書評カフェ
書評カフェは仙台で行っている読書会です。
開催案内

『異類婚姻譚』(本谷有希子)

  • 日時:2019年7月6日(土) 15:00~17:00 
  • 場所:カフェドギャルソン(仙台市青葉区国分町3-2-2 おいかわビル 2階)
  • 取り扱う本:『異類婚姻譚 』本谷有希子著 (講談社文庫)
  • 評者:三神真澄
  • 参加費:無料。飲み物等のオーダーをお願いします。
  • 定員:8名
【評者による告知文】
====================
「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」
そんな不思議な気づきから物語は始まります。やがて主人公は、夫のいい加減な部分を受け入れていくうちに、自分自身と夫の境界が曖昧になっていきますが…
今回は、本谷有希子の『異類婚姻譚』を取り上げます。
鶴の恩返し、かえるの王子、美女と野獣…古今東西、異類婚姻譚はたくさんありますが、今回の「異類」とはなんでしょうか。この物語を他者との同一化と異類いう観点から読んでいきたいと思います。
====================

6/22(土)
【手ぶら書評カフェ】

  • 日時:2019年6月22日(土)12:00-13:30
  • 場所:カフェドギャルソン(仙台市青葉区国分町3-2-2 おいかわビル 2階)
  • 参加費:無料。飲み物のオーダーをお願いします。
  • 定員:8名
  • 最初の30分程度を読む時間とします。
  • 読むのが遅くて心配な方は早めに来ていただければ先に資料をお渡しします。(11:40~)

書評カフェについて

書評カフェは、単なる扱う本の感想やその著書の作家論を述べ合うだけではありません。本を読んだ感想をもとに、そこから浮き上がってくるテーマについて〈対話〉を行い、考えを逞しくしていくことを目指しています。毎回、美味しいお茶やコーヒーを飲みながらゆったりと進めています。ぜひお気軽にご参加ください。

書評カフェ

書評カフェでは、小説を中心にノンフィクションや漫画、詩集、絵本など様々な本を読んでいます。本の感想から対話に入るので、事前に本を読んでご参加ください。当日はその本を選んだ方が進行を行います。

手ぶら書評カフェ

手ぶら書評カフェでは、その場で作品(短編小説)を読んで、浮かんだ感想から対話を行っていきます。何を読むかは来てからのお楽しみ。作品は当日、プリントアウトしてお配りします。普段本を読む時間がとれない方もお気軽にどうぞ!


今まで読んだ本

  • エチカ 第3部(スピノザ) 
  • 雪の練習生(多和田葉子) 
  • 子どもの難問(野矢茂樹)
  • 金閣寺(三島由紀夫)
  • 夜は終わらない(星野智幸)
  • チェルノブイリの祈り(スベトラーナ・アレクシエービッチ)
  • あなたの人生の物語(テッド・チャン)
  • ハーモニー(伊藤計劃)
  • レギオンの花嫁(鹿島田真希)
  • うろんな客(エドワード・ゴーリー)
  • どことなくなんとなく(藤子・F・不二雄)
  • キッチン(吉本ばなな)
  • 書写人バートルビー-ウォール街の物語(ハーマン・メルヴィル)
  • 眠り(村上春樹)
  • マダム・エドワルダ(ジョルジュ・バタイユ)       …他
<手ぶら書評カフェ>
  • 貨幣(太宰治) 
  • 鮨(岡本かの子)
  • 断食芸人(フランツ・カフカ)
★は開催報告(てつがくカフェFBに移動します)


今まで読んだ本

  • エチカ 第3部(スピノザ) 
  • 雪の練習生(多和田葉子) 
  • 子どもの難問(野矢茂樹)
  • 金閣寺(三島由紀夫)
  • 夜は終わらない(星野智幸)
  • チェルノブイリの祈り(スベトラーナ・アレクシエービッチ)
  • あなたの人生の物語(テッド・チャン)
  • ハーモニー(伊藤計劃)
  • レギオンの花嫁(鹿島田真希)
  • うろんな客(エドワード・ゴーリー)
  • どことなくなんとなく(藤子・F・不二雄)
  • キッチン(吉本ばなな)
  • 書写人バートルビー-ウォール街の物語(ハーマン・メルヴィル)
  • 眠り(村上春樹)
  • マダム・エドワルダ(ジョルジュ・バタイユ)       …他
<手ぶら書評カフェ>
  • 貨幣(太宰治) 
  • 鮨(岡本かの子)
  • 断食芸人(フランツ・カフカ)
★は開催報告(てつがくカフェFBに移動します)
LINK
てつがくカフェ@せんだいの活動や、その他本にまつわる取組みをご紹介します。
てつがくカフェ@せんだい てつがくカフェ@せんだいのFacebookです。てつがく
カフェや読書会などの開催告知や報告を掲載しています。
<3.11以降>読書会 てつがくカフェ主催の読書会です。哲学書を読み解きながら、震災とそれに続く原発事故という出来事やそれを用意したもの、その帰結について、じっくりと考えるための場です。
現在は『人間の条件』(ハンナ・アレント)を読んでいます。
その他
せんだい哲学読書会 半年で一冊程度さまざまな哲学書を読み参加者たちで語り合う読書会です。
現在は『エチカ』(スピノザ)を読んでいます。
その他