劇団しおむすび

今を生きて、未来を創る。
人生という名の即興芝居。

劇団しおむすびとは…

2011年夏に結成された、日本初にして唯一の学生インプロ(即興芝居)団体。
プロのインプロバイザー(即興役者)である忍翔がプロデュース・指導を務めており、
「いいインプロバイザーを育てる」ために、インプロを学び、実践する場を提供している。

2018年11月現在は、4期生(2年目)&5期生(1年目)&大人メンバーの計16名。

※ちなみに「劇団しおむすび」の「劇団」は「演劇団体」ではなく「劇的な団体」の略である。

忍翔(おしょう)とは…

1991年3月8日生(27歳)
インプロバイザー&インプロコーチ
高校で演劇、大学で英語劇・ミュージカルを始めた後、19歳(2010年)でインプロに出会う。
その魅力に取り憑かれ、20歳(2011年)で日本初の学生インプロ団体「劇団しおむすび」を結成。22歳(2013年)で単独即興ライブ「OSHOW」をスタート。24歳(2015年)でインプロの国際組織「International Theatresports Institute(通称iTi/国際シアタースポーツ協会)」の2人目の日本人メンバーとなる。
2015年にミラノ、2017年にドバイで行われたiTi主催のインプロフェスに参加。2018年にはロサンゼルスのインプロカンパニー「Impro Theatre」のサマーインテンシブに参加。世界で活躍するインプロバイザー達から最先端のインプロを学び、日本でのインプロの普及と発展に尽力している。

インプロとは…

台本なしで行う即興芝居。日本ではまだマイナーだが、欧米では毎日のようにショーが行われ、インプロ出身のスターも数多く存在している(ウディ・アレン、ロビン・ウィリアムズ、ウーピー・ゴールドバーグなど)。普通の演劇と違い、お客さんと一緒に創り上げるものなので、エンターテイメント色が強い。短い芝居を作ってチームで対決したり、長い芝居を創ってみたりと、見せ方は様々。

劇団しおむすびの実績…

偶数月のショー「即興deNight」と、年度末3月に「しおふぇす」と題した大規模なイベントを開催している。
また、外部のイベントにも数多く参加。
Platform主催「若手インプロ団体合同公演」「学生シアタースポーツ大会」、ロ字ック主催「鬼フェス」、インプロジャパン主催「Tokyo Impro Festival」、東京都美術館でのパフォーマンスなど。
インプロ業界からの評価も高く、他のインプロ団体や劇団からの客演依頼も絶えない。
学生メンバー
あかりん
4期/小悪魔天使
ヤマガミコトノ(がみ)
4期/山神の御言
木村桃香(ももち)
4期/もももももももももももち
はる
5期/永遠のJKインプロバイザー
黒瀧嶺華(くろちゃん)
5期/青森が生んだおしゃれ番長
小林真人(まこっちゃん)
5期/Mr.フルスイング
あかりん
4期/小悪魔天使
大人メンバー
ゆうき
即興する機械
坂山熙(るん)
熱血坂山芝居塾!
石川剛(ごう)
剛力ゴッドファーザー
小玉高(こう)
どうも、こだまこうです。
西竹巧弥(くみ)
大阪LOVER
中野コウスケ(なかの)
沈黙の狩人
だいら
国境なき性別
ナッツ
フライングヒューマノイド
小玉高(こう)
どうも、こだまこうです。
公演情報

日時 2018年12月21日(金)19:30〜21:00(19:00開場)
内容 笑いあり、涙ありの90分!即興でないと味わえない時間と空間が、ここにある!!!
料金 1500円!
会場
兎亭(江古田駅から徒歩7分、新江古田駅から徒歩15分)
予約 こちらから!
料金 1500円!
「インプロを始めたおかげで、インプロをやめることが出来ました」

とある卒業生が残した言葉です。
彼は自分の夢を人に話すことが出来ませんでした。
「バカにされるんじゃないか」「どうせ無理だと言われるんじゃないか」…
そんな不安から、自分の可能性を閉じ込めてしまっていたのです。

でも、インプロを通じて、彼は自分が本当にやりたいことを見つけました。
正しさではなく、ワクワクを頼りに、自分の人生という脚本を書き始めました。
「宇宙飛行士になる」というゴールに向かって…。
2017年3月5日 忍翔
最新公演、ライブ、ワークショップ情報はブログより!!!