人生はインプロ(即興芝居)

世界を忍び翔けるインプロバイザー(即興芝居人)です。
舞台上で自由になるために。

忍翔/おしょう/OSHOW

インプロバイザー&コーチ

高校で演劇、大学で英語劇・ミュージカルを始めた後、19歳(2010年)でインプロに出会う。
その魅力に取り憑かれ、20歳(2011年)で日本初の学生インプロ団体「劇団しおむすび」を結成。22歳(2013年)で単独即興ライブ「OSHOW」をスタート。24歳(2015年)でインプロの国際組織「International Theatresports Institute(通称iTi/国際シアタースポーツ協会)」の2人目の日本人メンバーとなる。
2015年にミラノ、2017年にドバイで行われたiTi主催のインプロフェスに参加。2018年にはロサンゼルスのインプロカンパニー「Impro Theatre」のサマーインテンシブに参加。世界で活躍するインプロバイザー達から最先端のインプロを学び、日本でのインプロの普及と発展に尽力している。

【学んだ演技テクニック】
インプロ/マスク/マイズナーテクニック/メソッド演技/スタニスラフスキー・システム/クラウン/ペルデカンプ・エモーショナル・メソッド(PEM)/ラバンエフォート…など

【学んだ指導者】
今井純/パティ・スタイルズ/ジョー・ビル/ダン・オーコナー/スティーブ・ジャランド/ボビー中西/ロベルタ・ウォーラック/木村早智/リロ・バウアー/山上優/サラ・ヴィクトリア/鍬田かおる…など

【主な出演舞台/作品】
「一人芝居ミュージカル短編集 vol.2」「一人芝居フェスティバル APOFES 2016/2017」「鬼フェス2015」「ZEN展」「SANDAI」「東京インプロフェスティバル」「若手インプロ団体合同公演」など…/「Once On This Island」「A Midnight Summer Dream」「Winter's Tale」「MOMO」「Young Forever」「Into The Woods」「Our Town」「トランス」「ハルシオン・デイズ」「恋愛戯曲」「ベター・ハーフ」「バンク・バン・レッスン」「歌わせたい男たち」「カメヤ演芸場物語」「むだに過ごした時の島」「邯鄲」など…
「舞台上で自由になる」

全ての役者が望むゴールだと思います。
僕もそれを望んでいる役者の一人であり、そういった同志を求める指導者であり、プロデューサーでもあります。
そのゴールに辿り着くために、僕は日々「インプロ」を続けています。

インプロとは?

インプロとは「Improvisation(即興)」の略で、いわゆる「即興芝居」のことです。
多くの人がインプロを「シアターゲーム」と認識していますが、実際は違います。
インプロは、単なるゲームではなく、即興による芝居なのです。
想像上の世界を真実に生き、相手の存在・台詞・行動に一瞬一瞬反応し、物語を創り上げる芸術なのです。
そして、それが出来る人を世界では「インプロバイザー(即興芝居人)」と呼びます。

インプロバイザーとは?

海外では、多くのインプロバイザーが毎日のようにショーや公演を行い、その時しか見られない生のエンターテイメントや芸術を創り続けています。
僕は世界中で活躍する彼らの姿を見て、インプロバイザーこそが、舞台上で自由な、理想的な存在であると確信しました。
自由とは、自分勝手にやることではなく、恐れがなく、楽しさと遊び心に満ちていることです。
失敗すること、他人からの評価、未知に進むこと…全てに対しての恐れがなく、自らの楽しさや遊び心を基に動いていることが真の自由であり、それを舞台上で体現しているのがインプロバイザーなのです。

忍翔のインプロ指導

僕のインプロ指導のテーマは、オープンであることと、交流することであり、そのためにまずその楽しさを知ってもらうことにあります。
人は「楽しい!」と思わないことはやりません。
「楽しい!」と思うことはどんどんやるし、どんどん上手くなっていきます。
しかし、そうでないことは、やっててもなかなか上手くなりません。これを人は「頑張る」と言います。
「頑張る」ことは美徳ですが、成長からはかけ離れています。
やってて楽しくもないことをやってて成長するわけありませんし、やってて楽しいことは「頑張る」必要ないのですから。(学校のテストと同じですね)
楽しんでいれば、勝手に上手くなっていきます。
そして、楽しんでる人は、見てる人を幸せにします。
僕はインプロするのも、教えるのも楽しいです。
一緒に楽しみながら成長しましょう!

主宰団体

劇団しおむすび

日本初の学生インプロ団体。2011年7月結成。学生を中心とした若い層に、インプロを学び、実践する場を提供している。

不条理狂詩曲

忍翔、海原優騎、笑里、石川剛によって結成されたインプロチーム。「真面目に不真面目、不真面目に真面目」をテーマに、固すぎず、柔らかすぎない、心地良い空間を、創っては壊し、創っては壊す。創造と破壊の4人組。
「人生ってふじょうりなんだ、らぷそでぃ〜なんだ」と感じられるライブを目指す。

Second Circle

普段別々の活動をしているインプロバイザー(即興役者)達が集まる、第2の本拠地(セカンドサークル)
お客さんの1アイデアから、1時間の演劇を、即興で創り上げる集団。
出張指導

インプロを学びたい、ショーをやりたい人へ

インプロを学びたい、ショーをやりたい人からの出張指導依頼を受け付けています。

学生、社会人からプロの俳優まで、幅広い層にインプロを指導し、短期間でショーを創る事も出来ます。

(例)劇団しおむすびの「即興deNight」は、経験問わず出演者を募集し、3時間×8回の稽古で、90分のインプロショーを創り上げます。中にはインプロはもちろん、演劇の経験が全く無い人もいます。

■指導費
10000円/1時間+交通費
※人数や内容により変動あり。要相談。
※3時間以上から受け付けています。

■初めての人、お試しキャンペーン!
忍翔のインプロ指導を一度も受けた事が無い人に向けて、無料の出張指導を行っています!
交通費のみで「3時間の無料体験ワークショップ」を提供します!
受講後、Twitterにて「#おしょうワーク」で感想を呟いてください。

応募はこちらから

近日開催のワークショップや公演の最新情報はこちらからご確認ください!