2021夏木山
アケボノツツジ開花情報







 



九州山地・夏木山1386mは、平成29年ユネスコエコパークに指定され、九州最後の秘境としてまた、日本のアケボノツツジの宝庫として知られる。



大分県佐伯市




こんにちは。
発信者の「ももさん」です。
夏木山のアケボノツツジをこよなく愛する方のために、今年も「開花情報・アクセス情報」をお届けします。
皆さんが、安全で楽しい山行になりますように、お祈りしています。
それでは、2021年の状況をお知らせします。
道路状況(軽自動車からワゴン車まで通行できます。但し、車高の低い車は要注意です。)
登山道状況(夏木新道は問題ありません。夏木山頂~犬流れ越まではアップダウンの岩場でジュラルミンの梯子とロープなど据え付けられており、要注意です。手元、足元を良く確認して縦走してください。)
開花状況
夏木山頂及びその周辺5/1日現在終了
※また、来年もご覧ください。

コースタイム

◎夏木山頂往復コース(休息含む)
(夏木新道登山口~夏木山頂120分~夏木新道登山口90分)
▼夏木新道登山口~シャクナゲ平20分(いきなり急登)~あけぼの平40分(やや急)~船石40分(急登、岩場2ヵ所※要注意)~縦走尾根分岐2分(平道)~夏木山頂18分(急登、1ヵ所岩場※要注意)

◎鋸尾根縦走コース(休息含む)
(夏木新道登山口〜夏木山頂120分〜犬流越100分〜犬流登山口60分)
▼夏木山頂~縦走尾根分岐10分(そのまま北へ直進)~鋸尾根展望5分~犬流越85分~犬流登山口60分~「林道」夏木新道登山口まで徒歩15分
※犬流越~犬流登山口への登山道が判りづらいので、要注意!「A角に右へ」
※このコースは、九州でも高難度の岩場で、ピークが5つ程あり、ジュラルミンの梯子やロープが掛けられ特に要注意。


民宿 夏木小屋泊の場合(佐伯IC〜20分)
※以降、民泊できる施設はありません。

夏木小屋〜道の駅宇目35分(R326号沿)~藤河内渓谷25分~夏木山登山口20分

◎夏木小屋〜山頂往復(休息含む)
夏木小屋8:00発~夏木新道登山口(40分予備)10:00発~夏木山頂12:00着~13:00発~夏木新道登山口着14:30着~藤河内渓谷温泉入浴15:10~16:00発~道の駅宇目16:30着

◎夏木小屋〜山頂~鋸尾根縦走(休息含む)
夏木小屋7:00発~夏木登山口9:00発(40分予備)~夏木山頂11:00(鋸尾根縦走:途中昼食40分)~犬流越13:20~犬流登山口着14:20~夏木新道登山口14:35着~藤河内温泉入浴15:15~16:00発~道の駅宇目16:30着

◎駐車場所:夏木山登山口5台程度。第二夏木橋~登山口1.2Km、3箇所路肩30台程度。犬流登山口先10台程度
※主な開花期土日等の場合は、第二夏木橋以降の駐車が無難。(下段コース情報確認)
◎開花標高:900m(シャクナゲ平)〜1386m(山頂)
◎開花期間:4月初旬〜5月初旬
※毎年気温差等により、開花期間に1週間前後のずれが生じる場合があります。
[中級・レベル3、40〜50歳標準体力基準]
あくまで目安です。余裕を持った行動を。


各ポイント開花状況
令和3425日()現在

①シャクナゲ平(900m)
[終了]


シャクナゲ平は、登山口から約20分。ここからこれまでと比べ、少しなだらかな登りとなる。夏木山のシャクナゲの咲く標高の一番低い場所。と同時に、アケボノツツジが見られるようになる所でもある。

②あけぼの平(1000m)
[終了]


あけぼの平は、登山口から約60分。時間、距離共に中間点。右の桧山を見ながら少しゆっくり休もう。ここから山頂に向けて本格的なアケボノツツツジの見所が始まる。山頂までの標高差は400m程だが、開花に3週間ほど差がある年もある。


③船石(1300m)
[終了期]


船石は、登山口から約100分。船に似た石がある所で、あけぼの平周辺よりも遅れてアケボノツツジが満開になる。南に木山内岳(1401m)や大崩山(1643m)が見える。

④縦走尾根分岐(1300m)
[満開過]


縦走尾根分岐は、登山口から102分。夏木山とおおのこ、このこへの分岐点。夏木新道からたどり着いた前方は祖母山方面で、この周辺の岩場に咲くアゲボノツツジも満開になると実に綺麗だ。

夏木山頂(1386m)
[満開]見頃予想【今週中


夏木山頂は、登山口から約120分。1386mの山頂よりも、そのまま直進して五葉岳方面に50m程進むと、周辺に良い自生場所がある。山頂からの展望は良く、祖母山(1756m)~傾山(1605m)~大崩山(1643m)までの稜線が左右に見える。
夏木山頂表示を少し左側に進むと千畳覗きの断崖絶壁がある。


⑥鋸尾根展望(1320m)
[終了]


鋸尾根展望は、夏木山頂から来た道を縦走尾根分岐まで下山し、そのまま北へ直進。5分ほど登ると至る。眼下の、おおのこ・このこの岩場に咲く満開のアケボノツツジは圧巻。背後に傾山(1605m)が聳える。

道の駅宇目~
登山口までのアクセス

①道の駅宇目

大分~宮崎両県を結ぶ国道326号沿い、唄げんか大橋のたもと、北川ダム湖畔にある。藤河内渓谷、夏木山への唯一起点となるため、集合解散場所としては、判りやすい。
大分駅から90分、藤河内渓谷まで25分。

②藤河内温泉

道の駅宇目から約20分。
藤河内渓谷の終点となる場所にある。上流花崗岩の割れ目から流れ落ちる鉱泉を引いて温め、温泉として利用している。藤河内渓谷入口駐車場までここから約10分。緊急時の避難場所として意識しておこう。(休館日:木曜・10:30~17:00開館)☎0972-54-3938

③藤河内渓谷

藤河内渓谷入口は、駐車場・トイレがある所。ここから上流に、藤河内橋を渡って約20分が夏木山登山口。右側は断崖絶壁で、舗装と未舗装の道が半々あり、狭く注意が必要。

④第一夏木橋

第一夏木橋は、トイレ、駐車場のある藤河内渓谷入口から約15分。ここから先に車が点々と止まっていれば、広い路肩に車を止めて歩く方が無難かもしれない。
これまでは、登山者が多い時もあまり歩くことは少ない。

⑤第二夏木橋

第一夏木橋から上流第二夏木橋まで車で約1分。更に登山口まで1.2Km、徒歩15~20分程度。開花時期、「土・日・連休中」は、登山口まで行かずにこの先路肩の広いところが3箇所、約20~30台程駐車できる場所があるので、確認し駐車することをお薦め。

⑥夏木山登山口

夏木山の登山口は、舗装道路の峠を過ぎた左側。ジュラルミンの登山届箱が目印。
車は、周辺に5台前後しか停められない。犬流登山口は、700m程先左側。至る路肩と登山口より50m程先に10台前後停められる場所がある。狭くて未舗装。通行は可能だか要注意。

開花情報提供者

柳井百人:民宿 夏木小屋経営
夏木山登山道開設・藤河内渓谷景勝地発掘、名付人・山岳救助隊/ガイド歴40年。
現在、「“活きている”自然・人・食・文化」をキーワードに一人で野営しながら日本百名山挑戦中❗


藤河内渓谷~夏木山登山口
4.5km(車約20分)

〒879-3402 大分県佐伯市宇目木浦内1297(藤河内温泉ゆーとびあ)
TEL0972-54-3938

緊急時:連絡先

佐伯消防署
(救急)
119(0972-22-3301)
佐伯警察署
(遭難)
110(小野市駐在所:0972-54-3230・佐伯警察署0972-22-2131)「山岳救助」
藤河内温泉
(避難所)
0972-54-3938(Wi-Fi)使用可能「木曜日:休館日」10:30~17:00
新宮医院 0972-54-3014
携帯電波可能域(docomo) 登山口(微弱)・シャクナゲ平・アケボノ平・船石・縦走尾根分岐・山頂
携帯電波可能域(au) 藤河内渓谷温泉・登山口(微弱)・アケボノ平・シャクナゲ平・船石・縦走尾根分岐・山頂(微弱)
携帯電波可能域(softbank) 藤河内渓谷温泉・アケボノ平・船石・縦走尾根分岐・山頂(微弱)
携帯電波可能域(docomo) 登山口(微弱)・シャクナゲ平・アケボノ平・船石・縦走尾根分岐・山頂