防災かぁ~ちゃん
富山

防災士になったけど、
 まだまだひとりで
  活動する自信もない。

だから、みんなで
 防災・減災について
  勉強しませんか?

集まって情報交換し
 女性防災士のネットワークを
  広げましょう!

UDC2020実行委員会

Withコロナでの
複合災害どうする?

~ITを利用した災害対策~

新型コロナウイルスの第2波、第3波がくるかもしれないと言われている中、災害(地震、水害等)との複合災害が起きた場合、通常の災害時以上にいろんなリスクがあります。
新型コロナウイルスとの複合災害時の課題について、共に考えてみましょう!



〇 7月19日(日曜日)14時~
「Wiyhコロナの防災を考える」
 ZOOMオンライントーク

〇 8月23日(日曜日)
  10時~12時
 あんどうりすさんWeb講演会
「Withコロナの複合災害に備え、今できる家庭の中の備え」

〇 8月23日(日曜日)14時~
「コロナ禍禍で富山に自然災害が起こったら?」
~みんなで考えてみよう!~
 ZOOMオンライントーク


あんどうりすさん 
Web防災講演しました!

「今日からできる家族を守る防災の知恵」
~Withコロナの複合災害に備え~

日時:2020年8月23日(日)
   10時~12時

   ZOOM
   Youtube同時配信あり

   *一般公開 
   *参加無料
   *申込み必要(下記)


主催:NPO法人富山県防災士会



【あんどうりすさん紹介】

阪神大震災被災体験とアウトドアの知識を生かし、2003年より全国で講演活動を展開。とりわけ子育てグッズと防災グッズをイコールにしてしまうアウトドア流の実践的な内容が好評。楽しくてすぐに実践したくなる、毎日の生活を充実させるヒントがたくさんあると親達の口コミで全国に広まり、毎年の講演回数は100回以上。

あんどうりすさんWeb講演会(2020/8/23) 参考資料URL
アウトドア防災グラレコ
https://andorisu.jimdofree.com/防災講座-レジメ/

被災者支援チェックリスト
http://naganokai.com/wp-content/uploads/2018/12/9e1eeded5e9b2915bc87f3c779f9c88a.pdf

乳幼児栄養マンガ
https://andorisu.jimdo.com/災害時の乳幼児栄養マンガ/

水害避難マンガ
https://andorisu.jimdofree.com/水害時の早期避難マンガ/  

暮らしの中に防災を!
はじめてみませんか?

Q
「防災かぁ~ちゃん富山」はどのような集まりですか?
A
現在は、富山県の女性防災士が集まって、一緒に防災・減災について考え情報交換する場を定期的に行っています。

Q
「防災かぁ~ちゃん富山」はどのような集まりですか?
A
現在は、富山県の女性防災士が集まって、一緒に防災・減災について考え情報交換する場を定期的に行っています。

防災士になるためには

Q
防災士とはどういう資格ですか?
A
”自助”“共助”“協働”を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、 そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを日本防災士機構が認証した人です。
Q
どうしたら防災士になれますか?
A
日本防災士機構が認証した研修機関が実施する「防災士養成研修講座」(最低でも2日間)を受講し、「研修履修証明」を取得します。防災士教本に示す31講目が履修必要なので、集合研修で履修しない講目については、事前にテキストが渡され、各研修機関が定めた様式のレポートなどの提出が義務づけられます。集合研修の最終日に同じ会場で試験を実施いたし、3択式で30問出題され、70%以上の正答で合格です。その他「救急救命講習」(心肺蘇生法やAEDを含む3時間以上の内容)の修了証が必要です。
Q
防災士になるためにはどれくらいの費用がかかりますか?
A
研修費用は受験料、認証登録料こみで60,920円の費用がかかります。費用半額の「学生割引」や、それぞれのお住まいの自治体で費用の全額または一部を助成してくれる制度があります。詳細につきましては各自治体担当窓口へお問合せください。
Q
防災士とはどういう資格ですか?
A
”自助”“共助”“協働”を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、 そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを日本防災士機構が認証した人です。

会場研修の約3~4週間前に教材一式が届きます。研修会前に自宅学習して、研修日に履修確認レポートの提出が必要になります。

「防災士になるためには」の詳細はこちら

防災・減災を次世代の子供や孫に
受け継いでいける活動
私たちと一緒にやってみませんか?

今は女性防災士情報交換の場ですが、
いずれは「防災かぁ~ちゃん富山」
地域の方々が一緒になって、
防災・減災を考える場
作りたい
と思っています!