今日亡くなったらいつ葬式するの?お通夜・告別式のため今することは?

今日亡くなったらいつお葬式になるのか?と疑問に思う人は少なくありません。
葬儀の経験を全くしていないのが普通であるでしょう。


例えば今日亡くなった場合には

通夜が明日、葬儀・告別式は明後日

というスケジュールが一般的とされています。

年末年始に亡くなった場合の葬儀スケジュールはこちら>>

実際に通夜や葬儀は葬儀場や火葬場の空き状況に合わせて日程を決めることがほとんどです。
なので地域によっては1週間先まで待たなくてはいけないこともあります。

ただ今日亡くなったからといって必ずしも明日、明後日に葬儀をしないといけないわけではないんです。

なので今日亡くなったらまず考えないといけないことはいつお葬式をするのか?ではなく葬儀社を探し見つけることです。

葬儀の流れ、スケジュールに慣れていない人や知識不足の人がほとんでしょうから基本的には葬儀社に全てを任せましょう。

葬儀社なんて探してもない・・どこがいいのかも分からない・・そんなにお金をかけて葬儀ができない・・・

そういったご家族は少なくありません。
まずはご希望の地域でイメージに近い葬儀社を紹介してもらいましょう。

おすすめ相談サービス

いい葬儀
24時間365日いつでも電話一本で、あなたが希望する地域・プラン提供してくれる葬儀社をピックアップして紹介してくれます。病院で亡くなった、自宅で亡くなった、長距離移動が必要な場合であっても対応してくれます。遺体搬送のみでも相談でき、相談実績30万人を超えています。
葬儀レビ
400社の葬儀社の中から最大5社のあなたの理想に近い葬儀社を一括見積りができます。同じ葬儀プランであっても料金相場は異なり、もちろん地域でも違ってきますので費用を抑えて葬儀をとり行いたいと考えるご遺族には目安がすぐに分かります。お見積りは無料でできます。
葬儀レビ
400社の葬儀社の中から最大5社のあなたの理想に近い葬儀社を一括見積りができます。同じ葬儀プランであっても料金相場は異なり、もちろん地域でも違ってきますので費用を抑えて葬儀をとり行いたいと考えるご遺族には目安がすぐに分かります。お見積りは無料でできます。

いつまでに葬儀をしないといけない決まりはない!

今日亡くなったらいつお葬式を行うのか大まかな流れは分かったと思います。

しかし通夜や葬儀は厳密にいつまでにしなくてはいけないという期間の決まりはありません。
なのでオーバーに言えば、亡くなってから1ヶ月後に通夜と告別式を行なっても構いません。

ただ遺体は日が経つにつれて傷んでいくため、ドライアイスをずっと当てる必要があります。
ドライアイスにかかるお金は一日大体10000円とされており、手配料や片付けにかかる料金も含まれます。

特に夏は暑いため傷みやすく、ドライアイスと合わせて室温を適切に管理しなくてはいけません。
また斎場などで遺体を安置するときは、安置室の利用料や遺体安置保管料だけでなく付き添い費用といった人件費がかかる場合もあります。

よって今日亡くなったとしても通夜や葬儀までの期間にルールはないものの、なるべく早く済ませるほうが良いでしょう。

友引の日は火葬場が休みのケースが多い

今日亡くなったらいつお葬式をするのかで気を付けたいのが自分たちだけの予定では日程を決定することはできないことです。

友引の日は火葬場が休みのことが多いのでそれが理由で葬儀の日程も変わってくる場合があります。

何故火葬場が友引に休みかというと、友引に葬儀を行うと周りの人も故人と共にあの世へ連れて行かれると昔から考えられており、縁起が悪いとされるからです。

参照:友引はいつ?六曜カレンダー

早朝・明け方に亡くなったらいつ葬儀?

今日の早朝に亡くなったらいつお葬式をするのか?早朝の場合は翌日に通夜で翌々日に告別式をします。

当日に行うこともできなくはないですが、かなりタイトなスケジュールになりますし、遺族側に負担もかかってきます。

夜中に亡くなったらいつ葬儀?

今日の夜中に亡くなったらいつお葬式をするのか?夜中の場合は、例えば亡くなった時刻が午前1時の場合はその日の夜に通夜を行い、翌日に告別式をします。

斎場や火葬場との兼ね合いから翌日に通夜で翌々日に告別式でも問題はありません。

亡くなった当日に葬儀をすることは問題はない?

今日亡くなったからといってその日にお葬式を取り行うのは難しいかもしれません。

日本の法律で、亡くなってから24時間以上経過していないと火葬は行ってはいけないことが決まっています。

なので、亡くなった当日に葬儀は行うことはできません。

その理由としては、昔は仮死状態でも死亡と診断してしまうことが稀にあったので蘇生する可能性があると考えられていたからです。

今は死亡診断の技術も進歩しているので蘇生することはないとされています。

お通夜、告別式は必ずしないとダメ?

お葬式ではお通夜の後に告別式を行うのが通常の流れになります。
ですが通夜と告別式は必ずしなければダメというわけではありません。

最近では火葬だけの直葬を選ぶ人も少しずつ増えています。

直葬は料金も通常の葬儀費用に比べて安く、家族や親族だけで行われるため他の参列者を気にかけなくて良いなどのメリットがあります。

なので遺族側にとっては経済的にも精神的にも負担は最小限に抑えられるのです。

しかし周囲からの反対があったり、故人との最後のお別れがこれで良かったのかと後悔したりとデメリットもあります。

また菩提寺がある場合はお寺側と揉める可能性もあるということを忘れてはいけません。
このため直葬は皆が納得した上で選択するほうが良いといえます。

今日病院で亡くなった後の流れ

今日もし病院で亡くなった場合は、医師による死亡宣告を受けた後に死亡診断書を書いてもらいます。

看護師などがご遺体に必要処置を行い、それが終わったら斎場や自宅に搬送して安置という流れになります。

病院にご遺体をずっと安置しておくことはできないので、亡くなった後は急いで葬儀社と連絡を取り合う必要があります。

今日自宅で亡くなった後の流れ

今日もし自宅で亡くなったときは初めに何故亡くなったかが重要となります。
亡くなった理由によってすべきことも違ってくるので、詳しく見ていきましょう。

まず、療養中に病死した場合はかかりつけの医師に連絡をします。
医師が自宅に来て死亡宣告をすることで初めて死亡が認められます。

かかりつけの医師がいないときは、直ぐに救急車を呼びます。
救急車で病院に搬送され医師が死亡を確認するためです。

その後医師が作成した死亡診断書を受け取るという流れになります。
突然倒れた、事故で死亡したなどの病気で亡くなった以外の場合は警察を呼びます。

警察が来て検視を行った後は死体検案書が作成されます。

ここで注意したいのが、警察が来るまでは決してご遺体を動かしてはいけないということです。
警察は事件性がないかどうかを調べるので、ご遺体には触らないようにします。

そして警察から死体検案書をもらった後に遺体を安置し、葬儀社とのやり取りを行うという流れになります。

死体検案書とは、死亡診断書と同様の効力をもつ死亡を証明する書類のことです。そのため役所で死亡届を出す際にも使用します。

今日亡くなったら場合に知っておきたい葬式までにする役所での手続き

今日亡くなったらいつお葬式をするのかとスケジュールの確認も重要ですが葬儀をするためには、いくつかの手続きが必要になります。

まず、死亡診断書の受け取りをしましょう。

家族が亡くなった場合、最初に医師から死亡診断書を受け取ることとなります。

死亡診断書は葬儀を含めて、色々な手続きで提出の必要があるため、絶対に無くさないよう注意が必要です。

次に、死亡診断書を受け取ったあと、遺体を安置所へ搬送してから死亡届と埋火葬許可申請の手続きを行います。

一般的に、死亡届と埋火葬許可申請の手続きは同時に行い、両方とも7日以内に提出しなければなりません。

提出先は、故人が死くなった場所もしくは本籍地、届出人が住んでいる場所のいずれかの役所です。

また、期限に関わらず、可能な限り早く済ませなければならない公的手続きも沢山あります。

年金受給停止の手続き・介護保険資格喪失届・住民票の抹消届・世帯主の変更届は、14日以内に手続きを行いましょう。雇用保険受給資格者証の返還は1ヶ月以内、国民年金の死亡一時金請求・埋葬料請求・葬祭料や家族葬祭料請求・葬祭費請求・高額医療費の申請は2年以内です。

ほかにも、不動産・預貯金・株式の名義変更、クレジットカードの解約は相続確定後、運転免許証の返納とパスポートの失効手続きについては、可能な限り早く行いましょう。

埋葬許可証と火葬許可証の違い

火葬許可証は、死亡届と死亡診断書が役所で受理されることで発行されます。

火葬許可証が無い場合には火葬ができないため、必ず葬儀の前に手続きを行わなければなりません。葬儀後、火葬を行うと、火葬許可証に火葬場の証印または火葬日時が記入されます。

火葬場の証印または火葬日時が記入された火葬許可証が、埋葬許可証になるのです。

納骨の際には、埋葬許可証が必須となります。

今日の亡くなったのが土日、深夜でも役所は対応してくれる?

今日亡くなった・・・でも今日は平日ではないということもありうるでしょう。
人は、いつ亡くなるか予測できないため、全国の役所では土日、時間に関わらず死亡届の受理しています。

つまり、土日でも深夜でも対応してくれるのです。

今日が年末年始だったら?いつが葬式?

基本的に、年末年始に人が亡くなった際には、1月4日以降に葬儀が行われます。
すぐに葬儀ができない理由は、12月30日~1月4日を休みとしている火葬場が多いためです。

ただし、葬儀社については年中無休で営業しているケースが多いため、対応をしてもらうことは可能となります。
12月29日に亡くなった場合であれば、通常通り葬儀と火葬が行えるケースも多いです。

また、火葬場の休み明けにスケジュールが変更になるだけであり、儀式や料金が変わることはありません。

年末年始の葬儀を希望する際の注意点

年末年始は火葬場が休みになるため、一般的な葬儀、告別式、火葬という流れとは異なります。

年始に葬儀と火葬を行う場合、葬儀社と同様に僧侶も忙しくなるため、休み明けに可能な限り早く連絡を入れ、スケジュールを押さえておきましょう。

また、年末年始は銀行なども休みとなるため、現金を用意できなくなります。

車代や読経料などは、葬儀の当日に渡さなければならないため、現金が必要になるため、ある程度の現金を用意しておかなければなりません。

年末年始の場合、葬儀ができるまでの遺体の安置はどうすればいい?

火葬場が休み中である12月30日~1月4日に亡くなった場合、火葬場の予約ができないため、休み明けすぐに連絡を入れて予約をしなければなりません。

通常、葬儀のスケジュールは火葬日から逆算して決定されるため、火葬日の調整ができなければ告別式のスケジュールも決定されないのです。

休み明けは火葬場も混雑するため、予約が取れない場合には、亡くなった後1週間以上が経ってから火葬をするケースもあります。
そのため、遺体の長期保存の際に注意が必要です。

遺体の傷みや感染症を防ぐため、ドライアイスや保冷室を使用することになります。

ドライアイスは1日5,000~10,000円、保冷室は1日10,000円という料金がかかるのです。

万が一、10日以上の保存期間となる場合には、遺体保存のための特別な処置を行う必要があるでしょう。

処置を行うことで、常温で10~20日、ドライアイスを利用した場合は1ヶ月もの長期間、保存することが可能です。

今日亡くなったらいつお葬式のまとめ

今日亡くなったらいつお葬式なのか?基本的には亡くなってからお葬式までの期間に決まりはありません。
なので急ぐ必要もありませんが、ご遺体のことを考えればできるだけ早くスケジュールを確保するのがいいですね。

また火葬場、お坊さんを呼ぶのであれば自分たちだけの都合で日程を決めることもできない点も注意はしておきましょう。

何よりも大事になるのは葬儀社をどこにするかです。

多くの葬儀社がありますのでご遺族が希望する葬儀をとりおこなってくれるところを探す必要があります。

おすすめ相談サービス

いい葬儀
24時間365日いつでも電話一本で、あなたが希望する地域・プラン提供してくれる葬儀社をピックアップして紹介してくれます。病院で亡くなった、自宅で亡くなった、長距離移動が必要な場合であっても対応してくれます。遺体搬送のみでも相談でき、相談実績30万人を超えています。
葬儀レビ
400社の葬儀社の中から最大5社のあなたの理想に近い葬儀社を一括見積りができます。同じ葬儀プランであっても料金相場は異なり、もちろん地域でも違ってきますので費用を抑えて葬儀をとり行いたいと考えるご遺族には目安がすぐに分かります。お見積りは無料でできます。
葬儀レビ
400社の葬儀社の中から最大5社のあなたの理想に近い葬儀社を一括見積りができます。同じ葬儀プランであっても料金相場は異なり、もちろん地域でも違ってきますので費用を抑えて葬儀をとり行いたいと考えるご遺族には目安がすぐに分かります。お見積りは無料でできます。