せんだい哲学読書会

哲学書をじっくりと読み対話する場

申し込み

読書会概要

  • 半年で一冊程度さまざまな哲学書を読み参加者たちで語り合う読書会です。
  • 市民が哲学書を読む意味
     知識としてではなく「体験」として時間をかけ哲学書を読むことは、その人の人生に何らかの意味を与えるでしょう。そして哲学の専門家ではない市民はより自由に哲学書に触れることができるはずです。精緻な読解を求められることもなく、途中で読むことを中断することも、逆に気になる部分を繰り返し読むこともできます。膨大な時間と労力によって積み上げられてきたこれまでの哲学を、哲学研究者達だけの研究材料にするのは惜しいことです。それでも訓練を受けていない市民が1人で哲学書に向き合うのは難しいことだと思います。
  • 読書会を開催する意味
     こうした潜在的に哲学書を求めている人々に場を提供することは価値のあることだと思います。また複数人で読後に対話することで独りよがりな読み方を補うこともできます。
  • 主催者として願うこと
     どれだけ知識を蓄えても変わらないものを「体験」は変えられる力があると思います。はじめは読むのが苦痛だとしても、人それぞれピンとくる哲学者やしっくりくる哲学書があるのではないかと思います。そのような出会いの一端をせんだい哲学読書会が担えればと思います。

  • フォームから申し込みできない場合やその他お問い合わせは安田(crfsheepman@gmail.com)へ直接ご連絡ください。
  • 半年で一冊程度さまざまな哲学書を読み参加者たちで語り合う読書会です。

これまで

第1回2019年5月4日 エチカー倫理学(上)第3部
第2回2019年6月16日 エチカー倫理学(下)第4部 対話振返り
第3回2019年7月21日 エチカー倫理学(下)第5部
第4回2019年9月15日 エチカー倫理学(上)第1部
第5回2019年11月10日 エチカー倫理学(上)第2部
第6回2019年12月15日 方法序説 第1部~第3部 対話振返り
第7回2020年1月13日 方法序説 第4部 対話振返り
第8回2020年2月24日 方法序説 第5,6部
第2回2019年6月16日 エチカー倫理学(下)第4部 対話振返り

次回課題本と範囲
課題本: デカルト『方法序説』(岩波文庫)
範囲: 第5,6部 
(以下画像からAmazonリンク先に飛びます)

開催日と会場等について

日程
2020年2月24日(月)16:00-18:00
場所
カフェ・ド・ギャルソン
参加費
コーヒー代(600円程度)
予約
ページ上部の申し込みボタンから参加の申し込みをお願いします。
席が限られておりますのでお早めに申し込みください。

会場の地図