オトナになる、次のステップへ。

 中高生に将来必要な「生きていく技術」を。
くまさん横浜NEXTは、オトナになっていく子供達にふさわしい、放課後等デイサービスです。

中高生専用のデイサービス、くまさん横浜NEXTへようこそ。
 くまさん横浜NEXTは、横浜市港南区にある中高生専用の放課後等デイサービスです。ADL/IADLを中心に、障がいを持った子供達が将来に向け「より生きやすくなる」ための通所訓練を行っています。
 横浜市港南区・栄区をはじめ戸塚区・磯子区などからも生徒たちが通ってきています。プログラム内容・空き状況などについてはどうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

放課後の時間を将来の投資に。

中高生になったらもう真剣に「将来の進路」を考えなくてはなりません。同級生たちが塾や予備校に通い、将来の受験や進学に備えていくように、障がいを持った子供達も、よりよい将来の準備に時間を使うことが必要です。 
 くまさん横浜NEXTでは、放課後の中高生たちが個別の障害特性を克服する訓練をはじめ、ADLIADLの訓練、コミュニケーションの訓練社会性を身につける訓練など、今の時間を「将来への投資」に変えるべく、オトナになる訓練を行っている事業所です。

もう、小学生ではないから。

 中高生は小学生ではありません。高校生になると「次」の段階として「就労」「自立」などの「卒業後」を意識した訓練が必要になり、小学生とともに行うべき活動は減ってきます。また小学生と中高生では体格も違うため、同じ活動が無理な場合も多いです。

 中高生専用のデイサービス、くまさん横浜NEXTでは、小学生と中高生の活動を分けることで、より中高生に特化した活動を行っています(小学生は「くまさん横浜(小中部)」での活動を行っています)。

活動内容のご紹介(一部)

ADL/IADL

 ADL(日常生活動作)、IADL(手段的日常生活動作)の訓練を行っています。移動、トイレ、食事、着替えなどを介助なしで行えるだけでなく、掃除、洗濯、買い物、乗り物の利用から金銭管理に至るまで「大人として日常生活をするのに必要な技術」を練習しています。

調理実習

 「食」は誰にとっても一生のテーマ。くまさん横浜NEXTでは「自分の食べるものを自分で作れる」ことを目標とし毎月「調理実習」を行っています。 
 包丁や鉄板や炊飯器が使えるように訓練するだけでなく、食べ終わったあとのお皿洗いや食器ふきなど「お片付け」までを訓練しています。

個別技能訓練/宿題

個別支援計画に基づき、それぞれの生徒の障害特性に応じた個別の課題を訓練しています。また学校から宿題が出ている生徒の場合、くまさんの活動時間中に教室内でやることができます。
 一人ひとりの生徒達が自分の課題に応じチャレンジする時間を大切にしています。

共同制作

「他者と共同作業できること」は、大人になったら大変重要な技術です。
 他者とコミュニケーションをし役割を分担し、自分の担当の仕事を仕上げていく。こうした訓練となる「共同制作」の活動を定期的に行っています。できあがった制作物は事業所内外で展示しています。

交通機関の利用

 電車やバスなどに乗り、目的地まで行くこと。大人になったら公共交通の利用によって世界が格段に広がります。
 きっぷを買う、改札を通る、行き先を確認して列車やバスにに乗る、降車前にボタンを押す・・・など、様々な公共交通ルールを覚えるため、職員と一緒に繰り返し練習を行います。

お出かけ

 「行ったことがある場所」の経験をたくさん持っている子は、大人になっても恐れずに外出することができます。それは「お出かけ」そのものに慣れているから。中高生のうちからこうしたことを意識し、ふだんご家庭でもなかなかお出かけできない遠方まで足を伸ばしています。

外食練習

 自作の手料理もいいけれど、大人になったら、たまには外食も楽しみたいもの。レストランに行き、店員さんに自分の食べたい料理を注文し、上手に食べる練習をします。テーブルマナーだけでなく、お店によってはセルフサービスの使い方も体験します。
 周囲の方にご迷惑にならないよう配慮しながら食事を楽しむ訓練もまた、オトナになる第一歩です。

作業所見学

中高生ともなると、そろそろ将来の進路のことを考えるもの。くまさん横浜NEXTでは障害者が働く地域の作業所へ、積極的に見学に出かけています。
 パン焼き、豆腐製造、アクセサリー制作・・・様々な仕事の現場で実際に働く大人の姿を見て、将来の自分の「就労」や「職業」をイメージすることが、卒業後の人生を視野に入れた日中活動につながります。

金銭管理

 お金の扱い方は、大人の社会生活でもっとも必要な技術のひとつ。
 例えばお買い物。レジでは自分でお財布からお金を出して支払い、おつりを確認します。またその日に使ったお金はお小遣い帳につけることで「あといくらまで使えるか」「いくらで何が買えるか」の理解にアプローチしています。
 通貨の種類と単位を覚えて数学的な思考を養い「予算」「収支」など金銭管理の初歩的な概念を学びます。

くまさん横浜NEXTの特徴
中高生に必要な「生活訓練」の活動を。
 ADL(日常生活動作)、IADL(発展的日常生活動作)、調理、Socialize(社会化)・・・くまさん横浜NEXTでは、将来、生徒たちが大人になった時に必要な「生きていく技術」のうち、中高生の時期に学ぶべき技術を選び、訓練しています。
指導員は全員有資格者。
 くまさん横浜NEXTの指導員は、児童発達支援管理責任者の有資格者を始め、介護職員初任者、社会福祉主事任用資格者、児童指導員・・・などの有資格者で構成されており、全員が福祉・介護・児童分野の何らかの有資格者です。生徒たちの将来のために、高いクオリティの療育を提供しています。
小学生とは別に活動しています。

 くまさん横浜NEXTでは、中高生の専用メニューで訓練が行われており「小学生の活動」は行っておりません。したがって「ちょっとオトナ」の思春期の生徒たちにふさわしい訓練活動に、全時間が使われています。
 くまさん横浜では小学生は別の部屋で別の活動を行っています。

社会に出ていく練習を、今、ここで。
 大人になってきた中高生だからこそ「社会に出ていくこと」を大切にしています。スーパーやレストランでお買い物や会食の練習。またバスや電車など公共交通の利用訓練。図書館や作業所など公共施設の訪問や見学もあります。また公園など屋外の自然の中で四季を感じたりすることも大事な活動です。
社会に出ていく練習を、今、ここで。
 大人になってきた中高生だからこそ「社会に出ていくこと」を大切にしています。スーパーやレストランでお買い物や会食の練習。またバスや電車など公共交通の利用訓練。図書館や作業所など公共施設の訪問や見学もあります。また公園など屋外の自然の中で四季を感じたりすることも大事な活動です。
プログラムや空き状況についてお気軽にお問い合わせください。無料体験・おやこ見学も受け付けております。
事業所名 放課後等デイサービス くまさん横浜NEXT
指定番号/定員 横浜市指定・障害児通所支援事業所 第1453100081号/定員:10名
利用対象者 横浜市内の中1~高3の知的障害児(生徒)
所在地
〒234-0055 神奈川県横浜市港南区日野南6-14-10 ツバサビル3F 
連絡先 TEL:045-349-4713(代) FAX:020-4662-2686 メールアドレス info@kumasan-yokohama.com
開所日 ■開所時間 月~土 10:00~19:00
■生徒活動時間
・学校開業日(月~金)   13:30~17:30
・学校休業日(土・夏休等) 11:00~17:00 ※弁当持参

送迎 専用車による送迎あり ※学校・ご自宅住所によりご相談ください
事業所総合サイト http://www.kumasan-yokohama.com/
併設施設 放課後等デイサービス くまさん横浜(小中学生)
利用対象者 横浜市内の中1~高3の知的障害児(生徒)