堺市でリフォームをするなら【Ricono -りこの-】

リフォームの補助金について
Subsidy

平成30年度に堺市でリフォームする際に利用できる補助金についてまとめました。
堺市は地方自治体の中でも特に多くのリフォームの補助金を受け取ることが出来ます。
工事内容と金額次第ですが、堺市で出ている様々な補助金を組み合わせることで最大で700万円以上の補助金を受けることが可能です。
お客様ごとに行う工事に併せ、最適なリフォームの補助金を受けることが重要になってきます。
併用出来ないリフォームの補助金もあるので、詳しくはご相談ください。

特におすすめしたいのが、申請者(所有者)が堺市の65歳以上の場合、木造住宅の耐震改修で補助金額が80万円加算されます。そのため、この場合は申請するのは堺市の65歳以上の方名義でリフォームの補助金申請を行うとお得です。

国が設定する補助金の他に、各市町村ごとに設定している補助金がある為、堺市以外にお住いの場合は別途お問い合わせ下さい。

【りこの】のホームページはコチラ>>>

堺市の住宅リフォームで受け取ることのできる補助金一覧
Subsidy menu

【長期優良リフォーム補助金】最大300万円
「耐久性・耐震性・省エネ性・及び維持管理のしやすさ」を評価した「長期優良化リフォーム」を行う場合、国から補助金が出ます。

工事前にインスペクション(住宅診断)を行い、必要な劣化対策・耐震性能、省エネ性能を満たす必要があります。
こちらは堺市内のリフォームでなくとも補助金の申請をすることが出来ます。
【耐震改修工事の設計費及び工事費に対する補助金】最大200万円(260万円)

地震に備え耐震性能の低い住宅への耐震補強リフォームに堺市の補助金が支給されます。
堺市で耐震改修リフォーム工事を計画し、改修工事の補助金の交付決定を受けることで、建替えで新築住宅をする場合でも一定条件で補助金を受けることが出来ます。昭和56年以前の建物であれば最大120万円、もしくは堺市の指定する道路に面する建物であれば最大260万円のリフォーム補助金が交付されます。堺市指定道路(堺市HP)また、木造の家内に耐震シェルターを設置する場合も補助金が出ます。

【既存住宅省エネ改修補助金】最大30万円

こちらは堺市で耐震補強の補助金を受ける方が、併せて断熱リフォームも行う場合に受けることができる堺市のリフォーム補助金です。

ドア・窓の取替え、屋根・天井・壁・床への断熱材の設置など、家の断熱性能を高める工事が対象です。
省エネ性能が高くなることで、部屋ごとの寒暖差を無くし、結露やカビ・ダニの発生を防ぎ、光熱費も大きく下がるので、やって損はないリフォーム工事です。

【住宅・建築物防火断熱改修等促進に関する補助金】最大200万円

堺市が指定する「準防火地域」における防火工事・断熱工事を対象に堺市からリフォームの補助金が支給されます。(準防火地域は堺市の都市部・住宅部の大きな範囲で該当します。)

屋根・外壁・ドア・窓など、外部からの火事に対して、防火し燃え広がらないような物に取り換える工事や、それらと併せて行う堺市内の省エネ断熱改修リフォームが対象になります。

【要介護1~5、要支援1・2の方向け住宅改修費の支給】最大20万円
要介護、要支援の方が、自宅でより安全に暮らせるように行うバリアフリー工事へ国からの補助金です。
手すり、段差解消、床材の変更、和式から洋式便器へ取替え、開き戸から引き戸への変更などの工事が対象です。
補助額は自己負担割合によって変動します。
最大20万円まで、そのうち1~3割が自己負担です。
こちらは堺市のリフォームでなくても利用することが可能です。
【高齢者住宅改修事業の補助金】最大20万円
上記の要介護、要支援の方の改修工事と同様の工事が対象です。
65歳以上で、3カ月以内に要介護・要支援認定申請を行い非該当と判定され、下肢に機能低下がみられる方が対象に含まれます。

また家庭用エレベーター、階段昇降機などの設置工事も補助が出ます。こちらは要介護、要支援の方が対象です。
【重度障害者等住宅改修費の給付】最大50万円

障害及び住宅の状況等から必要と認められる住宅の改修工事費用を50万円を限度にリフォームの補助金が出ます。

65歳未満の身体障害者手帳1・2級、下肢・体幹または脳原性移動機能障害は3級以上の方、もしくは重度知的障害者の方が対象となります。

【堺市スマートハウス等導入支援事業に対する補助金】

安全・安心なエネルギーを使用する次世代型住宅“スマートハウス“への設備等導入費用への堺市のリフォームの補助金です。

太陽光発電、HEMS、エネファーム、蓄電池等の設備のうち、2つ以上を設置する際に利用できます。(太陽光+HEMSなど)
(平成30年度は5月中旬から開始予定)

【耐震改修工事の設計費及び工事費に対する補助金】最大200万円(260万円)

地震に備え耐震性能の低い住宅への耐震補強リフォームに堺市の補助金が支給されます。
堺市で耐震改修リフォーム工事を計画し、改修工事の補助金の交付決定を受けることで、建替えで新築住宅をする場合でも一定条件で補助金を受けることが出来ます。昭和56年以前の建物であれば最大120万円、もしくは堺市の指定する道路に面する建物であれば最大260万円のリフォーム補助金が交付されます。堺市指定道路(堺市HP)また、木造の家内に耐震シェルターを設置する場合も補助金が出ます。

堺市のリフォームで補助金対象となる工事の一部をご紹介します。
お客様のリフォーム工事内容に併せ、どの補助金を受け取ることが出来るか、詳しくはご相談ください。

リフォームメニュー
Reform menu

バリアフリー工事
バリアフリー工事は、介護保険の補助金等で最大20万円受け取れる場合があります。

雨で良く滑る床をやり替えたり、部屋と部屋の間の段差を解消したり、また急な階段で転ばないように手すりをつけたりと、まさに「転ばぬ先の杖」のリフォームが対象となります。

玄関ドア・窓の取り替え
省エネ性能に大きく影響する玄関ドアや窓。
こちらは「長期優良リフォーム補助金」や「省エネ改修の補助金」を受けられる可能性があります。

お家の玄関ドアはアルミ製で冷たく、冬場玄関ホール・廊下がとても寒かったりしませんか?
玄関ドアを入れ替えると触ってもヒンヤリせず、室内に冷たい冷気が入ってくることもありません。もちろん結露やカビ・ダニの発生も抑制出来ます。
窓も同じく家全体の断熱にとても大きく影響する部分です。
耐震診断・耐震補強
堺市では最も力を入れている補助制度の一つが耐震診断・改修のリフォームです。
特に堺市在住の65歳以上の申請者の場合、こちらのリフォームの補助金のみで最大226万円も受取ることができます。

万が一の大地震に備え、まずは耐震診断をから行ってみてはいかがでしょうか。目安として昭和56年(1981年)以前に建てられたお家は特に耐震性能が低い可能性が高く、少しでも早い受診をお勧めしています。堺市の指定業者による「耐震診断士」が直接診断を行い、改修方法のご提案から補助金の申請までお任せいただけます。
バリアフリー工事
バリアフリー工事は、介護保険の補助金等で最大20万円受け取れる場合があります。

雨で良く滑る床をやり替えたり、部屋と部屋の間の段差を解消したり、また急な階段で転ばないように手すりをつけたりと、まさに「転ばぬ先の杖」のリフォームが対象となります。

ホームインスペクション(住宅診断)について
Home inspection

ホームインスペクション(住宅診断)とは、国の認定した住宅診断士(ホームインスペクター)が、専門家の立場で住宅の状況や欠陥が無いかどうか、どのような点を補修したほうが良いか、またいつ頃までにその工事を行った方が良い等、費用を含め第三者の目線からアドバイスを行う業務です。お家のお医者さん、といったイメージで治すべき場所等を判断する「健康診断」です。

診断方法と診断項目について

穴を開けたり壁を壊したりしない、非破壊手法(目視・計測)で、家や外回りの劣化状態を比較的短時間で、可能な範囲で行います。外壁や基礎 に不具合の兆候は見られないか、室内に雨漏りの形跡はないかなどを目視で確認し、建物のコンディションを診断依頼者に説明します。

診断にかかる費用と時間

堺市のリフォームブランド【りこの】では、ホームインスペクションを一件あたり6万円(税抜)で受けることができ、リフォームをご検討の方にはオススメしています。基本的にスタッフ2名でお伺いし、お家の各箇所を順番に確認、検査致します。時間は30坪のお家の場合、3時間ほどで、天井裏、及び床下の詳細な検査が別途必要な場合はオプションとして対応させていただきます。検査の結果をもとに、報告書を作成し、診断結果の説明と併せてお渡しいたします。

住宅診断で安心が得られます

ホームインスペクション(住宅診断)を受けると、住宅を売買する際や昨今増えてきている省エネリフォームを行った際により効率的な売買やリフォーム、補助金を得ることなどが可能となってきます。

  • リフォームをしたいけど、補助金を受け取ることができるか
  • どのようなリフォーム工事をすれば補助金の条件に該当するか
  • 金額はいくら貰えるのか
お住いの市町村、リフォームの内容、リフォームの規模によって受取できる補助金はさまざまに異なります。
まずはお気軽にご相談ください。

リフォームのご質問
Reform Q&A

リフォームでもローンって組めるのですか?
提携しているリフォームローンが何社かございます。 金利や条件、金額について、中でもご利用しやすいものを準備しご紹介いたしますので、現場調査の際などに担当者にお伝えください。
相談やお見積りは無料ですか?

現場調査やお打ち合わせ、プランの作成、お見積もりの作成・提出は何度でも無料で行っております。
お客様がご納得頂けるように快適なプランを提案し、企業努力により実現しやすい価格でのご提案をいたします。

支払いはいつ発生しますか?

ご納得いただき、ご契約を結ぶまではお金は発生しません。
※見積書につける表を入れる 基本的には工事完了後、請求書をお渡ししてから10日以内にお支払いをお願いします。
お支払い方法はお振込みか、ご連絡いただければ集金にも伺います。

見積もりの金額を見てからリフォームするかどうか決めても良いですか?

はい、大丈夫です。どのくらい金額がかかるかわからない、金額をみて考えたいという場合でも、 お気軽にご相談ください。


現地調査のときまでに何を用意したらよいでしょうか?
最初に、どんな家にしたいか、困っている部分や新しくしたいことなどを家族でお話ください。
伝え忘れない様にメモなどにまとめておいてから、担当者にお話頂けるとスムーズです。
もし手元にお家の図面などあるようでしたら、現地の調査訪問時にご用意ください。
支払いはいつ発生しますか?

ご納得いただき、ご契約を結ぶまではお金は発生しません。
※見積書につける表を入れる 基本的には工事完了後、請求書をお渡ししてから10日以内にお支払いをお願いします。
お支払い方法はお振込みか、ご連絡いただければ集金にも伺います。

【りこの】について
Concept

【Ricono-りこの-】は、50年近く堺市の工務店としてお家を見守ってきた私たちが「今のお家で、長く安心して住み継いでもらう」ことを目標にした堺のリフォームのブランドです。建築士による細やかな気配り、そのお家でもっと快適に暮らしてもらうための工夫、末永いアフターフォローで安心できる家づくりをします。
りこの リフォーム&リノベーション

 堺市中区のお客様の声      
担当者さんは細かいところまで行き届いた配慮をしてくれて、とても良かったです。職人さんたちの挨拶もしっかりとしており、マナーに関しての不安はありませんでした。室内も外回りも丁寧に養生をしてくれたので、ご近所からのクレームも無かったです。工事の前と後には必ず説明をしてくれ、工程についても事前に教えてくれたので、安心して工事を行えることができたと思います。この秋に2階のリフォームをお願いしようかと思っているところです。

 担当者から           
ご家族それぞれのこだわりの部分を予算内で可能なかぎり取り入れ、設計させて頂きました。そして住みながらの大リフォームが始まりました。
当社では必ず工事前に近隣へごあいさつに伺います。近隣の方は近い将来のお客様だという思いで接しておりますので、ご近所のクレームはほとんど発生致しません。また、お家のリフォームしない場所もお客様の大切な財産です。傷等を付けないよう細心の注意をはらい、しっかり養生致します。現場の大工も当社の「現場マナー」を徹底し、安心して工事をお任せ頂けるように日々努めております。
この秋には2階もリフォームしてより快適に過ごせるお家になるようにお手伝いさせて下さいね。

補助金を使用してリフォームするなら
【りこの】へお任せ下さい
ご相談、現場の調査費用、提案・プラン・イメージCGの作成、お見積りの作成まですべて無料です。
すべてにご納得頂けるまで何度でもプランの修正や、ご予算に併せて見積金額の調整をします。
費用はご契約いただくまで、一切かかりません。
まずはお気軽に堺のリフォームブランド【りこの】までご連絡ください。
【りこの】は、家の資産価値を保つため、壊れてからのリフォームよりも、日頃のメンテナンスをおすすめします。
家全体の大きな改修から、日常の小さなアクシデントまで、堺市の地域の皆様の家守をしています。