彼が逮捕されたら

え?うそでしょう?
信じられないけどそうなんだって
これからどうしたらいいの?
あなたの大切な人のために何ができるのか
逮捕から釈放までの大まかな記録を綴ります
#karetai #82days


最終更新日 2016年8月12日

突然の逮捕

2016年5月のある日、毎日連絡してた彼と突然連絡がとれなくなりました。

LINEの既読がつかなくて、電話しても電源入ってないってアナウンス…

忙しいだけじゃないでしょ、なんかおかしい。胸騒ぎがした。

ねぇ、今どこにいるの?


彼が逮捕されたことを、わたしは彼のマンションの隣人と管理人から話を聞くことが出来ました。

その時点で2日経っていて、よく刑事ドラマなんかで「誰か一人だけに電話させてやる」みたいなイメージがあったんですけど、

わたしはその “一人” じゃなかったんだなーって思ったりしてました。

※追記:電話は一本も許されなかったそうです。なんでだろう?



今どこにいるの?

逮捕・勾留された事件のうち、98%以上は警察署内にある留置場に送られます。

いわゆる “ブタ箱” ってやつ…。警察の管轄で、全国で約1300カ所あるそうです。

起訴されて刑事裁判が開始された場合には拘置所(法務省の管轄)に移されるそうですが、

彼の場合は拘置所の人数の関係とかで、最後まで留置場でした。


彼と音信不通になって、もしや逮捕されたかも?と彼の出没エリアの警察署や警視庁やテレビで聞くような所など心当たりも電話して問い合せましたが、

「個人情報ですので」とはっきり教えてはもらえませんでした。

わたしが彼女だからかな、もし配偶者だったら違うのかも知れません。



Q. 逮捕されたときに連絡が入るパターンは?

  1. 本人が逮捕されている警察署から、電話が入る
  2. 裁判所の担当事務官から、○○署に逮捕・勾留されているという電話連絡がある
  3. 弁護士から逮捕されたことを知らされる
詳しくはこちらのサイトをご参考ください。本人が直接電話をかけてくることはないそうです(それはオレオレ詐欺)。



Q. 逮捕後はどうなる?

逮捕されると48時間以内に検察に送検されて、+24時間(検察官の勾留請求)+10日勾留+10日勾留延長=合計最長23日間勾留されることになるそうです。

その後勾留満期前日までに検察が起訴(公判請求)か不起訴(釈放)かを決定します。

起訴とは・・・被疑者を正式裁判にかけ、裁判所に有罪無罪や刑の重さを判断してもらう。

そう、裁判になるんですね。うー、重い。

そして日本では起訴されると99.9%は有罪になります。いわゆる前科者になっちゃうんです。あーぁ。


起訴後は保釈金を預けることで保釈となるケースがあります。

よく芸能人のニュースで「保釈金500万円で保釈されました」とかありますよね。それです。

彼の場合は保釈が許されませんでした。なんでだろう?別に逃げないよ。

保釈金は保釈の条件に違反することなく、裁判が無事に終われば、裁判が終わってから数日後に全額返却されることになります。

詳しくはこちらのサイトをご参考ください。


保釈金の都合がつかない場合、支援してくれる日本保釈支援協会という社団法人があります。

立替手数料もバッチリ取りますが、お困りでしたら一度ご相談してみてはいかがでしょうか。
(立替金額50万円まで一律12,500円(税別)、50万円増す毎に12,500円(税別)加算)



Q. 釈放までの流れは?

釈放のタイミングとしては、大きく、

  1. 勾留が決定されなかった場合
  2. 勾留決定後に不起訴・略式罰金になった場合
  3. 勾留決定・公判請求後に保釈が認められた場合
  4. 保釈も認められなかったが執行猶予判決になった場合、が考えられます。
詳しくはこちらのサイトをご参考ください。



今わたしにできることはなに?


top

面会/接見禁止

いつになったら会えるんだろう。接見禁止って一体なんなの?

接見禁止とは
逃亡、または証拠隠滅、第三者との口裏合わせなどの疑いがある被疑者に対して、弁護士以外の面会、書類(手紙)の受け渡しを禁止することができる。

「面会」がしたい、会って話がしたい、ただそれだけだったんですが、最後まで接見禁止は続きました。

なので、この項目では特にお伝えできることがありません。

面会できたらあれを話そう、これを話そうとメモしていたのですが、それも使うことがありませんでした。


接見禁止の場合、手紙も不可です。励ましのラブレターでも書きたかったですが、それも許されませんでした。


面会 ※各留置場によって多少異なるので、事前に警察署に電話してみましょう

  • 面会できるのは平日のみ(土・日・祝日は不可)
  • 午前8時30分から午後5時15分まで
  • 午後12時から午後1時は昼休みで面会不可
  • 面会時間は15分から20分程度
  • 面会は1日1組のみ、一度に面会できる人数は3人まで
  • 身分証持参


リンク集


top

差し入れ/宅下げ

彼は接見禁止だったので面会に行くことは許されませんでした。

ですが、接見禁止でも留置場で着る服などの差し入れはできます。


逮捕された状況にもよりますが、何も持っていない場合は留置場で用意されている服を貸し出されるそうです。

テレビのニュースで映る容疑者の姿って、薄汚れた感じのグレーのトレーナーにスウェットパンツ姿が多くないですか?あれがそうみたいです。

でもそれじゃあ、あんまりですよね、せめて清潔な衣類を差し入れしてあげたいと思うのが心情です。


「◯◯警察署 留置管理課」+本人の名前宛
警察署の管理係に預ける以外にも、宅配便で送っても問題ありません(はこBOONでもokでした)。

現金を送る場合は宅配便に同梱せず、必ず郵便局の現金書留で送りましょう。


わからなかったら聞く!
警察署に電話して管理係に繋いでもらい、差し入れをしたいこと、差し入れできるもの・できないものを聞くといいです。

せっかく準備したものが無駄にならないように、わからなかったら聞きましょう。

それぞれの警察署でも対応が違うそうです。


〜差し入れ 2016年夏〜

  • 現金3万円(留置場内でも食べ物など必要な物が買えるそうです。これが本当に助かったと言っていました。)
  • 半袖Tシャツ3枚(自殺防止のためフードや紐は不可) ※留置場の中はエアコンが強烈でとても寒いので、長袖がよさそうです
  • スウェットパンツ3本(腰紐は抜く)
  • 下着パンツ3枚
  • 靴下3足(長いものは不可)
  • ミニタオル1枚(長いものは不可、縦横20cm位まで)
  • 本3冊(時間を持て余すようです)
※食べ物は一切不可
※冬:ヒートテックは不可

〜裁判用に追加で〜
  • 長袖シャツ1枚
  • ズボン1本
※ネクタイ不可、ベルト不可、靴不可


どんな紐状のものも不可、それは「自殺防止のため」っていうのが泣ける…。

ヤケになって死にたくなったりするのかな。

留置場は冷暖房完備だそうなので長袖Tシャツも入れようかなと思ったけど、以前それで自殺した凶悪犯がいたからやめました。

彼に変な気を起こしてほしくないの。 

※留置場の中はエアコンが強烈に効いているので、長袖がよさそうです。いつも毛布を使っていたぐらい寒いんだって。


惨めな思いをしてるだろうから、新品を用意しました。

一度洗って、お気に入りの柔軟剤で香りをつけて。気休めです。


洗濯は中でもしてもらえるそうです。

居室番号が書かれた「片布(へんぷ)」という小さな布を衣類に縫い付けるらしい…これは刑務所の話かな?知ったかぶりでごめんなさい。

※洗濯は週に1回、その日は彼だけの洗濯なので分別など特にしなかったそうです。そして洗濯の質はなかなか良いとのことです。


宅下げ(身柄を拘束されている人物から物を受け取ること)」といって出した洗濯物を自宅に持ち帰って洗うことも出来ます。

面会ができる人なら、差し入れと宅下げを同時にしてあげたら、彼はいつもきれいな服でいられるから喜びますね。


お風呂は夏場は週に2回、冬場は5日に1回。きびしいね。


top

裁判/傍聴

「裁判」なんて、一生縁がないと思ってました。しかも彼が裁かれる姿なんて、絶対見たくなかった。

でも、ちゃんと自分の目で見届けないと分からないから。


裁判の日程は電話で確認

裁判の予定は裁判所にも掲示してあるのですが、事前に裁判所の大代表に電話して問い合わせたら「8月某日某時から、X階XYZ号法廷です」と教えてくれました。


見学・傍聴案内

  • 立ち見はできないので早めに行くこと
  • メモ持参(撮影・録画・録音NG)
  • 途中入退室可(傍聴人入口の小窓で中を確認)
  • 裁判長が入ってきた時と終わる時に『起立、礼』


初めての法廷

開始15分前に法廷に入ると、席数は40位かな、既に結構人がいました。

彼の友人がいたので会釈して、三列あるうちの最前列左端に座りました。

検察官側だから、彼の顔が遠目だけどよく見えるかなーと思って。

夏休みだからか、母親と小学生位の子供が数組来ていました。

自由研究にでもするのかな。彼の姿はどんな風に映るんだろう。

“こわい人”? “悪い人”? “犯人”?そう、あたり。。


傍聴席から見る彼

逮捕されてからずーっと接見禁止が続いていたので、顔を見るのは2ヶ月半以上ぶり、ドキドキしながら待っていると、

開始10分前、正面(裁判長)向かって右手・被告人席/弁護人席の後ろの扉から

彼が警察官(私服1名、制服1名)に連れられて入ってきました。


差し入れした長袖シャツに、2サイズダウンしたズボン、

そして衝撃の手錠・腰縄姿!!これは正直凹む。。。

手錠はよくテレビで見るような銀色ではなくて黒色。

両手を前に揃えて手錠がされ、腰縄はウエストをぐるっと一周した後ろのところで不思議な結び方をされていて、その先は私服警官の左腰ベルト辺りに繋がっていました。

足元は裁判用サンダルだと書いてあるサイトが多くあったのですが、彼は普段の自分の靴を靴ひも無しで履いていました。


そして久しぶりに見る彼は、なんかね、びっくりするほど老けこんでいた。

玉手箱でも開けたの?ちょっと信じられない。人ってこんなに変わるもの??

落ち着いた様子で傍聴席を一通り見渡して、わたしと目が合ってるようで合ってなくて。

しばらくしてわたしに気づいて、にっこり笑って、「あ、いけない…」という感じで顔を歪ませていました。


初めての傍聴

裁判はこれまたびっくりするような内容ばかりで、彼と知り合って4年9ヶ月、

初めて知る事実が次々と飛び出して、なんか笑ってしまった。

途中でもうこのまま退室しようかな、とも思ったけど、

感情に任せて出たところでどうにもならないし、深呼吸してとどまりました。


わたしは海外ドラマの法廷モノとか刑事モノとか大好きなんですけど。

彼のケースは一般の人にはつまらないかもしれないけど、わたしには生々しくもあり、当事者ですからね、なかなかのものでした。

DVDが出たら絶対欲しい。


裁判長が何か「判決がなんとか…」と告げて一旦休廷。

「え?今日判決が出るの?」

第1回、第2回、それから判決かと思っていたら、即決裁判のようです。



top

判決

5分ほどして裁判長が戻ってきました。

彼が逮捕されてからというもの、ネットで過去の判例とか検索しまくって、彼はおそらく実刑になるだろうと思っていました。

でも実際に裁判が始まったら、検察官の起訴状朗読の段階で内容がわたしの予想した罪状と違っていて、

これはこのままいけば執行猶予だろうと確信しました。


弁護士

彼には国選弁護人がついたのですが、その人と連絡が取れていればもっと情報をもらえて、裁判当日に驚くこともなく、状況は全然違ったと思います。

わたしは弁護人の名前すら知りませんでした。法廷で初めてお見かけし、裁判後もお話しはしていません。

弁護人を調べる方法はあるようです。わたしは敢えて調べませんでした。

なんでだろう?どこか彼の逮捕が他人事だったのかも知れません。


判決

途中、彼の知られざる様々な事実が明らかになって、わたしの心の中では裁判そっちのけになりましたが、

判決は『懲役◯月、執行猶予◯年』というものでした。


判決の前の最終意見陳述で、彼はこう言っていました。

「精神的にも、肉体的にも、感情的にも、わたしは壊れてしまった。」

確かにそうだと思います。彼の姿を見たら、わたしもそう感じました。



わたしたちの今後

これからどうするのか?まだわかりません。

裁判中は、もう二度と彼に連絡するのやめようとも思いましたが(笑)、彼の言い分もあるだろうし、きちんと目を見て話し合っていこうと思います。

決めるのはそれからでも遅くない。



逮捕されてから82日目、ようやく終わりました。自由の身です。



top

参考サイト

弁護士ドットコム

https://www.bengo4.com/

法律に特化したヤフー知恵袋みたいな感じで、本物の弁護士が回答してくださるので信ぴょう性があります。
わたしは質問しませんでしたが、過去の質問をよく検索し閲覧していました。

※パソコンサイトは回答も無料で閲覧できます

top

犯罪予備軍のための刑務所マニュアル

http://kiritampo.blog.so-net.ne.jp/

きりたんぽさんのブログです。
経験者ならではの視点から深い考察と、時にユーモラスな語り口で読み応えがあります。

top

彼が逮捕されたら

夜もすがら 物思ふころは 明けやらで
閨のひまさへ つれなかりけり