人生はインプロ(即興芝居)

世界を忍び翔けるインプロバイザー(即興役者)です。
舞台上で自由になるために。

忍翔/おしょう/OSHOW

インプロバイザー/インプロ&演技指導/演出家/役者

国際的に活躍するインプロ指導者・今井純、NYアクターズスタジオ生涯会員・ボビー中西に師事し、インプロとマイズナーテクニックを学ぶ。
20歳で日本初の学生インプロ団体「劇団しおむすび」を立ち上げ、現在は指導兼プロデューサーを務める。
2015年にミラノ、2017年にドバイで行われたインプロフェスに参加し、世界で活躍するインプロバイザーから最先端のインプロを学ぶ。
現在は、インプロの国際組織「International Theatresports Institute」の日本人メンバーとして、インプロマニュアルの翻訳を行うなど、日本でのインプロの普及に尽力。
また、一人芝居役者として、インプロ、ミュージカル、ストレートプレイも行い、「役者は1人でも生きていける!」を自ら体現している。

※下のボタンについて※
出演情報は「Twitter(真ん中)」、お問い合わせは「Mail(一番右)」からお願いします。
「舞台上で自由になる」

全ての役者が望むゴールだと思います。
僕もそれを望んでいる役者の一人であり、そういった同志を求める指導者であり、プロデューサーでもあります。
そのゴールに辿り着くために、僕は日々「インプロ」を続けています。

インプロとは?

インプロとは「Improvisation(即興)」の略で、いわゆる「即興芝居」のことです。
多くの人がインプロを「シアターゲーム」と認識していますが、実際は違います。
インプロは、単なるゲームではなく、即興による芝居であり、演劇なのです。
想像上の世界を真実に生き、相手の存在・台詞・行動に一瞬一瞬反応し、物語を創り上げる芸術なのです。
そして、それが出来る人を世界では「インプロバイザー(即興役者)」と呼びます。

インプロバイザーとは?

海外では、多くのインプロバイザーが毎日のようにショーを行い、その時しか見られない生の芸術を創り続けています。
僕は海外のインプロフェスで彼らの姿を見て、彼らこそ自由な存在であると確信しました。
自由とは、自分勝手にやることではなく、恐れがないことです。
失敗すること、他人からの評価、未知に進むこと…全てに対しての恐れがないことこそが真の自由であり、それを舞台上で体現しているのがインプロバイザーなのです。

2種類のインプロ

アウトサイドイン

具体的な設定付けをすることで関係性を創り、それを変化させていくことで物語を創る、ストーリーテリングのインプロ。
インプロの父と呼ばれるキース・ジョンストンが提唱したもので、いかに興味深いストーリーを作るかが重要視されている。
ドバイのインプロフェスにて、キースと共にパフォーマンスを行っていたパティ・スタイルズに師事

インサイドアウト

相手との繋がりの中で生まれた感情を使って物語を展開させていく、役者向きのインプロ。
シカゴのインプロバイザー、ミック・ネピアが提唱したもので、いかにプレイヤーが真実味を持ってストーリーの中を生きるかが重要視されている。
ドバイのインプロフェスにて、ミックと共にパフォーマンスを行っていたジョー・ビルに師事。

レギュラーワークショップ

【内容・日程・場所】
※①はアウトサイドイン、②はインサイドアウト
②11月20日(月)18:30〜21:30 @目白第二区民集会室
①11月21日(火)19:00〜22:00 @兎亭地下2階スタジオ(江古田)
①11月27日(月)同上
②11月28日(火)同上
②12月4日(月)同上
①12月5日(火)同上
①12月11日(月)同上
②12月12日(火)同上
②12月18日(月)同上
①12月19日(火)同上

【料金】
1回 2000円
10回 15000円

【参加希望連絡】
HP下にある3つのボタンの内1番右にある「メールボタン」から、件名「ワークショップ」として、本文に名前・年齢・所属(あれば)・参加希望日を明記して送ってください。

1日集中ワークショップ

【内容】
アウトサイドイン、インサイドアウトのインプロに加え、ディレクション(即興演出)やシアタークラウン(即興無言劇)など、様々なアプローチを行う10時間!

【日時・場所】
12月17日(日)10:00〜21:00 @東池袋第四区民集会室 洋室
※途中1時間の昼休憩あり

【料金】
早割 4000円(11月30日までの予約)
一般 5000円

【参加希望連絡】
HP下にある3つのボタンの内1番右にある「メールボタン」から、件名「1日ワークショップ」として、本文に名前・年齢・所属(あれば)を明記して送ってください。