あなたの会社の経理処理を「自動化」し、
圧倒的効率化・迅速化を実現してみませんか?

クラウド型会計ソフトfreee(フリー)を導入することで
経理処理のほとんどを「自動化」することができ
見違えるほど効率化・迅速化します。

経理処理の効率化・迅速化により
経理担当者の処理負担が激減し
面倒だった経理処理が
「もっと楽に、もっと楽しく」なります

経営者にとって必要な情報である
月次損益資金繰りの状況も
きちんと把握できます

クラウド会計freeeはとても便利

だが、しかし!

会計事務所の多くが
使いこなせない

という
驚愕の事実!!!



初めてパソコンを手に入れた時のことを覚えていますか?
使いこなせましたか?
うまく使いこなせなかった方が多いのではないでしょうか?
「こんなに使いこなせないんだったら、今までの紙に記録の方が早い」
と思ったのではないでしょうか?
本当にそう思いますか?
_________________

freeeを使い始めたものの
「今までの会計ソフトと
見た目も取引登録方法も違うから使いこなせない」
という状態に陥って
結果として今までの会計ソフトを使い続けている人がいます

企業の経理の方はもちろんですが
会計事務所の多くが同じような悩みを抱えています

ReHugに「freeeのアドバイザー検索で見つけたので
ReHugさんにfreee導入支援を受けたいのですが・・・」
と問い合わせいただいた企業の方々は
ほかの会計事務所が関与していました

しかし、その登録方法を見て衝撃を受けました

freeeの機能を活用できていないだけではなく
いままでの会計ソフトのような取引登録をやっているため
freeeの良さを殺してしまっていました

結果として今までの会計ソフトに戻っている人たちが多くいます。

「freeeが便利そうなのはわかるけれども
使いこなせないなら今までの会計ソフトの方が早い・・・」

本当にそう思いますか?

人手不足に陥っている状況で
本当に今までどおりのやり方で
「経営をもっと楽しく」できますか?

クラウド会計freeeを導入しようとして
失敗した人によくある悩み

預金口座やクレジットカードの連携設定がうまくできない。

連携ができても、どのように登録していけばいいか分からない。
顧問会計事務所が一生懸命、freeeの使い方を教えてくれているのだが、「本当にこれであっているんだろうか」と不安になる説明で心配。
自動登録ルールができて便利なんだけど、慣れない時に作成された自動登録ルールの影響で、登録がおかしくなっている気がする。
結局、今までの会計ソフトに戻ってしまって、手入力による取引登録で時間がいくらあっても足りなくて困っている。

ReHugのfreee導入支援サービスは
ここがすごい!

  • 代表が公認会計士(2000年に一発合格!)で上場企業だけではなく、中小企業の事業再生支援で、多くの業種の特徴を理解している!
  • あなたの会社のビジネスモデル(儲けの仕組み、カネの流れ)を理解して、freeeでの取引登録の最適な方法を提案できる!
  • 2013年3月にfreeeがリリースされた後、2014年1月からfreeeを使い始めているため、freeeの機能を使いこなせている!
  • 「税務申告書作成のための決算書」ではなく「経営をもっと楽しくするための決算書」づくりを意識しているため、部門別損益、資金繰り管理などを意識したfreeeの操作方法を助言できる!

  • 代表が公認会計士(2000年に一発合格!)で上場企業だけではなく、中小企業の事業再生支援で、多くの業種の特徴を理解している!

お客様の声

個人事業者

飲食業

freeeだけではなくクラウドレジも利用していたので、店舗の売上はfreeeに自動登録できていました。
しかし、仕入や現金で支払った費用の登録をどのようにすればいいのか困っている中、申告の時期が迫ってきました。
ReHugに決算書が作成できるようなfreee導入支援を依頼したところ、丁寧に教えていただき、無事に決算書が作成できて、申告書もfreeeの機能で作成できました。
今では、月次損益、資金繰りが見れるように特訓中です。

法人

製造業

定年退職された前任の方から業務を引き継いだものの会計ソフト操作はほとんど初めての状態でとても不安でした。

ただ、前任の方がfreee導入支援を受けて当社の取引の特徴を踏まえた登録方法ができていたので、簡単にできるようになりました。

当社は販売ソフトで商品の売上・請求を管理しているので、販売ソフトから売上・仕入データを出力して、freeeに一括で登録する方法がとても便利です。

代表取締役 勇者けいぞう挨拶
(公認会計士Lv.19)

会計を「もっと楽に もっと楽しく」

ReHug株式会社代表取締役 勇者の本永敬三です(^○^)

2000年に公認会計士試験に一発合格後、会計監査だけではなく、金融検査官などの経験を経て、沖縄移住後、中小企業の事業再生支援を経験しております。

人生の半生を会計という世界で生きておりますが、その中で感じていることの一つが経理担当者の方々が、「会計が面倒で苦しい・・・」と感じていることです。

また、事業再生支援をする中では、「適正」な会計で「適時」に必要な情報を把握していない会社が経営難に陥っています

そこで、ReHugでは沖縄の経済を「もっと楽しく」するためにも経理担当者の会計業務を「もっと楽しく」できるクラウド会計freeeの導入支援サービスを提供しております。

是非とも、あなたの会社の会計を「もっと楽に もっと楽しく」することで、あなたの会社の「経営をもっと楽しく」していただければ、ありがたきしあわせです!

クラウド会計
導入支援サービス

まずfreeeをどのように導入するのが最適かを設計します

導入設計支援

料金:100,000円(税別)〜

企業の事業内容、売上、仕入などの取引、現金預金の流れを聞かせていただき、貴社に最適なfreeeでの取引内容登録方法をデザインいたします。


ここを怠ると、日々の取引登録が非効率な方法になってしまい、freeeの効果が半減どころか、ほとんど良さが発揮されません。

企業の規模・複雑さによって上記の「導入設計支援報酬」は要相談となります。

金額の目安、主な対応内容は以下のとおりです。

【Aタイプ】 100,000円〜
個人事業や小規模事業者(規模:小 複雑さ:低い)
打ち合わせ回数:1回(2時間〜3時間)
導入設計支援期間:1ヶ月

【Bタイプ】 200,000円〜
中小企業(規模:中 複雑さ:普通)
打ち合わせ回数:2回(4時間〜6時間)
導入設計支援期間:2ヶ月

【Cタイプ】 300,000円〜
中小企業(規模:中 複雑さ:高い)
打ち合わせ回数:3回(6時間〜9時間)
導入設計支援期間:3ヶ月

全タイプに上記の打ち合わせのほか、遠隔対応での打ち合わせと導入設計支援期間中の「取引登録支援」が含まれます。
打ち合わせは概ね1回あたり2時間〜3時間を見込んでおります。

次に導入設計後の取引登録を手取り足取り支援します

取引登録支援(月額課金型)

料金:月額30,000円(税別)
時間:無制限

導入設計支援の後、「日々の取引登録」に当たってfreeeの操作、勘定科目の選択、部門、品目などについて、細かいご質問にお答えすることで、記帳代行をすることなく自社でfreeeを使いこなして決算書が自社で作成できるようになるための支援です。

上記料金は遠隔対応のみの対応となります。

遠隔対応とは、freeeコメント機能(※1)、チャットワーク(※2)とチームビューワー(※3)を活用した貴社に訪問しない方法です。

訪問対応が必要な場合には、月額30,000円(税別)とは別途の料金(要相談)をご請求いたします。

なおReHugの拠点がある那覇市以外の遠方の場所、離島、県外の場合には旅費交通費を実費請求させていただきます。

freeeの取引登録を使いこなせた時点で契約は終了させていただきます。(その後の請求はございません)

遠隔対応を可能にする3つの方法


※1:会計freeeソフトで取引にコメント(以下、freeeコメント)で質問等をしていただくことで、ReHugメンバーがあなたの質問にピンポイントでお答えします。


※2:freeeコメントで対応しにくい、色々なご質問は取引に関する資料のデータをチャットワークで共有することで、より効果的な「freee取引登録支援」になります。


※3:あなたのPCをReHugメンバーがチームビューワーを利用して、遠隔で直接操作する状況を画面で確認いただくことで、遠隔での操作説明を可能にします。 詳細はReHugメンバーが説明いたしますが、セキュリティーは万全です。

遠隔支援を実現するためのサービス

更に経営管理に活用するための支援もできます!

経営活用支援

料金:要相談

税務申告書を作成するための決算書作成ではなく、「経営をもっと楽しく」するための経営管理をするためのfreee活用を支援します!

①資金繰り管理支援
実績は当然ですが、予測もできます!
月次は当然ですが、日次の資金繰りも把握できます!
売掛金一覧、買掛金一覧の活用で、回収管理、支払管理も圧倒的に効率化できます!

②経営管理支援
部門別損益やプロジェクト別損益など、会社の意思決定に必要な情報の活用方法を支援します!

③経営助言
経営者の良き相談相手としてfreeeの月次損益などについて解説し、今後の経営活動を「もっと良く」するために助言します!

freeeを使いこなせるようになっていけば
ReHugへの支払いは少なくなります!

導入設計支援は初回の請求のみであり、2回目の請求からは取引登録支援、経営活用支援を合わせた請求金額となります。

また、取引登録支援は、freeeの取引登録を使いこなせた時点で契約は終了させていただき、その後の請求はございませんので、経営活用支援のみのご利用月からは経営活用支援のみの請求金額となります。

つまり、freeeを使いこなせる時期が早ければなるほどReHugへの支払額が少なくなります。経営活用まで使いこなせるとReHugとの契約は終了となります。

注意点

上記のReHugのfreee導入支援サービスの内容とは別に、以下の料金が発生します。

【会計freeeのソフト利用料金(年払い)】

法人の場合
ミニマム:月額1,980円(年額23,760円)
ベーシック:月額3,980円(年額47,760円)

個人事業主の場合
スターター:月額816円(年額9,800円)
ベーシック:月額1,650円(年額19,980円)

これは、会計ソフトの利用料金であり、会計freeeを提供しているフリー株式会社への支払いとなります。詳細はfreee公式サイトでの料金説明(法人個人事業主)をご覧ください。


まずは「ミニマム(スターター)」の「無料」で利用登録できますのでご安心ください。
ただし、領収書が5枚までの登録しかできないので、freeeを本格利用すると決定された時に、少なくとも「ミニマム」(個人事業主はベーシックにすることで撮影枚数が無制限となります)で有料登録することになります。

会社概要

社名 ReHug株式会社
所在地 〒900-0016 沖縄県那覇市前島2-15-23-1F
ReHug"D"Quest(コミュニケーションスペース)

電話番号 050-5235-6545
設立 2015年12月11日
資本金 23万円
代表者 本永敬三(通称:勇者けいぞう)
職員数 1名
事業内容

1.「参正漫楽」セミナー・講義・社内勉強会

2.経営管理(資金繰り管理、原価管理など)の体制構築支援

3.会議の活性化支援(ファシリテーションを含む)

4.上記以外の経営上の様々な「課題解決」のための相談対応

所在地 〒900-0016 沖縄県那覇市前島2-15-23-1F
ReHug"D"Quest(コミュニケーションスペース)


「再び、抱きしめ、大切に守り、大きくする」ことを通じて

「正しいことを“楽しく”行動できる」ようになり

「人生をもっと“楽しく”」過ごすためのお手伝いをしています

所在地 〒900-0016 沖縄県那覇市前島2-15-23-1F
ReHug"D"Quest(コミュニケーションスペース)

ReHug株式会社へのアクセス

ReHug株式会社

tel 050-5235-6545

■電話受付
 9:00~16:00 ※土日祝除く

■mail
info@rehug.jp

■アクセス
 とまりん向かいのパチンコ屋の裏の路地です!

■駐車場
1台はReHug"D"Questの駐車場がご利用いただけます。


ご契約までの流れ

STEP

1

お問い合わせ

freee導入支援のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

STEP

2

事前打ち合わせ(無料)

ReHugスタッフが電話にて、貴社の規模、特徴、現在ご利用の会計ソフトで抱えている課題をお聞きいたします。時間の目安は30分となります。

STEP

3

導入設計支援のお見積もり

STEP2でお聞きした貴社の規模、特徴などを考慮して、「freee導入設計支援」の報酬の見積書をメールにて送信いたします。
業務着手前に「freee導入設計支援」の報酬総額の半額をご入金いただきます。(請求書はメールにて送信いたします)

STEP

4

導入設計支援業務の着手

導入設計支援業務は、原則として貴社に訪問(遠隔地の場合には別途相談)して、売上・仕入などの取引内容、販売ソフトなどの利用状況、どのような部門、品目で経営を把握したいかについて打ち合わせします。
その後、会計freeeでどのような登録方法を用いることで、効率的かつ効果的なfreee活用を設計いたします。

導入設計支援業務終了後に請求書(月末締、翌月末のお振込)をメールにて送信いたします。

STEP

取引登録支援業務の着手

導入設計支援完了後、実際の取引登録をしていきますが、「取引登録支援」によって、貴社がfreeeを使いこなせるようになるまで、freeeによる取引登録が円滑に進むように支援いたします。

1ヶ月の請求書(月末締、翌月末のお振込)をメールにて送信いたします。
時間請求型の場合には、業務時間を集計しての請求となります。

STEP

(ご要望があれば)経営活用支援業務の着手

freeeで把握した損益、財務の情報をもとに資金繰り管理、経営管理をご要望の場合には、提供させていただきいます。
上記STEP5取引登録支援業務と同時のご提供もできますので、気軽にご相談ください。

また、経営助言のみのご利用もいただけます。

ReHugとのお別れ

ReHug代表の勇者けいぞうが大好きなゲームのドラクエでもあるようにビジネスにも「出会いと別れ」があります。
ReHugには「自立のための支援しかしない」という流儀があります。

あなたの会社がfreeeを使いこなせるようになり、経営者が自身の会社の経営実態を把握して、将来の経営意思決定ができるようになった時、ReHugは貴社とお別れ(契約終了)します。

また、別の課題が発生した時にReHugにお問い合わせいただければ、別のクエストとして一緒に冒険できることを楽しみにしています。

STEP

1

お問い合わせ

freee導入支援のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

よくある質問

Q
「導入設計支援」は絶対に受けないといけないのでしょうか?
A
「絶対に受けない」といけないということではありません。

しかし、今まで他の税理士法人様、会計事務所様が顧問会計事務所としてサポートしていたにも関わらず、「事業内容を踏まえたfreeeの機能を全く活用できない」ことで、freeeの良さを消すどころか、従来の会計ソフトと変わらない状態でした。

確かに、高く感じるかもしれませんが、企業の事業内容や取引形態、カネの動きを踏まえたfreeeの登録方法を導入初期にしっかりと設計することで、その後の取引登録がほとんど自動化できることで、その後の会計ソフトへの登録する業務時間が5分の1から10分の1には軽減できます。

例えば、経理業務の方の時給が1,000円だとして月に100時間の会計ソフト登録時間だとすれば
1,000円×100時間=100,000円のコストとなります。
それが5分の1の時間に短縮されて20時間になれば
1,000円×20時間=20,000円となり
ひと月で80,000円、年間で960,000円削減されます。

その時間を経営管理をする時間に当てることで、経営を成長・安定させることにつながります。
Q
「導入設計支援」を受けるために事前に準備することを教えてください。
A
以下の内容を説明できるようにご準備(口頭でご回答いただければ大丈夫ですので、資料作成は不要です)ください。
  1. 事業内容、特に取引先との預金口座を通じた入金、出金の流れ
  2. (利用していれば)販売ソフト、給与計算ソフトの名称
Q
利用している銀行のインターネットバンキングの仕組みが「電子証明書方式」の場合の注意点はありますか?
A
インターネットバンキング「電子証明書方式」をご利用の場合、セキュリティの都合上、電子証明書ソフトをインストールしているパソコンで会計freeeの連携設定操作をしなければならないです。
詳細は、「導入設計支援」で確認させていただきます。
Q
税務申告もお願いしたいのですが、ReHugで対応可能でしょうか?
A
ReHugの代表は公認会計士でありますが、税理士は退会しましたので、ReHugは税務申告できません。

それでは、「税務申告書はどうすればいいの?」という不安をお持ちの方が多いので、3つの選択肢をご提案しています。

選択肢1
引き続き、顧問税理士事務所に「決算書は自社で作成するので税務申告書の作成のみをお願いします。」と提案してください。税務申告書作成のために最低限必要なチェックなどの業務にかかる報酬は必要になるでしょうが、記帳代行料金分は引き下げていただくことになるでしょう。

選択肢2
信頼できる税理士事務所を紹介させていただきますので、ご安心ください!

選択肢3
申告書ができるクラウド型の法人税申告書作成ソフトの「全力法人税」を利用するのもオススメです。

選択肢4
(法人の場合)
freeeで決算書を作成したら最寄りの税務署に電話予約して「決算書は作成したので、税務申告書の作成の助言をお願いしたいのですが・・・」と相談する▶︎予約した日に決算書などの必要な資料を持って税務署にGO!(とても丁寧に教えてくれます)

(個人の場合)
クラウド会計freeeの確定申告書作成機能がありますが、全くわからない場合には、最寄りの商工会、商工会議所に電話相談してみる。▶︎確定申告の無料相談会場を教えてもらう▶︎決算書や確定申告に必要な資料を持って会場にGO!
Q
「導入設計支援」は絶対に受けないといけないのでしょうか?
A
「絶対に受けない」といけないということではありません。

しかし、今まで他の税理士法人様、会計事務所様が顧問会計事務所としてサポートしていたにも関わらず、「事業内容を踏まえたfreeeの機能を全く活用できない」ことで、freeeの良さを消すどころか、従来の会計ソフトと変わらない状態でした。

確かに、高く感じるかもしれませんが、企業の事業内容や取引形態、カネの動きを踏まえたfreeeの登録方法を導入初期にしっかりと設計することで、その後の取引登録がほとんど自動化できることで、その後の会計ソフトへの登録する業務時間が5分の1から10分の1には軽減できます。

例えば、経理業務の方の時給が1,000円だとして月に100時間の会計ソフト登録時間だとすれば
1,000円×100時間=100,000円のコストとなります。
それが5分の1の時間に短縮されて20時間になれば
1,000円×20時間=20,000円となり
ひと月で80,000円、年間で960,000円削減されます。

その時間を経営管理をする時間に当てることで、経営を成長・安定させることにつながります。

税理士法人・会計事務所の方へのメッセージ

永遠に続く残業体質

12月の年末調整業務から3月までの確定申告、そして5月までの3月決算の法人税申告があるにも関わらず、収入源の一つとしていた「記帳代行」業務の時間で日々追われていませんか?

それだけではなく、自計化できている顧問先企業の月次チェックの移動時間、たくさんの資料と取引のチェック、登録した仕訳に関しての質問対応など、時間がいくらあっても足りないぐらいの業務量ではないですか?

記帳代行だけではなく月次チェックの圧倒的時短をしませんか?

会計freeeは従来の会計ソフトに比べて、便利な点が多くありますが、仕訳登録に慣れている方々にとっては、「仕訳を意識させない取引登録方法」など見た目が違和感だらけです。

結果として「freeeは使いづらい」という方が多くいらっしゃるのも事実です。

しかし、freeeには以下の機能があるため、月次チェックの効率化につながります。

・freeeコメント機能
登録した取引(仕訳)単位でコメントをつけられるため、メールや電話で「仕訳番号321についての質問です」といったやりとりが不要になります。

・証票添付機能
領収書や請求書などを取引に添付できるため、月次チェックで現地に訪問することなく、事務所内のPCで確認したい取引をクリックしていくことで証票の確認をすることができます。

「AIに仕事を奪われる」ではなく
「AIと一緒に仕事を創る」

数年前に「会計事務所の仕事はAIに奪われる」という記事が出たことは記憶に新しいです。

確かに、そのように感じるだけではなく「クラウド?IT?」とアレルギー反応から、多くの会計事務所の方々はクラウド会計に移行しないところが多いです。

しかし、今後、人口不足に向かっていく状況で今の人員を確保しつつ、残業抑制、有休消化しながら、現在の業務量をしっかりと質を落とさずに提供できなくなります。それは、顧問先企業の経理の方がにも同じことが言えます。

そうなると、税務申告書に誤りが出て、結果として会計事務所運営も厳しくなる恐れがあります。

上記の料金体系は企業向けの内容となっており、税理士法人、会計事務所向けのコンサルは、別途相談の上、決定させていただきます。
もちろん企業向けの料金に比べて高額となりますが、ReHugのノウハウも含めたコンサルになるため、ご了承ください。
ご興味がある方はまずはお問い合わせください。

高額となる主な理由は、以下のとおりです

  1. 残業時間を圧縮することで残業代と社会保険料の軽減につながりコスト削減になる
  2. 残業が常態化して退職していく人材流出を防ぐことで採用コストと育成コスト削減になる
  3. クラウド会計freeeを使いたいけど対応してくれないで困っている企業など新規顧客獲得による売上増加につながる
  4. 会計ソフト入力の圧倒的時短によってできた時間で経営改善支援などのコンサルで売上増加につなげられる

 

なお、ReHugの代表は公認会計士でありますが、税理士は退会しましたので、ReHugは税務申告できません。
つまり、あなたの顧問先企業の税務申告をReHugが受注することはできませんのでご安心ください。

税理士法人・会計事務所向けのfreee導入コンサルの話に興味がある