三保コミュニティデザインLaboとは
三保地域を盛り上げるイベント運営だけに
とどまらず、
様々な企画や実験、
三保松原の保全活動をしながら

三保を愛する人達のつながりを
デザインする団体です。

代表者 挨拶

代表 : 染谷理絵
三保に生まれ育ったからこそ、
三保をもっと盛り上げたい

三保地域を盛り上げるイベント運営だけにとどまらす様々な企画や実験、三保松原の保全活動をしながら三保を愛する人達のつながりをデザインする団体です。私は、特に4つのことを地域とともに育んでいきます。

1. 地域の多世代コミュニティの形成・社会参加の場を創出
少子高齢化が急速に進み、認知症ケアが社会全体の課題となっている今、地域における世代や形を越えたコミュニティ形成が求められています。
このマーケットが、子供から高齢者そして車椅子の方も集える多世代コミュニティとなり、社会的孤立を防ぐ為の社会参加の場の一つになればと考えております。

2. 作家の発信の場・挑戦の場を創出
元々、私はマルシェが大好きなお客様でした。
マルシェに頻繁に遊びに行くようになり、いつしか仲間が増え、私も出店してみたいという気持ちが芽生え、出店者に挑戦することに。
こうして新たに地元でマルシェを主催するようになりました。
私のように、マルシェに出店してみたいという方の想いを大切にし、全力で応援していきます。
そして、三保サンデーマーケットをきっかけに様々なマルシェに羽ばたいていく作家が増えたら嬉しいです。

3. 子供達がアートに触れる場・ものづくりへの好奇心の醸成
作家がデザインを発信する場だけに留まらず、子供達のもの作りへの好奇心が育つ場になればと願います。
そして、このマーケットの継続をきっかけに、次世代を担う子供達が、自分達の思いは形に出来るということを感じて、次の新しい風を吹かせてくれたらと思います。

4. 三保松原を楽しく美しく護る
三保で生まれ育ったからこそ、松と共に生きたい。だからこそ、いつまでも美しい松原でいてほしい。そんな想いで、松原の保全活動を行っています。


普段は、認知症施設グループホームを運営している看護師とケアマネです。
仕事を掛け持ちしている中での企画主催の為、至らない点も多々あると思いますが、誠意を持って対応させて頂きますので、ご理解ご協力をして頂けるとありがたいです。

皆様、どうぞよろしくお願い致します。


みほしるべ土曜市場

世界遺産の三保松原で、
世代を越えたコミュニティ形成と
三保松原を美しく護る「保全活動」により
三保地域がより良い街になることを目指すマルシェです。
毎月第三土曜日9:30~14:00の定期開催しております。

三保サンデーマーケット

世界遺産の三保松原で、世代を越えたコミュニティ形成と
地域活性を目的とした三保サンデーマーケットです。
毎年3月、6月、9月、12月の第2日曜日に御穂神社の境内で開催いたします。

連絡先はこちら

三保コミュニティデザインLaboと
こんなことをしたい!
こんなことをしてほしい!
ご意見、ご要望等お待ちしております。
MAIL : miho.cdlabo@gmail.com