび、私は自分の過去の体験談を聞いている気になります。

人前の話を苦手と感じる方は真面目で一生懸命な傾向があり高い理想像を描く方が多いようです。私はそんな皆様に放送現場の経験を伝え、人前で話す際の安心材料を持っていただきたくスピーチ講座「トークレスキュー」を立ち上げました。

プライベートレッスンでは私が放送現場で実践した対処法を複数のスピーチワークを通じて丁寧にお教えします。

皆様の課題解決の一助になれるよう、情報をシェアしたく考えています。どうぞお気軽にご相談ください。

講座名について

講師 高木 ライフセービング写真

講座名「トークレスキュー」の話

講師の私・高木は実はライフセービングの有資格者です。日本ライフセービング協会のベーシック・サーフ・ライフセーバー(通称:ベーシック)として認定を受けています。
ライフセーバーの一連の動きは水難救助を想定したもの。その時の掛け声が、
「溺者(できしゃ)発見、…レスキュー!」という掛け声です。

ライフセービングで重要とされる要素が事故の「未然防止」。この講座もライフセービングの視点にならい、皆様のスピーチや人前でのトークのお困りごとの未然防止のお手伝いをしたいたい、と考えています。
「トークレスキュー」という言葉は日本語の語感を優先したカタカナ英語の講座名。英語圏の方にとって違和感がある名称かもしれませんが、講師のライフセービング活動歴を踏まえた名称と知っていただければ幸いです。

関連記事はこちら

レッスン内容のご相談もお気軽にどうぞ

レッスン日程


水戸会場レッスン対応日 

2020年4月以降

※新型コロナウィルスの影響で、
 水戸会場のレッスンは休止中です。

水戸会場レッスン再開は
4月20日(※)を予定しています。
(※状況により変更が生じます)

(2020年3月28日更新)

・上記以外も対応可能日時があります。


・会場事情・講師スケジュール等で、
 別日程・別会場の提示の場合があります。

・詳細はお問合せフォームでお尋ね下さい

お問合せ・お申し込み

会場案内

スピーチ講座トークレスキュー 
プライベートレッスン 水戸会場

コワーキングスペース水戸ワグテイル
2階イノベーション・コミュニティスペース

茨城県水戸市南町3-3-35 栗原ビル1階
http://www.wagtailmito.jp/access

会場アクセス(外部リンク)

受講の流れ

STEP

1

お申し込み

「お問合せ・申し込みフォーム」からお申し込みください。
相談内容、ご希望内容など可能な範囲でお教えください。

STEP

受講前連絡

お問い合わせ後、メール・電話等で折り返し連絡をします。
初回体験レッスンのご案内や日程調整を行います。

STEP

ご予約・ご入金

プライベートレッスンは完全予約制・事前入金制。
ジャパンネット銀行へのお振込みでご予約確定です。


講師 高木 レッスン画像 ホワイトボード

STEP

初回体験レッスン

マンツーマン形式の60分体験レッスンです。
名称は「体験」ながら実は「通常レッスンの凝縮版」。
ヒアリングを重視し、レッスンを進めます。

講師 高木 レッスン画像 腕のばし

STEP

5

プライベートレッスン

2回目以降は本格レッスン開始。受講回数、レッスン内容はアレンジ可能です。
発表対策、話す内容のご相談、緊張対策など、重点項目を意識したレッスンです。

STEP

1

お申し込み

「お問合せ・申し込みフォーム」からお申し込みください。
相談内容、ご希望内容など可能な範囲でお教えください。

受講料金ご案内

水戸会場 プライベートレッスン
料金プランご案内(2名様受講可)


■体験レッスン:
60分+α 初回分
15,000円(税込16,500円)

(初回料金・相互確認タイムあり)

■1回分料金:
90分+α 1回分
35,000円(税込38,500円)

・1レッスン2名様まで同時受講可能。


■3回前納時:
90分+α 3回分
100,000円(税込110,000円)
・メール相談:無料
・ビデオチェック:半額・1回4,400円

(3回前納時=5,500円お得です)

■オプション
・メール相談:
 5,500円(税込・受講者のみ)

 ※3回前納時、メール相談は無料。

・ビデオチェック:
 8,800円(税込・受講者のみ

 ※3回前納時、ビデオチェック半額


・1レッスン2名様まで同時受講可能。
・完全予約制・通常90分+αの時間制。
・水戸会場は10-15分の特別延長あり。
 「90分+α」と表記しています。

水戸エリアでは高額レッスン
レッスン料金に理由があります
成果重視の受講料金です

2名様同時受講可 実はお得です

プライベートレッスンは2名様受講が可能です。お仲間、ご家族、お友達との受講も歓迎します。

2名様同時受講時×3回分前納の場合、お1人様1回分は約18,333円(※)の計算。

内容充実の個別レッスンを、都市部の講座よりお手頃価格で受講できます。

(※)プライベート3回分前納時料金:110,000円÷3回÷2名様の計算。

水戸会場は広さ十分 本番想定の練習に

水戸会場は水戸市南町のコワーキングスペース水戸ワグテイル。広い空間と高いデザイン性のインテリアが人気の創業支援施設です。

レッスン会場は2階コミュニティ・イノベーションスペース(※)。ここでは数々のセミナーが開かれています。皆様もセミナー登壇者になった雰囲気で、立ち位置や座席の様子を確かめながらスピーチ練習を進めることが可能です。

※2階の会場は1階との仕切りが無いスペースです。会議室でのレッスンも可能です。

スピーチコンサルで準備時間短縮へ

話す内容を伺い、ホワイトボードに書き出す「スピーチコンサル」も対応中。

講師と共に話す内容をまとめることで、一人で悩む時間が大幅に削減でき、より伝わる内容に仕上がります。
スピーチコンサルには別料金はかかりません。

報道記者、ディレクター経験者ならではの編集力で皆様の話題を整理いたします。

ビデオチェックで笑顔もチェック

ビデオチェックでスピーチ・発表の様子を映像で確認できます。(※別料金制)

映像確認は話の内容だけでなく、表情・しぐさ・雰囲気も確かめられるのがメリット。皆様の笑顔もご自身で確かめられます。

(※)ビデオチェックは別料金制です。
 1回8,800円(税込・3回前納時は半額)

困ったときのメール相談も可能です

受講者様を対象にメール相談を実施中。1レッスンにつき1-2往復のメール相談に対応しています。

スピーチ・発表・話し方の困り事は突然起きるもの。言い回しの確認など、お一人で不安になったときのためのメールサポートを行っています。

(※)メール相談は別料金制。
 1回5,500円(税込・3回前納時は無料)

都内大学施設でも教える内容です

講師の高木は文京学院大学生涯学習センター(東京都文京区)でも「伝わる話し方」の講座を担当。

東京都内の大学関連施設での指導実績があるレッスンメニューです。
(写真:文京学院大学本郷キャンパスにて撮影)


「高いと思ったが来てよかった」

「都内の話し方教室より良かった」
「交通費を考えるとむしろ得だった」


そんなお声を頂いているのが
スピーチ講座トークレスキューです

講師メッセージ 
「話し方」とレッスンについて

話し方の講座・教室の現状とは?

話し方のレッスンや受講料金について、補足説明をさせてください。受講者様からこんな話を聞いたことがあります。

「都内の話し方教室に通ったが、周りは研修代わりに団体で来ていた。」

「まわりの人はフリートークも慣れていて、自分一人が置いてけぼりだった」


実はこのようなことはよくあるケースです。

話し方やスピーチの講座は多種多様。
料金も
1万円以下の講座から1回7-8万円のパーソナルレッスンまで幅が広いのが現状です。

そのような中、私・高木は「話し方」「教室」という言葉に違和感を感じます。

「話し方」だけでなく「伝わる要素」も大事ですし、ビジネスリーダーには「コメント内容」の的確さも求められるからです。

「スピーチ講座」という言葉の理由

私・高木は「話し方の教室」という言葉をあまり使いません。便宜上「話し方の先生です」とは言いますが、「スピーチ講座」という言葉を多用しています。「話し方の教室」という言葉では不十分な気がするからです。

人前の話のお困り事は、丁寧に対応しないと解決しません。多くの話し方の教室のパッケージ化された手法に、私は「何か違う」と違和感を覚えるのです。


話し方のレッスンでは講師の質も問われます。しかし多くの現場では、キャリアの浅い講師の方もいるようです。

「マニュアル通りのレッスンで効くのか?」

「キャリア豊富なビジネスリーダーの皆様の

 スピーチや発表の課題が解決できるのか?」

私はそんな思いもあります。


さらに大人数のグループレッスンは、スピーチワークの時間がどうしても減ります。

スピーチ・発表・話し方・プレゼンは運動や音楽と同じ要素があります。
講師の話を聞くだけ、与えられたテキストを読むだけでは上達せず、実際にご自身で身体を動かし、立ち位置を確かめ、声を出す反復練習の中で手応えが蓄積されるのです。

いまだに各地で「話を聞くだけの話し方レッスン」はあります。
私は「その教え方で受講者様の良い変化が生まれるのか?」といつも疑問に思うのです。

話し方の講師 ぜひ比較検討を

話し方のレッスンは全国に多数あり、その分だけ講師が存在します。それぞれの講座にメリットとデメリットがあります。このトークレスキューも例外ではありません。

なので皆様にはぜひ比較検討していただきベストプランをお選びいただきたいのです。

ここで私の講座のPRもさせてください。
講師としての私・高木の強みを申し上げると、アナウンサー視点だけでなく、複合的な視野からアドバイスが可能な点があげられます。

ラジオ局アナウンサー経験者で、ディレクター・報道記者の実績を重ね、ラジオドキュメントの受賞歴があります。

現在は研修講師として各地を回り、なおかつ司会業などでアナウンサー活動を続けています。
こんな講師は、日本中でも皆無なはずです。

水戸会場のプライベートレッスンは1回35,000円(税別)と高額です。ですが、2名様の同時受講が可能なうえ、スピーチコンサルを丁寧に行っています。

安かろう、悪かろうのレッスンではありません。一見高額なレッスンですが、トータルでの効果を見越してリピートされるお客様も増えている講座です。

私が皆様にお渡ししたいのは
「一生もののスピーチスキル」です。

この講座は皆様のそんなスキルアップをサポートする料金体系とお考えいただければ幸いです。

ベストプランをぜひご自身でお選びください。皆様のご参考になれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)

 受講料金は英会話、フィットネス等の
パーソナルレッスンのイメージで
 お考えいただければ幸いです

人前の話の苦手意識で
どうぞ立ち止まらないでください

スピーチ講座トークレスキューは
一生懸命な皆様を心から応援しています

お客様の声


セミナー・レッスン受講者様の
ご感想を紹介します

自分は緊張しがちで緊張しなくなりたい!という思いでこのセミナーに参加しました。でもこのセミナーを受け、「緊張しても良いんだ。緊張とうまく付き合っていこう!」と思うようになりました。
(東京会場 セミナー受講者様 男性)

高木先生のお話は、わかりやすく、簡潔で、頭にはいりやすかったです。人前で話すという実践をおりまぜながらのセミナーなので、一方通行の講義ではなく、ライブ感覚で楽しかったです。また参加したくなるセミナーでした。
(水戸会場 セミナー受講者様 女性)


知っている事の復習・確認、知らないことの発見…入り交ざった有効な時間でした。少人数で具体的質問もできて良かったです。話のトーン、実演、ユーモア等、楽しくまた習いたいと思えました。
(東京会場 セミナー受講者様 男性)


重圧に負けない話し方で 「ゆっくり」「はっきり」「しっかり」 話すことが重要という事が分かり実践してみたいと思いました。高木先生は講義中の途中でも質問したりして 臨機応変に答えてくださいます。 経験から語ってくださるので、例えもわかり やすいです。
(水戸会場 セミナー受講者様 女性)


高木先生のお話は、わかりやすく、簡潔で、頭にはいりやすかったです。人前で話すという実践をおりまぜながらのセミナーなので、一方通行の講義ではなく、ライブ感覚で楽しかったです。また参加したくなるセミナーでした。
(水戸会場 セミナー受講者様 女性)

よくある質問

Q
日程が合わない。レッスン対応日は書かれているだけ?
A
ご希望の日程をご相談ください。WEB非掲載で調整可能な日時もあります。
講師の高木は研修講師・フリーアナウンサーとしての活動も並行しています。レッスン対応日は限られますが、できるだけ皆様のご要望に合わせます。会場事情・講師スケジュールが重なりますことをご理解の上、ご遠慮なくお問い合わせください。
Q
申し込み後のキャンセルは可能?
A
会場確保・講師スケジュール調整が生じるため、ご予約確定後・ご入金後のキャンセルは原則不可となります。ご欠席の際もご返金がありませんこと、あらかじめご了承ください。
Q
何回ぐらい受ければ上達しますか?
A
「1-2回受講の方もいれば、20回以上継続される方もいます。」とお伝えしています。
コンテスト前のプレゼン対応や、1回限りの披露宴スピーチ練習で、直前のみ受講される方もいます。
一方で経営者として堂々と話す力をつけたい、緊張体質どころではない、と継続受講される方もいます。
3回程度の受講で成果を出される方が多く、この講座では3回前納の割引制度も導入しています。
Q
会場に無料駐車場はある?
A
水戸会場の受講者様向けの無料駐車場はございません。付近の有料駐車場をご利用ください。
駐車料金のサービスもございませんこと、あらかじめご了承ください。

Q
受講料の入金方法は銀行振込だけ?
A
受講料金のご入金は、ジャパンネット銀行の指定口座へのお振込みとなります。
振込手数料が生じますこと、あらかじめご了承ください。
Q
水戸会場以外での開催は無いの?
A
法人プラン「伝わる話し方」の講座を各地で展開しています。こちらは研修型講演の1-2時間程度のプログラムで、法人様向けの出張対応が可能です。
東京都文京区の文京学院大学生涯学習センターでは、同様の「伝わる話し方」の講座を担当しています。
法人プラン「伝わる話し方」講座は
グループ形式での進行となります。

Q
メール相談だけの依頼は可能?
A
メール相談は、受講者様向けのサービスです。メール相談だけのオンライン対応は、2020年2月現在、行っておりません。ご了承ください。
Q
アドバンスレッスンや、ビデオレッスンから始めても大丈夫?
A
個別レッスンですので、どの内容からスタートしても大丈夫です。ヒアリング時にご要望をお教えください。
初回から「ビデオレッスン希望」などのご要望も大丈夫です。「基礎固めが成果につながる」とみられる場合、ベーシックレッスンの内容を導入することもあります。
Q
日程が合わない。レッスン対応日は書かれているだけ?
A
ご希望の日程をご相談ください。WEB非掲載で調整可能な日時もあります。
講師の高木は研修講師・フリーアナウンサーとしての活動も並行しています。レッスン対応日は限られますが、できるだけ皆様のご要望に合わせます。会場事情・講師スケジュールが重なりますことをご理解の上、ご遠慮なくお問い合わせください。

講座動画

トークレスキューTV

トークレスキューTV

スピーチ講座トークレスキューのセミナー動画をYoutubeで公開中。

会場の雰囲気、講師の様子をぜひ動画でご確認ください。


トークレスキューTV

メディア掲載実績

新聞掲載実績

茨城新聞 掲載記事

【東京新聞 広告企画記事】 2019年3月7日付朝刊
「春の大学公開講座2019」

東京新聞の広告記事「春の大学公開講座2019」で
文京学院大学生涯学習センターの講座情報が掲載。
「アナウンサーが教える伝わる話し方」の講座情報と
話すスピードのミニクイズが紹介されました。

※紙面の著作権は各新聞社に帰属します

茨城新聞 掲載記事

【茨城新聞】2017年11月07日付
「スピーチ講座」で指導するフリーアナウンサー 高木圭二郎さん

2017年11月の茨城新聞でこのスピーチ講座トークレスキューの活動が紹介されました。
茨城新聞は明治24年創刊の歴史と伝統のある地域密着型の地元紙。
取材記者の皆様と講師の高木は茨城県庁や茨城県警の記者クラブでともに取材活動を重ねました。


※記事の著作権は茨城新聞社またはその情報提供者に帰属します。
茨城新聞クロスアイ

日本工業経済新聞茨城版 掲載記事

日本工業経済新聞 茨城版 2018年11月22日付
職人も経営力が大切 講習会で意識向上
文中紹介:研修型講演「伝わる話し方」講師・高木圭二郎

水戸・秋山工務店様(秋朋会様)主催の勉強会「学×人(まなびと)」(11/17実施)登壇時の内容が日本工業経済新聞(茨城版)で紹介されました。

講師の高木は当日の第1部「伝わる話し方」で登壇。建築業界で働く皆様や職人の皆様向けに話法や話の構成法の45分間セミナーを実施しました。

秋山工務店・秋山布人さんの呼び掛けで始まったこの勉強会がさらに盛会となり、学びの灯が水戸に広がることを切に願っています。

水戸・秋山工務店
http://www.mito-akiyama.jp/

日本工業経済新聞 茨城版
https://www.nikoukei.co.jp/mito/

記事の著作権は各新聞社に帰属します

お申し込み・お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

メールでのお問合せ

スマホ等でのお問合せメールは、
下のアイコンからも送信できます。

お問合せメール 
info @ talkrescue.jp 

事業概要


■事務局名
ブロードキャストワークショップ事務局

■代表者 高木 圭二郎
■水戸オフィス 〒310-0021
茨城県水戸市南町3-3-35コワーキングスペース水戸ワグテイル内
■地域拠点
水戸市・取手市・龍ヶ崎市・都内
■事業内容
・スピーチ講座トークレスキュー

・研修事業メディアレクチャーズ
・アナウンス業務 式典司会等
■登録商標
「トークレスキュー」は登録商標です。

登録番号 第5912092号
■水戸オフィス 〒310-0021
茨城県水戸市南町3-3-35コワーキングスペース水戸ワグテイル内