なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

身長が低いけどバスケットボールで活躍できる?身長を伸ばすには?

バスケットボールをやりたい!中学・高校でも活躍したい!と考える学生さんは多いと思います。

でも、バスケをやる際に問題となってくるのが身長です。

身長が低いと、バスケはそのスポーツ上、極めて不利になってしまうというところがあります。

身長が低くてもバスケで活躍する方法はあるのでしょうか?
バスケのために身長を伸ばしていくということはできるのでしょうか?

本当にバスケットボールには高身長が有利なの?

バスケというと高身長というイメージがありますが、本当にバスケには高身長な方が有利になるのでしょうか?

プロの世界ということで調べてみますとNBAだと198cm、日本のB1リーグで190cmが平均身長になっているということが書かれていました。

日本人男性の平均身長が171~172cmくらいということを考えると、かなり高い人ばかりが集まっていることになります。

NBAも同じで、いくらアメリカといっても平均身長はざっくりとしたレベルですが176~177cm程度。全員が180cm以上なんてことはありませんが、190cm平均というのはどう考えても高いということになります。

こうしたプロの結果で見ても身長が高い方が有利であるということは明らかです。

プレーで考えても身長が影響する

バスケのプロの場合にどうなのかというような話を書きましたが、現実的にプレーで考えても、身長は影響しますよね。

リバウンドを取るときはジャンプ力は影響しますが、その前に基本の身長が足りないと取れないでしょうし、シュート時においても、ブロックされる可能性が高くなってしまいます。

パスも上からとなると、身長がないとちょっと通りにくくなりますし、目線の差がそのまま大きなハンデとなってしまうというところがあります。

バスケに身長は絶対に必要なわけではない

バスケというととにかく身長とその技量が大きく関連してくるようなものに見えますが全員が身長が高いというわけではありません。

プロのバスケットボールプレーヤーでも170cm台どころか160台の選手がいたりするわけです。富樫 勇樹選手の場合167cmで日本でプロとして活躍しています。

これは極端な例になるのかもしれませんが、身長が高ければバスケが上手いなんてことが言えるわけではなくて、低くても低いなりの戦い方があるということがわかります。

身長が低くても活躍できるのがPG(ポイントガード)であるなんてことはよく言われていますね。

ゴールの前で身長で勝負するのではなく、ゴールから遠ざかって平面的な動きをしていくのであれば、高さ勝負ではない技量勝負ができるということになります。


naverまとめでも、「【バスケ】ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!」なんて記事が出ていますね。
https://matome.naver.jp/odai/2138263564520378001

中学・高校であればまだ身長は伸ばせます

身長が低い人でもバスケで活躍できるということは書きましたが、それでも高い方が有利であるということは事実です。

今もう大人であれば、その身長の中でどうプレーに活かしていくかという勝負になりますが、まだ中学生・高校生であれば、身長は伸ばすことが可能です。

高校生になってから身長が一気に伸びるケースというのも結構ありますね。どこかの1年で急激に10cm以上伸びるということもそんなに珍しいことでもありません。

伸ばすためにできることをやっておけば、可能性は高まってきます。

睡眠をしっかりととること

身長を伸ばすのに大切なこととして睡眠があります。

この睡眠の要素はそんなに意識していない人も多いかもしれませんが、かなり重要なことと見ています。

睡眠中に多く成長ホルモンが分泌すると言われていますし、大きく身長が伸びた人は、大体、学生の頃にたくさん寝ています。

具体的データで示せないので、確実な話ではないのですが、寝ているときに成長しやすいということ自体は事実で、成長期にどれだけ成長させるかというところがポイントとなるわけです。

これが夜更かしをしていると、その分伸びるチャンスを失うということにもなってしまいます。

現代人の問題というところで、スマホ等でいくらでも夜更かししやすくなっているというところがあります。ついつい話が長引いてしまって夜眠れなくなったり、見たいコンテンツがあったりというようなこともあるかと思います。

ですが、これは身長を伸ばしたい人は大きなマイナス要因となってしまいます。夜更かしは体調も悪くなりますし、スポーツをやる人、バスケをやる人にとっては何もいいことはありませんね。

栄養をしっかりと摂るということ

身長の伸びを決める大事な要素のもう一つが食生活です。

やはりたくさん食べる人はそれだけ伸びやすいということになります。
食べるといってもお菓子を食べるというのではダメで、しっかりとご飯を食べるということ。

特にたんぱく質を摂るということです。
米ばかりだと炭水化物になるのでおかずをたくさん食べるということです。肉類、豆類等が良いとされています。

食が細くてあまり食べられない・・・なんて人はバスケのプレーヤーにはほとんどいないかもしれませんが、栄養面は意識したいところです。

サプリメントを飲んでみる手も

身長を伸ばす方法として、今は専用のサプリメントも販売されています。

身長を伸ばすサプリメントということで、結構いろいろなメーカーは販売していたりするものです。

本当に効くのかどうかが怪しいと思っている人もいると思いますが、成長期であれば栄養を適正化するのに効果が高いと考えられます。大人になってしまうと手遅れなので、中学生・高校生くらいがちょうどよい時期になるのです。

中高生専門サプリということであればプラステンアップのようなサプリメントもあります。
中高生の背を伸ばすということを目的としたサプリであり、こうしたサプリメントを試してみてもいいのかなと思います。

現役中学生・高校生の場合は、親とよく相談して決めるようにしてみてください。

→プラステンアップのサイトはこちら


身長が低いからといってバスケを諦めることはありませんし、中学生・高校生であればまだまだ伸ばすことも可能です。
できる限りのことを頑張るようにしていきましょう!