アトリエ ハーフ・ムーン

大人・こども・絵を描いて遊ぶ教室

いつもとちがう気分のとき、絵を遊んでみるのをおすすめします。
 
不安な気持ち、それはどんな形?色?
落ち着かない感じ、それはどんな感触?。
柔らかな心は、さまざまなものに反応しています。
静かにそこと向き合うとき、ヒントや、意外な発見が、やってきます。
 
それを色で感じていくお手伝いをします。
あなたの感じたいものはなんでしょう?


上手に描くだけが、絵の役割ではありません。
今、ほんとうに欲しい色はなに?自分に聞く。
学校の図画工作にはなかった、そういう時間。
 
自分の心の深いところを
色や形が教えてくれるのを感じる。
ゆっくりと遊びながら近づいて行く。
 
そこに近づくとき、
それは静かなパワーになります。
近づけたという体感は、
自分の軸となっていきます。
 
ただ、描いてみたい、作りたい、遊んでみたい
おとな・子どもには、画材と落ちつける場所を。
 
絵、やってみたいけど
苦手なんです、という方には
遊ぶコツをお伝えします。
 
手ぶらで行って、そんな探求のできる場所、
提供したいと考えました。

 

落書きは、楽しい。ゆっくり感じながら描く線は探求のワクワクがある。誰かに見せるために描いてない。自分のために描いている。。

↓描いている動画をYouTubeに載せてます。https://youtu.be/a5-2zDaZoYc

1、描き始めです。パステルを使って、気になった色をサラサラと描いてます。どんなふうになるか、ぜんぜんわかりません。線を引いたり、こすったり。どうしようかなーー。。
2、さらに気になる色を、塗ってみます。あちこち、あちこち。。大きく塗ったり、ちょこっと置いたり。。
3、全体をティッシュで拭き取りました。新しい気持ちで、また線を描いてみる。先に塗った色と会話するのは、楽しい。少し塗ると、ふわっと、全体に影響がある。。今回は、こんな感じに落ち着きました。
3、全体をティッシュで拭き取りました。新しい気持ちで、また線を描いてみる。先に塗った色と会話するのは、楽しい。少し塗ると、ふわっと、全体に影響がある。。今回は、こんな感じに落ち着きました。

私は美術大学を出たあと、10年以上、絵を描こうと、全く思いませんでした。あるとき、2歳の子がサインペンで、落書きしてるのを見て驚きました。ぐーの手に握ったサインペンで、下から上にぐいぐい線を描いて、サインペンと画用紙を味わっている。。それは、冒険のようでした。。そこから、新しい絵との出会いが、ゆっくりと始まりました。

自分の手に、パステルに、聞いてみる。どの色が気になる?どんな風に描きたい?そもそも、ほんとうは描きたいんだっけ?(笑)。そっと自分に聞きながら、サクサクとか、ゴシゴシとか、手を動かします。わからなくなったら、止まります。。丁寧に、イヤな色は避けて、好きな、気になる色を使ううち、何か見えてくるのです。これは、急いでるときは、むずかしい。。急ぐのがあたりまえのようになっているとき、この時間は、貴重です。本心から好きな色に出会うとき、安心します。安心を探せる自分て、いいものです。。

自分が何を好きなのか、見えにくいときは、忙しかったり、緊張したりして、感覚が固まっているのだと思います。おとなも、こどもも、忙しいことが、あたりまえのようになってはいないでしょうか。。すこしの静かな時間、好きな色、欲しい感覚を探す、そのお手伝いをします。もちろん、どんどん描きたいよー!というときは、ご自由に。

そんな場所が、あってもいいじゃないか、と思うのです。

アトリエ主催・中村すみ代  1963年生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒業。上智社会福祉専門学校卒業。イラストレーター歴4年。サンバ・パーカッション歴10年。




これは、もっと、おいしい色にしたいなーと、遊んでるところ。

パステル、クレヨン、水彩絵の具など、アトリエにある画材は、自由にお使いください。その他、ダンボール、紙粘土、針金、接着剤など、工作したい方は、お使いください。

何も考えず、青系の色を、オートマチックに塗っていたのですが、ゆっくり気のすむまで塗っていたら、なにか不思議に満足しました。



何気なく、青をうすく塗って始まりましたが、いつのまにか、秋の草原のようになっていきました。草原を歩く感じ、思い出しました。

描いてる途中で、羽っぽい形がいくつも見えてきて、うれしかったのでした。どこが、羽?でも、いいんです。正解は自分が感じればいい。

たしか、これを描いた日は、夜、寝付けなかったのでした。欲しい色を塗っては、指でなじませていく。ただ、その繰り返しが、静けさを運んできました。

ワクワクと、ヒリヒリと、優しさと。。いろんな気分、混ざっていたとき。これを描いて、そうか、こんな感じか、と一息つきました。

時間割りです。
AとB、どちらかの時間帯を、お選びください。
1月の予定
水、木、金、OPENしてます。
2月の予定
水、木、金、OPENしてます。
ワクワクと、ヒリヒリと、優しさと。。いろんな気分、混ざっていたとき。これを描いて、そうか、こんな感じか、と一息つきました。

お問合せ

nakamura@hot.interq.or.jp

●件名に、アトリエ ハーフ・ムーン問い合わせと、お書きください。
●第1希望日と第2希望日を、お知らせください。
●翌日中に、お返事いたします。

アトリエ ハーフ・ムーンより


2020年10月20日 料金は、A、Bとも、それぞれ3,000円です。
2020年10月21日 A、Bとも、定員は2人です。
2020年10月21日 アトリエは、埼玉県川越市です。東武東上線、JR川越線の川越駅から、バスで10分です。お申し込みのあった方へ、詳しい住所をお知らせします。
2020年10月21日 コロナ感染防止のため、検温とマスク着用をしています。アレルギー等ある方は、お申し出ください。


2020年10月21日 アトリエは、埼玉県川越市です。東武東上線、JR川越線の川越駅から、バスで10分です。お申し込みのあった方へ、詳しい住所をお知らせします。