吉備のくにおいでんせぇ米®︎

農薬不使用、無施肥、天日干しにこだわって作っているお米です!

今年も美味しいお米がたくさんできました!


サイトが移動しました。ご購入は以下のリンクからどうぞ。
https://peraichi.com/landing_pages/view/oidense-okayama

「吉備のくにおいでんせぇ米®︎」とは?

2011年3月11日の東日本大震災と、のちの福島第一原子力発電所の事故にともない、移住者支援などをして行こうと活動を始めた団体「おいでんせぇ岡山」。たくさんの移住者の支援をしておりますが、現在は一般社団法人として移住者と地元をつなぐ役割に注力しています。

食の安全を求めて東北や関東から移住してくる人たちの熱い気持ちにも応えるべく、お米を中心とした「農」にも力を入れています。

「吉備のくにおいでんせぇ米®」は、現在、岡山市北区御津地区にて、宮城県仙台市から移住してきた勅使河原ファミリーを中心に、みんなが手を取りあい、丁寧に育てているお米です。

晴れの国岡山の陽射しをたっぷり浴びたお米です

2017年11月、稲刈りしたてのお米です。すべて稲架掛け(はざかけ)しております!

稲架掛けすることにより、稲の栄養分やうまみがお米にしっかり入り、さらに美味しいお米になるのです。

安心へのこだわり

作り主の顔の見えるお米でありたい

原発事故が起こった時、私たちには真っ先に食べ物の心配が降りかかりました。毎日食べるお米くらい、安心したものを子どもたちに食べさせたいと心から思いました。そして岡山に移住して、子ども達と田植えをし、みんなで育てたお米を食べるということをしてみて、なんて当たり前で素晴らしいことなんだろうと思いました。誰が植えた稲だろうな、あそこの田んぼにあった稲かな、あの人と脱穀したお米だな、と、そこまで感じることのできる安心なお米。

農薬も使わず、肥料も使わず、ただ大地とお日さまのパワーで育てています。それなのに本当に素晴らしいお米に育つのです。一粒一粒がエネルギーにあふれています。





吉備のくにおいでんせぇ米® ラインナップ

うるち米「アケボノ」

岡山県ならではのお米です

アケボノは、岡山で栽培されることが多いお米で、大粒で炊いた時の粒々感が魅力の品種です!ほどよい柔らかさで炊くのも難しくなく、おにぎりを作ってもそれだけでごちそうになります。玄米もとても香り高くて美味しいですよ。癖がないので日常に食べるのにピッタリです。

大粒なので、胚芽精米、すし米、酒造用米などの用途にも使われているそうです。





古代米「緑米」

緑米とは古代米のひとつで、餅米に分類されます。この籾殻の黒い緑米は、全国でも栽培例が少なく、大変希少な品種となっております。

味は普通のもち米より粘りが強く、甘味があります。亜鉛やマグネシウムなども豊富に含み、血液浄化や精神安定などにも効果があると言われています。白米に混ぜて炊くとモチモチになり、そして白米にない栄養分を補えます!

また、玄米のまま餅にして玄米餅として食べたり、おはぎにするのも最適!生産者テッシーの強力プッシュ付きです。ぜひお試しください。

脱穀したての新米!

雑穀米も近日発売予定

香り高い玄米です

古代米は餅米なのでおはぎにも!

籾摺り前の古代米(緑米)

吉備津彦神社に奉納していただきました。

県外の皆様にもこのお米をお届けしたい!と思っております。

御津で農業をはじめて4年目。自然農では難しいと言われる時期ですが、実際に稲刈りをしてみたらビックリするほどずっしりとした稲に育っていました。東日本ではこの2017年の夏は雨が多かったようですが、当地岡山は、いかにも夏!という気候が続き、雨も適度に降り、そして病気やイノシシなどの被害もなく、とても恵まれた収穫期を迎えることができました。

今年はこれだけ素晴らしいお米ができたので、食に対して同じ思いを抱いておられる岡山県外の方にもお分けしたいと思い、販売用サイトの開設に至りました。販売できる量はあまりたくさんありませんが、この思いとともに「吉備のくにおいでんせぇ米® 」を味わっていただけたら幸いです。

そして、このお米が気に入ったら、田植えや稲刈り、ぜひ体験しに来てください。

2017年11月吉日
おいでんせぇ岡山 勅使河原克利

サイトが移動しました!ご購入は下のリンクからどうぞ!