創業、第2創業、事業承継、Webを活用した販路開拓…そして、製造業、卸売業、小売業、サービス業… と 会社を経営してきた "京都の老舗 6代目・吉村正裕”が、「理論」と「実践」の両面から、わかりやすく、おもしろく、セミナー や 研修 の 講師として登壇いたします。(オンライン講座や LIVEセミナーも可)

吉村正裕に講演依頼を検討されている方へ
説明動画です(11分30秒)

 新着情報 

2022年7月1日(金)  受付中  ウェブ制作に関わる方のためのセミナーイベントにオンライン登壇予定です。
【テーマ:マーケティング】
2022年7月13日(水)  受付中  徳島県の 公益財団法人とくしま産業振興機構 主催DX推進セミナー」にオンライン登壇(120分)予定です。
【テーマ:DX】
2022年7月14日(木)  受付中  大阪府の 北大阪商工会議所 主催の事業承継セミナー登壇(120分)予定です。
【テーマ:事業承継】
2022年7月21日(木)  一般参加不可能   九州の税理士法人事務所 主催の研修会に登壇(120分)予定です。
【テーマ:DX】
2022年8月3日(水)  受付中  大阪府の 公益財団法人 大阪産業局・大阪産業創造館 主催「デジタル推進セミナー」に登壇(120分)予定です。
【テーマ:DX】
2022年8月23日(火)  まもなく告知   大阪府の摂津商工会 主催 事業承継セミナーに登壇(120分)予定です。
【テーマ:事業承継】
2022年8月25日(木)  一般参加不可能   沖縄県の地方銀行 行員研修会に登壇(90分)予定です。
【テーマ:DX】
2022年9月1日(木)  まもなく告知   静岡県内の商工会議所 主催の経営セミナーに登壇(120分)予定です。
【テーマ:事業再構築】
2022年9月6日(火)  まもなく告知   福島県の公的金融機関 主催の経営セミナーに登壇(120分)予定です。
【テーマ:マーケティング】
2022年9月7日(水)  まもなく告知   和歌山県事業承継・引継ぎ支援センター 主催の後継者塾に登壇(180分)予定です。
【テーマ:事業承継・経営】
2022年7月21日(木)  一般参加不可能   九州の税理士法人事務所 主催の研修会に登壇(120分)予定です。
【テーマ:DX】


今後、登壇するセミナーの予告動画


吉村正裕のプロフィール

吉村正裕は、企業、省庁、地方自治体、公益法人、商工会議所、商工会、社団法人、そして中小零細企業など、全国各所で講演・研修の講師を行っています。

主なプロフィール

1972年 京都市 生まれ (一卵性双生児の次男)

東海大学開発工学部を卒業後、国税庁醸造研究所を経て、1997年 に 吉村酒造㈱ 入社。 通販事業部を新設しECを開始し、3年目で月商3000万円を達成。

2001年 吉村酒造㈱ の社長に就任(現在は会長)2003年 巨額債務を完済して事業転換。

2005年 第二創業として㈱サイバーアシスト、新規創業として㈱ハイフィットを設立。2005年から12 年間、危機管理の第一人者・佐々淳行 氏(故人)に師事。

2005年 全国人気ブログランキング 17位

2018年から2020年まで 一般社団法人 イーコマース事業協会 第8代 理事長(代表理事)、2020年から2022年まで 第5代 会長(代表理事)を歴任。

2019年から2022年まで 楽天グループ株式会社品質向上委員会 アドバイザリーパネルの 委員 (外部有識者)や 大阪産業局 (大阪産業創造館 経営相談室 & DX推進プロジェクト)サポーター などを歴任。

現在は、全国各地 の 公的機関 や 私立大学を中心 に「DX」「Web 」「 SNS」「マーケティング」「ブランディング」「老舗の経営法」 「 同族企業の事業承継」「中小企業の危機管理」「創業」「第二創業」「事業再構築」 をテーマ としたセミナーや講義に、年間 100ヶ所以上で講師 として登壇。

そのほか

●独立行政法人 中小企業基盤整備機構 中小企業アドバイザー (新市場開拓)
●独立行政法人 中小企業基盤整備機構 近畿本部 中小企業アドバイザー(経営支援)
●独立行政法人 中小企業基盤整備機構 機構サポーター(リサーチャー)
●京都商工会議所 専門家
●兵庫県商工会連合会 専門家
●全国事業承継教育普及協議会 副理事長

など を務める。

また、定期的に北近畿経済新聞に「1分間でわかる経営のツボ」を執筆中。

Web制作者のためのセミナー・イベント「CSS Nite2018」 への登壇では、「ベストセッション20」と「ベスト・モデレータ」の2冠を受賞。「CSS Nite2019」への登壇では「ベストセッション10」を受賞。

 

【主な資格 等】

●一級ブランドマネージャー
●FBAA ファミリービジネスアドバイザー資格 認定証保持者
●上級SNSエキスパート 


【所属団体】

●一般社団法人 イーコマース事業協会(EBS)
●一般社団法人 日本デジタルトランスフォーメーション推進協会(JDX)
●一般社団法人 日本ファミリービジネスアドバイザー協会(FBAA)
●一般社団法人 100年経営研究機構
●全国事業承継教育普及協議会(BSEC)
●一般財団法人 ブランドマネージャー認定協会


●京都商工会議所(京都府)
●新温泉町商工会(兵庫県)

●悟空の会(佐々淳行 氏の弟子会)
●淳燈会(佐々淳行 氏の弟子会)

【所属学会】

●日本マーケティング学会
●事業承継学会
●日本リスクマネジメント学会
●ファミリービジネス学会

< 2022 年4月現在>

Era Web Architects #87 (2022年6月16日)出演
吉村の半生を語っています(100分)

<和魂商才>
「老舗流!のれん経営」の伝道師
「商売のWeb活用術」の 漫談家

吉村正裕(よしむら まさひろ)


株式会社 サイバー・アシスト  代表取締役社長
株式会社 ハイフィット  代表取締役会長
吉村酒造株式会社  代表取締役会長(6代目 蔵元)

独立行政法人 中小企業基盤整備機構 近畿本部 企業支援部 中小企業アドバイザー(経営支援)
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 販路支援部 中小企業アドバイザー(新市場開拓)
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 広報・情報戦略統括室 総合情報戦略課 機構サポーター(リサーチャー)

・全国事業承継教育普及協議会  副理事長(執行理事)

・京都商工会議所 専門家
兵庫県商工会連合会 専門家
一般社団法人 ファミリービジネスアドバイザー協会 フェロー
 
<2022年4月現在>

吉村正裕の略歴 (2022年4月現在)


【1972年】
京都市伏見区生まれ


【1995年】
東海大学開発工学部 (第1期)卒業後、国税庁醸造研究所に入所 


【1997年】
・国税庁醸造研究所を退所し、実家(京都・伏見)の吉村酒造株式会社 に入社。


【2000年】
・吉村酒造(株)代表取締役専務に就任。
(2001年 社長就任のため退任) 


【2000年】
株式会社サイバー・アシスト代表取締役社長に就任 (現任)


【2001年】
・5代目の死去に伴い 吉村酒造(株) 6代目 蔵元・代表取締役社長に就任。
(2016年 会長就任のため退任)


【2001年】
・浜坂町商工会(現 新温泉町商工会)理事に就任。
(2010年 退任)


【2005年】
・自身のブログ【6代目の金曜放談】が、全国人気ブログ ランキングの「社長部門 17位」を獲得。


【2007年】
・共同出資により 株式会社ハイフィット 設立。
・株式会社ハイフィット 取締役 副社長に就任
(2008年 社長就任のため退任)

【2008年】
・株式会社ハイフィット 代表取締役社長に就任
(2021年 会長就任のため退任) 


【2014年】
一般社団法人 イーコマース事業協会 理事・委員長に就任
(2016年4月 副理事長就任のため退任) 

【2014年】
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 販路開拓支援アドバイザー(現 中小企業アドバイザー/新市場開拓)に就任 (現任)


【2015年】
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 近畿本部 経営支援アドバイザー(現 中小企業アドバイザー/経営支援)に就任(現任)


【2016年】
・吉村酒造株式会社  代表取締役会長に就任 (現任)


【2016年】
・一般社団法人 イーコマース事業協会 副理事長(業務執行理事)に就任 
(2018年4月 理事長就任のため退任)

【2017年】
・兵庫県商工会連合会 専門家に就任(現任) 

【2018年】
・一般社団法人 イーコマース事業協会 第8代 理事長(代表理事) に就任 
(2020年4月 会長就任のため退任)

【2019年】
・大阪産業創造館 経営相談室 サポーター に就任
(2022年3月 退任)

【2019年】
・楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社)楽天市場 品質向上委員会 アドバイザリーパネル 委員 に就任
(2022年3月 退任)


【2020年】
・全国事業承継教育普及協議会 副理事長 に就任(現任)

【2020年】
・一般社団法人 イーコマース事業協会 第5代 会長(代表理事)に就任
(2022年4月 退任)

【2020年】
・京都商工会議所 専門家 に就任(現任)

【2021年】
・大阪産業局 DX推進プロジェクト サポーター に就任
(2022年3月 退任)


【2021年】
・みのお自動車教習所 社外監査役 に就任 (現任)

【2021年】

・株式会社ハイフィット 代表取締役会長 に就任 (現任)

【2021年】
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 機構サポーター(リサーチャー)に就任 (現任)

吉村正裕

SNSでも情報を発信中!

YouTubeチャンネル 『吉村正裕 小さな会社の経営のツボ』

『日本の中小企業さんを元気にしたい』 『同族企業だからこそ100年企業を目指してほしい』 ・・・という思いとともに、横文字だらけで難しい「マーケティング」「ブランディング」「Web活用」といったことを、わかりやすくお伝えします。

チャンネルのご視聴はコチラから

ここが違う!

吉村正裕の講演テーマ

DXの基礎や考え方

DXの本当の意味は何なのか? なぜいまDXが必要なのか? DXの段階は? DXを進める手順は? DXを阻む壁と落とし穴は何か? 中小企業は何から始めれば良いか?といったことを、わかりやすくお話します。

Web・SNS・EC

BtoB企業のWebの基礎知識やリニューアルのコツ、活用法。EC(ネットショップ)の基礎知識や運営法。企業のSNSの基礎知識やコツ、経営者が商売を行うために必要なブランディング などをお話します。

老舗流!のれん経営

京都の老舗6代目として、企業経営者や経営幹部むけに、マーケティングやブランディングに加え「江戸時代から続く日本の商人道」や 老舗が事業を永続できる極意 “のれん経営”をお話します。

事業再構築

事業再構築の本当の意味や、第二創業(ベンチャー型事業承継)、新商品開発や新市場開拓といった新領域への進出について、基本的な考え方や失敗しないための注意点、具体的な進め方などを伝授します。

創業・起業

創業者や起業準備中の方に対して「事前に考えるべきこと」や3年後に失敗しない方法」をお話しします。また創業支援機関(地方自治体・商工団体)の担当者向け研修の講師も行っております。

事業承継

同族企業の事業承継について、現経営者の陥りやすい注意点や、後継者が陥りやすい注意点、会社の体制変革のポイントなどをお話しします。また、第三者事業承継(M&A)の基礎知識と注意点についてもお話できます。

老舗流!のれん経営

京都の老舗6代目として、企業経営者や経営幹部むけに、マーケティングやブランディングに加え「江戸時代から続く日本の商人道」や 老舗が事業を永続できる極意 “のれん経営”をお話します。


過去に登壇したセミナー(ダイジェスト)

吉村正裕の「講演」「研修」のテーマ例

  • ホームページをリニューアルする前に決めるべき事(講演形式)
  • ネットショップを始める前に決めておくべき事(講演形式)
  • インターネット・SNSを活用した販路開拓の事例と注意点(講演形式)
  • Webマーケティング セミナー(企業の担当者研修) (座学&演習)
  • 老舗の商家に学ぶ、商いの原点(企業の周年イベント)(講演形式)
  • のれん と ブランド の違い。老舗流!のれん経営法  (講演形式)
  • 家業は継いでも事業を継がないという生き方。ベンチャー型事業承継 (講演形式)
  • のれん経営実践法&ブランド再構築セミナー(企業の担当者研修)(座学&演習)
  • 売れる特産品と売れない特産品の違い(地方自治体の担当者研修) (講演形式)
  • 「事業承継 担当者セミナー」 地方自治体・公共機関の担当者研修 (研修・座学)
  • 「創業支援 担当者研修」 地方自治体・公共機関の担当研修 (座学&演習)
  • Webマーケティング セミナー(企業の担当者研修) (座学&演習)

吉村正裕の主な講演先・研修講師先

  • セミナー講師としての主な講演先


    ・官庁・県庁・市役所・町役場 
    ・独立行政法人
    ・公益法人・財団法人・社団法人
    ・大学・専門学校・医師会
    ・商工会議所・商工会・経済同友会・金融機関
    ・協会・協同組合・法人会・業界団体・任意団体
    ・青年会議所・ロータリークラブ・ライオンズクラブ など

  • 研修講師としての主な訪問先

    <公的機関>
    ・市役所・独立行政法人・学校法人・観光協会 など

    <製造業>
    ・半導体製造業・電子部品製造業・医療機器製造業・化粧品製造業・特殊鋼材製造業 ・金属加工業 ・産業用機械器具製造業・組立加工業・物流運搬設備製造業・化学薬品製造業・鞄製造業・メガネ製造業・建具製造業・寝具製造業・縫製業・酒造業・水産加工業・食品製造業・菓子製造業 など

    <流通&小売業>
    ・化粧品卸売業・衣料品販売業・食品問屋業・工具問屋業・住宅設備販売業・居酒屋業・鞄販売業・倉庫業・運送業・雑貨販売業   など

    <サービス業>
    ・金融機関・広告代理店・Web制作会社・印刷会社・自動車教習所・旅行代理店・コンサルタント・会計士事務所・社労士事務所・学習塾・歯科医院 など
  • 研修講師としての主な訪問先

    <公的機関>
    ・市役所・独立行政法人・学校法人・観光協会 など

    <製造業>
    ・半導体製造業・電子部品製造業・医療機器製造業・化粧品製造業・特殊鋼材製造業 ・金属加工業 ・産業用機械器具製造業・組立加工業・物流運搬設備製造業・化学薬品製造業・鞄製造業・メガネ製造業・建具製造業・寝具製造業・縫製業・酒造業・水産加工業・食品製造業・菓子製造業 など

    <流通&小売業>
    ・化粧品卸売業・衣料品販売業・食品問屋業・工具問屋業・住宅設備販売業・居酒屋業・鞄販売業・倉庫業・運送業・雑貨販売業   など

    <サービス業>
    ・金融機関・広告代理店・Web制作会社・印刷会社・自動車教習所・旅行代理店・コンサルタント・会計士事務所・社労士事務所・学習塾・歯科医院 など


これまでのメディア出演・記事掲載 等

  テレビ  

  • BS朝日「城下町へいこう」復活2時間スペシャル (BS放送)
  • ABCテレビ「NEWSゆう」特集 (地上波)
  • 関西テレビ「走れ!ガリバーくん」(地上波)
  • サンテレビ「さんぷん」(地上波)
  • TOKAIケーブルテレビ(ケーブルtv放送)
  • BS朝日「城下町へいこう」復活2時間スペシャル (BS放送)

  ラジオ 

 新聞記事(全国紙・夕刊紙) 

  • 日本経済新聞 (全国版)
  • 日本経済新聞 (関西版)
  • 読売新聞(関西版)
  • 産経新聞 (全国版)
  • 産経新聞 (全国版)
  • 朝日新聞 (関西版)
  • 毎日新聞 (関西版)
  • Fuji Sankei Bussines I (全国版)
  • 夕刊フジ (全国版)
  • 日本経済新聞 (全国版)

 新聞記事(地方紙) 

  • 京都新聞(京都府)
  • 神戸新聞(兵庫県)
  • 静岡新聞(静岡県)
  • 上毛新聞(群馬県)
  • 熊本日日新聞(熊本県)
  • 琉球新聞(沖縄県)
  • 徳島新聞(徳島県)
  • 京都新聞(京都府)

 雑 誌 

  • 日経ビジネス(日経BP)
  • 全国人気ブログ100選(学研)
  • MacFan(マイナビ出版)
  • 読売クォータリー(読売新聞)※ 読売新聞 調査研究本部 主任研究員 高橋徹 氏 執筆レポート
  • 静岡経済ゼミナール(静岡経済研究所)※ 静岡県立大学 落合康裕 教授 執筆レポート
  • Meets(京阪神エルマガジン社)
  • 世界のデザイン紙 idea(誠文堂 新光社)
  • 日経ビジネス(日経BP)

 Webニュース・Webマガジン 

  • Yahoo!ニュース
  • J-Net21
  • ネットショップ担当者フォーラム
  • 日琉ウェブ
  • 日本ネット経済新聞
  • 通販通信
  • EC zine
  • ECのミカタ
  • Yahoo!ニュース

 業界紙 

  • 日刊工業新聞
  • 中小企業NEWS
  • 日刊醸造産業速報
  • 食品産業新聞
  • 日本流通産業新聞
  • 酒類産業新聞
  • 醸造産業新聞
  • 醸造報知
  • ラベル新聞
  • 日刊工業新聞

 冊子・案内誌・社内報 

  • SIGNATURE・日本ダイナースクラブ(作家の紀行記事)
  • 月刊 茶の間(特集記事)
  • ボルボ オーナーズマガジン (インタビュー記事)
  • 大阪信用金庫 庫内誌 (巻頭 特集記事)
  • 関西経済研究所 (レポート記事)
  • 東海大学 案内誌(特集インタビュー記事)
  • 東海大学 開発工学部 案内誌(コラム寄稿)
  • HATACHI (特集インタビュー記事)
  • T2(特集インタビュー記事)
  • 沖縄プロデュース・中小機構 沖縄事務所(巻頭の対談記事)
  • 楽天市場 店舗向け冊子(楽天市場 品質向上委員会 アドバイザリーパネル委員として)
  • びわ湖疏水探究紀行・琵琶湖疏水アカデミー(松葉屋吉村家6代目として寄稿)
  • SIGNATURE・日本ダイナースクラブ(作家の紀行記事)

 ローカル紙・フリーペーパー 

  • 日本海新聞(鳥取県・兵庫県北西部のローカル紙)
  • 大阪日日新聞(大阪府のローカル紙)
  • 沼津朝日新聞(静岡県東部のローカル紙)
  • 桐生タイムス(群馬県東南部のフリーペーパー)
  • 三重ふるさと新聞(三重県のフリーペーパー)
  • 洛南タイムス(京都府南部のフリーペーパー)
  • 日本海新聞(鳥取県・兵庫県北西部のローカル紙)

 書籍コラム 

  • <単行本>「酒粕の凄い特効」 宙出版 (1998) コラム部分に寄稿

  • <単行本>「日本の酒造り唄」 チクマ秀版社 (1999) コラム部分に寄稿

  • <単行本>「酒粕の凄い特効」 宙出版 (1998) コラム部分に寄稿

 新聞コラム 

  • 北近畿経済新聞「1分間でわかる経営のツボ」 定期的にコラム寄稿中

  • 檸檬新報 (2018年~2020年 コラム執筆記事)

  • 北近畿経済新聞「1分間でわかる経営のツボ」 定期的にコラム寄稿中

 論文・学会誌 

  • 「アルコール・ストレス下の酵母の増殖を細菌、酵母細胞の発信する"音波"シグナルが制御する」吉村正裕・松橋通生・遠藤桂 (日本農藝化學會誌 69(臨時増刊), 315, 1995-07-05:社団法人日本農芸化学会)

  • 「平成7年度ワイン試験醸造--マロラクティック・スタ-タ-の添加試験とシャルドネの樽発酵」後藤(山本) 奈美 ・吉村正裕(醸造研究所報告 (168), 1-4, 1996-08:国税庁醸造研究所)

  • 「ワイン酵母の亜硫酸耐性遺伝子SUR1 (SSU1)の解析」後藤(山本) 奈美 ・吉村正裕・岩野君夫(日本生物工学会大会講演要旨集 平成8年度, 132, 1996:日本生物工学会)

  • 「ワイン酵母の見かけの亜硫酸馴養効果と亜硫酸結合物質」後藤(山本) 奈美 ・大沼寿洋・吉村正裕(日本醸造協会誌 94(11), 921-925, 1999-11:日本醸造協会)

  • 「ワイン酵母の見かけの亜硫酸馴養効果と亜硫酸結合物質」後藤(山本) 奈美 ・大沼寿洋・吉村正裕(醸造研究所報告 (172), 101-105, 2000-08:国税庁醸造研究所)

  • 「アルコール・ストレス下の酵母の増殖を細菌、酵母細胞の発信する"音波"シグナルが制御する」吉村正裕・松橋通生・遠藤桂 (日本農藝化學會誌 69(臨時増刊), 315, 1995-07-05:社団法人日本農芸化学会)

ご依頼の前に必ずお読みください

吉村正裕への「講演」「研修」の講演料・ご依頼方法について


【1】講演時間について 

2時間(120分)を基本とします。(最低 90分)

90分未満の講演は、充分な内容をお伝えできませんので、基本的に承っておりません。

ただし、官公庁・独立行政法人・公益法人・商工会議所・商工会・公益社団法人・業界団体など、公的機関や中小企業の事業主を支援することを目的とした非営利の団体様が主催される講演に限り、講演テーマによっては60分でお受けする場合があります。


【2】講演内容・タイトルについて 

講演内容は、事前に 参加者の特性やニーズにあわせて
主催者様のご希望をお聞きした上で決定させていただきます。 


補助金や助成金の獲得テクニック等を目的とする民間セミナーは、お断わりさせていただきます。

【3】講師写真およびプロフィールについて 

このページの一番下に掲載しておりますので、お使いください。

【4】講演料・講師料・その他の費用について 

●講演料

主催者様の属性によって変わります。(以下ご参照)

〇 官公庁 や 公的機関、商工会議所、商工会、等の中小企業支援機関が主催するセミナーの講演料

官公庁・地方自治体・政府機関・独立行政法人・公益社団法人・公益財団法人・商工会議所・商工会 など、公的機関や中小企業の事業主を支援することを目的とした中小企業支援機関様が主催される講演の場合は、講演料・交通費・宿泊費についてのご相談を承ります。

・90分  ・・・応談(支援機関さまの規定金額に応じます)
・120分・・・応談(支援機関さまの規定金額に応じます)
・180分・・・応談(支援機関さまの規定金額に応じます)

※ 講演料を気にされる公的機関のセミナー担当者さんが多いですが、 吉村は複数の公的機関のアドバイザーを務めておりますので規定金額があることは充分に理解しております。特に 地方の商工会様に謝金の規定や 予算の限度があることは、自身が過疎地の商工会の理事を10年間 務めていた経験があるので、充分に考慮いたします。
(ご参考までに だいたい、5万円~10万円の公的機関さんが多いですが 公的機関さん主催の場合は ほぼ無条件でお受けしています)

※ 180分を超えるセミナーや研修についても同様に、金額のご相談は承ります。

〇 大学 や 専門学校、高等学校 等の学校法人での特別講義や 講演会などイベントの講演料 

学校法人での講演は、講演料・交通費・宿泊費についてのご相談を承ります。

・90分   ・・・応談(学校法人の規定金額に応じます)
・120分 ・・・応談(学校法人の規定金額に応じます)
※ 120分を超える特別講義や講演会についても同様に、金額のご相談は承ります。

〇 金融機関が主催する 中小企業支援や職員の育成を目的とするセミナーや研修・講演会などの講演料 

金融機関主催の講演は、講演料・交通費・宿泊費についてのご相談を承ります。

・90分   ・・・応談
・120分 ・・・応談
※ 120分を超えるセミナーや研修・講演会についても同様に、金額のご相談は承ります。

〇 事業協同組合や一般社団法人等の非営利の団体が主催する中小企業振興に資するセミナーの講演料 

事業協同組合、商工組合、事業者団体など、中小企業の事業主の振興を目的とした非営利の中小企業事業者団体様が主催される中小企業振興に資するセミナーや講演の場合は、講演料・交通費・宿泊費についてのご相談を承ります。

・90分  ・・・応談
・120分・・・応談
・180分・・・応談

※  講演料を気にされる担当者さんが多いですが、 非営利事業者団体に謝金の規定や 予算の限度があることは、自身が非営利型の事業者団体である一般社団法人の代表理事を4年間、理事を8年間  務めていた経験があるので、充分に考慮いたします。
(ご参考までに だいたい、5万円~10万円の団体さんが多いですが 非営利団体さん主催の場合は ほぼ無条件でお受けしています)

※ 180分を超えるセミナーや研修についても同様に、金額のご相談は承ります。

※ ただし、一般社団法人や一般財団法人であっても実態が個人事業である営利を目的とした団体の場合は、下記の民間企業と同じ金額とさせていただきます。

〇 民間企業など、営利企業や営利団体が主催するイベントやセミナー・研修・講習の講演料 


・90分 ・・・15万円(消費税別)
・120分・・・20万円(消費税別)
・180分・・・25万円(消費税別) 

※ 交通・宿泊費別途、と設定させて頂いております。
※ 180分を超える場合は別途コンテンツのため 別途お見積りとなります。

※ 民間企業や営利団体で、下記に該当する方からのご依頼は お断りさせて頂きます。

〇 ネットワークビジネス・マルチビジネスの勧誘イベント

〇 先物取引の事業者による勧誘イベント

〇 宝石、絵画、毛皮など高級展示販売を主とする方によるイベント

〇 政治・宗教・思想団体による勧誘イベント

〇 反社会的勢力(暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人等)

〇 補助金・助成金セミナー(吉村は公的機関のアドバイザーを務めておりますのでお断りします)

〇 その他 当社がふさわしくないと判断した方(主催者企業や主催者団体の経営姿勢やセミナー目的、依頼内容によってはお断りします)

〇 パネルディスカッションのファシリテーター 料 

パネルディスカッションのファシリテーター(モデレーター)については、内容やパネリストの数・特性によって左右されますので、別途お見積りとなります。


〇 民間企業の個別研修の講師料    

民間企業の社員研修・幹部研修(Web活用・のれん経営実践法・ブランド再構築)については以下の料金です。

6時間・・・30万円(消費税別)
8時間・・・50万円(消費税別)  

●交通費

JR/新幹線「京都」駅から講演会場までの往復交通費となります。

※新幹線などを利用する場合はグリーン車利用の料金となります。

※ただし、官公庁・独立行政法人・公益法人・商工会議所・商工会・公益社団法人・金融機関・業界団体など、公的機関や中小企業の事業主を支援することを目的とした非営利の団体様が主催される講演 や 大学などの 教育機関での講義の場合は、講演料・交通費・宿泊費についてのご相談を承ります。

●宿泊費

※ 宿泊費実費に関わらず、1泊2万円(税・サ込み)と設定させて頂いております。

※ 宿泊の有無に関わらず、次の場合に発生致します。

(1) 公共交通機関で、JR/新幹線「京都」駅から講演会場までの往復が、当日午前10:00~午後10:00の間に不可能な場合
(2) 講演開始が午前10:30以前の場合
(3) 講演終了が午後10:00以降の場合いずれかにあてはまりますと近距離でも宿泊費をご請求させていただきますのでご注意下さい。


※ただし、官公庁・独立行政法人・公益法人・商工会議所・商工会・公益社団法人・金融機関・業界団体など、公的機関や中小企業の事業主を支援することを目的とした非営利の団体様が主催される講演 や 大学などの 教育機関での講義の場合は、講演料・交通費・宿泊費についてのご相談を承ります。

●お支払方法 

講演終了後、株式会社サイバーアシストから ご請求書をお送りいたします。
銀行振り込みにてお支払い下さい。締日支払日は応談。

●その他(値段交渉について) 

講演料・講師料の値引きは一切 致しません。ご交渉はご遠慮下さい。

※ただし、官公庁・独立行政法人・公益法人・商工会議所・商工会・公益社団法人・金融機関・業界団体など、公的機関や中小企業の事業主を支援することを目的とした非営利の団体様が主催される講演 や 大学などの 教育機関での講義の場合は、講演料・交通費・宿泊費についてのご相談を承ります。

【5】当日、主催者様に用意をお願いする物 

(1) プロジェクター (HDMI端子)
(2)HDMIケーブル 
(3)投影用のスクリーン 
(4) 会場マイク (ハンドマイク型かワイヤレス型)             
(5) ホワイトボード (内容によって必要な場合があります。会場の規模が大きい場合は不要です)
(6)講演用のパソコンが置ける台  (演題は必要ありません)
(7)HDMI端子がついたモニター (オンライン講演を指定会場で撮影する場合やハイブリッド講演の場合)
(8)LANケーブル (オンライン講演を指定会場で撮影する場合やハイブリッド講演の場合)


【6】弊社にて用意する物 

(1)ノートパソコン(Windowsパソコン)
(2)クリッカー&ポインター
(3)Webカメラ (オンライン講演を指定会場で撮影する場合やハイブリッド講演の場合)
(4)コンデンサーマイク (オンライン講演を指定会場で撮影する場合やハイブリッド講演の場合)
(5)ビデオカメラ (必要に応じて)

※ 通常の講演の場合、事前配布資料は特にございません。
※ 講演内容によっては、演習用紙を配布する場合があります。
※ ご要望によりレジメ(A4サイズ1~5枚程度)を無料で原紙をお送りいたします。 
(コピー・配布の手数は主催者様にてお願い致します)
※ 講演内容に応じて、後日参加者限定に資料を配布する場合があります。

【7】講演の撮影・録画・録音について 

● 参加者の撮影、録画、録音は一切お断りさせていただきます。

※ 講演スライドの撮影は、お断りしています。
※ 受講の方々にも事前ご案内及び講演開始前に会場アナウンスお願いいたします

●「会場の風景」を広報や告知・SNS発信用として撮影される事については歓迎いたします。 

※ 講演スライドの撮影は、お断りしています。
※ 講演の序盤での撮影をお願いします。

●主催者様とご相談のうえ、アーカイブ用(復習または当日参加できなかった方の視聴用)の録画を許可する場合があります。

※ その場合はアーカイブ配信用動画の編集は基本的に当方で行います。(公的機関が主催の場合は無料で行います)

【8】複数回に渡る企画について 

複数回に渡る連続した勉強会や研修等は、コンテンツや準備内容が全く異なりますので、別途ご相談となります。

【9】セミナー講演・研修講師をご依頼いただく場合の流れ 

1. 主催者様の開催主旨や当日 お聞きになる方の属性などをお聞かせいただきます。

2. スケジュールを確認・調整の上、改めて連絡させていただきます。

3. 恐れ入りますが、吉村のスケジュールの都合により、講演日仮抑えは1週間以内とさせていただきます。

4. 講演が決定いたしましたら、テーマやタイトルなどをご相談させていただきます。

5. 講演広報・告知内容につきましては事前に確認させていただけますようお願い致します。

6. 当日のタイムスケジュール・会場地図などをご連絡下さい。

 ※ 特に冒頭の主催者挨拶時間なども正確にお知らせください。
 
(例えば、90分の講演のうち 主催者挨拶が10分といった場合は、講演内容を変更する必要があります)

7. 原則的に交通・宿泊の手配は弊社にて行います。費用は後日ご請求書に計上させていただきます。

8. 直前、当日の到着時間など最終確認のご連絡をさせていただきます。

9. 当日は、原則的に講演開始30分前に吉村が会場に伺います。   

10. 講演終了後、後日の参加者からの質問は場合によっては受け付けますが、終了後5日を期限とさせていただきます。

11. 講演終了後、講演料・交通・宿泊費を合わせましてご請求書をお送り致します。(月末締)
    

※ 全額、銀行振込にてお支払い下さい。     
※ 法人宛の振込みとなりますので源泉徴収は必要ありません。
※ 消費税 及び 振込み手数料 はご依頼者様で負担をお願い致します。

【10】主催者様へのお願い & ご注意事項 

・告知や集客は、当方では一切行いませんので 主催者様にて行ってください。
(講演広報や告知内容につきましては 事前に確認させていただきます)

・会場手配、準備、受付、片づけ は、主催者様にて行ってください。

・主催者のパソコンに講演データを入力して講演することは基本的にお断りさせて頂きます。

(講師持参のパソコンで講演いたします)

・講演スライドについて、主催者による事前確認(事前提出)の義務は負いません。
(例外として官公庁・公的機関が主催の場合に限り、応じることがあります) 

・講演スライド(レジュメ)について、事前配布や事後配布の義務は負いません。

(ただし、当方の善意として 事後に資料配布をする場合がございます)

・講演終了後の報告及び報告書類作成義務は負いません。

(例外として官公庁・公的機関が主催の場合に限り、応じることがあります) 

【11】ご依頼者様が直接の主催団体様ではない場合について 
 ※ 講師手配を請け負っていらっしゃる「プロダクション会社」や「講師派遣会社」など代理店の方へ 

※ 特定の講師キャスティング会社との専属契約は一切締結いたしません。

・ご依頼は主催団体様が上記10項目を既にご理解いただいていることを前提とします。
(特に90分以上の講演であることが条件となります)

・弊社が設定いたしております講演料の値引きは一切ございません。

・御社と弊社の間で、請負会社・協力会社としての登録・契約などが必要な場合はご依頼をお断りすることがあります。

代理店さまへのバックマージンのお支払は致しません。

・その他詳細につきましては事前にお問い合わせ下さい。

【12】講演のご依頼方法・お問い合わせについて 

このホームページの一番下「ご依頼・お問い合わせフォーム」から お願いいたします

  講演・セミナー の 主催者の方へ  

セミナー主催者様が告知される際の、吉村正裕のプロフィール(300字程度)は以下をお使いください。

1972年 京都市生まれ。東海大学開発工学部を卒業後、国税庁醸造研究所を経て1997年に吉村酒造㈱ 入社。

2001年 同社の社長に就任。2005年 ㈱サイバーアシスト ㈱ハイフィットを設立。2005年から12年間、危機管理の第一人者・佐々淳行氏(故人)に師事。

(一社)イーコマース事業協会の代表理事、大阪産業局の専門家、楽天グループ㈱ 品質向上委員などを歴任。

現在は、公的機関の専門家やアドバイザーを務めるほか、全国各地の公的機関や大学を中心に、DX・Webマーケティング・ブランディング・老舗の経営・事業承継・危機管理・創業・事業転換などをテーマとしたセミナーに年間100ヶ所で講師として登壇。(自:講演漫談家)

告知チラシやサイトは
下の写真をお使いください

よしむら まさひろ

吉村 正裕

株式会社サイバー・アシスト 代表取締役社長
吉村酒造株式会社 代表取締役会長(6代目蔵元)
株式会社ハイフィット 代表取締役会長

EC/SNS/Web/DX 等のセミナー での
プロフィール(150文字程度)

1997年に実家の吉村酒造㈱でECを開始。2001年に同社の社長に就任。2005年に事業転換。(一社)イーコマース事業協会 代表理事、楽天グループ㈱ 品質向上委員などを歴任。現在は公的機関の専門家の他、全国各地でWebマーケティング・DX・経営戦略などをテーマとした公的機関のセミナーに年間100か所以上で登壇。

事業承継セミナー での
プロフィール(150文字程度)

大学を卒業後、国税庁醸造研究所を経て1997年に実家の吉村酒造㈱に入社。2001年に同社社長(6代目蔵元)に就任し巨額負債を2年で完済。2005年に事業転換。現在は公的機関の専門家の他、全国各地で後継者塾・老舗の経営法・同族企業の事業承継などをテーマとした公的機関のセミナーに年間100か所以上で登壇。

中小企業の危機管理/BCP セミナーでの
場合のプロフィール(150文字程度)

1972年生まれ。大学を卒業後、国税庁醸造研究所を経て、2001年に吉村酒造㈱ 社長。2005年に㈱サイバーアシスト社長。危機管理の第一人者・佐々淳行氏(故人)に12年間師事。現在は公的機関の専門家の他、全国各地で危機管理・BCP・経営再建などをテーマとした公的機関のセミナーに年間100か所以上で登壇。

創業セミナー/第二創業セミナー での
プロフィール(150文字程度)

大学卒業後、国税庁醸造研究所を経て1997年に吉村酒造㈱に入社。2001年同社の社長に就任。2005年に新規創業として㈱ハイフィット、第二創業として㈱サイバーアシストを設立。現在は公的機関の専門家の他、全国各地で創業・起業・ベンチャー型事業承継などをテーマとした公的機関のセミナーに年間100か所以上で登壇。


吉村正裕の「講演・研修」を受託する会社情報
株式会社サイバー・アシスト

吉村正裕の「講演・研修」を受託する会社情報

株式会社 サイバー・アシスト
 ●公式ホームページ https://peraichi.com/landing_pages/view/matsubaya
 
【代表者】代表取締役社長  吉村正裕

【住 所】〒612-8316 京都市伏見区上板橋町500番地1
【資本金】3600万円 <吉村酒造㈱ 100%出資>
【創 業】嘉永4年(1851年) 松葉屋として創業
【法人設立】平成3年(1991年)
【主な事業】講演の受託
※特定の講師キャスティング会社との専属契約は結んでおりません
※個別企業へのコンサルタント業務は2015年に終了いたしました。
【主要得意先】地方自治体・独立行政法人・公益財団法人・商工会議所・商工会・学校法人など
【取引金融機関】三井住友銀行



 

お気軽にお問い合わせください!
吉村正裕への、講演や研修講師・執筆 等のご依頼・お問合わせ

 ご依頼やお問合わせはこちらのフォームよりご連絡ください。 

  返信について 

メール確認後、当社よりご連絡させていただきます。
通常、お問い合わせのご返信は3営業日以内を心がけております。

数日経過致しましても当社からの返信がない場合は、
ご入力いただいたメールアドレスに間違い、又はお客様のメールサーバーなどにより自動的に
「迷惑メール」として格納または削除された可能性がございます。
以上をご確認の上、お手数ですが再度お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

 返信がない場合の再度のお問い合わせについて 

メールをお送りいただいて、3営業日以内に返信がない場合は、お手数をおかけしますが、
吉村正裕 が代表取締役を務めている別の会社(株式会社ハイフィット )にご連絡ください(Tel 0796-26-3015

ただし、㈱サイバーアシスト の業務(吉村正裕の講演 等)に関して、
㈱ハイフィット の社長および従業員は感知しておりませんので ご了承ください。
 
また、吉村正裕は ㈱ハイフィット には 常駐しておりませんので 折り返しのご連絡となります。

 個人情報について 

ご入力いただいた内容及び個人情報は、お問い合わせ内容への対応のみに利用し、弊社にて適切に管理いたします。

入力していただいた個人情報をご本人様の同意なしに提供することはありません。

 ご注意 
広告や売り込みに対しては、一切お返事致しません。


フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信