特定非営利活動法人
子どもの居場所づくり・相模原(KIDS)
神奈川県相模原市内で、
「冒険遊び場(プレイパーク)」を作る
活動をしています

【お知らせ】
銀河の森プレイパークを
再開園しました。

11月より銀河の森プレイパークを再開することができました。またみなさんと森でお会いできる日を楽しみにしています。

 再開園にあたり、これまでの経緯をNPO理事長からご説明した文書を公開いたします。今後とも銀河の森プレイパーク並びに NPO法人 子どもの居場所づくり・相模原をどうかよろしくお願いいたします。

銀河の森プレイパークの一時閉園及び再開園について(報告とお詫び)

NPO法人 子どもの居場所づくり・相模原(KIDS)

【どんな団体?】

子どもの居場所づくりをしています。

※正式に団体の名称が変わりました※
「特定非営利活動法人 子どもの居場所づくり相模原」略して
「NPO法人KIDS」です。
どうぞよろしくお願い致します!(2018年春)

私たちは2015年に発足した新しいNPO法人です。
略称を「KIDS」として活動しています。
「K」は「子ども」、「I」は「居場所」、「D」は「づくり」そして「S」は「相模原」です。

現在、相模原市から委託を受けて、冒険遊び場【銀河の森プレイパーク】の運営をしています。
また、子どもの育ちに係る人材の育成及び啓発や、子育てサークル支援等の事業を行っています。
プレイパーク活動の場における「自分の責任で自由に遊ぶ」という理念を社会により広く伝え、
子どもがいきいきできる社会・子どもが自然の中で発達できる環境の実現に貢献することを
ミッションとしています。

【冒険遊び場ってなぁに?】

自分の責任で自由に遊ぶ

冒険遊び場は、子どもが「遊び」をつくる遊び場です。

そこでは火を使ったり、地面に穴を掘ったり、
木に登ったり、何かものをつくったり・・・。

落ち葉やどろんこや自然の素材を使って、
遊び場にあるスコップや金づちや大鍋を使って、
自分の「やってみたいと思うこと」を実現していく遊び場です。

さまざまな遊びが展開されていくので、変化しつづける遊び場ともいえます。

禁止するのではなく、いっしょに考えてやってみる。

のびのびと思いきり遊べるこの場所は、
子どもが生きる力を育むことを支えています。
 (冒険遊び場作り協会より抜粋して引用させていただいています)


相模原市ホームページ「冒険遊び場(プレイパーク)」

活動を支援してください

子どもの居場所づくりに賛同してくれる仲間を募集しています。

さがみはらっ子たちにもっと冒険遊び場を

当NPO法人が運営を委託されている「銀河の森プレイパーク」は相模原市からの委託金とNPOの会費、そして市民のみなさまからのカンパという浄財で運営されていますが、相模原市の財政は厳しい状況が続いており、予算は毎年減っていく傾向にあります。また、NPO法人として冒険遊び場を続けるための会員数を充分に確保するのが難しい現状もあります。

相模原の子どもたちのために冒険遊び場を続け、より多くの子どもたちのために「居場所」を拡大していくために、関心のある方はNPO会員として「冒険遊び場」を応援してください。


応援する方法は主に2つあります。

【1、共に活動する】
プレイパークで子どもが生き生きと活動できる環境づくりをするプレイリーダーと、運営のお手伝いをするスタッフを随時募集しています
→現在、養成講座の受講者を募集中!
→どうぞプレイパーク開園日に見学にお越しください。
(事前にお問い合わせフォームからご連絡下さると確実です。)

【2、寄付で応援する】
①NPO法人の会員になる(一緒に創り楽しみましょう!特典あり)
②NPO法人の賛助会員になる(資金面でNPO支持を表明)
③ご寄付で応援する(現在のところ、当NPO法人への寄付は認定NPO法人等寄附金特別控除の対象にはなりません)
イオン相模原店黄色いレシートプレイパークを応援する(毎月11日に開催)
方法があります。
→①②③については、近日このページから手続き出来るようにしたいと考えています。詳しくはお問い合わせください。

【お問合せ】kids.sagamihara@gmail.com

お問い合わせはこちら

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
私達の活動にご賛同下さる方を随時募集しています
お気軽にお問い合わせください