人生インプロ(即興芝居)

世界を忍び翔けるインプロバイザー(即興芝居人)です。
舞台上で自由に生きるために。
このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。

忍翔/おしょう/OSHOW

劇団しおむすび 名誉顧問
不条理狂詩曲、Second Circle 主宰
国際シアタースポーツ協会 会員
インプロバイザー&コーチ、俳優、演出家

「人の人生をより良くする」をモットーに、世界中を飛び回りながら、インプロを遊び、学び、広める人。
日本初の学生インプロ団体「劇団しおむすび」や、毎週荻窪でインプロ公演を行うプロ集団「Second Circle」など、数々の団体をプロデュース。
国際的インプロ組織「International Theatresports Institute(通称iTi)」の日本人メンバーもある。海外で行われる国際インプロフェスに参加し、最先端のインプロを日本に持ち込んでいる第一人者でもある。

■英語作品
「Once On This Island」Papage 2009
「A Midnight Summer Dream]」Botom 2010
「Youg Forever」 Hook 2011
「Momo」 Nino 2012
「The Winter’s Tale」 Sheperd 2014
「Into The Woods] Baker 2015
「Fiddler On The Roof]」Rabai 2018
「You’re Good Man, Charlie Brown」Charlie 2019
…and so on
■日本語作品
「むだに過ごした時の島」ルイージ 2010
「歌わせたい男たち」与田校長 2011
「ハルシオンデイズ」哲造 2013
「カメヤ演芸場物語」ロマン 2014
「バンクバンレッスン」支店長 2015
「歌わせたい男たち」拝島 2015
「邯鄲」老国主 2015
「邯鄲/卒塔婆小町」秘書 2016
「ひとりトランス」立原、紅谷、参三 2017
「一人芝居ミュージカル短編集 vol.2」エスコフィエ 2017
「一人芝居ミュージカル短編集 vol.5」エスコフィエ 2018
…など
主宰団体

劇団しおむすび

2011年に結成した、日本初の学生インプロ団体。
50年続ける予定だったが、最高のメンバーに恵まれたことで、2019年3月に主宰を勇退し、名誉顧問に就任。
現在は残されたメンバーで「ハッピーバカやろうで、永遠の学生ノリ団体」として運営、活動している。
僕の一生の宝物。

不条理狂詩曲

忍翔、海原優騎、笑里、石川剛によって結成されたインプロチーム。
「真面目に不真面目、不真面目に真面目」をテーマに、
固すぎず、柔らかすぎない、心地良い空間を、創っては壊し、創っては壊す。創造と破壊の4人組。
「人生ってふじょうりなんだ、らぷそでぃ〜なんだ」と感じられるライブを目指す。

Second Circle

「Full Length Impro」と呼ばれる、1時間の長尺即興演劇の研究と実践を目的に結成された団体。
メンバーには、劇団や事務所の垣根無く、「物語を生きる即興芝居」を追求する人達が集まっている。
現在、荻窪のi Rego Garageにて、週1のレギュラーライブ「Second Circle Live」を行なっている。

インプロとは?

インプロとは「Improvisation(即興)」の略で、いわゆる「即興芝居」のことです。
多くの人がインプロを「シアターゲーム」と認識していますが、実際は違います。
インプロは、単なるゲームではなく、即興による芝居なのです。
想像上の世界を真実に生き、相手の存在・台詞・行動に一瞬一瞬反応し、物語を創り上げる芸術なのです。
そして、それが出来る人を世界では「インプロバイザー(即興芝居人)」と呼びます。

インプロバイザーとは?

海外では、多くのインプロバイザーが毎日のようにショーや公演を行い、その時しか見られない生のエンターテイメントや芸術を創り続けています。
僕は世界中で活躍する彼らの姿を見て、インプロバイザーこそが、舞台上を自由に生きる、理想の存在であると確信しました。
自由とは、恐れがなく、楽しさと遊び心に満ちていることです。
失敗すること、他人からの評価、未知に進むこと…全てに対しての恐れがなく、自らの楽しさや遊び心を基に動いていることが真の自由であり、それを舞台上で体現しているのがインプロバイザーなのです。

インプロワークショップとは?

僕のワークショップでは、まずインプロの楽しさを知ってもらうことから始まります。
人は「楽しい!」と思わないことはやりません。
「楽しい!」と思うことはどんどんやるし、どんどん上手くなっていきます。
しかし、そうでないことは、やっててもなかなか上手くなりません。これを人は「頑張る」と言います。
「頑張る」ことは美徳ですが、成長からはかけ離れています。
やってて楽しくもないことをやってて成長するわけありませんし、やってて楽しいことは「頑張る」必要ないのですから。
楽しんでいれば、勝手に上手くなっていきます。
そして、楽しんでる人は、見てる人を幸せにします。
僕はインプロするのも、教えるのも楽しいです。
一緒に楽しみながら成長しましょう!

出張指導

インプロを学びたい、ショーをやりたい人へ

インプロを学びたい、ショーをやりたい人からの出張指導依頼を受け付けています。

学生、社会人からプロの俳優まで、幅広い層にインプロを指導し、短期間でショーを創る事も出来ます。

(例)劇団しおむすびの「即興deNight」は、経験問わず出演者を募集し、3時間×8回の稽古で、90分のインプロショーを創り上げます。中にはインプロはもちろん、演劇の経験が全く無い人もいます。

■指導費
10000円/1時間+交通費
※人数や内容により変動あり。要相談。
※3時間以上から受け付けています。

■初めての人、お試しキャンペーン!
忍翔のインプロ指導を一度も受けた事が無い人に向けて、無料の出張指導を行っています!
交通費のみで「3時間の無料体験ワークショップ」を提供します!
受講後、Twitterにて「#おしょうワーク」で感想を呟いてください。

ワークショップ情報

インプロとクラウンのWS

インプロとクラウンには。共通点があります。
それは、どちらも「自分自身」からスタートすることです。
インプロのパフォーマンスは、何が出来るかは保証されませんが、誰がやるかの保証はされています。
ですから、その人が100%の魅力を出してステージに立てるように、思想や哲学があり、そこから様々なエクササイズへと派生していってます。
クラウンも、自分の中にいる魅力的な自分(クラウン)を見つけていく旅をします。
面白くあろうとするのではなく、自分自身に誠実であることで、その人がクラウンになれる瞬間がやってきます。
このワークショップでは、魅力的な自分に出会うための旅を、インプロとクラウン、両方の道から歩んでいきます。
人前で表現を志す方なら、どなたでもご参加頂けます。

【開催日時】
6月15日(土)10:00〜17:00

【開催場所】
豊島区周辺施設
※参加者にのみ通達。

【定員】
16名

【参加費】
6000円

ノットアドバンスWS

ノットアドバンス(先へ先へと展開させず、今やってることを興味深くし続ける)だけを徹底的に学ぶWSです。
この手法はコメディによく使われ、ミスター・ビーン(七面鳥に詰め物をする、カンニングをする…)やディズニー作品(氷の中のどんぐりを取り出す、ねずみを捕まえる…)でもよく使われます。
インプロのWS現場でも扱われることはあるのですが、非常に難しく、技術が必要なため、さらっと扱われて終わったりします。
しかし、即興で興味深いシーンを創るためには必要不可欠な技術でもあります(海外の講師で「90%のシーンはノットアドバンスが含まれる」という人もいるほど)
少人数でがっつり鍛えましょう。

【開催日時】
7月8日(月)19:00〜22:00
7月17日(水)19:00〜22:00

【開催場所】
豊島区周辺施設
※参加者にのみ通達。

【定員】
6名

【参加費】
各3500円

モノローグ訓練会

モノローグとは、一人語り、独白の長台詞です。短時間で出来る一人芝居と考えてもらうといいと思います。
海外の俳優さんと話をすると、ほとんどの俳優さんが自身の持ちネタのようにモノローグを持っています。
聞くと、オーディションで必ずと言って良いほどやらされたり、パーティーで披露したりすることもあるそうです。
モノローグは演技の練習にうってつけでもあり、自身の売り込みにも使えるので、1人1作は持っておいて損はないものだと思います。

【参加時の注意】
・参加される際、ご自身がものにしたいモノローグがあれば持ってきてください。その際「何をやるか」を問い合わせの欄にも書いてください。
なければ、こちらにもいくつか用意があります。
※おすすめ本→「モノローグ集『穴』」https://www.shibu-shibu.com/monobook
・小道具や衣装等、持参出来るものがあればお持ちください。
・覚えて来るのが理想ですが、「途中まで」「初見のもの」でも可能です。

【開催日時】
6月12日(水)19:00〜22:00
6月20日(金)19:00〜22:00
※6月は、映画監督であり「モノローグ集『穴』」の著者でもある渋谷悠さんがいらっしゃいます。

【開催場所】
豊島区周辺施設
※参加者にのみ通達。

【定員】
6名

【参加費】
各2500円

ふつかでインプロショー

数々のインプロビギナーを、インプロバイザーとして育て上げてきた忍翔が、たった2日間でインプロショーを創り上げます!
インプロ初心者も経験者も関係なし!地方からの参加も大歓迎!
全員まとめて一から鍛え上げます!

【WS&本番日時】
6月8日(土)〜9日(日)
※スケジュール
8日(土)13:00〜21:00 WS
9日(日)13:00〜16:00 WS
18:00〜19:00 本番

【WS&本番場所】
8日 豊島区周辺施設
9日 兎亭(江古田)

【本番の観覧料金】
1500円
※1枚につき500円のチケットバックあり

【企画参加費】
10000円

【定員】
12名

無料インプロWS

このワークショップは、インプロ初心者、もしくは忍翔の指導を受けたことない人のために、無料で開催されるワークショップです。
インプロの基本思想である「失敗を楽しむ」「相手にいい時間を与える」などを、様々なエクササイズやゲームを通して体験していきます。
つまり、今後インプロをやるための基本姿勢が体得出来るワークショップです。
「即興が苦手」という人のほとんどは、その思想を学ばずして即興をやってしまった人です。
ここいらできちんとその思想を学び、即興に対する価値観を180度変えてみましょう!

【開催日時】
6月25日(火)19:00〜22:00
※単発での内容なので、どちらかにご参加ください。

【開催場所】
豊島区周辺施設
※参加者にのみ通達。

【定員】
16名

【参加費】
無料!
※過去に受講経験のある方は、ご新規の紹介で無料になります。単独での参加は2000円です。

限界を超えてみるWS

最近、インプロがより一層上手く出来るようになったからこそ感じる「安住感」。それを打破するために必要なのは、今までやったことのないチョイスです。僕にとってそれは「クレイジー」という言葉がピンと来ました。
シーンで相手と対立したり、自分の感情をぶつけると、大概は見たことのあるようなやり取りになってしまいます。そこを飛び越えるためには、自分が普段したことのない、クレイジーなチョイスをすることが必要です。クロサワインプロの「アクション」はそのヒントになりますが、更に先を目指したいです。
以前、僕が子供を抱いた奥さんと喧嘩するシーンをやった時、僕は感情的に強く詰め寄りましたが、その時浮かんでいた「赤ん坊を投げ捨てる」「妻の髪を引っ張り回す」というチョイスはしませんでした。それはとても怖いことで、恐らく自分がクレイジーに思われることを恐れていたのだと思います。
とはいえ、ドラマには時にこのようなショッキングな瞬間は必要で、プレイヤーが怖気付いていると弱くなります。そんな時に怖気付かず、あえて怖いチョイスをしてみるには、そんな場を経験して慣れていくことが必要です。
というわけで、そのためだけのワークショップを開催します。シーンの中で、いつもの自分がやらないクレイジーな選択を出来るようになってみましょう。性的、暴力的になってみましょう。もちろん、そのための安全性は最大限確保するし、芝居は遊びなので皆でクレイジーを楽しみましょう(笑)
また、安全で見応えのある表現の仕方も教えます。これを知らないとお客さんが引いてしまうからです。でも、それを知ることでクレイジーが怖くなくなると思います。2回開催しますが、出来れば両日来られるのが理想です。単発でも全然ありです。

【日時】
6月10日(月)19:00〜22:00
6月14日(金)19:00〜22:00

【場所】
池袋駅西口から徒歩15分の施設
※参加者にのみ通知

【料金】
各回 3000円

【定員】
12名
出演情報

👫5月26日(日)14:00〜15:30/18:00〜19:30
「Pairs2」@兎亭/2500円

⭕️5月30日(木)20:00〜21:30
「セカンドサークルライブ」@アイレゴ/2500円(1drink付)

👶6月6日(木)19:30〜20:30
「Pures2」@兎亭/2000円+1drink代(300円〜)

⭕️6月17日(月)20:00〜21:30
「セカンドサークルライブ」@アイレゴ/2500円(1drink付)

⭕️6月27日(木)20:00〜21:30
「セカンドサークルライブ」@アイレゴ/2500円(1drink付)

💕6月28日(金)19:30〜21:00
「Love is Life」@兎亭/2500円

⚔️6月29日(土)~30日(日)
「ふつかで withじゅんき」@アイレゴ/2日間12000円、土曜6000円、日曜6000円、本番2500円

🎤7月3日(水)〜5日(金)
You're A Good Man, Charlie Brown」@シアター風姿花伝/5000円
予約はこちらから

定期出演中→横浜のアソビルにある国内初のショートフィルムギャラリー「STORY HOTEL

6/6「Pures2」

経験豊富なインプロバイザーと、冒険心と遊び心いっぱいのインプロビギナーによる、コラボインプロショー!

6/28「Love is Life」

ニ光アオイと共に贈る「恋愛」をテーマにした即興2人芝居オムニバス。
恋愛前、中、後の2人を30分の即興芝居で3本描く。
毎回好評の公演で、今回で3回目。

5/26「Pairs2」

即興2人芝居オムニバス公演。
好評につき第2回公演。
6人のプレイヤーがその場でペアを組み、30分の即興芝居を3本お届け!

6/29,30「ふつかでwithじゅんき」

2日で演劇を創る企画。
演劇が生まれてから死ぬまでを、観ることも出来るし、参加も出来る。
第2回の今回のパートナーは、Platformの戸草内淳基。

セカンドサークルライブ

毎週荻窪で行なっている、1時間の即興演劇公演。
前述のSecond Circleのページから、詳細が見られます。

Coming Soon!

yeah!

申し込みフォーム

出張指導、ワークショップ参加はこちらより受け付けます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
近日開催のワークショップや公演の最新情報はブログからご確認ください!