新卒就活イベントには参加すべき?
短期内定もありえるの?
新卒で就職活動をしているという方、通常の企業の説明会の他にも就活イベントのようなものの開催ってありますよね。

こうした就活イベントには参加すべきなのでしょうか?それとも通常の説明会のみ行っておけばOKなのでしょうか?

短期内定も可能性なイベントもあるということで、イベントの紹介と参加の是非について考えてみたいと思います。

あらかじめ対象業界、企業が明確にわかっている場合

志望している業界が完全に固まっていて、もうその業界のどの会社を受けるかが決まっていて、他の業界を受ける必要はないという学生の方。そうした方については就活イベントは不要なのかなと思います。

理系でピンポイントで進む業界が決まっている方等はもう不要ですよね。文系でもマスコミピンポイントとか、かなりの特定の業界のみで勝負するという方はあえてこうしたイベントに行く必要はないかもしれません。

ただ、その人のレベルによりますが、その志望している業界で全滅する可能性があるというような方は就活イベントに関わらず、いろいろな企業を見て周った方がいいでしょう。

いざその業界だけに絞って全滅して、他に何も希望が無くなりました、では就活は済まないからです。

明確に志望が決まっていない学生の場合

明確に志望する業界、会社が決まっていない学生の場合、少なくとも1度は就活イベントについても参加してみてもいいのかなと思います。

実は明確に志望する業界が決まっていない学生、なんとなく決まっていても、実は他に良いところがあったら考え直してもよいと思っている学生。そうした方がほとんどなのではないでしょうか。

そこまで大学の勉強をしていたり、普通の学生生活を送っている中で明確に志望業界が決まるという人が珍しい気がします。

イベントに参加してみて合わないと思えばその後行かなければいいだけですし、もしかするとイベントに参加して偶然良い企業が見つかったり、ヒントを得られるかもしれません。

就活イベントのメリット

就活イベントのメリットとしては、一度に複数の会社のことを知ることができるということ、自分が一切興味ないと思っていた会社のことも知ることができるということになります。

説明会なんて、ある程度狙った業界しかいかないですよね。
またはなんとなく興味を持ったところということで、全く検討違いの会社の説明会まではなかなか行かないものです。

ただ、本当にそれが正解なのかどうか、それは誰にもわかりません。
話を聞いてみたら、思ったよりこっちの業界、この会社っていいんじゃない?と思うことは普通に起こり得るのです。

またそういった新たな発見がなかったとしても、イベントに出ている会社はこんな感じであまり良くなかったので、やはり自分がもともと目指している会社を受けにいこうと気づくことも大事です。

ランダムで出てくる会社なので当然、いいと思わないことも多いとは思いますが、この業界は良くない、興味ないなと改めて知ることも逆に志望業界への志望動機のヒントになったりします。

短期内定のイベントのおすすめはMeets company

ここで一つ就活イベントについてのおすすめとしてMeets company(ミーツカンパニー)について紹介したいと思います。

このMeets companyのイベントはDYMという会社が行っているものになるのですが、1日で複数社のプレゼンを聞くことができ、個別座談会やグループワーク、就活アドバイザーとの話もできるというものになります。
(内容はそのときによって異なります)

合同説明会のようなイベントだと、なかなか有力企業は出てくれないというところもあるのですが、Meets companyの場合、サイバーエージェント等の有力企業やトップベンチャー系の企業も参加するときもあり、なかなか期待度が高いものになっています。

仮にそこで良い企業と出会った場合特別選考を受けられる可能性も出てくるのです。そうではなく普通の選考になった場合も、こうしたイベントで御社を見て・・・というような話ができれば、内定率はぐっと高まってきますよね。

こちら側のやる気を見せるという意味でもこうしたイベントで出会うというのは大事なポイントにもなってきます。

グループワークの練習にも役立ちます

こうしたイベントで行われるグループワーク。こうしたワークについては面倒くさい・・と思う方もいるかもしれません。

ですが、実際の選考上でも、グループワークを避けて通ることができないシーンはたくさん出てきます。

どうやってグループワークを上達させるか、これはひたすら場数を踏んで経験するしかありません。

最初から得意な人も中にはいますが、苦手な人だったり上達させていくにはとにかく経験することです。その経験を本番の選考上でわざわざ行うことはありません。

こうしたイベントの中で経験しておけば本選考上でも十分スムーズに進められるようになるのです。

就活アドバイザーと話ができるというメリット

このMeets companyのイベントの特徴として就活アドバイザーと直接話ができるということになります。

学校内でも就活の相談を受けてくれるところもあるかもしれませんが、あくまで大学側の人であったりすると、正しい意見が出るとは限らないところもあります。

極端な話、裏技的な方法であったり、裏話的なものだったり、直接聞きにくかったりするようなもの、そうした話まで就活アドバイザーであれば聞きやすいというところもあります。

就職活動では本音と建前的なところがどうしてもあります。すべて本音で行っては正直難しいというところもあります。そうした微妙な話の部分まで相談することができるというのは魅力があるものになります。

利用者数が多い大型イベントになっています

ここで紹介したMeets companyですが、その内容を見ると年間の利用者が約10万人、そしてこのサービスを利用して就職に成功した人が5000人となっています。実際のこのイベント経由で即時内定、短期内定が出た人もいるということがわかります。

そこまでの短期内定でないとしても、就活は情報戦という側面もあります。このようなイベントに出て、情報を集めておくというのも大事です。

メインとして座談会も用意されていますし、大人数を集める説明会では聞きにくいことや、その場でアピールして引っ張ってもらう等の可能性も出てくるわけです。

参加することでお金がかかるようなものでもありませんし、合う合わないというところはあるかと思いますが、経験の一つとして参加しておいた方がメリットが大きいのではないでしょうか。

詳しい公式案内も出ていますので、就活中の方はぜひチェックしてみてください。
以下からMeetscompanyの案内を確認してみてください。