~安心してフィラリア検査をお受けいただくために~

当院のコロナウイルス対策について

緊急事態宣言 発令後の当院の診療について

4月10日より、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため緊急事態宣言が発令され、
外出自粛の要請が出ています。
ラーク動物病院では日本獣医師会の指針にのっとり、
診療全体を以下の様に変更しています。

期限は今の所5月6日とはなっていますが延長する可能性もあります。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。

診療時間の変更について

当面の間、診療時間を下記の通りとさせていただきます。

【午前の診察】 10時~13時00分まで
        最終予約時間帯 12時30分~13時

【午後の診察】 15時~18時00分まで 
        最終予約時間帯 17時30分~18時

☆ 日祝日も上記時間帯で診察します。
☆ 木曜日は休診日です。
重要:獣医師の指名はできません。

診察受付について

※ 現在インターネットでの予約を中止しています。
  すべて電話でのご予約をお願いします。
  072−831−9935

※ いずれもお電話にてお問い合わせご予約をお願いいたします。
  診察に来ていただくかどうか、ご自宅での経過観察の仕方やその他注意事項などご説明いたします。
  まずはお電話をお願いいたします。

≪ご来院時のお願い≫
大型犬以外はキャリーに入れてください。
また可能であれば大人の方おひとりで来院してください。
院内の混雑を避けるためですので、複数で来られる場合は、
お車や外待合でお待ちいただくようお願いします。

診察内容について

予防的ケア、緊急ではない診察を行なうことができません。
狂犬病、混合ワクチンなど予防での診察や緊急でない診察は行なっておりません。
延期をお願いしています。
ただし、フィラリア予防のための診察は行なっています。
必要があればお薬のみ処方することもあります。
【診察をお断り、あるいは延期していただく内容】

※ どうすれば?と迷われた場合は病院までお電話ください。
  獣医師が診察に来ていただくかどうかを判断しご説明させていただきます。

≪予防ケア≫
 例1)爪切り、肛門のう処置、症状のない(継続の必要のない)外耳処置
 例2)毛刈り処置
 例3)成犬、成猫の維持ワクチン
    子犬、子猫のブースターワクチンは診察します。

≪緊急でない診察≫
 動物に症状がみられない診察のことです。
 例1)体表面のできもの
   症状がなく大きくなる様子もなく、あるいは痛みやかゆみもない診察
 例2)しつけや認知症などの行動学的なことがらに関する診察

≪その他≫
 ・緊急性の高い手術以外は行うことができません。
 ・新規のペットホテル、ドッグマッサージ、パピークラブは中止します。

≪フィラリア予防について≫
フィラリア予防に関しては予防ではありますが、
開始時期が重要ですので診察検査を行います。

≪狂犬病ワクチンについて≫
狂犬病ワクチンだけを目的とした診察は延期していただきます。
その他の診察(フィラリア予防など)を伴う場合は、同時に接種可能です。

待合室について

来院されたら受付をし、順番まで外待合か車内でお待ち下さい。
順番がまいりましたらお電話でお知らせします。


病院内の待合室では
・空気の入れ替えによる定期換気
・次亜塩素酸の噴霧による待合空間の消毒などを行っております。
次亜塩素酸の噴霧器
院内待合室に設置してある、
次亜塩素酸の噴霧器です。
次亜塩素酸はウイルス・細菌・カビ類を
すばやく除菌し、
人と動物の身体への影響は全く無い成分です。

お会計について

基本的にはキャッシュレス決済をお願いしております。
クレジットカード、電子マネー、QR コード決済が利用できます。
取扱いブランドに関しては、院内掲示または、お電話にてお確かめ下さい。

当院スタッフについて

病院スタッフの感染症対応指針を作成し、
全スタッフで遵守しています。

・従業員のマスク着用
・手指の定期消毒、手洗い など

当院スタッフがマスク着用にて対応させていただくこともございます。
予めご了承ください。

飼主様へのお願い

ご来院の皆様におかれましては、
咳エチケットや手洗いなどの感染対策をお願いいたします。

病院入口に消毒用アルコールも設置しておりますのでご利用ください。

当院としても初めての取組みも多いため、至らない部分が出る可能性もございます。

皆様に快適に診察を受けていただくための措置でございます。
今後の状況次第では、変更になることもございますがご協力のほどよろしくお願いいたします。