今のドアをそのまま防音!

見た目も使い勝手も変わりません。高遮音タイプでも原状復帰できるので、賃貸住宅でもOK!

こんなドアでも防音できます。

鉄板一枚のドア
築年数の古い団地やマンションに多いタイプです。
中空 鉄板ドア
分譲マンション、賃貸マンション、雑居ビルに多いタイプです。
軽量スチールドア
最も一般的なスチールドアで、中にペーパーハニカムコアがサンドイッチされています。
アルミドア
賃貸アパートに多いタイプです。
アルミドア
賃貸アパートに多いタイプです。

費用の目安

周囲4辺と新聞受け周りの気密加工

これだけでも格段に防音効果があります。操作性・気密性・耐久性を考慮して位置や材質を選定します。

5~10万円(平均6.5万円)

遮音パネル取り付け

より高い遮音性が必要な場合は、オリジナルの遮音パネルを製作します。納期は約2週間です。

12~18万円(特注のためご入金後の製作となります)

遮音パネル取り付け

より高い遮音性が必要な場合は、オリジナルの遮音パネルを製作します。納期は約2週間です。

12~18万円(特注のためご入金後の製作となります)

よくあるご質問

  • Q
    どのくらい防音できますか?
    A
    感覚的には半減のさらに半減(=1/4)ぐらいです。数値で表すと-20dBです。遮音パネルを併用するとさらに半減(=1/8)します。-30dBです。平均的には気密加工で-25dB、遮音パネル併用で-35dBの結果が得られています。(ただし保証値ではありません)
  • Q
    いくら掛かりますか?
    A
    最初に相談料・診断料として10,800円かかります。どんな音がどこからどのくらい漏れているかを診断した後、対策方法と費用をご提示します。ご依頼いただく場合は、この費用を施工費用から差し引きます。施工費用の目安は前項をご覧ください。
  • Q
    段階的に実施できますか?
    A
    可能です。簡易な方法から実施してみてしばらく効果をご確認いただいた後、次の方策を実施するかしないかをお決め下さい。
  • Q
    賃貸ですが退去のときはどうすればいいですか? 
    A
    目立たないのでそのままご退去できます。遮音パネルも簡単に取り外せますが、不動産屋に事前にご相談下さい。物件価値が上がるのでそのままでいいと言われることが多いです。
  • Q
    耐久性はどのくらいですか?
    A
    一般の隙間テープのような劣化しやすいものは使いません。擦れ合うところも補強するので半永久的です。
  • Q
    室内ドアも防音できますか?
    A
    重いドアならそのまま防音できる場合もあります。軽いドアの場合はドア枠に合わせて新たに作り直すので割高になります。
  • Q
    対応地域はどの範囲ですか?
    A
    診断と施工に伺う際の2回の旅費をご負担いただければ日本全国対応可能です。
  • Q
    費用を節約するためDIYでやりたいので、やり方だけ教えてもらえますか?
    A
    状況に応じて試行錯誤が必要なため、無数の引き出しを持っている方でないと上手くいきません。失敗するとドア金具を痛め相当な出費を余儀なくされます。それをご理解いただいたうえでならご相談に応じます。
  • Q
    業者ですが、施工方法を教えてもらえますか?
    A
    この技術を普及させたいと考えています。本気で技術を身につけたい方になら、有償でお教えしますので、ご相談下さい。
  • Q
    段階的に実施できますか?
    A
    可能です。簡易な方法から実施してみてしばらく効果をご確認いただいた後、次の方策を実施するかしないかをお決め下さい。

自己紹介

  • エヌテック・ラボは中里技術研究室の防音部門の屋号です。
  • 音・振動・揺れなど、波の伝播原理や減衰原理の研究ノウハウを活かしていますので、安易に重さや厚さには頼りません。
  • ドアを交換しないで防音できる技術は、恐らく日本唯一です。
  • ドアや窓だけでなく、あらゆる防音のご相談にお答えできます。大風量で換気しながらの防音など不可能と思われることでも遠慮なくご相談下さい。
  • ドアや窓だけでなく、あらゆる防音のご相談にお答えできます。大風量で換気しながらの防音など不可能と思われることでも遠慮なくご相談下さい。

会社概要

会社名 エヌテック・ラボ(個人事業)
住所 〒214-0038 神奈川県川崎市多摩区生田8-29-10グリーンヒル生田201
電話番号 044-922-2982
代表者 中里 好市(なかざと こういち)
メール nakazato@ntec-lab.jp
ホームページ http://ntec-lab.jp/
ホームページ http://ntec-lab.jp/