「相続」のことなら

たいよう総合事務所
弁護士法人 たいよう総合法律経済事務所
 八戸にある「たいよう総合事務所」「弁護士法人たいよう総合法律経済事務所」の相続関係のホームページです。

 弁護士、司法書士、税理士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、弁理士が所属しております。いろいろな法的な問題について、ワンストップサービスでの解決を目指す総合事務所です。

相続手続のお悩み・・・

【相続税】
親が亡くなったが、相続税はかかるのだろうか?かからないのだろうか?
相続税がかかるとしたら、いったいいくらいぐらいなのだろう?
【土地建物の名義変更(相続登記)】
土地建物を相続したが、名義の変更はどのようにしたら良いのだろうか?
【遺産分割のとき・・・】
相続人の中に判断能力が十分でない人がいるのだけど、どうしたら相続手続きが進むのだろうか?(成年後見)

相続人の中に行方不明の人がいるのだけど、こんな状態でも遺産分割できるのだろうか?(不在者財産管理人)
【遺産分割がまとまりそうにない・・・】
相続人が多いので、なかなか遺産分割がまとまらないのだが、どうしたら良いのだろう?

どのような方法があるのだろう?
【相続放棄】
自分は相続しなくても良いのだけど、正式に相続を放棄する手続きはどこでやればよいのだろう?

【遺産分割がまとまりそうにない・・・】
相続人が多いので、なかなか遺産分割がまとまらないのだが、どうしたら良いのだろう?

どのような方法があるのだろう?

各種のご相談、お手続きをワンストップで!

相続税
 まず気になるのが、相続税がかかるのか?ということではないでしょうか。相続税は、いつまでに、いくらえばよいのだろうか?準備もあるでしょうから、気になるところです。
 税理士が相続税のご相談・税務申告を承っております。
相続登記
 遺産を分ける話がまとまっていれば、不動産を相続することになった人は、相続登記を法務局(登記所)に申請することになります(この登記は義務ではありませんが、亡くなった人の名義のまま放置しておくと子孫が困ることが多いので、相続登記をした方が良いでしょう)。
 司法書士が相続登記のご相談や申請を承ります。
成年後見・財産管理人
 相続人の中に判断能力が十分でない人がいる場合や行方不明の人がいる場合には遺産分割協議の前に成年後見人や不在者財産管理人を選任する必要があります。
 成年後見人や不在者財産管理人は家庭裁判所に申立をして裁判所で選任してもらうことになります。
 司法書士や弁護士がご対応いたします。
遺産分割
 複数の相続人がいて、話がまとまらない場合、弁護士を立てての話し合いや家庭裁判所での遺産分割調停など裁判所の手続きを考える必要があります。
 弁護士の裁判外での話し合いがうまく進むようであれば、家庭裁判所を使う必要はありませんが、話し合いがこじれるようなら家庭裁判所で行う遺産分割調停手続も考えなければなりません。
相続放棄
 マイナスの財産(負債)も相続します。亡くなった方の財産が負債ばかりということもあります。負債を相続しないためには、家庭裁判所で相続放棄の手続きをする必要があります。原則として、自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内に申し立てます。
 もちろん、プラスの財産だけでも「自分は放棄したい」というのであれば、相続を放棄することができます。
 司法書士や弁護士がご対応いたします。
相続放棄
 マイナスの財産(負債)も相続します。亡くなった方の財産が負債ばかりということもあります。負債を相続しないためには、家庭裁判所で相続放棄の手続きをする必要があります。原則として、自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内に申し立てます。
 もちろん、プラスの財産だけでも「自分は放棄したい」というのであれば、相続を放棄することができます。
 司法書士や弁護士がご対応いたします。

受付案内窓口

まずは、受付案内にお気軽にお電話ください。
もちろん、相続手続以外のことでお困りの方もお電話ください。

※お電話でのお問い合わせは、無料です。
定休日:土曜・日曜・休日・年末年始
お電話は午前9時から午後5時までにお願いします。

メールの方は、こちらをクリック
(できるだけ早く返信をいたしますが、こちらから返信がない場合、ネットワークの不具合などで、こちらに届いてない場合も考えられます。その場合はお電話でお願いいたします。)


※お客様用の電話番号です。
営業や勧誘の電話はお客様のご迷惑になります。おやめください。

アクセス

青森地方裁判所八戸支部や青森地方法務局八戸支局のある通りに面しております。駐車場も完備しております。

バスでお越しの際は、「根城(博物館前)」でお降りください。
事務所はバス停からすぐです。

法定相続情報証明制度のご相談は司法書士へ




イラストは「いらすとや」様を利用させていただきました。ありがとうございました。