大阪の注文住宅
つむぐ家

高耐震SE構法×建築士による省エネ・パッシブデザインの家

SE構法による高い耐震性能と、一級建築士が1棟づつ手掛ける高性能な省エネ住宅
それが【つむぐ家】です。

住む人にとって、無くてはならない「安心」と「住み心地」を大事にし、
何十年と住み継げる、「資産価値が長い間ある注文住宅」を提案します。

見た目だけ・目先の価格だけに惑わされず、
しっかりと何が自分たちにとって良い選択なのかを考え、
本当に良い家を、大切に長年住まい継ぐ

そんな家づくりを、私たちはしています。
地震に強い耐震SE構法
高気密高断熱+省エネプラン
一級建築士による確かな設計力

知ってましたか?
「断熱」だけでは快適ではないことを

昨今、国の基準により断熱性能の引き上げが行われ、どんな家でも最低ラインの底上げが行われています。
そのため「どこで建てても、断熱性能はそれほど変わらない」のはある意味正解です。
しかし、「どこで家を建ててもだいたい一緒」と思われている方が多い一方、新居なのに「夏が暑い(特に2階が暑い)」「冬が寒い(廊下やトイレが冷える)」「結露する(窓に水滴がつく)」という不満が15~27%程度もあるのです。その差は何でしょうか。

家を設計する設計者が、どのような方法・素材・計画(プラン)で、キチンと考えられた家づくりをしているか、その意識の差で性能は大きく異なってくるのです。

私たちは、このような不満を解消し、快適な暮らしをして貰いたいと強く思い、様々な勉強を重ね、それらを実践しているのです。

【つむぐ家】がSE構法を採用する理由

SE構法は地震にとても強い構法 

SE構法が地震に強いと言われる理由

木造の耐震構法SE構法をご存知でしょうか。
SE構法で使用する木材は、全て「構造用集成材」が使われています。
通常の「木造在来工法」においては、自然のままの木材を使用し、乾燥度合いや強度が正確にはわからず、部材ごとにバラバラであったりします。その点構造用集成材は、部材ごとに強度や性能が明確で、正確な数値をもとに決定することができ、SE構法が耐震性に優れた構造躯体である理由にもなっています。

それに加え、木造自体の収縮が少なく、強固にボルトで接合することで、熊本地震でも注目された「連続した大地震」に対しても非常に強いと言えるのです。

「東日本大震災」「熊本地震」において、「SE構法」の一戸建て住宅は1棟も壊れていないことから、数値だけでない、耐震性の高さが実証されています。

 

計算に裏付けられた耐震性能と、正確なプレカット工場

戸建て住宅ではあまり行うことが無い「構造計算」を全棟行うことが、分譲住宅・建売住宅と大きく異なることでもあります。
「構造計算」とは、大きな地震や台風で建物が壊れないよう、専門の構造建築士が多くの角度から数値的に計算し、柱や梁の本数・位置などを決めることです。

一般的な戸建て住宅では、そもそも「構造計算」を行うことなく建てることが法律上可能であり、費用や手間がかかるため複雑な計算は行いません。
「SE構法」は、木造住宅であってもその考えを良しとせず、ビルやマンションなどと同じく、数値に裏付けられた「構造計算」を行っています。その上で「耐震等級」も最高等級を確保し、科学的に耐震性の高さを裏付けています。

また、計算された部材がそのままデータとして指定の木材加工工場へ送られ、ミリ単位で高精度に加工、建築現場にそのまま届く仕組みとなっています。
施工も、専用の資格を持った建築会社でのみ建てられることで、最長20年の構造躯体の保証のシステムまでつながっているのです。

 

SE構法だから実現できる木の家の空間

SE構法は、高い耐震性能を維持しつつ大きな空間を作ることが出来るのが大きな特徴です。
在来工法や2×4工法など、木造のその他の工法では作れない「30畳以上のLDK」「大きな吹抜けの大空間」が可能なのです。
これはオフィスや店舗などのような大きな空間を作る際にも用いられ、「スケルトンインフィル」という将来間仕切りの変更が容易に行える方法で、長い目で家づくりを考えた際に「そのときどきに合わせて暮らし方を変えることが出来る」重要な考え方です。
「安心できる耐震性能」に加え「広く開放的なプラン」を両立できる点がSE構法の大きなメリットです。

SE構法についてもっと詳しく知る

パッシブデザインという考え方

「新しい家」と「不満が解消される家」
は違います

今の新築でも「冬寒い」「夏暑い」「風通しが悪い」「暗い」などの不満は実はほとんど解消されてないのです。現在の国の基準の断熱性能をクリアしているはずなのに、何故そのような問題が起こりえるのでしょうか。

「高断熱な家」≠「夏涼しい」「風通しが良い」「明るい」家

何も考えずに断熱性能の数値だけにこだわってしまうと、必然的に窓が小さく、少なくなってしまうため、「風通しの良い家」「明るい家」と逆行してしまう危険があります。また、断熱性能が高いとエアコンの効きが良くなりますが、「できるだけエアコン無しで暮らしたい」人には「熱がなかなか逃げない暑い家」になってしまいます。

「高断熱」にするとともに、「夏は涼しく」「風通しが良く」「明るく」暮らせる家にすること。
それを実現させるために、それらをしっかりと理解し実践できる「快適に暮らせる計画、考え方」がとても重要なのです。
パッシブデザインについてもっと詳しく知る
施工事例をもっと見る

【初めての住まい講座】

大阪に住む人にむけ、かしこく家づくりする方法を学べる勉強会を行っています。
その他、土地探しやモデルルームの見かた・選びかた、補助金や住宅ローンの内容まで、
「何からはじめたら良いか」「どんなことに気を付けたら良いか」をご案内します。
パッシブデザインについてもこちらでお気軽にご質問ください。

キチンと学び、キチンと理解することで
後悔の無い家づくりをしましょう。

しつこい営業等一切いたしません。
まずはお気軽にご参加下さい。

毎週水曜日・土曜日に開催しております。
(予約の状況は、下記の予約フォームよりご確認ください。)

駐車場あり キッズスペースあり 授乳スペースあり
お子様連れも多くご参加いただいておりますので、ご安心下さい。

【初めての住まい講座】

お電話で予約する

0120-03-2701

アクセス

【つむぐ家】株式会社EMSS(エムズ)

住所 大阪府堺市東区高松323
TEL 0120-03-2701
MAIL
office@e-emss.jp
アクセス

お車でお越しの方
府道36号線の萩原天神交差点より南へ、直進後高松交差点を右折で池の手前の細い道を入る
※駐車場完備

電車でお越しの方
南海高野 北野田駅から徒歩13分

ホームページ

http://e-emss.com/

アクセス

お車でお越しの方
府道36号線の萩原天神交差点より南へ、直進後高松交差点を右折で池の手前の細い道を入る
※駐車場完備

電車でお越しの方
南海高野 北野田駅から徒歩13分

つむぐ家とは、
長年に渡り大阪の地で家づくりを続けてきた
地域工務店が考えた、一級建築士とつくる
この地に適した新築注文住宅ブランドです。