代表・岡脇 柚太加

バレエ
パドドゥ

徳島県出身。3歳よりバレエをはじめる。

オーディションを経て2007年AIS BALLET JAPAN 専科コースへ入学。Carol Roderick女史、Tatiana Stepanova女史、Sherilyn Kennedy(元英国バーミンガムロイヤルバレエ団プリンシパルダンサー)、Alen Bottaini氏(元バイエルン州立オペラ座バレエ団プリンシパルダンサー、バルナ国際コンクールゴールドメダリスト)に師事。在学中にアカデミー生徒して参加したバルナ国際コンクールでコンクール史上初、舞台上で踊りを披露。
2009年AIS芦屋ユースバレエ団正団員となる。

国内外のコンクール受賞歴として、2003年四国コンクール第4位、全日本バレエコンクール四国代表他、入選入賞多数。YAGP2009ニューヨーク シティ ファイナル(ニューヨーク、アメリカ)アンサンブル部門 TOP12作品『Two Kinds of…』(Yuki Yasuda振付)の一員として重責を担う。YAGP2010日本予選ソロ部門 ファイナリスト。ワシントンバレエスクール(アメリカ)サマーインテンシブのスカラーシップ賞を受賞、留学。
YAGP2012日本予選パドドゥ部門第3位 2011年AIS BALLET JAPANドイツ公演、『RISING UP』(キビリエ劇場 ミュンヘン ドイツ)に出演Alen Bottainiら世界のプリンシパルダンサーらと共演する。 AIS芦屋ユースバレエ団の定期公演では主要なレパートリーを踊る。Ashiya International Society主催のワークショップでは、ジュリー・ケント女史(ABTプリンシパルダンサー)、メーリス・パクリー氏(英国ロイヤルバレエスクール現役教師)、ビクトル・カバニャエフ氏ら多数に師事。AIS専科生の時代から、定期公演に出演する傍ら、年間通じて関西を中心に高齢者福祉施設、病院等のAIS教育福祉活動(OUT-REACH公演)に参加。
ブルーバード(眠れる森の美女)、ソロル(ラ・バヤデール)、くるみ割り人形の王子、バジル(ドン・キホーテ)等のクラシック作品のに加え、ドロッセルマイヤー(くるみ割り人形)などのキャラクターや、ボレロ(ラベール作曲、Viktor Kavaniaev振付)等のコンテンポラリー作品を含めたレパートリーがある。

2013年7月より ABC-TOKYOにソリストとして入団

古典作品では、アリ、ジークフリート、ロットバルト、ランケデム、バジル、など主要な役柄を踊る。
オーストラリアツアーの際には創作 鶴の恩返し で主役 きんぞう を、ヨセフとマリア では ヘロデ王役を踊る。
2014年7月ABC-Tokyo附属三田バレエスクール 代表に就任。
クラシックバレエのみならず、コンテンポラリー、振付けなどの分野でも幅広く活躍。
2016年よりABC-TOKYOバレエ団 Executive Director就任
同年1月1日 株式会社ライフスタイルオーダーメイド 代表取締役就任
現在バレエ団内でのほとんどの公演に主役として出演
2016年6月 MDF(Mita Dance Factory)を立ち上げ代表に就任
2017年ABC-TOKYO新作「夢」主演

田中 みどり

バレエ

プロフィール
東京生まれ、7才でバレエを始める。

1982年 来日中のエマ・プリャーニチニコワ女史(元ボリショイバレエ学校教師)に出会い、7年間ワガノワ・メソッドおよびモダン・キャラクターを学ぶ。1894年から女史にワガノワ・メソッドの教授法も学ぶ。1986/87年 ボリショイのピオネール宮殿にてエマ・プリャーニチニコワ女史振付の「イーゴリ公」ハイライトでセルゲーエフ氏をパートナーにボンダレンコ氏指導のもと主役を務める。その他主な主演作品には、「白鳥の湖」「胡桃割り人形」「コッペリア」「ドン・キホーテ」、ハイライト作品の「ジゼル」「眠れる森の美女」「ライモンダ」がある。1998年 退団後「ショピニアーナ」「ガヤーネ」「シンデレラ」のバレエ作品以外にモダンの公演にもソリストとして客演する。1990年 自身が主催するプルミエール・クラシカルバレエをスタート。および、エマ・プリャニチニコワ女史の指導していたクラスを引き継ぐ。1999年~2005年 東京スクールオブミュージック専門学校のダンス科・ミュージカル科の講師を務める。2016年6月 Mita Dance Factory 講師就任

紫竹 康太

バレエ
コンテンポラリーバレエ
パドドゥ

北海道出身。4歳でモダンバレエを始める。岡田佳子に師事。
2009年より久富淑子バレエ研究所へ移籍。久富淑子に師事。
第31〜33回 全道バレエフェスティバルに出演。
第9回北海道バレエコンクール ジュニアA 入賞1位、審査員特別賞受賞。
2012年、Royal Academy of Dance IntermediateをDistinctionで合格。
翌年、Advanced1をDistinctionで合格。
2013年、バンコクシティバレエに留学。コンテンポラリーダンスを学び独自のスタイルを研究。
2014年、青森県立美術館舞台芸術企画「アレコ~青函ソウルヴァージョン~」に出演。
2015年、函館市文化団体協議会50周年記念公演にてコンテンポラリーダンス作品「REDearth」を振り付け。
同年、神奈川県庁短編演劇集「ウキヨホテル」出演。
2015年、ABC-TOKYOバレエ団 入団。
2015年〜、ABSコンテンポラリーダンスクラスの講師を務める。
2016年、同バレエ団でコンテンポラリー作品「Rise」を振り付け。
2017年、バレエ団 新作「夢」を創立者 三谷梨央と共に振り付け、発表。
同バレエ団の各公演、海外ツアーにも参加。
ステージマネージャー、コリオグラファーも務める。
外部ではゲストとして出演、振り付け、指導などで活動。

千葉 美南海

バレエ
パドドゥ

東京都出身。田村征子バレエスタジオにてバレエを始める。多摩市バレエ連盟主催「くるみ割り人形」などに出演。2006年パリへ留学し本場ヨーロッパの地でバレエを習得。帰国後、オーディションを経てABS(オーストリア・バレエ・スクール)へ入学。優秀な才能が認められ、学校長より奨学金が授与される。ABSでは古典バレエはもちろんのこと、JAZZ、コンテンポラリー、HipHopなど様々なジャンルの舞踊スタイルを学び、身に付ける。バレエ解剖学、バレエ教育学、栄養学などの座学も幅広く学ぶ。また、ABSの母体であるABC-Tokyoバレエ団の研修生としても研鑽を積み、「浦島太郎」、「レ・シルフィード」「雪女」等に出演。2013年ABC-TOKYOバレエ団の正規団員として入団。その後、古典作品のみならず「神の道化」「メサイア」「京の雨傘」「鶴の恩返し」などといったABC-Tokyoオリジナルの創作作品にも出演し活躍する。2013年にパリオペラ座バレエ団が来日した際に上演した「天井桟敷の人々」では出演オーディションに合格し特別出演。2014年ABCのオーストラリアツアーに参加。その際に上演した「ヨセフとマリア」では大天使「ガブリエル」役に抜擢され好評を博す。現在は同バレエ団の主役を務める。2015年ABC-TOKYO附属三田バレエスクール主任講師に就任。優しくも適切な指導に定評があり後進の指導にも力を注いでいる。

齋藤(吉田) 己枝子

ジャズ
骨盤調整ピラティス
シェイプアップヨガ

7歳からモダンダンスを始める。

日本女子体育短期大学、舞踊家教職、卒業後、ミュージカル、TV、イベント、ショー 多数出演、東京ディズニーリゾート、イクスピアリ クリスマスファンタスティックショー振付け、プロデュース公演、構成、演出、振付け コリオグラファとして経験を積む。

また、ダンス指導も子供クラスからカルチャースクール、ダンススタジオでジャズダンスインストラクターとして活動をする。

長年のダンスで、体を酷使、怪我で悩んでいた頃に体と心のケアという事を考え、ヨガを始める。

ダンス指導の経験を生かし、たくさんの人達に触れ会って、喜びや楽しむ心外、内面から美しく手助け、力になれる様、レッスンを心がける。

現在もジャズダンスインストラクター、振付家、YMCメディカルトレーナースクールでヨガのインストラクターとして活躍中。

ICFA認定 ヨガインストラクター
IHTA認定 ピラティスインストラクター
IHTA認定 サップヨガインストラクター
全米ヨガアライアンスRYT200
アーユルヴェーダビギナーズクラス終了
ボディメイクインストラクターティーチングテクニック終了

元木 由香

バレエ

山形県出身。4歳よりバレエを始め、スタジオリズムアートにて本間恵子に師事。
後にシグナスバレエスタジオにて鈴木栄美・東海林隆に師事。
シンデレラ主演や白鳥の湖よりオデット姫・眠れる森の美女よりフロリナ王女のGPPなどを踊る。
第20回東北バレエコンクール  3位
2009年 スターダンサーズバレエ団特待生として入所。
2011年 ABC-TOKYOバレエ団入団。
白鳥の湖・ジゼル・ライモンダ・レ・シルフィード・浦島太郎・雪女・京の雨傘・鶴の恩返し・メサイア(ガブリエル役)など数々の作品に出演。オーストラリア・シンガポールツアーにも参加している。