名経大高蔵高校陸上競技部後援会

名古屋経済大学高蔵高等学校陸上競技部後援会です。 
当後援会は、陸上競技部の活動を後援し支援することを目的として発足しました。本趣旨にご賛同をいただき、名古屋経済大学高蔵高等学校陸上競技部後援会にご支援ご協力をいただけます様、心よりお願い申し上げます。

強化募金(入会)のお願い

顧問あいさつ

目指せ!インターハイ・京都全国高校駅伝(都大路)出場!入賞!

 日頃から学校関係の皆様、地域の皆様、OB・OG並びにOB・OGの保護者の皆様、陸上競技部を応援してくださる皆様のご支援とご協力に深く感謝申し上げます。
 部の目標は「全国高校総体」と「全国高校駅伝競走大会(都大路)」に出場し入賞することで、陸上競技の中・長距離、駅伝種目を中心に力を入れています。部員数は現在48名と増えており、大会成績も2018年度は愛知県高等学校男子駅伝競走大会で過去最高の3位入賞を果たし、東海大会出場を勝ち取ることができました。
 部の指導方針は、「陸上競技を通じて、慈・忠・忍の心を育む」、「陸上競技を通じて、自立出来る生徒の育成」、「愛知県を代表するチームを目指す」この3点を掲げています。陸上競技だけでなく、「凡事徹底」のチームスローガンのもとに人間力を育てます。教員、部員全員が高い目標を持ち、豊かな人間性を養いながら、日々真剣に取り組んでいます。私自身は生徒に思う存分に陸上競技が出来る環境を整えてあげたいと日々痛切に感じています。
 つきましては、OB・OG並びにOB・OGの保護者の皆様、地域の皆様、陸上競技部を応援してくださる皆様には何卒、部活動強化の趣旨にご賛同を賜りまして、「名古屋経済大学高蔵高等学校陸上競技部強化募金」にご協力くださるようお願い申し上げます。

陸上競技部顧問 加藤良寛

強化募金(会費)の目的と使途

~強化募金(会費)の目的~

これまでも、強化募金(会費)による多くの皆様のご支援を受けて、高蔵生たちは成長し、競技パフォーマンスを向上させてきました。準備は整いつつあり、今年は大きなチャンスだと思っています。
 インターハイ出場、都大路出場という夢を叶える(目標を達成する)ためには、これから厳しい練習に立ち向かい、怪我をせず、貧血に陥ることなく、練習を継続させる必要があります。トレーニングをハードにすればするほどに、栄養サポート、怪我の予防と対策、カラダの回復とコンディショニング、なども同様に充実させなければなりません。

~強化募金(会費)の使途~

  • 栄養サポート費用
  • コンディショニング費用
  • トレーニング機器費用
  • 人件費・旅費・選手輸送費

 生徒が頑張ったことが、単なるカラダの消耗で終わってしまうのは悲しいこと。生徒たちの意欲と頑張りが、空回りに終わるようなことはさせたくありません。そのための強化募金によるご支援のお願いです。

強化募金(入会)についてのご案内

~募金(年会費)額、募金(入金)方法、連絡先をご案内いたします。~

~募金額(年会費)~
1口を1,000円とし、
  • 個人 2口2,000円
  • 法人・団体 5口5,000円
※上記、口数以上であれば金額は問いません。

~募金(入金)方法~
  1. 現金の場合は、後援会会計にお渡しください。
  2. 振込の場合は、振込先をご案内しますので、メールにてお知らせください。
~連絡先(事務局)~

【名古屋経済大学高蔵高等学校陸上競技部後援会】
〒467-8558 愛知県名古屋市瑞穂区高田町3丁目28番地の1
TEL 052-853-0050
FAX 052-853-0087

~メールアドレス~

強化募金(入会)を頂いた方々へ

① 募金(入会)を頂いた方々には、「会報」を進呈します。

募金(入会)を頂いた方々には、「会報」をお礼に進呈させて頂きます。
本会報は、年1回発行し、前年度下期(9月)~本年度上期(8月)までのメンバーの紹介やコメント、記録やランキング等を掲載したものです。

② 5000円以上の募金(入会)には、「会報」と「マフラータオル」を進呈します。

5000円以上の募金(入会)を頂いた方々には、「会報」と「マフラータオル」をお礼に進呈させて頂きます。
本マフラータオルは、毛違いジャガード織という製法で日本製(今治製)綿100%高級素材使用し、美しい発色に高級感が漂うリバーシブルデザインのオリジナルタオルです。これを持って、ぜひ応援に来てください!
(上記はイメージにて、実際のご覧の画面上の色と実際の糸色には多少差がございます。)
※マフラータオルは、10月中旬納入予定

名古屋経済大学高蔵高等学校陸上競技部後援会規約

第1条 名称
本会は名古屋経済大学高蔵高等学校陸上競技部後援会と称し、事務局を名古屋経済大学高蔵高等学校内におく。
第2条 所在地
本会を次の所在地におく。愛知県名古屋市瑞穂区高田町3丁目28番地1
第3条 目的
本会は名古屋経済大学高蔵高等学校陸上競技部(以下「部」という。)の活動の趣旨を理解し、部の振興と施設設備の充実および部員生徒の健全なる発達を援助することを目的とする。
第4条 事業
本会は前条の目的を達成するために、常に学校および部顧問と緊密な協力を保ちつつ、下記の事業を行う。
  1. 部活動の振興、奨励および援助
  2. 部活動に必要な施設設備の充実および環境の整備
  3. 会員相互の親睦および交流
  4. その他本会の目的達成に必要な事業
第5条 会費
会員は本会の目的および事業内容に賛同し、後援会会費を納めたものとする。会員の種別と会費は以下のとおりとする。
会費納入は1口1,000円で2口以上とし、2口以上であれば口数、金額は問わない。但し、現役部員の保護者は10口10,000円とする。
  1. 現役部員の保護者  年会費10口10,000円
  2. OB・OG      年会費2口2,000円
  3. OB・OGの保護者  年会費2口2,000円
  4. 本会の目的に賛同する一般個人  年会費2口2,000円
  5. 本会の目的に賛同する法人  年会費5口5,000円

第3条 目的
本会は名古屋経済大学高蔵高等学校陸上競技部(以下「部」という。)の活動の趣旨を理解し、部の振興と施設設備の充実および部員生徒の健全なる発達を援助することを目的とする。
第6条 役員
本会に次の役員をおく。
  1. 会長   1名
  2. 副会長  1名
  3. 会計   1名
  4. 会計監査 1名
  5. 世話役  若干名
第7条 役員選出及び任期
役員は会員の内から総会において選出し、任期は1年とする。但し、再任は妨げない。
第8条 役員の任務
  1. 会長は本会を代表して会務を統括する。
  2. 副会長は会長を補佐する。
  3. 会計は財務を執行する。
  4. 会計監査は会計状況を監査する。
  5. 世話役は行事、広報、会員への連絡等を担当する。
第9条 会議
本会は総会及び役員会とする。
総会は年1回とする。但し、会長が必要と認めた場合に臨時に招集することができる。役員会は会長が必要と認めた時に招集する。
第9条 会計
  1. 本会の会計は、会費、寄付金及びその他の収入によりまかなう。
  2. 会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。
第10条 設立年月日
本会の設立年月日は平成28年6月1日とする。
第8条 役員の任務
  1. 会長は本会を代表して会務を統括する。
  2. 副会長は会長を補佐する。
  3. 会計は財務を執行する。
  4. 会計監査は会計状況を監査する。
  5. 世話役は行事、広報、会員への連絡等を担当する。

フォトギャラリー

ホームページ
名経大高蔵高校陸上競技部 公式ホームページです。
Twitter
名経大高蔵高校陸上競技部 公式Twitterです。

メールアドレス
名経大高蔵高校陸上競技部 後援会のメールアドレスです。
メールアドレス
名経大高蔵高校陸上競技部 後援会のメールアドレスです。