爆煙探訪隊ホームページ

SLの煙を求め北は北海道
南は九州熊本まで全国行脚で撮影した
私の活動をまとめたポートフォリオページです。

Profile


愛知県尾張西部地区在住 会社員 ふとしたきっかけで名鉄の写真を撮り始め
名鉄の名車パノラマカー全廃後はSLの写真の虜にハマり全国を行脚する。
好きなこと:旅行、写真撮影、B級グルメ、

最新情報    更新日 令和2年1月9日

令和2年今年の初撮りは山口線SL津和野稲成号遠征でした。
今年も全国各地爆煙を求めて東奔西走します。
山口線 津和野~船平山

blog

https://ameblo.jp/mako3388

爆煙探訪隊北海道、東北編

JR北海道釧網本線
冬の湿原号

釧網本線釧路~標茶間を冬季限定で走ります。JR北海道所属のC11-171号機が活躍中です。
かってはC11‐207号機と重連運転も行われていましたが東武鉄道に貸与されてしまいました。

結氷し大きな蓮葉氷の浮かぶ川面を冬の湿原号は煙を棚引き一路釧路湿原へと向かいます。
根室本線 釧路~東釧路

冬の湿原号フォトギャラリー

根室本線
釧路~東釧路

根室本線
釧路~東釧路

釧網本線
釧路湿原~細岡

茅沼駅を発車する
釧路行き207号機
以前は期間中数回上り下りの
機関車の向きを変えて運転していました。
207号機の特徴の
前照灯が2灯通称カニ目です。
釧網本線茅沼~塘路

茅沼駅を発車する171号機
釧路行きは標茶で転回できないため
バック運転で運行されます。
全国でもバック運転はここだけです。
釧網本線茅沼~塘路

冬の湿原号のねぐらの釧路車両基地から
釧路駅へ向かいます。ここも穴場スポットで
なかなかいい煙が出ます。
根室本線釧路~新富士

冬の湿原号撮影人気スポットの釧路川鉄橋の
逆光側ポイントです。この日はとても寒く
蓮葉氷も融けずいい煙棚引く一枚になりました。
根室本線釧路~東釧路


SLが2台健在のころ運転期間中数日は
両機が手を携え重連運転が行われていました。
お互い力を合わせて冬の湿原を駆けていきます。
釧網本線茅沼~塘路

今はなき五十石駅を通過しています。
過疎化と効率化の影響で2017年
3月に廃駅なってしまいました。
釧網本線茅沼~旧五十石

夕日を浴びて釧路川鉄橋を渡ります。
釧路の冬の日の入りは早く15時30分過ぎでもう太陽がこの位置です。
終点まであと一息の煙が印象的です。
根室本線釧路~東釧路

人気撮影地釧路川鉄橋をサイドから
撮影です。ここは場所が広く色々な
角度から撮影できるポイントです。
気温が高いと蓮葉氷は期待できません。
根室本線釧路~東釧路

釧路川支流の別保川橋梁です。
ここは冬になると
完全凍結しワカサギ
釣りが楽しめます。
ワカサギ釣りのテントとコラボした
冬らしい一枚です。
釧網本線 東釧路~遠矢

JR北海道函館本線
SLニセコ号

 SLはこだてクリスマスファンタジー号

函館本線札幌~蘭越まで通称山線を秋季の季節列車として
秋の紅葉シーズンに合わせて2014年まで運転されました。
JR北海道所属のC11-171号機及び207号機が使用されました。

沿線屈指の見せ場の峠を力強く登ります。
函館本線 倶知安~小沢

函館本線函館~大沼公園まで、函館市で行われている
はこだてクリスマスファンタジーのイベントにあわせて
2014年まで運転されました。
JR北海道所属のC11‐171号機が使用されました。

結氷した小沼湖畔を行きます。
函館本線 大沼~仁山

SLニセコ号ギャラリー

小樽市街地を抜け一路山に向かいます。
この先は山岳線になり勾配が強くなるため
焚きこみが始まります。
函館本線小樽~塩谷

小樽を出て最初の峠オタモイの勾配に
望みます。この年の担当は171号機
+14系客車でした。
函館本線小樽~塩谷

SLニセコ号ラストシーズンはカニ目こと
207号機と旧客というレトロな編成でした。
特徴ある2灯の前照灯に力強い黒煙が
棚引きます。
函館本線小樽~塩谷

函館本線山線屈指の撮影地通称ワイス
ポイントです。倶知安に向け勾配を
力強く駆け上がります。
函館本線倶知安~小沢

SLニセコ号最大の見せ場通称200キロポスト倶知安峠を駆けあがります。
ここは多くの撮影者が集まり爆煙が
期待できるポイントです。
函館本線倶知安~小沢

これでもかというほどの力強い爆煙で
200キロポストを通過します。
周りの木々も色づきがよく秋の風景を
彩っています。
函館本線倶知安~小沢

SLはこだてクリスマスファンタジー号
フォトギャラリー

雪が降る中大沼公園を目指し力走します。
はこだてクリスマスファンタジー号は
函館~大沼公園間往路SL復路DLの1日2往復
したので撮影効率もあがり重宝しました。

函館本線 七飯~渡島大野(現新函館北斗)

大沼公園到着後当駅には
折り返し設備がないため
隣駅赤井川駅までいったん回送し
再び函館に向かいます。この回送の
駅発車が穴場の爆煙スポットでした。

函館本線 大沼公園~赤井川

冬の昼下がりを力強く駆けます。
防煙板には電飾が施されていて
クリスマスムードを演出しています。

函館本線 仁山~大沼

札幌と函館を結ぶ283系
スーパー北斗号と
函館駅で並びました。
スーパー北斗は
都市間輸送のドル箱
はこだてクリスマスファンタジー号は
観光輸送のドル箱として
お互い大活躍です。
函館本線 函館

JR東日本釜石線
SL銀河号

釜石線花巻~釜石を走るSL銀河号 C58-285号機が活躍中です
童話作家宮沢賢治のふるさとを走るSLです。
この列車は花巻~釜石1日片道運転で2日で1往復します。
2019年には運行開始5周年を迎え記念ヘッドマークを
取り付けました。
ひまわりの満開の中を走り抜けます。
釜石線 足ヶ瀬~ 平倉

SL銀河号フォトギャラリー

桜満開の宮守駅を爆煙で発車する
SL銀河号 このあたりの桜の見頃は
4月下旬です。
沿線には多くの桜スポットが
ありますが中でも宮守発車は爆煙が
期待できるので撮影者が多く
集まります。
釜石線 宮守~柏木平

SL銀河号が走る釜石線屈指の撮影ポイント
宮守のめがね橋です。
このポイントは道の駅みやもりと
併設されていて
多くの撮影者でにぎわいます。
スペースも広く撮影しやすいポイントです。
釜石線 宮守~柏木平

陸中大橋を出発して一路花巻へ向かいます。
陸中大橋から下有住にかけて
急な勾配をΩトンネルで
ゆっくりと登ります。
釜石線 陸中大橋~下有住

SL銀河号夏季の大人気撮影地平倉の
ひまわり畑です。
ひまわり油の採取のため
多くのひまわりが咲き誇ります。
面積もかなり広く見ごたえ十分です。
その中心に線路が引かれています。
ひまわりに囲まれ爆煙でSL銀河は通過します。
釜石線 平倉~足ヶ瀬

JR東日本磐越西線
福が満開ふくしま号

2015年4月18,19日にJRふくしまデスティネーションキャンペーンの一環として
磐越西線郡山~会津若松間にD51-498号機と旧客の編成で走りました。
この区間の春季運転は7年ぶりとのことで沿線には多くの撮影者でにぎわいました。
特に残雪の磐梯山を望むポイントにはたくさんの撮影者を集めました。

中山峠を力強く駆け上る福が満開ふくしま号
磐越西線 磐梯熱海~中山宿

福が満開ふくしま号
フォトギャラリー

満開の桜の中を会津若松へ向かいます
ここは郡山の市街地でちょうど満開と
なった桜とSLのコラボを撮影する
ため多くの人でにぎわいました。
磐越西線 喜久田~安子ヶ島

磐梯山を背に会津若松めざし
力走します。
沿線は冠雪の磐梯山が色々な角度から
撮影出ます。ポイントごとに山の形に
変化がありました。
磐越西線 翁島~更科(信)

福が満開ふくしま号の撮影で一番人が
集まったであろう滝の原のポイントです。100人近くはこのポイントに
集まりました。磐梯山を背景に
郡山へ向けて力走が続きます。
薄煙でしたが旧客とあわせ
一昔前にタイムスリップした
一枚になりました。
磐越西線 磐梯町~更科(信)

磐梯山を背景に郡山に向けて走ります。
背景の磐梯山の形がはっきりとわかります。
雪が残っているところはおそらくスキー場と
思われます。その形がはっきりわかります。
磐越西線 川桁~関都

JR東日本只見線
SL紅葉只見号&新緑只見号

只見線会津若松~会津川口間を
春季は新緑只見号として秋季は紅葉只見号として期間限定で走ります。
秋季は2014年以降、春期は2016年以降
残念ながら運転はありません。
真岡鐵道所属のC11-325号機がレンタルされ旧客3連とともに走ります。

秋の落日の夕日を浴びススキ茂る鉄路をいい煙で駆けてゆきます。
只見線 会津坂本~塔寺

SL紅葉只見号&新緑只見号
フォトギャラリー

新緑まぶしい只見線ナンバーワン絶景ポイントの
只見川第一橋梁を渡る新緑只見号
山の上から見渡せるこのポイントは
多くの撮影者でにぎわいます。薄煙が残念ですが
運が良いと爆煙と水鏡も楽しめます。
只見線 会津桧原~会津西方

新緑の山深い只見川第3鉄橋を会津若松へ
爆煙を棚引かせ列車は駆け抜けます。
このポイントは列車で行くには困難な
場所です。撮影先で知り合った方のご厚意
で行くことができました。ありがとうございます。
只見線 会津宮下~早戸

秋の落日の夕日を浴び一路会津若松へ
向かいます。ススキとのコラボが深まる
秋の夕方にマッチしています。
旧客とともに何十年も前にタイムスリップした光景になりました。
只見線 会津坂本~塔寺

爆煙探訪隊関東甲信越編

真岡鐡道
SLもおか号

真岡鐵道SLもおか号 下館~茂木間を土日中心に運転される列車です。
真岡鐵道所属C11-325とC12-66のうち1台が50系客車3連のけん引にあたります。
イベント時には両機が手を携え重連運転も行われます。
2019年3月C11-325号機は東武鉄道へ売却が決まり今後はC12-66号機のみの運転になる予定です。

2014年正月恒例新年号運転時に行われたSLのみの重連運転普段は見られないトンボ重連の運転でした。
真岡鐵道 茂木~天矢場

SLもおか号フォトギャラリー

もうもうと煙を上げ寺内駅を発車します。
毎年正月には日章旗と
オリジナルヘッドマークを掲げて走ります。
真岡鐵道 寺内~真岡

沿線の有名撮影地天矢場を下館めざし駆ける
もおか号このポイントは茂木から続く
勾配の中腹でいい煙が期待できます。
真岡鐡道 茂木~天矢場

茂木行きSLもおか号の屈指の撮影ポイント
八木原での一枚です。このポイントは
周りが開けていて尚且つ煙も期待できるので
多くの撮影者が集まります。
真岡鐡道 真岡~寺内

八木原のポイントは周りが開けているので
様々な方向から撮影できます。
真岡から下館への回送はぶらさがりなので
煙はあまり出ませんが冬の空に浮かぶ
シルエットが印象的です。
真岡鐡道 真岡~寺内

真岡鉄道開業100周年記念ヘッドマークを
つけて春の梅咲き誇る沿線をC12-66
が駆けます。
C12は全面の防煙板がないのが特徴の
機関車になります。
真岡鐡道 北真岡~西田井

夕刻の柔らかい日差しを浴び折本駅を
終点下館へ向けてラ
ストスパートします。
折本駅のこ線橋から見おろすポイントも
撮影者が多く集まる人気スポットです。
真岡鐡道 折本

こいのぼり泳ぎ梅満開の
春の日を下館へ向けて
駆け抜けます。
沿線には桜と菜の花のコラボできる
ポイントもありますが
撮影日の春は4月半ばでも開花が遅く
まだつぼみといった状態でした。
例年は4月初旬には満開になります。
真岡鐡道 多田羅~市塙

紺碧の澄んだ青空の冬の日のシルエットです
八木原のポイントには
アクセントとなる大きな木が1本あるので
まるで絵本のような
影絵の1枚が
撮影できます。

真岡鐡道 真岡~寺内

C11とC12が手を携え力強く五行川を
渡ります。この鉄橋は
土木遺産に
認定されるほどの
歴史ある橋です。
シルエットにすると
お互いの機関車の
フォルムの違いがよくわかります。
真岡鐡道 北真岡~西田井

小貝川鉄橋を下館に向け
2台のSLが
力を合わせて
駆け抜けます。
五行川橋梁とともに土木遺産に認定された
日本で最古の
ワーレントラス橋です。
真岡鐡道 益子~北山

重連運転で茂木を目指す2014年新年号
前年末に客車が故障して
翌年の新年号の
運転も危ぶまれましたが
SLのみの重連運転を
行いファンを喜ばせました。
茂木行きは正調の重連
帰りの真岡行きは
トンボ重連という
お互い背中合わせの珍しい
重連運転で走りました。
真岡鐡道 多田羅~市塙

茂木を出発し天矢場の勾配めざし力強く駆ける
SLもおか新年号。
残念ながらC11-325号機は
真岡鐡道を離れ東武鉄道に移籍しますが
東武でも真岡の時のように
活躍を願うとともに真岡の
C12-66の末永い活躍を期待します。
真岡鐡道 茂木~天矢場

真岡駅構内の機関庫で整備を受けるc11325号機レトロな給水塔が目を引きます。
背後にはSLの形をした真岡駅駅舎が見えます。

真岡鐡道 真岡駅構内

真っ青な夏空八木岡のポイントを下館めざし
ぶら下がり回送です。
このポイントは周囲がほぼ田園風景の残る
ポイントです。バックの山の緑と手前の稲
の緑のいいバランスに撮れました。

真岡鐡道 真岡~寺内

夏空を茂木に向け快走中のC11-325号機牽引の
SLもおか号。
夏を代表する花、
ひまわりとの
コラボショットです。
夏らしい青空とともに
八木岡での夏のカットです。

真岡鐡道 寺内~真岡

夏休みの一日真岡駅を
出発して茂木へ向かう
SLもおか号。
真岡鐡道にはもう1機C12-66号機が
健在です。2台体制から1台減りますが
これからもSLは長く走り続けてもらいたいです。
真岡鐡道 北真岡~真岡

東武鉄道鬼怒川線
SL大樹号

2017年8月より東武鉄道鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉駅間を土休日中心に一日3往復走っています。
使用される機関車はJR北海道から貸与されたC11-207号機通称カニ目が14系客車プラス保安装置掲載の
ヨ8000をけん引しています。2020年以降真岡鉄道所属のC11-325号機及び北海道で保管されていた
旧江若鉄道のC11-1号機の導入も決まっています。

鬼怒川温泉を目指しラストスパートの力走です。 東武鉄道鬼怒川線新高徳~小佐越

東武鉄道鬼怒川線フォトギャラリー

下今市駅構内に設置された転車台で
出発準備をするSL大樹
SL導入に対して
東武鉄道は下今市、
鬼怒川温泉の駅に転車台を設置
下今市には専用の機関庫を設置しました

東武鉄道鬼怒川線 下今市

日光らしい杉並木の中を駆け抜けます。
鬼怒川線は架線柱の間隔が狭く撮影しづらい
のが玉にキズです。
下今市に向け快調に走ります。

東武鉄道鬼怒川線
大谷向~大桑

産業遺産にも登録された砥川鉄橋を
渡ります。趣のあるトラス橋を列車は
駆け抜けます。
東武鉄道 鬼怒川線
大桑~新高徳

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

秩父鉄道
SLパレオエクスプレス

秩父鉄道熊谷~三峰口を走るSLパレオエクスプレス。ここの特徴は防煙板を様々な形態に変えたり
ナンバープレートの色を変えたりととにかく変化にとんだ運転を行います。
沿線も長瀞など自然の風景が美しいポイントが多くあります。

秩父鉄道
SLパレオエクスプレスフォトギャラリー

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

JR東日本内房線、成田線
イベント列車

SL内房線開業100周年記念号

内房線蘇我~木更津開業100周年の記念列車として
2012年2月9日~12日に京葉線千葉みなと~内房線木更津間に
C61-20+旧客7連で運転されました。
往路は木更津~千葉みなとはDLけん引復路千葉みなと~木更津はSLけん引で走りました。

沿線の声援をうけて木更津へ向かう記念列車
内房線 巌根~袖ヶ浦

SLおいでよ銚子号


東日本大震災後の観光の落ち込みの起爆剤にと千葉県銚子市と佐原市の観光キャンペーンの一環で2013年2月9日~11日に
成田線佐原~銚子間に44年ぶりに復活したSL列車です。
往路はDLおいでよ佐原号として銚子~佐原へ運転され
復路はSLおいでよ銚子号として佐原~銚子間を走りました。

成田線の真っすぐ続く田園地帯を力強く爆走するC61-20号機
成田線水郷~小見川

内房線&成田線イベント列車
フォトギャラリー

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

JR東日本 中央本線
SLやまなし号

2010年4月から6月に行われた山梨・中央線キャンペーンの一環として
5月29.30日と6月5.6日に中央本線甲府~小淵沢間でD51-498号機けん引のSL列車が走りました。
小淵沢に転車台が無いため復路はSL往路はDLの運転になりました。客車は12系4両が使用されました。
この運転で注目されるのはD51-498号機に集煙装置と後藤式と呼ばれる排煙板に変更されたことです。
いつものD51-498号機とはイメージチェンジされた形で運転されました。

勾配区間を力強く駆けあがります。
中央本線 小淵沢~長坂

SLやまなし号
フォトギャラリー

中央本線貨物列車の雄EH200型と肩を
並べました。
一方は最新鋭の貨物機もう片方は
往年の貨物機です。
中央本線 小淵沢

小淵沢駅で休憩中のD51-498号機
普段のスタイルとは違い重厚な
排煙板に集煙装置となりました。
中央本線 小淵沢

八ヶ岳山麓の中央本線を小淵沢へ
向け駆け上がります。
勾配がある分煙もしっかり出た一枚に
なりました。
中央本線 長坂~小淵沢

JR東日本上越線SLみなかみ号
(現ぐんまみなかみ号)

上越線高崎~水上間を走るSLです。
けん引機はC61-20号機又はD51-498号機です。
客車は旧客または12系が使用され旧客使用時は列車名にレトロが付きます。
新潟からばんえつ物語号12系もやってくることもあります。
2018年度より列車名がSLみなかみ号からSLぐんまみなかみ号に変更になりました。

復活30周年記念ヘッドマークを付けて水上へ力走するD51-498号機
                    上越線八木原~渋川にて

SLみなかみ号フォトギャラリー

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

JR東日本信越本線 SL碓氷号
(現SLぐんまよこかわ号)

信越線高崎~横川間を走るSLです。
上越線ぐんまみなかみ号と同じくC61-20号機又はD51-498号機がけん引にあたります。
終点の横川にSLの転車台が無いため片道のみSLけん引もう片道はDLまたはELけん引になります。
基本的にC61-20号機の担当の場合は往路の横川駅近くの勾配の負担があるため復路のけん引になります。

C61-20号機復活イベントとして上越、信越線同時高崎駅発車のC61-20SLみなかみ号とD51-498号機SL碓氷
                          信越本線高崎~北高崎にて

SL碓氷号(現ぐんまよこかわ号)フォトギャラリー

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

JR東日本磐越西線
SLばんえつ物語号

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

SLばんえつ物語号
フォトギャラリー

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

爆煙探訪隊大井川鐡道編